2018年4月|コモ子の月間記

 

このサイトの記事はブログ記事として書いており、トップページやカテゴリページはホームページ形式になっています。すべてのページはアクセス解析で訪問者数が確認できるのですが、数値を見ていくとブログへ直接辿り着く、いわゆる検索流入が圧倒的に多いのが現状です。しかし、一定数の訪問者がトップページやカテゴリページからアクセスしていることから、ブックマークやリンクから訪れてくれている読者さんがいることもわかります。

 

「コモ子のやまたび北海道」では、管理人が顔出しで公開しており、どんな人が書いているのかが読者さんに伝わるようにしています。それは、記事の信頼性を上げるためであり、文責を担う自身への意識付けでもあります。それにより、読者さんとの繋がりが出来るかもしれませんし、もしかするとコミュニティが発生することだってあるかもしれません。

 

これらのことから、管理人がどんな人物かを垣間見れるように、2018年4月から月間記を配信します。

 

4月1日 会社至近にお引越し

引っ越し

 

家計の見直しは定期的に行っているが、家賃はその最たるもの。今よりさらに家賃を下げたいと考えていたものの、なかなか行動に起こさずにいた。4月は民族大移動の時期。これを逃すと秋まで物件はほとんど動かない。そこで2月に不動産屋へ行き商談を進めた。ポイントは、

  • 初期費用が安い
  • 家賃が3万円以内
  • 会社から近い(通勤時間をさらに短くしたい、タイムイズマネー)

といったところ。結局、家賃交渉をして2万6千円まで下げてもらい、通勤時間も徒歩7分。初期投資も鍵交換の6,400円のみ。しかも都市ガス物件。ワンルームだけどもロフトがあるので、毎日使うもの以外の荷物は全てロフトに押し込んだ。断捨離もかなり進めた。会社で5S推進チームのリーダーを勤めているので、関連があるのかもしれない。

 

引っ越しはニコニコレンタカーで軽トラを12時間3,600円で借り、すべてひとりで済ませた。6往復。懸案の300L冷蔵庫56㎏も9階から代車で下ろし、軽トラに積むことが出来た。

 

お金だけではない、時間はもっと大事。1日のうち、通勤時間ほど無駄な時間はないと思う。通勤時間に読書をしたり、語学を学んだりして時間効率を図ろうとするが、初めから通勤がないのが最も良い。だから最小化する。本気だ。

 

4月5日 Amazon echo dot

4月7日 Amazon echo  dot

 

Amazonでエコードットを購入。これまで招待制だった商品が一般消費者でもポチっと買えるようになった。スマホで一度設定すれば、あとはWiFiさえ繋がっていればOK。まだまだ発展途上であるため出来ることは少ないけれど、これで5千円未満なら破格だと思う。将来、必ず普及する商品やサービスは、早い時期に慣れ親しんでおいたほうが良い。PC、スマホ、電子マネー、転職、英会話、ふるさと納税、株式投資、LCC、ブログ、SNS、陸マイラー…すべて早くから携わっていてよかったと思う。仮想通貨は出遅れたのでやらない。

 

いま取り組んでいるのは中国語、英語、海外マラソンくらいか。これからも、これは!と思うことには年齢を顧みずどん欲に取り組みたい。それが精神的な若さを保つことにつながる。

 

ちなみに「アレクサ、ただいま」と言うと「おかえりなさい、帰ってきてくれて嬉しいです」と応えてくれるのが嬉しい。今どき家族でもそんなこと言ってくれませんよ。

 

4月6日 アロー通りで屋台メシ

アロー通り

 

どうしてだろう。大好きが止まらないクアラルンプール。

 

今回は2016KLマラソンの雪辱を晴らしに再びやって来た。2018KLマラソン。3週前のソウルマラソンでは完走こそ果たすことができたが、内容が極めて悪かったため不安材料を抱えながらの渡航。エアアジア往復なので安い。LCCはかなり利用しているが、エアアジアは本当の意味でLCCだと思う。護送船団と揶揄されるが、気にしない。自分はエアアジアの大ファンだ。

 

さて今晩は、いかにも外国人観光客向けの屋台街のアロー通り。KL屈指の繁華街「ブキッビンタン」至近。海外を歩いていて初めて「シャチョ(社長)さん!」と呼ばれた。ちょっと嬉しかったりして。しかし、この羊肉は硬くて味もボリュームもイマイチ。しかも高い!それでもビール込みで1,000円くらい。日本では3日分の食費に相当する。

 

将来、東南アジアに移住したいという希望があったが、最近はそう思わない。基本は日本にいて、厳冬期だけ東南アジアに短期ステイしたいと思う。オープンな雰囲気が好き。日本の窮屈な感じから解放されたい。

 

旅行記は別記事にて。

 

4月7日 ブルーモスク訪問

ブルーモスク

 

郊外のシャーアラムにあるブルーモスク。日本人駐在員の方と一緒に案内を受けた。自分の語学力の無さを痛感。だめだ、もっともっと勉強して英語と中国語はマスターしたい。

 

シャーアラムまではパサールスニから路線バスを利用して約1時間。クアラルンプールは道案内が出来るくらい慣れてきた。40代のサラリーマンなのに旅先では(でも?)完全にバックパッカー的な金銭感覚。バス代3リンギット(80円程度)でも結構悩んだりする。

 

待ち時間にムスリムの方に話しかけられた。

「ウェルカムトゥーマレージア」

そうして、ビスケットを2枚貰う。自分たち日本人は、外国人旅行者にこういう接し方が出来ているだろうか?

 

こちらの詳細は別記事にて。

 

4月8日 クアラルンプールマラソン

KLマラソン

 

やっと走ることができるゾ。幸せ!

 

幸せの相関関数、と大前研一さんの本で読んだことがある。年収1000万円が境目ではないか、という内容だったと思う。家族がいてそれだから、自分のような独身は年収500万円くらいが一番幸せなのかもしれない。

 

マラソンの詳細は別記事にて。

 

4月9日 帰国&退去立ち合い&光回線工事

エアアジア

 

エアアジアの深夜便で帰国。新千歳の税関ではやはり止められた。が、自分だけではなさそうだ。新千歳が厳しいのだろうか?

 

11時には帰宅。13時に3月まで住んでいた自宅で管理会社と退去の立ち合い。

 

「きれいに使ってくれたので、敷金はそのままお返しします。」

自分のお金だが、ありがたい。

 

「振込手数料はご負担願います。」

 ぐぬぬ…

 

15時、光回線の工事の立ち合い。ソフトバンク光へ変更。借りていたソフトバンクAIRも優れモノだった。今後、回線を引けない場合はこちらも検討しよう。

 

工事は短時間で終了。有意義な4連休だった。

 

4月12日 中国語検定準4級合格

中国語検定準4級

 

はっ?準4級?というレベルだが、ゼロから始めるからには避けて通れない。中検の目指すところは通常2級。最低級から着実に積み上げていこう。

 

「ローマは1日にしてならず」

「小さなことからコツコツと」

 

人間はそうやって死ぬまで成長できる。積み上げを止めた瞬間、人生というレースは終了する。 だから環境が変わっても興味があることは追い求める。

 

4月14日 職場の「同期」と居酒屋にて

 

新会社設立時の「同期」と楽しいお酒。志を持って集まった人間だからこそ、問題意識も強く、思いも強い。人生の大半は仕事を通じて知り合うことが多いが、プライベートでも付き合える人はその中では数少ないかも。

 

職場の外でもリアルで集まれるメンバーは、おそらく生涯お付き合いしていくであろう繋がりだと思う。

 

4月15日 2018シンガポールマラソン参加申し込み

シンガポールマラソン

 

クアラルンプールマラソンの興奮が冷めきる前に、次の目標を設定しようと思う。目標は大切だ。目標がある人生とない人生とでは人格形成や幸せの感じ方に大きな違いがある。目標がない人と付き合うと、日頃のグチばかりで何も生まないことが多い。そういう集団に身を置かなければならないときはバリアを張ってしまう。だからますます言葉数が少なくなる。

 

2017年の12月はホノルルマラソンに参加したが、2018年はシンガポールだ。出場したいレースはまだまだたくさんある。大会のほとんどは冬に集中するので、毎年1~2レースずつでも出ていこうと思う。

 

今回の航空券はエアアジアのセールで取るか、ANAマイルで取るか検討中。

 

2019年1月はムンバイマラソン、2月は香港マラソンに出場したいが、経済的に許されればの話。仕事の都合は何とでもなる。チームに遠慮するかしないかの程度。自分が考えているより、自分は組織から必要とされていない。組織とはたいていそういうものだ。家計はかなりダイエットしたので、これ以上は切り詰められないと思う。

 

これだけ海外に遊びに行っているが、年収はサラリーマンの平均年収より低い自分。家賃、水道光熱費、通信費の合計を5万円未満に抑え、3食自炊で1か月の食費は1万5千円未満。かなり切り詰めているほうだと思う。年収が低くても使い方を学べば、やりたいコトの大部分が出来ることを実証したい。

 

この時代、マイホームを建てて、自家用車を所有し、家族全員がスマホを持って、週末に外食しているような生活では、破綻するのは火を見るより明らかだと思う。

 

4月16日 よし、アンコールワットを観にカンボジアへ行こう!

エアアジア

 

新千歳~バンコク線の就航を記念してセールが開催され、6月に往復3万円未満でチケットを取った。バンコクには2回訪れているので、今回はせっかくだからカンボジアに行ってアンコールワットを観に行こう!と思い立ったら吉日。さっそく手配。今から楽しみだ。

 

アセアン10か国すべての国へ行ってみたいと思う。断片的に最大都市の一部にしか訪れることは出来ないが、それでよい。今できる最大限のことができれば満足。

 

残りはミャンマーとラオス、ブルネイだ。

 

南アジアではインド、バングラデシュ、イランに行ってみたい。

 

4月17日 新しい出会いと親友との再会&運転免許更新

大通公園

 

スーパー営業マンの2人と大通公園にて。普段は行動パターンやテリトリーが狭い自分だが、今日はこうして新しい出会いがあった。自分より10歳以上若いが、人格は格段に上である。ほんとうに素晴らしい。学ぶべきことが山ほどある。

 

紹介してくれた親友は、生命保険の業界では知らない人がいないくらい有名になってしまったそうだ。いつどんな仕事をしていても、親友は親友であり、同期は同期だ。そんな心が通う人間がいるのは人生の宝だと思う。

 

「朋友は六親に叶う。」大好きな言葉だ。

 

午前中は厚別運転免許センターで更新を済ませる。1日全部が使える休日は、問答無用でレジャーに充てられるか、天気が悪ければ自宅にこもってブログ更新作業を黙々と進めるので、こういう空いた時間は雑務に充てるのがベスト。

 

4月19日 小樽麺処龍仁

小樽麺処龍仁

 

取引先との合同勉強会で訪れた小樽。お昼は龍仁さんにお邪魔させてもらった。自分が開店に携わったお店がこうして続いているのは本当に嬉しいし、コンセプトも踏襲していただいており、もはや感謝しかない。もっと自分に出来ることはないだろうか、と改めて考えるきっかけになった。

 

勉強会では学ぶべきことがたくさんあった。人との繋がりで一番勉強になることは、振る舞い方や作法、人間性、心だと思う。

 

4月22日 アポイ岳&三石温泉

アポイ岳

 

4度目のアポイ岳。進ちゃんと母と一緒に。親子で趣味を共有できるのは素晴らしいと思う。心から幸せだと感じることを家族で共有できるのだから。

 

自分の場合、夫婦では何一つ趣味を共有できなかったのが残念だったが、再婚する機会があれば共有できる価値観が多ければいいと思う。「価値観の違い」で別れる夫婦は多いが、価値観が違うことを乗り越えるところに夫婦の強さがあるのだと思う。しかし「できるだけ価値観が合っていた方が良い」というのも確かであろう。

 

登山記録は別記事にて。

 

4月23日 冬期保管バイク引き取り

 

仕事帰り、近所のバイク屋さんに冬期間預けていたバイクを引き取りに伺った。前後タイヤの交換とオイル交換を合わせて約2万円。工賃が大半だが、商売は適正な利益を取って然るべきだ。

 

シート下のボックスに入れていたヘルメットのインナーがものの見事に緑カビが大量に発生していてショック…

 

記憶では2006年頃から乗っているので、ずいぶん働いてくれた相棒。4万キロを超えた。自分の持ち物の中では、こんな10年選手がいくつかある。物にも魂が宿るというが、大切にすれば必ず応えてくれる。

 

4月24日 えっ?ガス代1008円?

 

引っ越してから初めてガス料金の請求が来た。20日分の日割り計算だが、なんと1008円。使用料がゼロで基本料金だけらしい。確かに給湯はほとんど使っていないし、ストーブは一度も焚いていない。でも毎朝、毎晩の調理でガスは使っていたはず。

 

ちょっと謎なので、来月確かめよう。

 

4月25日 ミッフィちゃんが大好き!

ミッフィ

 

第4週は毎朝5時台からの勤務なので睡眠不足気味。そんな中、水曜日は東京へ。5時30分出発で23時30分帰宅という、かなりハードなスケジュールとなった。一般社員に北海道から関東まで日帰りの出張を命じておいて、昼食も晩飯も自腹で何とかせぇ、という超倹約な会社だから潰れることはないだろう。しばらく安泰だ。

 

東京駅で偶然にも大好きなミッフィちゃんに遭遇できたのが嬉しい心。帰宅後3時間寝て4時半出勤。

 

4月26日 白石ココロードラン

 

引っ越しをして約1か月。3月まで往復5.6kmの通勤ランニングをしていたので、毎月100km程度は何とか稼ぐことができていたが、今の自宅では往復2kmしかないので物足りない。そこで、仕事帰りに近所の白石ココロードを1時間走ることにした。自分には距離のノルマより時間のノルマの方がメンタルが鍛えられるし、例えキロ8分を超えるようなジョグであっても7kmは稼げる計算だ。調子が良ければ10km以上走ることもできる。

 

ここは現役を引退した方々の散歩道でもあるが、自転車やランニング、ウォーキングをしている人もたくさんいる。いずれにせよ何らかの目的があって訪れている人たちばかりなので、大きな刺激を受ける。目標に向かって努力をする集団の中に身を置くのは人生のスパイスだ。

 

自分より速く長く走ることが出来る女性が多い。非常に小柄な体格で、年齢も自分と大して変わらないだろう。マラソンは市民ランナーの域くらいでは、才能やセンスで大きな差は出ないと思う。違いは努力の量、単純に時間の投入量だと考える。だとしたら、自分より優れている人たちは自分より努力しているからであり、ますます刺激を受ける。もっともっと上を目指したい。

 

毎日の仕事は17時の定時までにしっかり仕上げて切り上げ、自分を引き上げる時間に充てよう。

 

4月27日 秀岳荘春のバーゲンセール

TIKKINA

 

今日から春のバーゲンセール。欲しいものがたくさんあったが、今月は本当に出費が多かったので、先シーズンで故障したヘッドライトだけ購入。さっそく今晩使おう。次のバーゲンこそスキー一式を調達したいところ。

 

秀岳荘バーゲンセールについては別記事にて。

 

4月28日 下ホロカメットク山

下ホロ

 

「考えていることは必ず実現する」

ついに下ホロカメットク山に登ることができた。レンタカーで21時札幌を出発。26時に林道の終点に到着して行動開始。深夜2時から雪山を歩くことも、徹夜で山に登ることも、どちらも初めての経験。そのくらい自分の背中を押す何かがあった。

 

今週はアポイ岳から始まって、連日の早出勤務、勤務終了後1時間のラン、東京日帰り出張、そして9時間の登山と前後の40時間不眠。なかなかハードだったが、代えがたい達成感があった。

 

なぜ人は山に登るのか?その答えは未だによくわからない。答えが出ないから追い求めるのかもしれない。

 

登山記録は別記事にて。

 

4月29日 日直勤務

 

翌日の日曜は日直勤務。登山やマラソンの翌日は適度に仕事をしているのが丁度良い。休日に休息を取るということをしないので、仕事をしているほうが肉体的な疲労が抜ける。OFFの日より、勤務の日のほうが「緩い」と感じられるようになった。

 

4月30日 塩谷丸山

 

もう何回来たであろうか、塩谷丸山。近場では最も好きな山だ。でもバイクで来るとちょっと遠いと感じるようになった。年齢だろうか。

 

久しぶりに心拍数をかなり上げるような登り方をした。一昨日の下ホロの疲れがあるので、ガツガツ登って疲労を抜こうと思う。

 

今年はもっともっと真剣に遊ぼう。

 

登山記録は別記事にて。