やまたび北海道【雑記ブログ】コモ子の10日間日記|2018年7月上旬

 

7月上旬はずっと天候不順。もしかすると、夏の北海道は登山に適さない!?だからこそ、海外へ遊びに行くべきなのかもしれないけれど、アジア圏の気軽に参加できるような海外マラソンは、冬に多いんだなぁ、、、

 

7月1日 いとこ会&朝帰り

豊平館

 

幼い頃から兄弟のように親しくしている、いとこ達と再会しました。兄弟であっても同じだと思いますが、年を重ねると疎遠になりがちになり、前回会ったのは2015年11月頃だったと記憶しているので、すでに2年半以上が経過しているみたい。

 

間柄、昔話が多くなりがちですが、これからはもっと頻繁に会って、現在進行形の話や、未来の話がメインになるような付き合い方に変えていけたらいいと思います。

 

家族であっても友人であっても、結婚や転勤など何かのライフイベントをきっかけに過去のものになってしまうから疎遠になるのだと思います。関係を維持していくためには、継続する2本以上のラインを持っていることが大切だと思うのです。

 

例えば、仕事と趣味、本業と副業、家庭とボランティア活動といった具合。私は政治や宗教には無縁ですが、このような活動でつながっている人たちは、継続的な関係が構築されているように思います。

 

***

 

いわゆる宅飲みだったので、21時から開始して翌5時に解散。外は明るく、すっかり朝帰り。地下鉄の始発までまだ1時間ほどあるので、沿線に沿って散歩がてら歩き始め、中島公園や早朝のすすきのと南北線の区間を歩き切り、結局は東西線のバスセンター駅まで6駅も歩いてしまいました。帰って朝寝をして13時半から行動開始の日曜ですが、こういうのもたまに必要だと思いました。

 

7月2日 台風7号とジェットスター

台風7号

 

5日の夜のフライトでで東京へ行くのですが、台風7号のこの進路はいかがなものか?。午前中の便がバシバシ欠航になって、玉突きで機材繰りの関係で欠航、なんてことにならなきゃいいのですが、、、

 

しかもまたジェットスターですよ。どうも相性がよろしくない?いえ、たぶん利用頻度が高いだけですね。3月の香港みたいにならなきゃいいけれど、、、最悪の場合、翌日に新幹線で東京へ行く?

 

7月3日 セカイルーター

セカイルーター

 

Amazonで購入したセカイルーターリンクは最新機種のG3)が届きました。思っていたよりも、初期設定がカンタン。

 

気になるプランですが、例えば今週末に訪れる東京、マレーシア、シンガポールの場合、

  1. 日本国内で300MB Data Day Pass $1.50
  2. マレーシアで300MB Data Day Pass $1.50
  3. シンガポールで300MB Data Day Pass $2.00

で合計$5.00でOKです。今までプリペイドsimを購入していましたが、SNSや現在地の確認、メール確認、情報収集をしたところで、1日300MBなんて使わないのでこれで十分、安心です。

 

自分のニーズに完全合致した製品だと思います。おススメ。

 

7月4日 チェジュ航空のセールがお得!

 

キター!700円セール。2019年ソウルマラソン時期のチケットは、きのう検索したら片道7,500円だったのですが、さっき見たところ、復路が700円に!酔っぱらっている時にポチッてやると、日付を間違ったりするので慎重に。

 

諸経費込みで13,410円。チムジルバンに3泊して5,100円、マラソンのエントリーと現地で外食三昧してもすべてコミコミ35,000円ってところですね。買い物上手~♪

 

12月のシンガポール、1月のムンバイ、2月香港、3月ソウルと4連続で海外マラソン参加なるか!?実は12月に台北も狙っているんですが、、、

 

次のシーズンも雪山で遊ぶ可能性が少なくなってきました、、、メインコンテンツの北海道の山が疎かになってスイマセン。

 

7月5日 船橋でアジアモード満開!?

北ウエイティングエリア

 

職場から直行で新千歳空港へ。TGIF!「みなさん、ごきげんよう」って感じでルンルン気分。

 

懸案だった台風の影響もなく、予定通り成田空港へ着きました。ジェットスターさん、いつもありがとうございます。ちなみに最近、バニラエアの利用が減ったのは、フライトの時間が合わないからみたい。個人的にはバニラエア大好きです。もう、レジャー専用ってカラーリング、乗るだけでワクワクします。

 

さて、第3ターミナルのローソンで、いつもようにビールとメンチカツパンを買って、いつもの北ウェイティングエリアで夜明かししようとしますが、まさかの改装工事中!いや~ん、、、

 

そのまま第2ターミナルのベンチでビールを空け、パンを食べながらぼんやり思案してみたのですが、万一に備えて調べておいた、船橋の宿泊込み2,000円のカプセル+サウナに泊まることに決定。

 

普通の感覚なら宿泊できて2,000円は安すぎると考えるでしょうが、自分にとっては、約5日分の食費に相当するので(どんな生活してるんだ!?)、かなり頭を悩ませます。

 

でも首都圏で駅至近、2,000円で風呂にも入れるなんて、コスパが最高なことには違いないでしょう。しかもクレジットカードで決済できるんです。

 

ただ、早朝にカプセルの中でふくらはぎが攣(つ)ってしまい、えらい目に遭ったけれど、、、

 

従業員同士の会話は中国語で飛び交うし、アカスリをしている女性も南アジア系っぽい。シンガポールよりアジア感が漂っていたのでした。

 

7月6日 ミッフィちゃんに会いに来たよ!

雨の吉祥寺

 

ハァ?そんなに好きなの?って言われそうですが、せっかく東京までやって来たのだからショップに行かねば!

 

雨模様なので、山に登るのを中止して東京観光です。船橋のサウナを午前9時30分にチェックアウトをし、徒歩圏内(とは言っても30分くらいかかるけれど、、、)のららぽーとへ。

 

さらに無料送迎バスで船橋競馬場へ行き、千葉駅のジェンヌで開催中のミッフィ雑貨フェスタ、戻って京成幕張駅から歩き、海浜幕張の三井アウトレット、イオンモール、再び歩いてJR新習志野駅から雨の吉祥寺へ。

 

楽しみにしていたキディランド内のミッフィスタイルへ寄ってみますが、雨のせいか他に客の姿もなく、、、東京でもこれなら、北海道でミッフィが人気あるわけないか~と変に納得です。

 

正直言って街歩きは本当に疲れます。フルマラソンや10時間以上の山歩きよりも疲労度が大きいかも。だから海外旅行へ行くとかなり消耗するのですが、多くの人には理解できないらしく「いいなぁ~」と羨ましがられるのがオチ。

 

東南アジアの熱気の中を1日中歩き回って、シャワーも浴びずに機内やゲストハウスで仮眠をとり、時には空港野宿。屋台やラウンジ乞食のサラリーマンパッカーって、本当に楽しいけれど、体力的にはけっこう大変なのよ。

 

ということで、吉祥寺の松屋で牛丼と生ビール560円の超贅沢をして、羽田空港からエアアジアの満席便でクアラルンプールまで爆睡です、、、

 

7月7日 陸路でジョホールバルからシンガポールへ

ジョホールバル

 

今回の旅は、エアアジアのセールで購入したクアラルンプール往復約2万5千円チケットをもとに、ちょっとアレンジしたものですが、毎回クアラルンプールで遊んでいるのも進展がないので、ジョホールバルから陸路でシンガポールへ行くことにしました。

 

シンガポールは全世界から観光客がやって来ますが、ジョホールバルから陸路で入る観光客はその10分の1どころか100分の1もいないかもしれないですよね。香港へ行って深センや広州に行くのと同じようなイメージ。

 

ジョホールバルには投資が呼び込まれていたようですが、あまり上手くいっていないみたい。しかも治安が相当悪いらしいです。外務省のウェブサイトではそんなことは書かれていないけれど、日中でもバイクでひったくりに遭うなどの報告も多い。何より観光資源も乏しそうなので、早々にシンガポールへバスで移動。

 

ジョホールバルのスナイ空港からだと、シンガポールのMRTクランジ駅までRM9.5。そう考えると安いじゃないですか。ちなみにクアラルンプールから飛行機ではなくバスに乗るともっと安くなるけれど、コスパを考えるとエアアジアで飛んだ方が良さそう。

 

今日は結局のところ、移動に半日、JBセントラルのシティセンターでブラブラ、ブキティマへ登り、ゲストハウスにチェックインしてから夜のマリーナ地区へ再訪とかなり1日を満喫しましたが、最後はゲイランに戻って夜の街歩き。赤線地帯ですが大人の遊びはしていませんよ~

 

7月8日 ゲイラン地区のゲストハウス

休憩

 

この記事はシンガポールのゲストハウスで更新中。朝食にパンを食べて、共有スペースにあるPCを拝借。海外ノマドってどんなものだろうか、というのを1時間くらい体感してみます。

 

この仕事はPCとネット環境さえあれば、世界中どこでも出来るというのは分かったのですが、結論は「自分が最も生産的になれる時間帯や場所」で仕事をするのが一番良さそう。これって勉強と同じで、自宅なのか、海外のゲストハウスなのか、空港なのか、スターバックスなのかは人それぞれだと思います。ただ、どこにいても仕事が出来るというのは良いこと。

 

今回宿泊したゲストハウスは、ロッジ14というシンガポールのゲイラン地区にあり、この付近には政府が公認しているレッドディストリクトがあり、ここはまさにその真っただ中。シンガポールはマレーシアよりも多民族国家観が強く、例えばMRTでは中国語とタミル語、英語で表記がされているのはみなさん承知の通り。

 

この地区はリトルインディアがあるロチョーや、タイのゴールデンマイルコンプレックスがあるカランよりも、さらに東側に位置しています。地元の人たちで賑わうMRTパヤレバー駅よりも南西一帯となっています。マレー系の人たちや中華系の人たちよりも肌が色黒なので、南アジア系の人たちが多いのでしょうか。

 

ゲストハウス自体は1泊2,000円を切る価格で予約でき、自分のような貧乏サラリーマンパッカーには最高のコスパ。クーラーの効いたミーティングルームで、こうして据え置きのノートPCでの作業もできます。

 

部屋は12人部屋のようですが、通路を挟んで左右に縦列で別途が配置されているため、大人数がいるという実感は少ないかも。しかもカーテン付きなんて!

 

赤線地区という問題と、MRTからやや遠いということさえ除けば、ベイエリアまでも20分足らずで訪れることができるという好立地。おすすめですね。

 

ちなみに12月にシンガポールマラソンで訪れる予定ですが、そのときはゲストハウスではなく、この付近の普通のホテルに泊まるかなぁ。ただ、一般客に混じって「一夜限り」のラブホテルとしての役割も担っているようだけれど。

 

7月9日 渡航先でネットに繋がる必要性

 

今回の旅では、先日Amazonで購入したセカイルーターがとても便利でした。1日目に東京、2日目にマレーシアとシンガポールでそれぞれ1日300MBのプランを利用したのですが、全部で5.5ドルとお買い得!

 

でも、4日目はネットに繋げないでシンガポールを満喫することにしました。ネットに繋がると、電車に乗っているときなどSNSやウェブサイトにアクセスしがちだから。

 

それと、取材がおろそかになりがち。ブログで情報を提供することを考えると、物書きとして立場でいろいろ見ないとならない。日本人第一人者のライダーとして世界を駆けた加曾利隆さんが「いつしか自分の職業が物書きになっていた、、、」というような表現をしていた記憶がありましたが、旅や山をテーマにブログを書いていると、自分もそんな感じになってきました。身銭を投じて仕事っぽく遊ぶと、旅がいっそう楽しくなる気がしています。 

 

7月10日 帰国後すぐに悪寒と発熱、もしかするとヤバいかも!?

 

自分は疲労が蓄積すると悪寒や発熱をすることがよくあります。今回の旅程もいつものような感じでしたが、船橋のサウナ、機内で仮眠、ゲストハウスに宿泊、機内で仮眠という環境だったし、日中はほぼ街中を歩きまわっていたのだから仕方ないかも。しかも東南アジアの熱気とエアコンが効き過ぎた室内と機内、そして東京も20℃未満で風が冷たかったのも効いたかも。

 

ということで、疲労から来たものだと自己判断したのですが、症状から判断してジカ熱の疑いも晴れないわけで、、、ちなみにジカ熱の潜伏期間は2日くらいなのだそうだから可能性は否定できません。

 

シンガポールは衛生的だと言われますが、自分は現地の人に交じって一緒にホーカーでご飯を食べるし、テッカ市場なども大好き。出没するのはチャイナタウンやリトルインディア、宿泊先もゲイランだし、ブキティマにも登るので蚊に刺されている可能性はあります。

 

ただジカ熱に関していえば、医療機関を受診しても対症療法しかないらしく、回復も早めで予後もいいらしい。ということで、睡眠をしっかりとって出勤することにした。

 

勤務中、少々の頭痛と関節痛、37.5℃くらいの発熱もあったのですが、今日も早く寝れば大丈夫でしょう。心配なのは、6月初旬に行ったカンボジア。こちらは数か所に渡って蚊に刺されたので、もう少しヤバい感染症が潜伏している可能性も考えられます。まっ、たぶん疲れでしょう。もっと東南アジアに行って環境に鍛えれなければ!

 

追記)11日に復活しましたが、12日の午後になって再び不調、、、13日夜は咳が続いて眠れないほどで、熱も下がらない状況。14日の土曜でやっと仕事が終わったので、ゆっくり寝て完治させたいです。