やまたび北海道【雑記ブログ】コモ子の10日間日記|10月下旬

10月31日 シンガポールマラソンに向けて整骨院へ通う

 

12月のシンガポールマラソンでせめて完走できるように、11月からトレーニングを開始したいと考えていたものの、足の回復が遅れています。

 

そこで整骨院へ通うことにして、回復を早めたいという希望ですが、保険会社や通院履歴の観点からいろいろとやっかいな問題がありました。

 

担当の柔道整復師さんからご意見をいただいて、基本的な知識を付けたうえで交渉し、何とか問題解決に繋がりそうです。

 

 

私の意見の一つに「世の中に根っから悪い人はいない」というものがあります。しかし、組織に所属した場合、その方がどんなに良い人であっても「顧客のことを考えて対応する」とは限らないということを最近よく感じます。それだけ会社組織も顧客本位でなくなっているのかもしれません。

 

交通事故の被害者の方で、私と同じような悩みを抱えた人がたくさんいるかと思います。

 

被害者にとっての矛先は、加害者であるべきなのですが、一方で「事故当日から関係したすべての方々が、必ずしも味方になってくれるとは限らない」ということも、被害者は知っておくべきだと思います。

 

10月30日 お金2.0(新しい経済のルールと生き方)

 

この本もAmazonのプライム会員無料読み放題で読んでいます。

 

(経済的な問題で)新刊がなかなか買えなかったとき、古本屋さんでいろいろな本を買って読んでいましたが、今は本当に便利になりました。

 

出勤10分前にネットでポチっと押して、kindleにダウンロードするだけでその日のお昼休みから少しずつ読み進めることができます。

 

 

読書をする=賢くなるという短絡的な構図は誤り。でも、他人の知見や考えに触れる=賢くなるというのは正しい。

 

だから読書はした方がいいし、読書の習慣がない人が世の中で大成することもないでしょう。

 

 

お金2.0」の内容は、タイトルや帯にある文言のイメージとはちょっと違いました。

 

「モノ」より「体験」、「シェア」など、今のライフワークと一致している自分にとっては理解しやすい必読書の1冊でした。

 

また少し賢くなれた気がします。

 

 

10月29日 楽天証券の投資信託がお得な件

楽天証券

 

ここ数日、ブログやSNSでこの話題が盛り上がってますね。

 

「楽天カードのクレジット決済で投資信託の積み立てができる」というもの。

 

1ヶ月に最大5万円までクレジット決済ができるということで、1%のポイント還元で年間最大6,000ポイントの還元が得られます。

 

最近では「楽天経済圏」なんて言葉があるくらいですが、私もかなりお世話になっております。

 

過去には楽天カードを持っていましたが、この最近2年間は年会費10,000円+税を払っても楽天プレミアムカードのほうがお得だと実感しております。

 

10月28日から始まったこの決済方法。投信積み立ては11月6日の締切日までに申し込めば、最短で12月1日から積み立てができるとのこと。

 

すでにカードを持っている方はまだまだ間に合います。

 

10月28日 ブログ更新作業の1日。これって楽しい!?

 

曇り空の日曜日。先週末の中国関連の記事をまとめて書くことにします。

 

珍しく朝6時過ぎまで眠り、家事や雑務を済ませて8時頃からブログ更新作業。

 

今書いている日記と違って、1記事あたりの作業時間が3時間以上かかることが多いので、3本書くとかなり疲弊します、、、

 

家で好きなことをブログで書いて、お小遣いにもなるならと夢見る人がたくさんいますが、そんな甘くないですよ。

 

実際には改めて文献を調べて正確な情報を集めたり、誤字脱字をチェックしたり(ほとんど出来ていませんが、、、)、付随する作業時間もかなりあります。

 

片手間でやるにはおススメ出来ない仕事。

 

SNSで毎日発信するだけだって大変ですからね、想像できます?

 

さて、更新した記事はこちら。

 

最近はスマホで読む人が多いので、テーマを絞ってボリュームも少なめにしています。

 

夜景を見るなら香港広州深圳で

夜景が素晴らしい香港ですが、最近は深圳や広州の夜景もレベルが高くなりました。3つのメガシティを巡ってどっぷり夜景を楽しみませんか?香港の比較的新しい楽しみ方です。


上下九歩行街

広州市でとても有名な上下九歩行街。でも日本人旅行者が広州市を訪れることが少ないため、あまり知られていません。香港への旅のついでに是非立ち寄ってみてくださいね。


広深線和階号の乗り方

【2018年版】広州と深圳を結ぶ広深線和階号。大都市間を僅か2時間足らずで結ぶコスパ最高の列車の乗り方を、旅行記風にすべて開設します。


10月27日 ホワイトボードや模造紙の代用。どこでもシート

 

きのう、外部のセミナーに参加した際、とても便利なものがあったのでご紹介します。

 

その名も「どこでもシート」。

 

最近のセミナーでは講義のみではなく、参加者同士のワークショップが当たり前になっていて、グループ討議をしてA1サイズくらいの用紙にマジックで書いて発表する、というスタイルが多いですよね。

 

今回受講したセミナーでは、「どこでもシート」という薄いシートにホワイトボードマーカーで記入して発表しました。

 

このシートの長所は、

  1. 会議室のどこの壁にでも貼ることができる
  2. 静電気で吸着するので画鋲やマグネットが不要
  3. ホワイトボード同様に、すぐにサッと消すことができる(再利用も可)
  4. 薄くてクッキングシートのようなケースに入っているので、主催者側にとっても携帯性が優れている

といったところが挙げられます。

 

 

私にとってはアネロのリュック以来、久しぶりのヒット。

 

自社でもすぐに採用したいと思います。

 

業務で使う機会がありこの商品を知らなった方、実勢価格では1枚100円くらいとお安くなってますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに下にAmazonへのリンクを貼っていますが、オフィスで購入するなら多くの企業で取引がある、アスクルのほうが利便性が高いかも。カタログにも載っています。

 

10月26日 ふるさと納税

麦とホップ

 

先日、楽天市場経由で申し出たふるさと納税。

 

麦とホップが2ケース届きました。

 

お酒を飲むと脳細胞が1日30万個、健常者の数倍の速度で失われていくのだそう。

 

しかも判断力が落ちるので、1本空けるとついつい次に手を伸ばしがち。

 

なので1本ずつしか冷蔵庫に入れないようにしています、、、はい。

 

 

10月25日 帰ってからも中国ネタ

トイレの

 

中国のトイレには、画像の様な文言が至るところに貼られていました。

 

日本でも男性用の小便器には「一歩前へ」というニュアンスの言葉が書かれていることが多いですよね。

 

でも画像の様な表現をすることは、日本ではちょっと無いかもしれません。

 

「一歩前へ!その一歩が日本を元気に!」みたいなフレーズが書かれていたら、いいと思いません?

 

中国の政治が云々とか、民族が云々とかは別にどうでも良く、このような考え方をする(できる)ところに拍手を送りたいと思うのです。

 

***

 

帰ってから連日19時台にはベッドに入り、5時過ぎまで寝ています。 このペースではブログ更新は進まないところですが、身体が欲していることを優先させてますのであしからず。週末に更新予定です。

 

 

10月24日 家系ラーメン

家系ラーメン

 

先日の話。東京駅至近のお店で家系ラーメンを食べてみました。

 

でも、お腹壊しちゃって、、、

 

それから中国でも調子が悪く、2日目に深セン到着後もホテルのトイレに駆け込んで、3日目の香港でも尖沙咀でトイレを求めてSCの中を歩いたり、、、

 

どうもお腹弱いみたいですね、私。

 

交通事故のあと身体全体が弱ってますが、自分の年齢を意識することができたうえ、身体と対話できるようになったと思います。

 

疲れたと感じたら寝る。行きたくないと思ったら行かない。

 

以前の私はこういうのってダメ人間だと思っていましたが、自分を律することができるようになると、身体の要求に応えることは「サボっているのとは違う」と思えるようになりました。

 

ちょっと成長したと思います。

 

10月23日 さらば広州。中国に魅了されて、、、

白雲空港

 

最後のホテルは部屋の中がとても臭くて、しかも蚊に刺されて決して快適とは言えませんでした。

 

環境適応能力が高い私でも、さすがにこの部屋では3時間しか眠れなかったです。

 

おかげで空港で立ち眩みがして卒倒しそうになりました。

 

 

このホテルの良かったところは、頼んでもいないのに空港まで無料で送迎してくれたところ。

 

頼んでもいないのに5時30分にモーニングコールまでしてくれ、5分前にはさらにもう1回。

 

フロントにはもう1組のお客と、昨日のスタッフ。彼らは夜通しで勤務みたい。

 

ファミマで朝食

 

昨日の夜はビールしか飲んでいないので、全家(ファミマ)でサンドイッチとコーヒー。

 

朝は出来るだけ普段食べなれたものが食べたい私。

 

朝から肉の乗ったご飯なんて要りません、、、

 

最近は納豆ご飯も食べられなくなりました。

 

 

ラウンジでビール

 

早めに出国してラウンジで朝からビール。

 

食べるものが果物しかないけれど、機内食がすぐだからいいでしょう。

 

広州

 

広州市郊外の街並み。

 

家屋をよく見てみると老朽化していて貧しさが窺えます。

 

中心街の超高層ビル群との格差がスゴイ。

 

海外に来ていつも思うことは、ホームレスが多いこと。

 

 

それと、身体に大きなハンデキャップを負った人が物乞いをしている場面を見ることが必ずあります。

 

いつも考えさせられます。

 

ちなみにウィチャットペイのQRコードで物乞いしているひとがいると聞いていましたが、お目にかかることはありませんでした。

 

ただ、ストリートパフォーマーがタブレットにQRコードを表示して、演奏している姿は見ましたね。

 

 

また来よう。深センには2月の香港マラソンの時に再訪予定です。

 

 

10月22日 深センから思い付きで香港へ行ってみる

香港

 

朝、天気がいいので香港へ行くことにしました。

 

しばらく前に、インスタ映えで有名になった香港島太子にあるこの場所に行ってみたくて。

 

※帰国後に知りましたが、私有地につき現在は立ち入り(撮影)禁止とのこと。確かにそうですよね、、、

 

あとは昼間のスターフェリーでまったりと。

 

チョンキンマンション

 

尖沙咀でチョンキンマンションへも。

 

じっくりと1階フロアを見てみると、完全に東南アジアの雰囲気でした。

 

実際には南アジアの人が多いようですが。

 

上下九商店街

 

14時に香港を離れ、深センをスルー。

 

17時に広州へ戻ったので、上下九歩行街へ。

 

ここは面白いです。おススメ。

 

広州

 

広州の夜景も素晴らしい。

 

夜景を見るためだけに、香港、深セン、広州を訪れるツアーがあってもいいかもしれません。

 

***

 

ホテルは3泊とも別の場所に泊まってみましたが、だんだんとグレードが落ちていく感じ。

 

最終日のホテルは

男(ソファに座ったまま)「おい!何か客みたいなのが来たぞ」

女(奥から面倒くさそうに出てきて)「はっ?あんた何しに来たの」

という感じ。

 

TRIP.COMで予約したのですが、、、

 

英語も全く通じず、翻訳アプリでやり取りする始末。

 

 

でも、私。たかが中国語検定準4級でも、こんな時にはかなり役に立ちました。

 

簡体字で基本的な単語がわかるだけでも、かなり旅行に使えます。

 

港(香港)や台(台湾)のような繁体字よりコミュニケーションが取りやすいです。

 

 

10月21日 広州市から深セン市へ行ってみる

人和のホテル

 

広州市では白雲空港から電車で2駅の人和駅至近のホテルへ。

 

安い割にいいホテルでした。

 

Cherish Life。自分を大切にしましょう。

 

駅近くの飲食店

 

遅めに9時チェックアウト。

 

7月のシンガポールでの教訓を踏まえて、旅先で無理をせずしっかり睡眠を取ることにしました。

 

私にとって、マラソンや登山より海外旅行のほうが疲労感がキツいです。

 

それと特に温暖な地域では、朝より夜の街のほうが面白いので。

 

 

さて「食は広州に在り」。この店に入ってみます。完全にアドリブ、、、

 

良く見ると「上海」って書いてます、、、汗

 

人和の飲食店

 

こんな小さな店でも、みんなスマホで決済です。

 

テーブルで待っていると、、、

 

停電

 

いきなり停電、、、

 

お客も店主も全く動じない、、、汗

 

料理

 

暗い中、おばちゃんが通りすがりにゴトっと置いて行きました。中国で接客だとか、笑顔、ホスピタリティなんて1ミリたりとも期待していないので気になりません。

 

美味しそうに見えるけれど、味は薄め。これで12元。

 

深センへ

 

市内観光をして広州東駅から深センへ。

 

120kmくらいあるので、1時間半くらいかかります。

 

深セン

 

ハイテク、世界の工場、近未来都市の深セン。

 

「香港=夜景」は過去の話になりつつあるかも。深センの夜景は香港を超えたと思います。

 

常在人口は1000万人を超えているそう。

 

華強北に寄ってみましたが、「秋葉原の数倍はある」は真実でした。

 

深センでは羅湖至近の格安ホテル。

 

上海で泊まったホテルと近いクオリティ。2千円~3千円だとこのレベルなのでしょう。