やまたび北海道【雑記ブログ】コモ子の10日間日記|12月下旬

12月31日 やまたび北海道、1年間ありがとうございました

 

今朝は出社前にブログを書いています。時間は午前3時、1時50分に目が覚めました。えっ?何時間寝てるの?って疑問に思うかもしれませんが、昨日は19時前にはベッドに入っていたので、6時間以上寝ています、、、

 

さて、今日は来年の「やまたび北海道」をどのように運営していくか、ということを考えてみます。

 

今こうして書いているコモ子の10日間日記というブログは、毎日いろいろな話を書いて更新が出来るところに使い勝手がありました。自分にとっての記録となり、資産となって蓄積しくので成長や進捗を振り返ることができます。

 

ただ、これには1つだけ難点がありました。

 

メインのコンテンツの更新が疎かになりがちなこと。日記を書くのに要する時間は少ないものの、蓄積すると膨らみます。そこで2019年からは、日記のボリュームを少し減らして簡潔にします。

 

それとメインの記事ですが、トップページとジャンルのカテゴリ分けをもっとシンプルにして、使いやすさを追求します。これには少し時間がかかりそう。

 

また、ジャンルが北海道の山だけではなく、海外マラソンや旅行記、雑記も増えてきましたので、もう少しブログが育ったころを見計らって、それぞれを切り離そうと考えています。1つのジャンル、例えば北海道の山を目的に訪れてくれるユーザさんにとって、他のジャンルの記事は関係ないですからね。

 

これはブログ本体よりも、先にSNSを分ける予定。インスタやツイッターアカウントを使い分けていく計画です。

 

ブログというよりも何かを書いて発信するのが好きで楽しいので、手段を使い分けてもっと強化していく2019年にしようと思います。

 

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

12月30日 時間の話とお金の話

 

昨晩の送別会から帰宅したのは午前2時。今朝はやや二日酔いで調子がわるいのですが、午後から日曜出勤。会社は明日31日まで通常業務です。

 

年末年始やゴールデンウィークにしっかり休みたいと主張する社員もいますが、これは業界由来によるものだから仕方がないこと。休みを優先するのであれば、そういう業界に転職すればいいだけの話。

 

さて、今日の本題。ブログの中でお金の話をよくするのですが、10年ちょっと結婚生活を続けていた頃に抱えていた生活の諸問題や、2015年の離婚直前直後にお金の問題で苦境に立たされた頃を振り返り、お金に対していろいろ考える機会が増えたのがこの3年間の私でした。

 

最近はお金に対して固執するというよりも、楽しむという傾向が強いです。基本的に支出は幸せを実感できる使い方、収入は増やすとかトクをしたという小さな喜びの積み重ね、この繰り返しです。

 

それと大切なのは、会社員としての給与の範囲内で生活をする仕組みを作ること、日常生活に関する予算はゆとりをもって給与の範囲内に収めること。

 

例えば、家賃や水道光熱費、通信費、食費です。食費は変動しますが、生活習慣に直結しますので、生活習慣が変わらなければ基本的にブレは少ないはずなのです。

 

そうすれば、賞与など予定外の収入は、自分が幸せを感じられるような使い方をすればいいのです。基本、貯めこむのはダメ。使わないと幸せを感じられません。そうすると日常生活に面白みがなくなり、いい仕事もできなくて結果も出せないでしょう。

 

ということで、お金の話は楽しいからよく話題にしています。次に時間の話。

 

さて、クロネさんのブログの中で「実はお金が欲しいのではなくて時間が欲しいのではないか」という問いかけがあり、「うんうん、まったく同意」と感じることがありました。

 

先日、宝くじの話をしましたよね。

 

「使いきれないくらいのお金があったら会社を辞めて自由になる」と考える人が多いのですが、結局のところみんな自由な時間が欲しいのが最終的な着地点なのかなと。

 

だったらそれをお金で実現するのではなくて、時間の使い方も併用して実現すればいいのではないか、というのが私の持論です。

 

無駄な時間を切り詰めれば、多くの時間が確保できるもの。もし、まとまった時間が欲しければ、会社にお願いして休みを取ればいいんです。しっかり理由を話せば、普通の会社はダメなんて言わないですよ。

 

やりたいことの多くは、1週間も休めば実行可能なものです。無いもしないでゆっくり自宅で休養するのだって、せいぜい3日が限界でしょう。

 

お正月に自宅で何もせずにゴロゴロしていても、1月3日のお昼過ぎにはさすがに飽きてしかも憂鬱になるだけ。

 

 

お金の使い方と時間の使い方をしっかり身につければ、会社勤めをしながら満足ゆく生活が送れると私は考えています。

 

 

12月29日 仲間を送る。送別会幹事

すすきの

 

数日前に職場の仲間の送別会をやることが決まり、2名で幹事役をすることになりました。

 

開始1時間前に札幌駅ステラプレイスにあるお花屋さんを訪れましたが、年末にも関わらず僅か20分で準備してくれ、思い付きで購入した色紙もみんなで書いてカタチになりました。ちょっと感じたことですが、

  • 周到な準備をしないでアクションを起こしても、行動によって必ず結果が出る
  • 意見を出し合って力を合わせれば、より大きなカタチが出来上がる

ということを実感できた送別会でした。それと、仲間に対して何かをしてあげることは、私にとって大きな喜びであることも確認できました。

 

私は大きな転職を2回半しているので、転職は賛成派。仲間が減るのは短期的には残念ですが、必ず次の出会いがありますし、何より本人にとって新しい人生の始まりになりますからね。応援しています。

 

12月28日 私生活の振り返る2018年。

 

OFFの時間は自由に遊んでいますが、普段の生活はいたってシンプル。むしろ質素なくらい。平日は職場と自宅の往復のみのルーチンですし、自宅に引きこもって1日中ブログを書いている休日もあります。

 

そんな中でもちょっと目立った出来事を3つだけ挙げてみました。

 

2月 中国語検定準4級 10月 総合旅行業務取扱管理者

中国語検定準4級

 

試験を2つ受けて見みましてね。まずは中国語。

 

中国語をゼロから自力でコツコツ勉強し、準4級の試験を受けて合格できました。その後、勉強はストップしていますが、準4級レベルでもかなり役に立つのでおススメします。

 

特に基本的な単語と簡体字が少しでも読めるだけで、中国本土やシンガポールの旅行がずいぶんと楽しくなりました。

 

2つ目の試験は総合旅行業務取扱管理者。こちらは国内限定資格からのアップグレードを目論んでみたものの、不合格。基本的に諦めない性格なので再チャレンジすると思いますが、来年やるかは未定です。

 

 

4月1日 2年住んだ自宅から引っ越し

引っ越し

 

「家賃を下げる」を目的に引っ越し。これまで生活してきた家の中で最適化された選択。ワンルーム(ロフト付き)ですが、

  • 初期費用が皆無(敷金礼金なし、水回りナンチャラとか一切ない)
  • 会社が近い(1km以内)→通勤に時間がかからない
  • 家賃が安い→水道料金や管理費を入れても3万3千円
  • お風呂屋さんが近い→脱シャワー生活、毎日入浴で心身が健康に
  • 地下鉄もバスも近い→空港、都心部へのアクセス良好、車要らず
  • 都市ガス物件→冬の暖房と毎日自炊でもガス代4千円未満

家族がいればこうは簡単にいかないことは十分わかりますが、独身者なら柔軟に選択したいところ。「生活を最適化する」ことはとても大切だと改めて実感しました。

 

8月 交通事故

アドレス125

 

今年最も大きな出来事は交通事故。未だに引きずっており、右足の神経系統に後遺症が残る気配です。前歯も折れてしまいましたし。

 

被害者なので、少しでも元の姿に戻したい思いはあります。でも、45歳を過ぎた人間の体ですから、元通り修復させること自体がナンセンスなのかもしれません。

 

幸いにも先日のマラソンも走ることができたので、いまある姿を最大限に生かす方向に考え方をシフトして、これからの人生を楽しみたいです。

 

その他にもいろんな出会いもありましたが、自分自身に関することはこのくらい。

 

12月27日 海外旅行の振り返りをする2018年

 

2018年は全部で6回の海外旅行に行きました。平均すると2か月に1回のペース。そのうち3回は先日の日記で書いた海外マラソンへの参加。残り3回は単純に旅行です。LCCの欠航でキャンセルも1回ありましたね。

 

訪問先は、ホーチミン、ソウル、バンコク、シェムリアップ、シンガポール、深圳、香港、広州、クアラルンプール、ジョホールバル。東アジアと東南アジアばかり。

 

今日はその中でも、先日の日記で書かなかった3つについて振り返ります。

 

1月22日 ベトナムホーチミン市

ホーチミン

 

年明けの1月下旬、バンコクとホーチミンに行ってきました。SCOOTのバウチャーとジェットスターのバウチャーがそれぞれ失効寸前ということもあり、無理やり入れた旅行です。

 

新千歳ー成田ーバンコクーホーチミンー台北ー成田ー新千歳

 

2泊3日でこの旅程。かなりハードですが、これが私のスタイル。滞在型の旅行は性に合いません。

 

同じASEAN諸国でも、バンコクやクアラルンプールは都市としてひとまず完成形に近い反面、ホーチミンやマニラ、ジャカルタはまだまだ伸び盛りという印象を受けます。

 

いずれにせよ、東南アジア諸国を旅するのであれば、午前中はゆっくりホテルで過ごして、お昼は観光やショッピング、夕方から繁華街を楽しむのがいいみたい。

 

ブイビエン通りの近くにある屋台街で、スマホを盗まれてしまうハプニングがありましたが、これも楽しい思い出の一つかな。

 

新たなものを得るには何かを失う。人生はそういうものなんです。

 

ベトナムはまだまだ面白いところがたくさんあるみたいなので、今後数年間で集中的に旅行してみたいと思います。LCCはベトジェットが就航しましたが、ジェットスターを含め、日本からの直行便は成田や関西からなので、バンコクに比べると利便性で劣るかな、、、

 

6月2日 カンボジアシェムリアップ

アンコールワット

 

カンボジアと言えばやはりアンコールワット。観光拠点となるシェムリアップに行くには、日本からの直行便がないので不便なんですね。

 

私のようにLCCで行くなら、バンコク乗り継ぎでエアアジアがいいでしょうが、そうでなければ中国南方航空、中国東方航空、マレーシア航空、ベトナム航空あたりになるみたい。

 

ちなみに私はエアアジアで行きましたが、セール時のフライトならば往復4万円未満も十分にあり得ます。

 

シェムリアップ市内は宿泊費もピンきりで低めに抑えることができますが、滞在費が意外とかかるので要注意。

 

アンコールの遺跡群は全部見たいと思ったら相当な時間がかかるので、私のように一度現地へ行って1日~3日滞在して「さわり」を感じ取り、帰国後に集中して情報収集、2回目の滞在で1週間みっちりフリープランで行くのが良いかもしれません。

 

将来的にはアンコール遺跡について、本が書けるくらい徹底的に取材したいと思っています。そのくらい必見の場所だと思います。

 

私がこれまでに訪れた場所の中で、ベスト3に入るくらい好きな訪問地です。

 

7月7日 シンガポール

シンガポールホーカーズ

 

今回のシンガポール行きのテーマは「国境越え」。マレーシアのジョホールバルから陸路でシンガポールのウッドランズに入国するというのが目的でした。

 

シンガポールと言えば「最先端の洗練された街並み」を想像する人が多いかと思いますが、今回はそういうところにはほとんど行きませんでした。

 

宿泊先も赤線地区のゲイランにあるゲストハウス。シンガポール政府公認「大人の夜遊びスポット」です。

 

その他にも大好きなリトルインディアにある「テッカ市場」、チャイナタウンの「マクスウェルフードセンター」、タイテイストの「ゴールデンマイルコンプレックス」など、わりとメジャーですがどちらかと言えばシンガポールのイメージからちょっと外れるスポットを中心に訪れてみました。

 

どこもとても楽しいで、シンガポールへ行かれる方はぜひ!

 

それと、新しい第4ターミナルを利用することができて、これも良い経験ができました。最先端を行く空港ターミナルです。

 

 

12月26日 セイコーマートLINE Payコード支払いでお買い得♪

セイコーマートLINE Pay5%キャンペーン

 

リツイートした通り、昨日からセイコーマートでLINE Pay「コード支払い」ができるようになりました。2月17日までは5%還元キャンペーンが行われるため、お値打ち感が高いです。

 

しかも、12月31日まで行われている「Payトク」の20%還元も加わるので、「Payトク」を使い切っていない人にとっては実質25%還元になります。セイコーマートでは今日26日から「ありがとうセール」と題してチラシも発行しており、この裏面には「LINE Pay最大25%還元キャンペーン」と一角に記載されています。

 

私はコンビニ利用は少ない方ですが、利用するとしたらセブンイレブンやローソンよりセイコーマート派。ただ、これが変わり始めたのが数年前から。セブンイレブンの利用が格段に多くなりました。

 

理由はたった1点。電子マネーへの対応の遅れ。当時はポイント還元率については特に意識していなかったけれど、電子マネーの利便性において一歩出遅れた感がありました。

 

それと、クラブカードで蓄えられるポイントの使い勝手が良くなかったのもあります。ここで一気にセイコーマート離れが進んだ私。今回のLINE Payコード支払い対応で、しばらくはセイコーマートの利用率が一気に高まりそうです。

 

先の震災で多くの人がお世話になったセイコーマート。これを機に再び応援したいです。

 

12月25日 nanacoに現金チャージ1万円以上で、、、

nanaco大感謝祭

 

23日のお昼にnanacoの公式ウェブサイトにアクセスすると、重たくてセッションが途中中断する場面がありました。

 

たぶんこれが原因でアクセスが集中していた模様。

 

1万円以上のチャージ+応募で500万nanacoポイント山分けのnanaco大感謝祭が始まっていました。しかも3日間限定で。

 

お、これはオトクか!と思ったものの、nanacoの会員数は延べ6000万人程度いるそうなので、10%がこれに参加すると1ポイント山分け、1%が参加すると10ポイント山分け、0.1%でも100ポイント山分けとなり、この場合でも還元率は1%ということになります。

 

さすがに0.01%(6,000人)の参加で1000ポイント還元は考えにくいので、うーんどうだろうって感じ。素直にクレジットカードからチャージして堅実に0.5%を狙った方がいいような、、、

 

結局、私も応募&チャージしてみましたが。 

 

12月24日 クリスマスプレゼントにコンデジを購入

コンデジ

 

今日も5時30分から勤務。31日まで繁忙期のラストスパートが始まります。今週は毎日早出と残業、日直が続きますが、厳かな正月を迎えるためにも年末は慌ただしい方がいいのです。

 

さて、クリスマスに全く縁がないコモ子ですが、LINE Payのシークレットキャンペーンを利用し、Amazonでコンデジを購入。誰かにプレゼントをするのは好きですが、まずは自分からです。自分が一番大切。このカメラが昨日届き、サブカメラとしてこれから活躍する予定です。本当はクオリティが高いコンデジか、ミラーレス一眼の軽量モデルが欲しいのですが今回は見送り。記録を残すための専用として、必要最低限の機能でコスト重視です。非純正品の充電池2つとSDカードをセットしても1万円未満はお買い得。思っていたよりも動作も画質も悪くないですよ。

 

インドのビザ申請

 

それと、1月に訪れるインドのe-VISA申請も完了。「世界で一番難しいインドのビザ申請」なんて揶揄されているみたいですが、入力項目が多すぎるし写真に関しても要求レベルが高いし。おまけにシステムのエラーが良く出てきて、せっかく入力したのに全部流れるなんてことも、、、

 

先週の日曜から合計5回も入力作業をし、4時間くらい費やしてしまいました、、、汗

 

あとは72時間以内に審査が完了し、無事発給されるかどうかです。

 

 

12月23日 2018年の総括をしてみよう(海外マラソン編)

 

引き続き今年度のまとめをします。今日は海外マラソン編。今年は全部でフルマラソンに3回参加することができました。

 

これから申し込むレースはフルマラソンだけではなく、10kmやハーフマラソンなどへの参加も検討し、海外マラソンへの参加がもっと身近に感じてもらえるような記事を書いて発信できたらいいなと思います。

 

3月18日 第89回ソウル国際マラソン

ソウル国際マラソンスタジアム

 

まずは3月の第89回ソウル国際マラソン。今年で2年目になります。何でも1回経験すると勝手がわかるので新鮮味こそ欠けますが、中身を深く知ることができます。

 

実のところ今回の参加は見送る予定だったのですが、直前の2月になってANA国際線特典航空券でのフライトという選択肢が思い浮かび、実現することになりました。

 

前日の夕方にアシアナ航空のフライトでソウルへ行き、シロアムサウナで前泊。マラソン後の後泊もシロアムサウナだったため、シロアムサウナに関するブログ記事を書いたところ、今年最も読まれた記事になりました、、、(汗)マラソンの記事はあまり読まれていないかな。

 

帰国便の乗り継ぎで立ち寄った関西空港の「ぼでじゅ」さんは、1ヶ月くらい前にプライオリティパスで利用できるようになったため、激混み状態でしたね。

 

この時の旅行記はこちら

 

4月8日 第10回マレーシアSCクアラルンプールマラソン

スタンダードチャータードクアラルンプールマラソンマレーシア

 

ソウル国際マラソンから約3週間。マレーシアのクアラルンプールへ。4日間のお休みを取ってマラソンに参加してきました。

 

クアラルンプールは2年前の8月に涙をのんだ大会。受付時間に間に合わないという残念な状況でした。ただ、マラソンを観戦するという楽しさを気付かせてくれた、という感謝の気持ちもあります。

 

今回は学習して前々日入りをして余裕をもって受付。午前にシャーアラムのブルーモスクを拝観することもできました。

 

レースそのものは4時スタートなので半分くらいが暗闇の中。東南アジア特有の暑さにも苦しめられ、結果は5時間を超えて完走。

 

それでも3週間前にソウルを走ったためでしょうか、「歩き」がほとんど入らずに完走することができました。

 

個人的には、この大会もハーフマラソンをお勧めしたいと思います。来年は9月下旬開催の予定です。

 

第10回クアラルンプールマラソンの記事はこちら

 

 

12月8日 2018シンガポールマラソン

シンガポールマラソン

 

最後は2018シンガポールマラソン。実はまだこれに関する記事の本編は書いていません。序盤の記事はこちら

 

ANA国際線特典航空券を利用してシンガポール航空での現地入り。トランジットの制限時間24時間以内に受付、宿泊、レースに参加するというハードスケジュールでしたが、やれないことはないですね。

 

クアラルンプールマラソン同様に暑さに苦しみますが、スタンダードチャータードマラソンのシリーズは参加すること自体が楽しいので結果オーライです。

 

マラソンが終了してから10日くらい経ってからパワーアップした感じがあり、運動機能のリハビリはほぼ完了したのかもしれません。

 

次回、来年1月のムンバイマラソンではもう少し向上した走りが出来るといいと思います。

 

12月22日 年末ジャンボ宝くじをネットで購入してみる

年末ジャンボ宝くじ

 

宝くじには全く興味がない私。ところが、たまたま宝くじの話題を振られて「7億円当たったらどうする?」みたいな話が盛り上がりました。

 

私は今の生活水準に満足しているので、お金に余裕があったらますます「体験型アクティビティ」に時間とお金を投じるだけ。人生を通じてやりたいことのスピードが増すだけの話だと思います。

 

よく「1億円当たったら仕事を辞めて遊んで暮らす」みたいな話をする人がいます。でも、ビジネスで成功してそういった生活を手中にし人がTwitter上で発言する内容は、どれも幸せそうではありません。

 

そのくらい「自己管理」は難しいし、日々の適度なストレスも必要なのでしょう。学生時代に休学して旅をした時に感じたことですが、非日常の生活を日常にすると楽しくなくなるんですよね。

 

だから購入するつもりはなかったのですが、年末ジャンボ宝くじの最終日にTwitter上で有名ブロガーさんの記事へのリンクを踏んだ結果、直感が働いて1枚だけ購入することに。

 

ネットで宝くじを購入する

 

インターネットでの購入には、氏名や住所、生年月日等の個人情報や、3Dセキュアの認証が取れるクレジットカードの登録、当選したときに振り込まれる銀行口座の登録も必要になります。

 

それらの登録が終わると購入画面に。ECサイトで購入手続きをするのと一緒です。

 

宝くじ公式サイト

 

1枚だけ購入。クレジットカードで決済されますので、ポイントも付くみたい。購入する場所が決まっていて、臨場感を楽しみたい人には不向きですが、隙間時間で購入して当選番号を調べる手間を省きたい人には便利なサービスです。

 

詳しくはクレジットカードの読み物さんのエントリーにて。

 

12月21日 この1年間の総括をしてみよう(夏山編)

 

おとといの日記に続いて、この1年の総括をしてみたいと思います。今回は夏山編。このブログのメインテーマではありますが、この数年間でもっとも捗らない1年でした。

 

ただ、自分的には中身は充実していたというのが実感で、ナイトハイクと言う選択肢も多用しましたね。

 

4月22日 アポイ岳

アポイ岳

 

アポイ岳のいいところは、夏山シーズンの最初にうってつけだというところ。雪山にガッツリ登ってきたならいいけれど、冬の間冬眠状態に近い場合は、足慣らしに最適。

 

まだまだ花が少ない時期でしたが、いつもの同行者と3名で春の訪れを感じることができたのでした。

 

札幌からの運転は長いけれど、日高道が厚賀まで延びています。

 

アポイ岳のエントリーへはこちらから。

 

 

4月30日 塩谷丸山

塩谷丸山

 

この山もシーズン初めに最適。しかも早い時期からお花が多いのが嬉しいところ。

 

毎年のように登っているのは、近いという理由もあるけれど、単純にこの山が好きなのだと思います。恒例行事に近い感じ。登った記憶がすぐに飛んでしまいますが、記録を見ると今年も登っていたんですね。

 

塩谷丸山のエントリーへはこちらから。

 

5月12日 雌阿寒岳と阿寒富士

雌阿寒岳

 

雌阿寒岳も好きな山。この山も夏の訪れがとっても早い。

 

最近は高速道路網が充実した結果、朝3時に札幌を出発しても7時台からこの山に登り始めて、野中温泉でのんびりしてその日のうちに札幌へ帰ることができるようになりました。

 

最近、雌阿寒岳に登ったのは2014年の4月。その時はまだまだ雪山でした。そして阿寒富士にはかれこれ15年以上ご無沙汰しています。今回、同行者は雌阿寒岳ピストンで降りたけれど、自分一人で阿寒富士をピストン。元気があれば追加で1時間30分も見れば大丈夫でした。

 

外国人ハイカーが多いことも驚きでしたね。

 

雌阿寒岳のエントリーへはこちらから。

 

5月23日 羊蹄山喜茂別コース

羊蹄山

 

羊蹄山の喜茂別コースももう何度目でしょうか。先日の日記で来年こそは半月湖から登ろうと宣言していますが、そのくらい偏りがありますね。

 

雪の状況が気になっていたものの、やはりまだ12本爪アイゼンが必要でした。天気も曇天であまりいい山行とは言えなかったかな。でもやっぱり喜茂別コースが好き。

 

羊蹄山のエントリーへはこちらから。

 

 

5月27日 札幌岳

札幌岳

 

札幌岳はこれまでどうも相性が合わなかった山ですが、今回はピッタリ。上部で雲の上に出たら、アンプヌプリまで見渡せる絶景。日が長いこの時期、4時前からサクッと登り始めて正解でした。

 

間近に見える狭薄山にそろそろお呼ばれする頃か?

 

札幌岳のエントリーへはこちらから。

 

6月10日 芦別岳(新道コース)

芦別岳

 

ほぼナイトハイクの芦別岳。好きな山です。今回は深夜2時くらいから登りました。

 

せっかく富良野まで行くなら、十勝連峰に登ってしまおうと考えがちなんので、どうしても足が遠のく芦別岳ですが、今回は4年ぶりに訪れました。やはりこの時期が良いです。

 

最近は新道コースピストンばかりですが、一番最初は旧道から周回登山をしたんだっけ。新道が楽だからというよりも、単に尾根が好きだという理由でいつも新道ピストン。ブログの取材や誰かからお誘いでも受けない限り、今後も新道しか登らないと思います、きっと。

 

ブログの記事でも、残雪、雲海、ツクモグサと書きましたが、そのくらい素晴らしく、雑記ブログの自撮り画像はこの時のものを使っています。

 

芦別岳のエントリーへはこちらから。

 

6月17日 十勝岳ナイトハイク

十勝岳

 

23時から登り始めた十勝岳。上部は寒くて冬山装備でご来光待ちと撮影で2時間滞在。スリバチ火口付近から見上げた、星降るような夜空も見事でした。これ、毎年の恒例行事にしたいと思います。

 

6時くらいには下山して、10時には札幌へ帰ってたんだっけ?

 

記憶では6回目の十勝岳。その中でも今回が最もいい天気でした。

 

十勝岳のエントリーへはこちらから。

 

6月23日 ウペペサンケ山(糠平コース)

ウペペサンケ

 

再びナイトハイク。24時から登山開始のウペペサンケ山。晴れてはいるけれど低気圧圏内なのであまりにも風が強く、糠平富士でピストンすることに。下山は午前10時。

 

ニペとウペペを2日間でセットで登ったのは、まだフィルムカメラを使っていた頃なのでかなり昔。今回も無性に登りたくなって、ついにやって来ました。この山も林道情報が不足しているので、ブログの取材をしようという目的もあって。

 

結果的に、今年登った北海道の山は、6月のウペペサンケで終了、たった8座しか登れていないですね、、、

 

ウペペサンケ山のエントリーはこちらから。

 

 

8月5日 北アルプス笠ケ岳(笠新道)

笠が岳

 

この山も母の希望で数年間保留にしていた。エアアジアジャパン就航のおかげで中部空港へのフライトが一気に増え、北アルプスが射程圏内に入ったおかげです。

 

20時間を超える山行は自身も最長記録で、十勝連峰から表大雪までの縦走に匹敵する時間。良い思い出になりました。

 

アルプスは来年も1~2山程度計画してみたいところです。

 

笠ケ岳のエントリーはこちらから