樽前山・風不死岳登山|支笏湖と恵庭岳の絶景に感動!

風不死岳と樽前山と支笏湖

 

こんにちは!コモ子@やまたび北海道(@ComocoHk)です。

 

今日の話題は風不死岳樽前山。支笏湖の対岸から見ると右の山が風不死岳、左に見える溶岩ドームが樽前山です。

 

樽前山は言わずと知れた活火山で、日本二百名山としても有名。いっぽう、風不死岳は知名度としてはそれに劣るものの、支笏湖の景観には無くてはならない存在。

 

今回は雪が降る直前、11月上旬に樽前山7合目から東山を経由して風不死岳へ登ってみましたので、その様子を中心にお伝えします。

 

なお、樽前山7合目へ通じる樽前山観光道線の入口、道道141号樽前錦岡線は例年11月上旬から4月下旬頃まで冬季通行止めになります。

 

道道樽前錦岡線については国土交通省北海道開発局「北海道地区道路情報」から。

 

樽前山観光道線については苫小牧市「冬季通行規制について」から、それぞれ最新情報をご確認ください。

 

樽前山と風不死岳の概要

 

まずは2つの山の位置関係について。地図を見てもらえば分るように、支笏湖の南にまずは風不死岳があり、さらに南に樽前山があります。

 

風不死岳に登るには、支笏湖の畔から北尾根コースを登るのが一般的ですが、樽前山の7合目ヒュッテからでも登ることができます。

 

湖畔から登るほうが明らかに距離が短くなりますが、ヒュッテから登る方が350mくらいの標高をはじめから獲得することができるので、急登が苦手という方にはおすすめ。とは言っても、一部に鎖場や固定ロープが設置されている箇所もあり、かなり急な箇所が数か所あります。

 

いっぽう樽前山は、ヒュッテからゆっくり歩いても、外輪山まで1時間もかからないのでお手軽。ほとんど草木が無いので景色が良く、太平洋側の海岸線を見渡すことができます。注意点は、いつも風が強いところ。

 

東京や大阪からの樽前山日帰りがおすすめ

 

ちょっと余談になりますが、樽前山は新千歳空港から近いので、東京や名古屋、大阪などからでも日帰りすることができるんです。しかも余裕で。

 

新千歳空港でレンタカーを借りれば、距離にして40km程度(所要時間1時間程度)で登山口へ。北海道到着後1時間で樽前山の登山をスタートできるのが魅力です。

 

登山の所要時間は、今回ご紹介する樽前山と風不死岳をセットで周回するルートでも、せいぜい6~7時間程度。樽前山の外輪を周回するだけならその半分もかかりません。

 

下山後はちょっと寄り道をして、支笏湖の景色を見ながら丸駒温泉で汗を流し(時間が無ければ新千歳空港にある新千歳空港温泉でも)、空港で海鮮丼を食べてお土産を買って帰ればかなり充実した日帰り旅行が楽しめるでしょう。宿泊を伴わないので、LCCを使えば旅行費用もせいぜい2万円程度

 

おすすめの時期は5月下旬から6月いっぱい。それと9月と10月。この時期は閑散期なので航空券も安く手に入り、レンタカーの季節割増しもほとんどありません。特に6月の梅雨時期は自宅でダラダラ過ごすより、晴れた北海道で遊んだ方がすっと楽しいと思いますよ。

 

当サイトでは夏休みや冬休み以外の時期にも、日帰りや1泊2日の短期間で遠くへ行く旅行をおススメします。毎月の短期旅行でリフレッシュして、仕事のパフォーマンスを上げることが目的。

 

樽前山日帰りのこのプラン、当サイトおすすめです。

 

7合目ヒュッテから東山経由で風不死岳へ

 

さて、ここからは実際に歩いてみた様子をお伝えします。

 

私は札幌在住ですので8時に市内を出発、10時に登山開始。2019年11月5日の状況です。

 

樽前山7合目登山口と駐車場について

樽前山7合目ヒュッテ

 

樽前山の登山口は、支笏湖畔のモラップから道道141号樽前錦岡線を南下し、途中のT字路を直進したところにあります。

 

行き止まりに7合目ヒュッテがあり、その先には駐車場。ここにはトイレが併設されていて、その脇から登山道が始まります。

 

なお、ヒュッテから道路を挟んで向かい側にも登山口があり、こちらは風不死岳へ直接登る場合に使います。今回は下山時に利用。

 

樽前山7合目駐車場

 

駐車場には数十台分のスペースがあるものの、週末には満車になることが多いようです。登山者だけではなく一般観光客も利用するので、週末の日中は特に混雑。

 

クルマを停めるスペースがない場合は、道路わきに縦列で駐車することとなり、かなり下の方まで続くこともあるようです。

 

樽前山ヒュッテコースから頂上へ

樽前山登山口

 

登山口には入山届を記入するポストがありますので、ここで記入を済ませてスタート。

 

樽前山は初心者向けの易しいコースですが、1年を通して強い風が吹くことが多く、草木が無いのでガスがかかると道迷いの可能性が急激に増します。

 

自分自身の体力不足が原因ではなく、天気という外的要因によって厳しい環境になるので、天候判断だけは慎重に。

 

樽前山

 

このコースは歩いて数十分も経たないうちに絶景を楽しめるのが良いところ。背後には支笏湖とこれから目指す風不死岳、左手の眼下には苫小牧市から白老町にかけての樹林帯、海岸線に街並みと奥には太平洋が広がります。

 

樽前山

 

樽前山は札幌市から近いので移動が楽。

 

本州からの出張で札幌へ来るビジネスマンでも仕事の後にすぐに帰社せず、休日を入れると帰る前に登れますよ。

 

とにかく、千歳や札幌から近いので移動に時間がかからず、深夜・早朝から登り始めるのもそれほど大変ではありません。

 

でも、晩秋にもなるとお昼の時間帯くらいから登り始めても、まだまだ空気が澄んでいて青空がきれいです。

 

樽前山

 

樽前山の最高点は溶岩ドームですが、登山禁止となっています。外輪山は溶岩ドームを周回するように登山道が付いていて、山頂は東山(標高1,022m)

 

7合目登山口から1時間もかからずに外輪山の分岐点に到着。時計回りに周回すると西山(標高994m)を経て、最後に東山へ。再び分岐点から7合目へ戻ることができます。

 

今回は分岐点から反時計回りで最初に東山へ登り、そのまま風不死岳へ向かいます。

 

登山道

地理院地図上を一部加工して使用

 

地図上に表現すると、このような感じ。

 

樽前山山頂

 

東山の山頂には周囲を遮るものが一切ありません。全周を見渡すことができて爽快。

 

溶岩ドーム一帯や風不死岳、支笏湖はもちろん、50km彼方の羊蹄山尻別岳の姿も。

 

東山から風不死岳へ

樽前山

 

東山から北側に下っていき、次に風不死岳へ。

 

海側から風が吹いている場合は溶岩ドームが風よけになるので、この辺りは比較的快適に歩けるでしょう。

 

樽前山

 

風不死岳へは分岐点からいったん下り、標高点・932の北山への分岐点を右へ進みます。

 

この辺りから草木が生い茂るようになり、平坦地を過ぎると今度は急な登りに差し掛かることに。

 

振り返ると青い空。樽前山のシルエットを間近に見上げられます。

 

風不死岳

 

鎖場が一か所、固定ロープが設置されている箇所が数か所あり、慎重に通過したい場面。

 

一般の登山道で、このくらいの急斜面はあまりないかも。自信がない方は風不死岳へは行かないで、樽前山だけにしておいた方が無難。

 

風不死岳への登山道

 

急斜面をやり過ごし、いよいよピークかと思わせる場面ですが、この辺はまだ標高点・963の付近。頂上はずっと先。

 

風不死岳への登山道から苫小牧

 

でも、苫小牧の市街地と海岸線を見渡せるので、この辺で一休みをしてちょっと癒してもいいかも。もちろん、残り30分を一気に進んでしまってもいいですし。

 

支笏湖と恵庭岳

 

再び平坦地がちょっと続き、最後は標高差100mの登り。

 

一段上がったところからは一気に視界が開けてきて、支笏湖や恵庭岳もきれいに見えてきます。

 

風不死岳

 

そして山頂へ。細長く頂上が伸びているので、みんな北尾根コース沿いの両脇で休憩している感じ。

 

風が弱ければ、ここでゆっくりと過ごしたいですよね。

 

支笏湖と恵庭岳を風不死岳の山頂から

 

樽前山から縦走してきた場合、山頂標識で引き返さず、ぜひ突端まで進んでみましょう。

支笏湖を眼下に見下ろし、もう一つの支笏三山、恵庭岳も全部見えるんですよ。

 

その他にも支笏湖周辺の紋別岳イチャンコッペ山

 

漁岳空沼岳札幌岳へと続く山並みも。

 

樽前山

 

新千歳空港や苫小牧市街から見る樽前山とはちょっと違った感じで見えるのも魅力。

 

樽前山には何度も登っていても、風不死岳に登ったことがない人って結構いるはず。そういう私も今回が初めてでした。

 

風不死岳山頂から7合目ヒュッテへ下山

風不死岳

 

山頂からの景色を楽しんだ後は、樽前山7合目ヒュッテに向けて下山開始。途中の急斜面は一歩一歩を慎重に通過して滑落しないように。

 

途中には分岐点、標識もあります。今回はここからヒュッテへ向けて直接下山。

 

もちろん、そのまま登り返して樽前山の外輪を周回したり、北山に立ち寄ってから下山したりするのも楽しいでしょう。

 

樽前山

 

ザレの下り斜面、一部に登り返し、最後は林内を過ぎるとヒュッテ脇の登山口へ到着。

 

樽前山はいつも風が強いのが難点ですが、それを除けば比較的容易に楽しめる山。そして風不死岳まで足を延ばせば支笏湖全体を見渡せるのも魅力。

 

みなさんも、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。