備忘録|2016年のアクションをダイジェストで振り返る

 

こんにちは!コモ子@やまたび北海道(@ComocoHk)です。

 

この記事ではは2016年の振り返りをします。あくまでも、自分向けのダイジェストですが、読者さんにも共有します。書き方が少々乱暴ですがお許しを。

 

さっそく2016年のアクションとその内訳について。

 

  総 数 山歩き マラソン 旅 行
海 外  1 0 3
国 内 20 17 2 1
合 計 24 18 2 4

 

まずは簡単なレビューから。

 

2016年は、人生を一人で歩んでいくという転換の年になりました。

 

考え方を前向きに捉え、今までできなかったことを積極的に取り組もう、好きなことに特化しようという基本的考えを確立したのがこの年。

 

初めて海外旅行に行ったのもこの年から。

 

経済的な自由どころか、日々暮らしていくのがやっとの時期でもあったので、活動の回数は少ないけれど、気持ちは満たされた年でもありました。

  

1.元旦の早朝、JRに乗って塩谷丸山へ

塩谷丸山

 

1月1日。実のところ、結婚していた当時も仕事をしているか、一人で過ごしていたかのどちらかだったお正月。

 

2012年に転職したのをきっかけに、このところ正月は毎年近所の山歩きをしている。

 

昨年車を失ったので、今年はスノーシューを担いでJRで塩谷駅まで行き、塩山丸山へ登ってみた。夏道コースは相当なラッセル。結局は頂上台地でビールを1本空けて引き返し、午前中には帰宅した。

 

正月だからと言って、何も特別なことなどない。365日、フル営業だ。

 

 

2.チームしんちゃんず、厳冬期の野塚岳へ

野塚岳

 

1月15日。チームしんちゃんずで厳冬期の野塚岳へ行ってきた。

 

今考えれば、かなり無謀だったかもしれない。しかも思っていたよりも雪が深かった。稜線に上がるまでに猛ラッセル(単純に通常登られるルートを見失って、早めに尾根に上がろうとしたのが失敗の原因)、時間と体力を費やすことに。

 

その後は順調だったけれど、山頂まで5時間は要した。

 

景色もさっぱり。結局、トヨニ岳を見ることもなく、レンタカーの返却時間が迫っていたこともあり、お風呂に入らずに直帰パターン。

 

この山ももう一度登らないとならない。

 

3.初めてのカイガイリョコウ

復興航空

 

1月17日、初めての海外旅行、台北

 

当時、同じ職場で働いていた人が年末に欧州へ遊びに行った話を聞いて、「あっ、これ自分がやりたかったことだ」と気付いたのがきっかけ。

 

特に何も分からずに、エクスペディアで選んだのが台北、しかも今はなき復興航空だ。

 

 

 

滞在時間は36時間程度。台北で何をしたかって訊かれても、それほど覚えていない。台北101と九份あたりに行ったくらい。

 

だけど、自分には大きな前進だったのは間違いない。新しい世界の扉を開いた感じだった。

 

4.知床の名峰、海別岳

海別岳

 

2月28日海別岳

 

チームしんちゃんずで行ってきた。明日から3月だと言うのに、氷点下20度を下回るとても寒い日。

 

日の出時刻から登り始めて、日没直前まで歩きっぱなし。高齢者ふたりには厳しい行程だったに違いない。

 

残念ながらニセピークで猛烈な風が吹きつけて撤退。

 

右手にオホーツク海の海岸線を、左手には斜里岳を見ながら下る大斜面は、最高の思い出だ。

 

5.奈井江まで走る

美唄市

 

3月20日奈井江まで走ってみた

 

ここ2年くらい、通勤ランニングをしているおかげで、毎日走る習慣が出来たからだ。それと、6月にサロマウルトラへの参加を決めていたのも理由の一つ。

 

山に行くような天気でもなく、でも2連休。これはもったいない、ということで国道12号線を北上。

 

初日は江別駅まで20km。寒くて止めたのだった。

 

JRで帰って、翌日は江別駅からスタート。奈井江まで。 

 

カラダがまだまだ出来上がっていないため、楽しくは、、、、なかった。

 

 

6.三国峠からユニ石狩岳

ユニ石狩岳

 

4月9日ユニ石狩岳

 

この山には、もうかれこれ20年来のご無沙汰ということもあり、母を連れて登ってみた。

 

稜線上は風が強く、しかも寒気が入って4月中旬とは思えない寒さ。

 

今度はもう少し遅い時期に、音更山までツボ足で往復できないものか考えている。

 

そういうのって、行動するのに勢いが大事。思い付きだけではなかなかモチベーションが上がらないもんね。

 

7.春の東ヌプカウシヌプリ

東ヌプカウシヌプリ

 

4月10日東ヌプカウシヌプリ

 

正直な気持ち、夏なら見向きもしないだろう。

 

冬でも札幌からわざわざ行くような山でもない。

 

今回は、前日にユニ石狩岳に登って帯広市内に宿泊し、そのついで的な流れだったから行ってみただけ。

 

次回登るとしたらいつになるだろうか?

 

 

8.東北遠征、岩手山へ

岩手山

 

5月21日。春の東北岩手山

 

チームしんちゃんずで毎年恒例になりつつある東北遠征、昨年15年は鳥海山、今年は岩手山、17年は月山という流れだ。

 

札幌から深夜バスで新函館北斗駅へ。そこから北海道新幹線で盛岡へ。盛岡でニコレンを借りて、午前10時から登山開始となった。

 

残念ながら時間切れで、自分のみ山頂へ登り、みんなは8合目で引き返し。

 

まあ、それでも天気が安定し、みなさん満足していた様子だったけど。

 

9.八幡平で残雪ハイキング

八幡平

 

5月22日八幡平でスノーハイキングを楽しんだ。

 

北東北は温泉が豊富だし、高原を行くドライブコースも多いので本当に面白い。国内旅行はめったに行かないけれど、北東北なら何度行ってもいいくらい。

 

昨日の岩手山の疲れも残っているので、今日は手ごろに八幡平。山っていうような場所ではないけれど、雪の時期は手ごろで楽しめる。

 

名湯、藤七温泉や田沢湖へも立ち寄って、冷麺食べて終了。

 

盛岡でレンタカーを返却し、盛岡駅前からなかよしきっぷで八戸へ。フェリーで苫小牧へ帰るという、大変ご苦労さんな旅だった。

 

この後、2017年にピーチの仙台ー新千歳線が運航開始したのを機に、フェリーに乗る機会はなくなるだろうと思われる。

 

 

10.近くて遠い、黒松内岳

黒松内岳

 

6月5日。北海道もいよいよ夏山シーズン到来。まずは道南の黒松内岳へ。

 

登ったことがない山へ行ってみよう、というのが狙いだ。

 

スクーターで行く場合、途中で給油が必要になることもあり、共和町あたりのホクレンSSがオープンする時間帯を見計らって自宅を出発。移動まで緻密に計算された山行となった。

 

黒松内岳は1時間くらいで登れるイージーな山だけど、中身が凝縮していてとっても楽しく、近ければ何度も通いたくなるような名山。

 

沢からのアプローチもたくさんあるとのことで、こちらも北海道沢登りガイドに紹介されている。この本は沢をやらなくても必携の書だ。

 

11.おかわり!長万部岳

長万部岳

 

6月5日長万部岳。黒松内岳を下りて、おかわりで登りに行った。

 

こちらもなかなか楽しい山。一部に雪が残っていたが、ほぼ夏山の様相。

 

山頂は多くの人たちで賑わっていて、下山時は地元のSさんと言う方と一緒に下りた。お話好きのとってもいい方で、いろいろな学びもあった。

 

山のボランティア活動などにも参加されているとのことで、自分もいつかはそういった方向に舵を切るのもありだな、と感じた。

 

12.やっぱりダントツで一番遠い、利尻山

利尻山

 

6月12日利尻山。札幌から1泊2日で礼文岳と利尻山をやろうと計画。結果は前日の残業のおかげで、利尻のみとなった。

 

まず何て言っても遠い。125㏄のスクーターで稚内まで走らせるには、気合と根性がある。しかも6月中旬の雨の朝。バイク乗りなら、この辛さは想像できるだろう。

 

利尻島に渡ってキャンプ場でツェルト泊。深夜23時に出発し、山頂でご来光。7時には下山完了、ツェルト撤収で、始発のフェリーで稚内へ。

 

あとはひたすらスクーターを走らせ、夕方には帰宅。充実感いっぱいの利尻に大満足。

 

13.撃沈、サロマウルトラ

サロマ100kmウルトラマラソン

 

6月26日サロマ湖100kmウルトラマラソン

 

 

挑戦してみたかったウルトラマラソン。もちろん完走したい気持ちは強いけれど、何よりも参加してみたかったのだ。

 

結果は60kmでリタイア。最高に走った距離が5月の300kmという、圧倒的に練習量が不足している割には、まずまずの結果か。

 

フルマラソンとの違いを体感できたのは一つの成果。

 

一番の収穫は、周りのランナーたちのレベルが、フルマラソンより遥かに高いということ。高い目標を掲げている集団に飛び込むことこそが、自分を最短で引き上げてくれる、ということを肌で実感したサロマだった。

 

14.雷電山とチングルマ

チングルマ

 

7月25日雷電山

 

 

この山もかなり以前から登りたい症候群にかかっていた山。

 

先月のサロマ湖ウルトラマラソンで燃え尽きたのか、長い夏風邪に悩まされ、39℃以上の高熱で仕事をする日もあった。

 

そこから何とか復活し、岩内岳経由で雷電山へ登ってみることにした。

 

途中にチングルマのお花畑、山腹に広がるニッコウキスゲの大群落、ニセコらしい池塘群、頭の中で描いていたのとは遥かに異なる上出来の山歩き。

 

ニセコのなかで最もステキな場所を発見してしまった、という感じ。また来よう。

 

15.クアラルンプールマラソン、受付に間に合わず

クアラルンプール

 

8月6日クアラルンプール

 

2度目の海外ひとり歩きに選んだのがここ、マレーシアのクアラルンプール。

 

KLマラソンの開催日に合わせて行くことにしたけれど、結果として現地の受付に間に合わず、参加することは叶わなかった。

 

何事も失敗を重ねて、成功へ繋いでいくもの。この後、2018年4月には参加することができたのだからいいじゃないか。

 

初めての東南アジアはいい意味で刺激的だった。そのため、帰国後はすぐにタイへ行く手配をし、すっかり海外旅行の虜になったのだ。

 

16.テン泊、白雲岳

高根ヶ原とトムラウシ山

 

8月27日白雲岳

 

2連休をもらい、表大雪を満喫してきた。

 

旭岳から御鉢平入りし、テクテクとのんびり白雲岳避難小屋へ。

 

高根ヶ原から雲が両脇に流れ落ち、雲海に浮かぶトムラウシ山の眺め。

 

こぼれんばかりの星空、モルゲンロートの山並みに再び地球の朝がやってくる。

 

やっぱりここが大好きだ。定期的に通わなきゃ。

 

 

17.道南の名峰巡り、まずは乙部岳

乙部岳

 

9月10日。母のリクエストがあり、道南の名峰を2つ登ることにした。まずは乙部岳

 

この山って北海道百名山だけど、あんまり登っている人はいないみたい。

 

感想は言うと、、、静かで味わいがある山、とでも表現すればいいのだろうか。紅葉の時期に登るのが面白そうな感じだ。

 

18.道南2つ目。遥かなる大千軒岳

大千軒岳

 

9月11日大千軒岳。この山も札幌から登りに行こうとすると遠い山だ。

 

 

今回は函館を起点としたから行けたけれど、もし札幌から日帰りで行こうとするなら、前夜から現地へ向けて車を走らせないとならないだろう。

 

この山、花の名山だけど秋もなかなかいい感じ。晴れていれば岩木山まで見えるし、渡島大島あたりも見渡せる。 

 

河原歩きと尾根歩きの両方も楽しめて、最高じゃないか。

 

19.バンコク

バンコク

 

9月23日バンコク

 

 

海外ひとり旅3回目はタイのバンコクをチョイス。東南アジアが楽しくて仕方ない。

 

今回のバンコク滞在は1日のみ。関西空港からエアアジアXの深夜便でドンムアン入り。早朝から深夜までフルで時間が取れるので、1日の滞在で十分だ。それ以上になると、むしろ疲れがたまる。弾丸バンコク。

 

弾丸旅行ってどうなの?っていう向きもあるかと思うけれど、何と言っても感性が刺激されるのがいい。日常との変化が大きければ大きいほど、効果は絶大。休みの都度、海外か山に登っているのが理想だ。

 

20.香港って何度行っても楽しいよね!

香港

 

9月24日香港

 

 

バンコクで遊び倒して、ドンムアン空港で野宿。

 

翌朝のフライトで香港へ飛んだ。香港滞在は半日くらいだけど、午前中から夜景が見れる時間帯までびっしりあるので十分だ。

 

今回は主に香港島側を楽しんだけれど、スターフェリーで潮風に吹かれ、尖沙咀からの夜景も楽しんだ。

 

一度で全部楽しんでやる、なんてそもそも無理なこと。また来たいと思うくらいでやめておくのが旅のコツだと思う。

 

21.札幌マラソン

札マラ

 

10月2日札幌マラソン。今回は10kmにエントリー。

 

実はこれ以降、国内のマラソンレースには出ていないんだけど、これを書いている2020年1月現在、再び国内レースにも参加しようと考え中。しっかりトレーニングをしようかと。

 

ネットタイムでちょうど50分。豊平川ロードレースで10位以内に入ったのは20年くらい前で過去の杵柄ってやつ。

 

 

22.最悪の天塩岳

天塩岳

 

10月16日天塩岳

 

行きたいって思っていながら、ずっと先延ばしになっていた山、それが天塩岳。

 

先入観があって、札幌からめちゃめちゃ遠いっていうイメージがあったの。

 

でもよくよく調べてみると、東大雪へ行くより近いし、層雲峡とほとんど変わらない。そこで10月にチームしんちゃんずで行ってみた。

 

長靴で登ったのが敗因。前日にかなりの降雪があったらしく、上部は膝上ラッセル。長靴の中に雪が入り込み、凍傷になるかと思ったくらい。

 

結局山頂は踏めず、ずっとガスガスで雲の中。

 

苦行としか言えないような山歩きだった。

 

23.喜んでもらえて。函岳

スーパー林道

 

10月17日函岳

 

北海道百名山の函岳だけど、山頂まで車で行けるので登山対象とは言えない感じ。

 

それでもお二人さんは行ってみたかったらしく、かなりのご満悦。

 

ちなみにこの林道、バイク乗りには有名なスーパー林道。これ、ハスラーだったから楽に行けたけれど、普通の乗用車なら結構厳しかったかも。

 

24.初めてのソウル

石焼ビビンパ全州

 

11月25日韓国ソウル。初めてのソウルだ。

 

 

これを書いている2020年1月現在、訪韓回数は12回となったけれど、3年前のこの日、初めて韓国へ行ったのだ。

 

バカにしていてゴメン、韓国は先進国だった。日本と何も変わらないじゃないか。無知とは怖いもの、それと百聞は一見にしかずだ。

 

だからもっとみんな海外へ行こう、とにかく何でも見てやろうだ。

 

いかに日本人が「日本って凄い」という幻想に囚われているのかも分るし、「このままじゃマズい」っていう危機感も感じることだろう。 

 

話を戻して、初ソウル。とにかく寒かった。明洞では雪が降ったし、北漢山ハイキングではすでに紅葉が終わって枯れ木の山肌だった。

 

25.厳冬期、クリスマス十勝岳

富良野岳

 

12月20日。クリスマス前の十勝岳

 

平日休み、今日は火曜日で晴れ予報だ。

 

しばらく雪は降っていないし、一昨日は日曜日で山には人がたくさん入っているはず。となれば、行くっきゃない。

 

空は快晴、日の出前の望岳台を出発し、せっせと登ってスリバチ火口付近まで進んだところで、一気にガスに巻かれてホワイトアウト。やべぇ、、、

 

先行するパーティーはそのまま行ったけれど、自分はすぐに引き返す。

 

山頂は踏めなかったけれど、1年を締めくくるに相応しい山歩きだった。

 

12月の十勝岳に望岳台から登る。視界不良で撤退。ガスがかかりやすいので要注意

 

●2015年の備忘録はこちら

備忘録|2015年のアクションをダイジェストで振り返る

 

●2017年の備忘録はこちら

備忘録|2017年のアクションをダイジェストで振り返る

 

●2018年の備忘録はこちら

備忘録|2018年のアクションをダイジェストで振り返る

 

●2019年の備忘録はこちら

備忘録|2019年のアクションをダイジェストで振り返る