備忘録|2015年のアクションをダイジェストで振り返る

 

こんにちは!コモ子@やまたび北海道(@ComocoHk)です。

 

この記事では2015年に登った山について、振り返りをします。

 

自分向けに日記を残すような感じですが、読者さんにも共有します。

 

さっそく2015年のアクションとその内訳について。

 

  総 数 山歩き マラソン 旅など
国 内 22 17 2 3

 

まずは簡単なレビューから。

 

2015年は、8月いっぱいまで山歩きをしていましたが、人生が一変する出来事があって、秋・冬はほとんど活動をお休み。

  

また、正月早々に交通事故に遭ったのもこの年。車を失ったために自転車を始めたのもこの年の出来事でした。

 

では、さっそく1月からの出来事を振り返ります。

  

1.元旦は、迷沢山と阿部山の周回登山

迷沢山

 

1月1日。近所の裏山迷沢山と阿部山を周回登山。

 

わりと朝早くから登り始めたが、迷沢山への登りが猛ラッセルで、4時間はかかった。

 

さらに峰越を経由し、阿部山から下山したときにはすでに辺りは真っ暗。

 

正月早々、完全燃焼系の山歩きが楽しめた。

 

仕事であっても趣味であっても、本気で燃え尽きるまで打ち込むと充実感が半端ない。中途半端はダメだ。山歩きは僅か1日の活動だけで、そういう気持ちまで到達させてくれることが多いから好きだ。 

 

2.チームしんちゃんず、厳冬期のピセナイ山へ

ピセナイ山

 

1月4日。チームしんちゃんずで厳冬期のピセナイ山へ行ってきた。 

 

1日の迷沢山から中2日で山へ出かけるというのは、よほど気勢が充実していたものと思われる。

 

ピセナイへは日の出前から林道歩きを始め、猛ラッセルの末、正午頃に山頂へ到着した。

 

しんちゃんはピークを踏めなかったが、稜線まで登ってきた。 

 

帰りは札幌市内で真横から車を追突されるという事故に遭い、最終的には廃車。

 

この事件が人生を大きく変える転機の原因で、最も最下層に位置している真因だと思う。でもそれを詳しく知る人間は一人もいない。そう、誰にも話していないからだ。しかも自分にも真実はわからない。

 

3.なぜにこの時期?北根室ランチウェイ

北根室

 

2月8日北根室ランチウェイ敗退。

 

北根室ランチウェイの存在を知り、フットパスに大きな興味を持った。

 

思い立ったらすぐに行動したい、衝動が止まらない。自分は元来グズなほうだが、年を重ねるにつれせっかちになり、口より行動が先に出るようになってきた。

 

土日の休みをもらって決行、根室行きの夜行バスに乗り、早朝に中標津到着。

 

氷点下10度の寒い朝、除雪されていない中標津の公園内をスノーシューでひとり行く。いったい自分は何をやっているのだろう?

 

思い描いていたものとは随分異なり、4時間歩いて開陽台へ着いたとき、閉鎖されたレストハウスの外で随分と思い悩む。

 

結局、公道を歩くことにし、最終的にJR摩周駅まで歩き、釧路から夜行バスで帰ることにした。

 

JR摩周駅に来るときは、いつもこうだ。以前もバイクのタイヤがバーストして、ここにデポしていったっけ。

 

総歩行距離は60kmくらいだったように思う。長靴で20kg以上の装備を担ぎ、吹雪の峠越えは遭難するかと思ったくらいだ。自己承認、よくやったと思う。残ったのは心の思い出だけだ。 

 

4.ピリカヌプリ敗退

野塚

 

4月18日ピリカヌプリ。敗退。

 

北海道で山歩きをしていたら、最終的に多くの人がこの山を目指すと思う。

 

群別岳、知床岳、海別岳、イドンナップ岳、1839峰、エサオマントッタベツ岳、それに札内岳。

 

一般登山者にはどれもが遠く、困難で、強い憧れを抱く。

 

かなり本気で挑んだものの、稜線に上がる手前でテントポールが脱落して紛失していることに気付き、撤退を決める。なんとあっけない結末。ヒューマンエラー。

 

おそらく自分には縁がなかったのだろう。また気が向いたときにやればいいさ。 

 

5.シーズン終盤、阿女鱒岳

阿女鱒岳

 

5月5日阿女鱒岳

 

30代は国家公務員の管理職になり立てから民間企業へトラバーユ。ブラック企業に人生を捧げた日々。その時代は山歩きなんてほとんど出来なかったけれど、2014年に転職してからは休日が多いので山ばかり。

 

でも経済的には不自由だったので、近所で遊ぶことも多かった。阿女鱒岳もそんな山。

 

近くてお手頃、ゴールデンウィークはすでにスキーのオフシーズンで、誰ともスライドすることもない。

 

行きと帰りはキロロ周辺のツーリングも楽しめ、帰宅後は近所のお風呂に入って、ビールを飲めば、最高の休日じゃないか。 

 

6.百松橋から手稲鉱山

峰越から手稲山

 

5月11日百松橋→神威岳→烏帽子岳→百松沢山→峰越→奥手稲山→手稲鉱山

 

この時期にツボ足でこんなことやってるヤツなんていねぇ、ってような山歩き。何といっても烏帽子から峰越まで雪が繋がっていないのだ。

 

藪漕ぎで心が折れ、百松北峰のプチ滑落で顔面強打寸前、峰越の水不足で喉がカラカラ。

 

約12時間、よくやった。何といっても、峰越あたりまでの藪漕ぎがツラかった、、、もうやらないだろう。

 

7.小林峠から砥石山

砥石山

 

5月20日砥石山。 

 

藻岩山の兄弟分みたいな山、といったところだろうか。小林峠からアクセス。

 

当時、富丘に住んでいたので、バイクで30分くらいで現地へ。トレランに快適なコースで、走らなくてもそこそこの距離を気持ちよく歩けるのが魅力。

 

今日は天気も微妙で何しよっかなぁ、ってときに最適かも。正午には帰宅。

 

8.シューパロ湖から夕張岳

夕張岳

 

5月24日。ゲートが開く前の夕張岳へ。

 

深夜に札幌を出発し、シューパロ湖に到着したのが日の出の時刻。

 

そこから市道と林道をランで冷水コースIN。

 

途中でヒグマに遭遇し、心臓が飛び出しそうになるハプニングもあったけれど、 何とか登頂することができた。

 

望岳台のトラバースはこの時期はまだ厳しい。アイゼン必要。

 

9.中1日で神居尻岳

神居尻岳

 

5月26日、中1日で神居尻岳。札幌から1時間半くらいで行ける山。 

 

夕張岳から下山して、脇の下がつっぱる様な違和感を感じ、よく見るとマダニが食い込んでいた。

 

神居尻岳を午前中で切り上げて、そのまま皮膚科へ。

 

子供の頃は比較的病弱で内科によくかかったものだが、大人になってからはめったに病院へ行くことがなくなった。

 

でも、こういう診療科目にはちょくちょくお世話になる。

 

この後、2017年のイドンナップ岳でもマダニにやられたが、塗り薬で窒息死させて摘出する術を学んだ。

 

10.北日高、ピパイロ岳

ピパイロ岳

 

6月1日。母のリクエストで北日高のピパイロ岳へ。

 

伏美小屋で前泊し、早朝出発。

 

稜線上にそこそこの雪が残っていたおかげで、伏美ーピパイロ間はかなり楽に移動することができた。天気も上々で、これまで最高の景観を楽しんだ。

 

67歳でピパイロ日帰りは厳しかっただろう、よく登ったものだ。拍手!

 

人生はいくつになっても、高い目標があれば若々しく生きられるものだ40歳を過ぎても親から学べることがあるのだ

 

11.JAL、千歳マラソン

JAL千歳マラソン

 

6月7日千歳JAL国際マラソン。昔は日航マラソンって呼んだけれど、いつの間にか変わったらしい。

 

20代の頃に何度かフルマラソンに参加したけれど、2013年になって久しぶりにエントリー。

 

2013年はフルマラソンに参加したあと、夕方から仕事をした。

 

2014年は欠場、今年はハーフマラソン。

 

日航マラソンと言えば、お馴染みのクマをあしらった参加年のTシャツを貰えたものだが、デザインが変わってシンプルなTシャツになった。

 

これ、結構楽しみにしていただけに残念。

 

これをきっかけに、このマラソンには参加していない。

 

12.KUMA、札幌外環100km

KUMA

 

6月14日、自転車で札幌外環100km

 

交通事故の保険金で、ビアンキのKUMAと言うバイクを購入し、札幌市の外周を周回するルートを走ってみた。

 

交通事故で失った車を再購入するだけの経済力がなく、だったら冬に自転車で通勤しようと考えて、本格的な自転車を購入することにしたわけだ。

 

このあと色々あって、自分にとっては曰く付きのバイクになってしまったけれど、生涯所有したいと思う。

 

13.花の名山、大平山

大平山

 

6月20日、花の名山大平山

 

メンバーはチームしんちゃんず。

 

大平山は札幌から意外と遠く、大雪山系へ行くより時間がかかるくらいだ。

 

この山うわさ通り。本当にたくさんの種類のお花を楽しむことができる。

 

帰りは宮内温泉も楽しめるので、季節を少しずらして再訪したい。案外、冬も面白そうだ。 

 

14.西クマネシリ岳

西クマネシリ

 

7月12日西クマネシリ岳

 

今回もチームしんちゃんずにて。

 

2016年の台風・大雨による路面洗堀によって、今では遠い山となってしまったけれど、この当時は普通に登ることが出来た。

 

ただ、東大雪は札幌からの陸路移動が長い。遠いうえに林道もある、ってことで日帰りだと結構ハード。深夜出発で夕方以降に帰宅が当たり前となる。

 

真夏の暑い日だったけれど、山頂付近はポカポカ陽気で気持ちよく、ここからの眺めはかなり素晴らしい。特にクマネシリ山塊の稜線は、他では見られないような独特の風景だ。 

 

15.十勝連峰日帰り縦走2回目

私

 

7月27日十勝連峰日帰り縦走2回目。 

 

3連休をもらっていて、当時何をしようとしていたのか忘れてしまった。

 

1日自宅に引きこもってブログを書いていると、頭が爆発しそうになったので、急きょ山へ行くことに。

 

昨年に続いて日帰り縦走をやってみようと思う。

 

今回は十勝岳温泉と吹上温泉との分岐点にバイクをデポし、そこから徒歩で十勝岳温泉へ行くところからスタート。

 

富良野岳、十勝岳、オプタテシケ山を折り返し、再び十勝岳、最終的には上富良野岳でゴール。

 

美瑛富士には寄らなかったけど、十分に満足。スクーターで札幌へ帰るのに、途中で何度も仮眠を取ったことか。あー、完全燃焼系。

 

16.東北遠征第1日目、岩木山

岩木山

 

8月2日岩木山。 

 

東北遠征、チームしんちゃんず。苫小牧からフェリーで八戸へ渡る。

 

ガスガスだったけれど、初日は岩木山。

 

せっかくの名山もガスに包まれたら、思い出は半減だ。

 

でも、東北はやっぱり温泉が最高。下山後は最高に楽しめる。

 

17.2日連続の独立峰、鳥海山

鳥海山

 

8月3日。この旅のメインは鳥海山。 

 

すかっ晴れで最高の天気。やっぱり山は天気だよね。

 

前日は秋田市内に泊まり、早朝ランニング。朝食を食べてから登山口へ。

 

思っていたよりも陸路の移動が長く、登山にも時間がかかった。

 

それでも3人でピークを踏むことができ、今回の目的達成。

 

北上まで車を走らせ、翌日は再び八戸からフェリーで。

 

北海道の感覚で陸路移動を見積もっていると、膨大な時間がかかり、運転もつらいし、同乗者もつらいよね。

 

18.北海道マラソン、メンタルボロボロ、完走すらできず

北海道マラソン

 

8月30日2015北海道マラソン。昨年に続いての参加。 

 

3日前に緊急の家族ミーティングを行い、そこで衝撃的な報告を2件も受けることになり、さすがの自分も精神的に参ってしまった。

 

そんなメンタルで参加したものだから、完全にノックアウト。

 

新川通りを折り返し、約30km地点で吐き気に耐えられなくなりリタイア。初めて収容バスに乗ることとなった。

 

この後も2016年のサロマ湖ウルトラで収容されることになったけれど、 救急車に乗るよりマシか。

 

 

19.札幌マラソン

札幌マラソン

 

10月4日札幌マラソン

 

北海道マラソンのあと、新居探しと引っ越しの準備などで約1ヶ月間遊びはなし。

 

すでに申し込んでいた札幌マラソンには一応参加し、この大会出場から新しい人生の幕開けとなった。

 

20.初冬の黒岳

黒岳

 

10月17日。大雪山系黒岳

 

メンタルは完全復活。母を連れて黒岳へ登ってきた。

 

最高の天気で表大雪は真っ白の雪景色。ペアリフトからは雲海に浮かぶ北大雪の山並みも楽しめ、「最高」と呼ぶのにふさわしい山歩きだった。

 

21.モエレ沼ラン

モエレ沼

 

11月20日モエレ沼。白石の自宅から往復20kmのラン。

 

休みの日にこんな遊びをしているのは、単純に金欠だったから。生活の資金繰りが最悪だったのだ。人生、そういう時もある。

 

杏里のFUTURE FOR YOUという唄のなかで、「そうよ、ジャンプするには一度しゃがむの、深く深く落ち込んでも未来は私の心の中で息づく」 という一節があり、今回も勇気づけられた。

 

 

22.雪の岩見沢方面自転車旅

KUMA

 

11月22日自転車小旅行

 

2日前に引き続き、お金がかからない遊び。

 

風が強く、とても寒い1日だった。走行距離はおよそ90km。自転車で1日に500kmくらい走る人がいるけれど、本当にリスペクトする。素晴らしい。

 

そして自分、今年はこれで終了。ややハードな山歩きもしたけれど、どちらかと言えば控えめな1年間だったように思う。

 

●2016年の活動履歴はこちら

備忘録|2016年のアクションをダイジェストで振り返る

 

●2017年の活動履歴はこちら

備忘録|2017年のアクションをダイジェストで振り返る

 

●2018年の活動履歴はこちら

備忘録|2018年のアクションをダイジェストで振り返

 

●2019年の活動履歴はこちら

備忘録|2019年のアクションをダイジェストで振り返る