常客証でスピーディな入国手続き|1年に3回以上台湾へ行くなら必須アイテムです

持非中華民国護照

 

こんにちは!コモ子@やまたび北海道(@ComocoHk)です。

 

今日の話題は、台湾のイミグレーションで使える「常客証」について。

  

とっても便利、知らないともったいないので、要点を簡単にご紹介します。

 

意外と知られていない常客証とは?

 

常客証とは、過去12か月間で台湾に3回以上入国した人だけが申請できるもの。

 

これを持って専用レーンに並べば、ほとんど待ち時間なく入国手続き(出国手続き)を完了することができます。

 

 

桃園空港

 

桃園空港のみならず首都にある大空港では、入国手続きが完了するまでに1時間くらい待つことが頻繁にありますよね。

 

長時間のフライトのあとで長い行列に並ぶのは、できれば避けたいもの。

 

申請できる対象者はこんな人

 

繰り返しになりますが、常客証を申請できる人は、直近12ヶ月間で台湾に3回以上入国した人です。

 

なので、年末年始やゴールデンウィークなどでしか台湾へ行かない人には、あまり縁がないかも。

 

どちらかと言えば、週末を利用して遊びに行く人など、頻繁に出入りする人向けかもしれませんね。

 

常客証の申請方法

内政部移民署

 

申請方法はとっても簡単。

 

インターネットで申し込んで、入力した内容に相違なければ即時発行されます。

  1. 台湾内政部移民署全球資訊網にアクセス
  2. 必要事項をすべて入力する

以上です。

 

 

入境

 

注意点は、ここ12か月以内に台湾へ入国した日付を新しい順番で入力すること。

 

なので、パスポートのスタンプで入国日を控えておく必要があります。

 

 

常客証の使い方

常客証

 

最後に常客証の使い方について。 

  1. まず、専用レーン(常客證 Speedy Immigration Counter)を見つけます。このレーンはほぼ毎回固定されているかと思いますが、桃園空港の第1ターミナルの場合は一番右側のレーンでした(2020年1月)。
  2. 列に並ぶ前、行列の整理をしている係員に見せる必要はありません。
  3. 列に並んで自分の番が来たら、パスポート・アライバルカード・常客証の3点セットを入国審査官に手渡しします。

以上で終了です。

 

なお、常客証は事前に印刷しておく必要があります。

 

カラープリントである必要はなく、モノクロ印刷でも構いません