ブログとアフィリエイトは違う。自分はカフェのオーナーさん。自分の世界観で好きなことを書き続けよう!

 

こんにちは!やまたび北海道のコモ子です。

 

今日はブログ論第3回目「ブログとアフィリエイトは違う。自分はカフェのオーナーさん!?自分の世界観で好きなことを書き続けよう!」です。

 

ブログ論第1回目、第2回目は「ブログの収益化」をテーマで話をしてきましたが、第3回目はちょっとだけ異なる切り口でお話を進めていきます。

 

おそらく、途中にアイキャッチ画像や、広告は入らないと思います。テキストだけ。純粋に記事を読んでもらえると嬉しいです。

 

 

この記事、私の人生観や経験を強く反映しています。個人でご商売をやったことがある人なら、きっとわかってくれるはず。

 

共感してくれる方、シェアしてくれれば嬉しいです。

 

 

えっ、ブログとアフィリエイトって違うの?

 

あなたがもし、ブログで稼ぎたいと思って、いろんな情報収集をしている初心者さんだとしたら、ブログとアフィリエイトの違いって何だかわかりますか?

 

確かに厳密な違いがあるかと言えば、線引きは難しいかもしれません。

 

自分のサイトに広告を貼って、そこから収益を得る、という点ではまったく同じです。

 

でも、サイトが存在する意義に違いがあります。

 

 

私の解釈はこうです。リアルの日常生活に例えてみます。

  • ブログは、自宅を改装してオープンしたカフェ、あなたはオーナーさん。
  • アフィリエイトは、スターバックスなどのコーヒーチェーン、あなたは社長さん。

似たような感じで、別な例えを。

  • ブログは、趣味でやってる雑貨屋さん
  • アフィリエイトは、ドン・キホーテ

「いやいや、待ってよ。ちょっと違うよ」ってもしかすると、先輩ブロガーさんは言うかもしれません。

 

いいんです。私の見解ですから。気にしない。気にしない。

 

要するに、どちらも商売なのには変わらないけれど、個人的な趣味の延長線上にある商売なのか、初めから会社なのか、そんな違い。

 

伝わります?この感覚。

 

 

オーナーさんが作るカフェって、最初はじわじわなんだよ

 

ですから、もともと来るお客さんが違うんです。

 

いいですか、これからすごくわかりやすい例え話をしていきますからね。

 

 

街でオーナーさんがやってる小さなカフェって、お店にオーナーさんの世界観が強く表現されていますよね。

 

最初は友人や知人が訪れてくれて、友達がそのお友達を連れてきて、じわじわクチコミで広がっていくイメージ。

 

これが、ブログの初期段階。

 

第1回目の記事で「まずはとにかく記事をたくさん書く。継続です。」と言いましたが、カフェで例えるなら、これが初期の段階です。

 

だから、ここがいちばん大事。じわじわ広がって行くの。

 

 

それからしばらくしたら、雑誌や地元ローカルのTV取材が来て、一気に遠くからもお客さんがやって来る。

 

これが、バズや炎上みたいなイメージ。PV数が爆発的に上がる瞬間です。

 

 

もちろん、街のカフェでも、最初から広告宣伝をするオーナーさんがいます。チラシを手作りで作って、ご近所さんにポスティングをしたり。

 

これがTwitterなどのSNSの役目。そんなイメージ。ここがうまい人は、早い段階でお客さんがとりあえず来てくれる。

 

 

途中でお客さんの声を取り入れながら、コンセプトを修正して、だんだんお客さんが増えていく。お店がね、洗練されて最適化していくの。

 

これが、あなたのブログのファンが増えて、応援してくれるイメージ。リピーターやいいね!が増えていく段階。

 

 

でもね、こんな場合も。

 

お店を臨時閉店することが増えたり、運転資金がショートして、廃業しちゃうパターン。

 

これ、ブログを更新を辞めちゃうイメージ。自分でお客さんと距離を置いちゃうの。お客さんが来なくなっちゃうの。

 

 

ねっ、すっごくわかりやすいでしょう。

 

リアルの世界も、インターネットの世界も、相手は人間、だから一緒なんですよ。

 

 

ここまで説明したら、アフィリエイトが何かなんて、解説は不要ですよね。素人が最初から片手間でアフィリエイトをやっても、上手くいくわけがないんですよ。

 

アフィリエイトで成功するのって、きっともの凄い情熱とエネルギー、それと勉強やいろんな知識、テクニックが必要なはずなんです。意気込みが違うんです。取り組む姿勢も違うんです。命がけなんですよ。

 

 

訪れる客層も、訪れる動機も違う、もちろん売り上げ規模も。

 

ここまで説明して、もうお分かりだと思いますが、街のカフェや雑貨屋さんは、来てくれるお客さんが違うんです。

 

一見さんじゃない。常連さん。

 

しかも、たまたま来てくれるんじゃない。

 

わざわざ来てくれるの。

 

 

なぜ?

 

そこの雰囲気が好きだから。

 

そこに行くと居心地がいいから。

 

あなたに会いたいから。

 

 

売上?

 

最初はほとんどないんです。カフェも雑貨屋さんも。

 

それはね、じわじわ付いてくるんだって。その期間に耐えて、やることをしっかりやるの。初心を忘れちゃだめ。最初から果実だけをガツガツ求めちゃだめなの。まずはお客さんに喜んでもらうの。

 

だから、増えたお客さんを裏切っちゃだめ。もう来なくなるから。心をこめて大事にするの。

 

 

 

自分がカフェのオーナーなら、どんなお店を作るか描こう

 

もう、ここまで話したらわかりましたよね。

 

あなたは街のカフェのオーナーさん。

 

自分の思い描くお店を作りましょう。食器だったり、客席のディティールだったり、手作りのケーキだったり。全てにおいて自分の世界を作るじゃないですか。メニュー表もランチョンマットだって。

 

でも、普通より自分の世界観がかけ離れすぎてると、お客さんは来ないけど、、、そこはブログだって一緒。

 

例えば、あなたがどんなにゴリラが好きでも、ゴリラカフェなんてお店を作ったら、そんなにお客さんは来ないと予想がつく。繁盛するまできっと何年もかかるし、一生繁盛しないかもしれない。

 

ここは、犬カフェとか猫カフェ、せいぜいウサギカフェでしょう。

 

だから、自分の世界観は大事だけど、お客さんが求めていることもよく考えて、ストライクゾーンを大きく外さないようにしよう。初めからど真ん中はダメ。競争相手が多すぎて、個性が薄まっちゃうから。

 

 

お客さんがたくさん増えたら、個性を生かしつつ、だんだんストライクゾーンに近づけていく。するともっとお客さんが増えるんだなぁ。

 

 

でもね、最初の頃から来てくれてたお客さんは、きっとこう言うの。

 

昔は良かったのになぁ。最近変わったよね。つまんなくなっちゃった」って。

 

これはね、しょうがないと思う。要するにね、寂しいんだって。

 

辛いところだけど、お店が成長する過程で、どうしても避けて通れない道。ブログだって、きっとこういう時がやって来る。

 

 

ただ、今はまだスタートライン。頭の片隅に入れておけばいい。

 

 

 

あなたが好きなこと、それが世界観。常連さんが必ずつく

 

 

話は戻るけど、初めは世界観を表現するのが大事。

 

なぜ?

 

続けられないから。

 

ブログはね、長く続けていくのが大事。お店と一緒。一攫千金はない。ほぼ無いといっていい。

 

 

でも、あなたも人間。仕事もあれば家事や育児もあるでしょう。

 

いろんな要素でモチベーションが下がることがあるんだよ。続けられない時が必ずやって来るんだって。

 

だから好きなことを書かなきゃしんどいよ。初めからお金儲けばかりを考えたら続かないの。目的が違うんだから。

 

商売だってそうなんですよ。

 

商品を最初から売るんじゃない。あなたがお客さんのために何かをしてあげることで、あなた自身を買ってもらって、初めて物が売れるんだって。

 

だからまずは自分を売ろう。それはブログを一生懸命書き続けることでしか表現できない。

 

いいですか、そのために、まずはあなたが好きなことをテーマにして書き続けていくんです。楽しみながら書くんです。

 

すべてはそこから始まります。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。