北海道の夏山登山と雪山ハイキング、沢登りに関するガイド本まとめ

 

こんにちは!やまたび北海道のコモ子です。

 

今日は北海道の山に関するガイド本についてご紹介します。

 

北海道の山歩きを楽しむ人にとって、地元発刊のガイド本があることはわりとよく知られていることと思います。

 

ところが、道外ではあまり知られていないようで、北海道が誇るせっかくの良書が、地元だけでしか読まれていないというのは、とても残念です。

 

そこで、この記事では、北海道の夏山、雪山、沢登り、登山口に関するガイド本をご紹介していきます。書店で見つけたら、ぜひ手に取って購入していただきたいと思います。

 

北海道の夏山に関するガイド本

北海道夏山ガイド

 

北海道在住の登山者なら、ほぼ100%知っているくらいどこの書店でも扱っているのが、こちらの「北海道夏山ガイド」(1巻~6巻)【北海道新聞社】です。

 

この本は主要な山域別に分かれていて、夏道が開かれている山とその登山コースついて、実際に現地調査をして書かれています。おそらくすべての山が網羅されているものと思われます。

 

インターネットが普及してこのホームページを始め、多くのブログ、コミュニティサイトで登山情報が得られる時代ですが、出版されている紙の媒体では、情報の質や信頼性が数段高いことがわかります。

 

体力や険しさ、迷いやすさなどについて数値で客観的に判断して、総合的な難易度について初級~上級に分類されているところも、北海道に知見が少ない方にとっては大いに参考になるでしょう。

 

B6サイズで携帯性に優れ、数年サイクルで更新も行われているので風化することもありません。北海道外の書店では取り扱いがないこともありますが、アマゾンなどでも簡単に入手できます。最新版の購入をお勧めします。

 

何となく手作り感があって、読み物としても面白いんです。このガイドブックをベースに、山レコなどの個人ユーザの山行記録と重ねれば、かなりの情報が集められます。

 

なお、これからご紹介するすべての商品は、Amazonへのリンクが貼ってあります。この記事はめったに更新しないため、リンク切れになっていたり、Amazonでの取り扱いが終了している可能性もあります。そのため、Google検索やブックマークからAmazonのサイトへ直接飛んでいただき、そこから商品を検索していただいたほうが確実です。

 

北海道夏山ガイド①

道央の山々

(札幌、支笏・洞爺、ニセコ)

 道央圏は支笏洞爺国立公園、ニセコ積丹小樽海岸国定公園があることもあって、多くの山に夏道が開かれています。

■収録している主な山

 羊蹄山(日本百名山)

 樽前山(日本二百名山)

 ニセコアンヌプリ

 (日本三百名山)

 余市岳

 (日本三百名山花の百名山)

▶その他北海道百名山17座など

北海道夏山ガイド②

表大雪の山々

 北海道の夏山ハイキングの核心部はここ表大雪でしょう。初心者からベテランまで、決して飽きることはないでしょう。

■収録している主な山

 トムラウシ山(日本百名山)

 旭岳(日本百名山)

 黒岳、北鎮岳、白雲岳、赤岳(ともに北海道百名山)

▶東大雪・十勝連峰への縦走も

北海道夏山ガイド③

東・北大雪、十勝連峰の山々

 このシリーズで最も利用価値が高い1冊。森林管理局の林道情報と合わせて活用していただきたいと思います。

■収録している主な山

 十勝岳(日本百名山)

 ニペソツ山、石狩岳

 (ともに日本二百名山)

 オプタテシケ山

 ニセイカウシュッペ山

 (ともに日本三百名山)

▶その他北海道百名山11座など


北海道夏山ガイド④

日高山脈の山々

 難易度が高い日高山脈だけに対象となる登山者は少ないかもしれませんが、夢が膨らむ一冊です。

■収録している主な山

 幌尻岳(日本百名山)

 カムイエクウチカウシ山

 (日本二百名山)

  ※縦走路のみ

 ペテガリ岳

 (日本二百名山)

▶神威岳(日本三百名山)

 アポイ岳(花の百名山)

 他北海道百名山14座など 

北海道夏山ガイド⑤

道南・夕張の山々

 入山者の少ない道南の山を中心に夕張山地を併せて紹介する第5巻。開く機会は少ないかもしれませんが、情報源としてはとても貴重な一冊。

■収録している主な山

 夕張岳

(日本二百名山、花の百名山)

 芦別岳、駒ヶ岳

(ともに日本二百名山)

 狩場山、大千軒岳

(ともに日本三百名山)

▶その他北海道百名山9座など

北海道夏山ガイド⑥

道東・道北・増毛の山々

 幅広い山域を網羅し、利用価値が高い。大半がよく知られた山なので、末永く愛用される1冊でしょう。

■収録している主な山

 羅臼岳、斜里岳、利尻山

 雌阿寒岳・雄阿寒岳

 (ともに日本百名山)

 暑寒別岳(日本二百名山)

 天塩岳(日本三百名山)

▶その他北海道百名山13座など


さらにもう一つ。こちらの「ほっかいどう山楽紀行」の筆者の坂口さんは、北海道の山に関して、趣味でウェブサイトを運営される先駆者的な方で、非常に多くの山に登られ、一般登山者の視点で実に多くの情報を発信、共有して下さっています。地元北海道新聞にコラムを連載され、その集大成がこちらの「ほっかいどう山楽紀行」です。前出の夏山ガイドや後出の雪山ガイドへも寄稿されております。坂口さんウェブサイトから購入を申し込むと、直筆サインをしていただけます(2017年10月現在)。私もこの方のファンの一人で、特にヤマレコが無い時代には、数々の貴重な情報を提供していただいて、多くの山々に登ることができました。


北海道の雪山に関するガイド本

 

さて次にご紹介するのは、雪山に関するガイド本です。夏とは違い、決まった登山道がないのが雪山。ある程度の経験と知識がなければ危険なのも事実です。そこで役に立つのが、ルートの概要を掲載したガイド本です。

 

今回紹介するのは「北海道夏山ガイド」全6巻と並んで、ベストセラーになっている「北海道雪山ガイド」です。地元の方なら本屋さんで見たことがあるでしょうし、この本を興味あって手に取った人ならば、その内容に驚いて即購入していることと思います。

 

この本の良いところは、アイゼンやピッケルを使用した本格的な冬山登山ではなく、山スキーやスノーシューで楽しめる範囲に限定しているところ。雪山のピークに立つことよりも、スキーやスノーシューで雪山を楽しむことに重きが置かれていることがいいと思います。

 

最新版(2017年10月現在)には、知床岳へのルートも紹介されています。他にも海別岳や浜益岳、チトカニウシ山、漁岳、ポンネアンチシ山、白老岳、幌天狗、知円別岳といった、基本的に冬にしか登ることができない名山や、西昆布岳、三段山、迷沢山、小喜茂別山、藻琴山、横津岳、春香山など、楽しく遊べる雪山が目白押しです。


こちらは入門者向けの姉妹編。すでに雪山を楽しんでいる方にとっては物足りなさを感じるかもしれませんが、これから雪山を始めたいという方には良書だと思います。夏山に慣れ親しんでいても、雪山は経験を積み重ねていかなければ感覚が掴めません。どんな小さな山でもいいので、目まぐるしく変わる雪質や、晴れの日と風雪が強い日の体感気温、視界不良、ラッセル、自分自身のトレースを見失い詳細な地図判読を迫られる場面など、とにかく数をこなしていくことが大切です。そのための手引書として活用したいところです。


北海道の沢登りに関するガイド本

 

夏山ガイド、雪山ガイドに続いて、待望の沢登りのガイド本も発売されました。北海道の山々に興味があれば、沢登りをしたことがない人にとっても、ワクワクするような内容になっています。

 

全288ページの中には、日高山脈と道央・道南地域の案内が、それぞれ三分の一強を占めており、道外の一般登山者にとっては直感的に理解できない内容かもしれませんが、夏山ガイド・雪山ガイドより、遥かにマニアック(失礼)で、相当な取材の労力がかかっていると思われます。そのわりには僅か2,200円(税抜)という破格で手に入れることができるのは、大変ありがたいです。もし、数年後にこの書籍が絶版になったとしたら、次世代のいったい誰が更新するのか、というくらい専門性が高い良書です。


北海道の山全般を網羅したガイド本

こちらの「北海道の山と谷」はノージャンルで、北海道の山すべてに焦点を当てています。10年くらい前に絶版となった上下巻のうち、まずは札幌近郊と道央・道南版からリニューアルして復刻しました。北海道の山々に対する情熱と愛が感じられる、おススメの1冊です。


待望の第2巻目が2018年7月初旬に発売されました!こちらは日高山脈と道東編です。2巻目が日高山脈というところに、ファンの期待へ応える嬉しさと、編集メンバーの熱い想いが感じられます。


北海道の主要な登山口を網羅したガイド本

こちらは登山口に特化したガイド本。多くの情報が追記され、4年ぶりにリニューアルされました。登山を始めたばかりの方や、道外から自家用車やレンタカーを借りて、たくさんの山に登る方にとってはとても重宝します。道内のベテラン登山者さんでも、天候の変化によって行き先を変える場合には、すぐにナビに登録して素早く行き先変更ができるので、車内に据え置きしておくと良いかも。景勝地に関しても網羅されているので、急な雨で登山を中止し、ドライブへ変更するときなどにも、たいへん役に立つ一冊。


 

いかがでしたか。深田久弥氏の日本百名山をテーマとしたガイド本であっても、数年で廃版になってしまうような業界の流れを察すると、北海道限定で季節も限られているような本は、手に入るときに入手しておきたいところですね。