北海道の山(道央・道南)

せたな町の海岸線にある鳥居から一気に高度を稼ぎ、山頂直下の岩の空洞に位置する太田山神社本殿。雪が降るちょっと前、まもなく10月下旬に差し掛かる平日に訪れてみましたので、その様子をお伝えします。気軽に行ってはいけない場所です。
今週末は「近場再発見」と題して、近所の藻岩山と砥石山をセットで登ってきました。 藻岩山にはおよそ1か月前に大雨のなか登っていますが、砥石山へは2015年春以来なので5年以上のご無沙汰です。 ルートは慈啓会病院前の登山口からスタートし、小林峠へ下りてから砥石山へ登るというもの。 帰りは藻岩山の山頂へも寄ってみます。...
2020年9月のニセコ連山縦走ストーリーズ。倶知安駅を起点に徒歩で東急ゴルフコース登山口へ。アンヌプリ、イワオヌプリ、ニトヌプリ、チセヌプリ、シャクナゲ岳、白樺山、目国内岳、岩内岳を経て、最後は岩内岳登山口から岩内町道の駅まで徒歩で締め括ります。
大雨の日に藻岩山に登ってみました。山歩きをしていて雨に降られることを想定していても、晴れた日ばかり選んでいたら、なかなか体験できない雨の日登山。でも自分が持っている装備が、本当に雨に耐えうるものなのか実際に試してみないと、高山へ行くのはちょっと怖いですよね。
横津岳
おとといの投稿で、駒ヶ岳まで行く話をしました。 入山規制の詳細を知って、母に「駒ヶ岳の入山開始時刻が9時からなので、出発時間を5時に遅らせよう」と話したら、 「それならついでに横津岳辺りも一緒に行けばどうか?」との返信。...
シラネアオイをはじめ、花の名山として人気のオロフレ山。6月第3週末、どんよりとした曇り空が広がる中、お花目当てで日帰りハイキングを楽しんできました。往復5kmちょっとで、3時間足らず。帰りは温泉も楽しめるので、おすすめです。
黒松内岳の夏山登山について。2016年6月第1週末の情報です。登山道には残雪はなく、高山植物が咲き始め、涼しく快適な山歩きが楽しめます。山頂から隣の長万部岳や大平山、噴火湾を挟んで駒ヶ岳も眺められ、登り2時間程度の初心者向け登山に最適です。
西区の阿部山に登ってみます。大晦日は山に入る人が少なく、静かな山歩きを楽しめるのが特徴。登山開始地点となる平和の滝は、駐車場まで除雪されることはありませんが、神社の手前の道路は除雪されていて、車も数台駐車可能。
樽前山7合目ヒュッテから樽前山の東山を経て風不死岳へと登ります。札幌市内はもちろん、新千歳空港からでも車で1時間もかからずに行けるので、東京から簡単に日帰りできる北海道の山としてもおすすめ。特に梅雨時期には自宅で沈んでいるより楽しいですよ。
札幌市の空沼岳ハイキング。地下鉄真駒内駅からバスに乗って登山口へ行く方法と、空沼岳登山の良いところについてカンタンに説明します。中間には万計沼と真簾沼もあり、初心者向けで気軽に登れる山なので、藻岩山の次に登ってみませんか?

さらに表示する