十勝幌尻岳の夏山登山|日高山脈の展望台へオピリネップ川沿いに登る※2018年現在林道は通行止めです

 

こんにちは!やまたび北海道のコモ子です。

 

今日は日高山脈の十勝幌尻岳の話題です。

 

 

十勝幌尻岳は北日高の国境稜線から派生する支稜線のピークで、国境稜線側にはさらに札内岳、そして国境稜線のエサオマントツタベツ岳へと続いています。

 

山脈の中にありながらも少し離れているということで、山頂からの眺めが素晴らしく、北日高の展望台などとも言われています。

 

残念ながら2016年の台風によって林道にダメージを受け、車両によるアクセスができない状況です。

 

また2次情報ではありますが、登山道の一部においても被害を受けているとの情報もあり、現在の状況は不透明です。

 

この記事では2012年の8月に登った記録をもとに、十勝幌尻岳の魅力を共有したいと思います。

 

どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

 

 

なお、最新の林道情報は、北海道森林管理局のウェブサイト「登山等に関する通行規制等について」のページにある「十勝西部森林管理署管内の登山道に通じる林道の状況について」を参考にしてください。

 

また、この山に関するガイド情報は、北海道夏山ガイド④「日高山脈の山々」が詳しいです。

 

 

登山口からオピリネップ川に沿って河畔林を行く

十勝幌尻岳登山口

 

十勝幌尻岳の登山口までは、戸蔦別林道とオピリネップ林道の2つを走行してアクセスします。

 

前述のとおり、2018年現在においてもなお、戸蔦別林道の復旧に見通しが立っていないため、林道の起点から登山口まで歩く必要があります。

 

1次情報では、距離は4.7kmと書かれていますが、標高差は200m以上ありますので、平地のジョギング感覚で考えるとちょっと厳しいでしょう。

 

 

さて、登山口を出発してからの話。

 

国土地理院の2万5千図には登山道が書かれていないのですが、しばらくはオピリネップ川の河畔に踏み跡がありますので、そこを進みます。

 

もともとは渡渉箇所もなく、登山靴で十分な道でしたが、2016年の台風により変化があるかもしれません。

 

オピリネップ川

オピリネップ川の流れは清く、夏でも涼しい登山が楽しめます。

シマリス

こうした小動物に出会うと、心が安らぎますよね。


尾根に取り付いてからが十勝幌尻岳山頂への核心部

十勝幌尻岳

 

沢沿いに遡行していくと、やがて尾根に取り付きます。

 

取り付くポイントを見失いがちなので、GPSで現在地の確認もしながら進んだ方がいいでしょう。

 

一部に笹が覆うような斜面が続き、やがて直登となっていきます。

 

十勝幌尻岳

尾根の取り付き地点を誤ると、岩なだれの方へ迷い込んでしまいます。

尾根

沢を離れるとしばらくはこのようなブッシュ。その後は直登に。


十勝幌尻岳

十勝平野に広がる雲海。帯広市内は30℃を超えるが、稜線は涼しい。

十勝幌尻岳

周囲が開けて、ハイマツ帯になると山頂は間もなくです。


感動間違いなし!十勝幌尻岳山頂から眺める北日高の山並み

十勝幌尻岳山頂

 

直登が続いてグングンと標高を上げていき、標高1,740m付近で北尾根の肩に到達します。

 

周囲が一気に開けて、見晴らしが良くなります。山頂までは間もなくです。

 

ハイマツの間を縫って山頂広場に出ると、360°の絶景が広がっていて、憧れの札内岳が目の前に迫ります。

 

私が訪れた8月21日は、全道各地で軒並み真夏日となりとても暑い日でしたが、山頂は涼しく無風で、しかも無人。時が経つのを忘れて、1時間以上ゆっくりと過ごすことができました。

 

めったに山頂で長居しない私ですが、そのくらい魅力的な景観だったということを共有します。

 

登山口から往復で7時間くらいを見ておきたい山ですが、北海道の山、特に日高山脈の魅力が少しでも伝われば嬉しいです。

 

十勝幌尻岳

今回、8月21日の十勝幌尻岳。カチポロに魅力が伝わりますか?

初冬の十勝幌尻岳

こちらは11月23日の十勝幌尻岳。いつ来ても、素晴らしい眺めです。