ぐるっと北海道|RAKUTOKUBUS14プレミアムクーポンが断然お得!

RAKUTOKUBUS14プレミアムクーポン


 

土日の2連休を取得して、ジェットスターで新千歳から成田へ行ってくる。

 

筑波山那須岳のハイキングのために新千歳成田を往復するにあたり、バスの時間をチェックしていたら、こんなタイトルのクーポンが発券されているのを知った。

 

ぐるっと北海道|RAKUTOKUBUS14プレミアムクーポン

 

内容をザックリ説明すると、

  1. 北海道内14のバス会社の合同企画
  2. 運賃が片道1,000円以上の区間で利用できるが、おつりは出ない
  3. 7,000円の支払いで10,000円分を利用できる〈ここが重要!〉
  4. 券種は1,000円券×7枚、500円券×6枚綴り
  5. 販売期間は2020年10月1日~2021年1月31日で、売り切れ次第終了
  6. 購入は現金のみ
  7. 利用期間は2021年3月31日まで

といったところ。

 

サイトを斜め読みした程度なので、誤りがあればお許し願いたい。 

 

 

ぐるっと北海道|RAKUTOKUBUS14プレミアムクーポン

 

で、どのくらいお得なのかを、空港連絡バス高速あさひかわ号を例に検証してみようと思う。

 

高速バスのヘビーユーザーなら絶対お得!

 

僕はいつも、空港連絡バスの4枚綴り回数券を購入しているのだけど、片道1,000円区間の4枚綴り回数券は3,600円、つまり1回あたり900円、割引率は10%となる。

 

しかし、今回のRAKUTOKUBUS14プレミアムクーポンでは、7,000円で10回乗車できるので、1回あたり700円、割引率は30%ととってもお得だ。

 

利用期間は6か月間と短いものの、その期間に空港往復5回くらいは必ずするので、これは絶対買いだろう。

 

続いて高速あさひかわ号の場合。

 

高速あさひかわ号で札幌ー旭川間を往復した場合、正規の片道運賃は2,300円だが、最安値の20枚綴りスマホ回数券を購入した場合は36,800円となり、1回あたりの運賃は1,840円となる。

 

それでも割引率は20%だ。

 

今回のプレミアムクーポン券は券種が1,000円券と500円券の2種類なので、毎回2,000円分のクーポンを使用して差額の300円を現金で支払った場合、5回乗車することができる。

 

支払い総額は、7,000円+(現金300円×5回)=8,500円。

 

と言うことは、スマホ回数券5回分(1,840円×5回=9,200円)より700円も安くなり、割引率はおよそ26%となるので、このクーポン券がどれほどお得なのかがお分かりいただけるかと思う。

 

もし20回乗車した場合で考えてみれば、毎回2,000円分をクーポン利用した場合の支払総額は、(7,000円×4)+(現金300円×20回)=34,000円。

 

20枚綴りスマホ回数券との差異は、36,800円-34,000円=2,800円となり、1回あたり140円お得な計算となる。

 

この差異を大きく見るか小さく見るかは各自の判断によるが、スマホ回数券より6%はお得というのは大きいと思う。

 

繰り返しになるが、高速あさひかわ号を例えてみれば26%の割引となるので、割引率で考えれば断然お得だろう。


ここまでの説明で気付いたかと思うが、現金で差額分を支払う額が大きくなればなるほど割引率が下がる。


札幌ー函館のように端数が900円の場合などだ。


この場合、500円券種をうまく活用するか、思い切ってお釣を諦めるかして、自分に合った対処をしよう。

 

と言うことで、2021年3月31日までに確実に消化できるなら、利用しない手はないと思う。

 

もちろん、狙っている顧客ターゲットは既存客ではなく、新規顧客の獲得だと思う。

 

なので、バス利用で旅行したいという方がいれば、ぜひ利用してみてほしい。

 

僕も先日、ニセコ連山縦走の帰りに岩内から高速バスを利用した。

 

ニセコ連山ワンデイ縦走|倶知安駅からアンヌプリ、イワオ、ニト、チセ、シャクナゲ、白樺、目国内、岩内岳から岩内港へ

 

いつも自家用車を運転している方、バスの旅は旅先で飲酒もできるので楽ですよ。

 

中央バス 高速いわない号

先日利用した高速いわない号。2020円区間なので2往復半の正規運賃が10,100円のところ、7,000円+(20円×5回)=7,100円となり、割引率は29.3%ととってもお得だ。一部利用できない区間もあるが、北海道内のほぼ全域をカバーしているので利用しない手はない。

 

最近の投稿