ロードバイクで余市までゆる~くサイクリング

蘭島

 

最近の休日はもっぱら山歩きばかりの私ですが、今日は職場の若い人達に遊んでもらい、ロードバイクで余市までサイクリング。

 

札幌市内に住んでいて、小樽や余市へドライブなんてめったにしないけれど、自転車ならちょうど良い距離。

 

今シーズンのロードバイクはそろそろおしまいというタイミングで、初めて3人で出かけることにしました。

 

北一条通りを手稲区方面へ。神宮前でいきなり失速か!?

中央区と西区の境目

 

今回のメンバーは全員家が近いので、近所の駐車場で8時30分に待ち合わせ。

 

まずは北1条通りを手稲方向に向かいます。

 

メンバーは僕より20歳若い子と30歳若い子。

 

そりゃあオジサン、最後尾を頑張ってついて行きますよと頑張ってみるものの、北海道神宮前の上り坂でいきなり一気に引き離されます、、、汗

 

プリテイン15g

 

出発から1時間30分後、最初の休憩ポイントの銭函セブンイレブン。

 

おとといの仕事帰りにハーフマラソンの距離を走った疲れが残っていて(言い訳)、とりあえず補給だけはしっかりして、遅れを取らないように配慮します。

 

山歩きと違って補給ポイントは無限にあるけれど、足を止めると全く進まないのが自転車のツライところ。

 

張碓峠

 

小樽までの区間で最大の難所は張碓峠

 

カラダが慣れてきたのか、お菓子のおまじないが効いたのか、この登りはスイスイ行けました。

小樽を目的地とするなら、あとは下るだけで楽チンです。

 

かま栄

 

2回目の休憩は小樽のかま栄さん。

 

ここで作戦会議。

 

余市まで足を延ばすか、それともメシ食って朝里川温泉で風呂に入って帰るか。

 

「僕、余市行きたいです」という若手の意見で、今日の目的地は余市に即決。

 

ここから余市まで先頭を走るのは、自分の役目になります。

 

トンネル内のロードバイク

 

長橋オタモイと向かい風の登り基調で、塩谷を抜けて蘭島へ。

 

前に誰もいないのでペースが掴めず、スイッチも入ってしまって振り返ると誰もいない。

 

一度トレインを立て直して、トンネルを抜けて余市へ向かいます。

 

蘭島

 

余市の柿崎商店さんでお昼にしようと思っていたのですが、日曜のランチタイムと言うこともあってやはり行列。

 

道の駅でちょっと休憩し、小樽に戻ってからちょっと遅めのランチにするとに。

 

小樽へ戻る途中では、せっかくの青い空と海に少しでも触れるべく、自分一人だけ海辺へ下りてみました。

 

たまには海を見るのもいいですよね。

 

テレビ塔

 

小樽では僕の中で恒例となっている入船町の”麺処龍仁”さんでラーメンをいただきます。

 

店主さんとはずいぶんと久しぶりの再会。

 

その後は、2回くらいコンビニ休憩を入れながら、17時には札幌の中心部に戻ってきました。

 

夕暮れ時の豊平川

 

夕暮れ時の豊平川。

 

一瞬、”今日は絶好の山日和だったなぁ”と感じましたが、仲間と過ごすこういう休日も楽しいもの。

 

次は彼らを山に誘えばいいわけですしね。

 

ビールで乾杯

 

最後は近所で反省会。

 

”ねぇねぇ、焼き鳥食べたくない?”と誘いながらも、内心は自分がビールを飲みたいだけ。

 

「コロナが解決したら台湾一周に行こう」「しまなみ海道を走りに行こう」など僕がやりたい事を巧みに吹き込んで、1時間くらいでサッと切り上げます。

 

う~ん、悪いオジサンです。

 

最近の投稿