1月中旬。南日高の野塚岳。厳冬期に来てみたけれど、楽しむならやっぱり残雪期がいいと思った件

 

野塚岳は南日高の通称「天馬街道」のトンネル上の山で、北海道百名山にも選ばれています。夏の登山道がないため、積雪期に登るか、沢を登るかのいずれかになります。おそらく残雪期に登られることが多いのではないかと思いますが、今回は1月中旬のまだ雪が深い時期に訪れてみました。

 

野塚トンネルまで冬の一般道。札幌から約4時間で到着

 

2016年の年明けの札幌近郊はずっと曇り空が続いて、しかも雪が少ない日々…でも南は天気が良さそうなので、未踏の野塚岳に行くことにします。

 

前日にレンタカーを借りて3時に札幌を出発、千歳より太平洋側は雪がほとんどないので、わりと快適に約4時間かかって野塚トンネルには7時前に到着です。

 

登り4時間、下り2時間30分、トータルで7時間くらいを見積もってます。

 

前日の地震(浦河で震度5-)の影響はないようですが、今朝雪がかなり降ったようです。

 

取り付き地点を手前に取ったため、予想以上のラッセルを強いられ、尾根まで1時間強を要します。

 

ピークには登れたが、ガスにラッセルで楽しくないかも

 

さて、尾根に到着したら、スノーシューを脱ぎ捨てて、アイゼンとピッケルに換装、最初のうちだけ細い尾根を登っていきます。

 

斜度がだんだんと急になり、最初の目的地・1147に到着。直線距離ではここで半分に満たないくらいですが、ここからは楽になりそうです。

 

標高点・1223までは、左側に雪庇が発達しているので、樹木に沿って登っていきます。 

 

 

ここからの下り口は眺めがいいのですが、今日はあいにくの天気で、山頂もトヨニ岳方面もほとんど視界がありません。やっぱり山は晴れていてナンボの世界だと思います。

 

山頂まであと少しというところで、結構なラッセルを強いられましたが、何とか無事に到着。

 

メンバーが70代以上と高齢なこともあり約5時間を要しましたが、よく頑張ったと思います。

 

山頂部はガスで視程20mくらいでしょうか。標識もないので、10mくらい戻った吹き溜まりの陰で一休みをし、下山開始です。本当はこの先のコルから沢を下りたかったのですが、安全を考慮して来た道を引き返します。

 

国境稜線はほとんど見えませんでしたが、北東側はたまに晴れ間もあって、比較的視界が晴れていました。

 

下りは2時間30分でちょうど3時。厳冬期なのでもう少し余裕をみた計画を立てるべきだったと反省ですね。それと厳冬期こそ、快晴が約束されているような天気の時しか登るべきではないと感じました。晴れた日にリベンジすることを誓って、野塚トンネルを後にします。