【2017年5月末日】日高山脈の名峰「イドンナップ岳」から幌尻岳の眺め

 

2017年5月31日、悲願だった日高山脈のイドンナップ岳に登ってみました。日帰りを想定した北海道の夏山としては、最も困難な山の1つとされており、年々道が荒廃しているとの情報が多いため、計画段階から不安が多い山旅となりました。

 

この山が敬遠される最たる理由は、主稜線の始まりである新冠富士までの距離が長く、変化の乏しい笹の尾根歩きだと思います。例えば、白金温泉からオプタテシケ山の行程、天人峡からトムラウシ山の行程、南暑寒荘から雨竜沼湿原を経由して暑寒別岳に登る行程を考えてみた場合、どれもコースタイムは10時間を超えるロングコースになりますが、イドンナップより遥かに景観の変化に富んでおり、様々な楽しさを感じることができます。それに比べてイドンナップの場合、景観は悪い、ブッシュは濃い、マダニが多いなどなど、もはや苦行に近いほど道中に愉しさを見出すことができません。

 

それでもイドンナップ岳を訪れてみたい!という衝動にかられたオッサン2名が、有給休暇まで取得してパーティを組んだお話です。どうぞ最後までお付き合いくださいませ。 

 

スポンサーリンク

新冠市内から1時間40分くらいかかって登山口へ

 

18時に仕事が終わってすぐにレンタカーを借りに行き、20時に就寝。4時間仮眠を取り12時半に札幌の自宅を出発しました。朝の3時に、待ち合わせ場所の新冠を出発し、イドンナップ岳の登山口へ1時間40分くらいかかって到着しました。

 

この山旅は2013年くらいから実行が延び延びになっていた計画で、久しぶりの再会に話が盛り上がります。そんな理由もあって道中の写真がありませんが、林道の状況について触れてみるならば、決して良好とは言えません。せっかく道がフラットで走りやすいはずなのに、穴が多いために蛇行や減速を繰り返し、思ったよりも気持ちよく走らせてくれないのです。

 

ですから計画より1時間くらい遅れた4時40分に登山口に到着。ササッと準備をして出発します。

 

入林届のボックスがありますが、中身はまだ空っぽです。いずれにせよ管轄は警察ではないので、別途登山届を出しておくのがいいでしょう。北海道警察では、専用ページからメールで届出をすることができるので便利です。

 

まずは売山コルを目指してグングン登る

 

サツナイ沢を離れて小沢を詰めたところから、右側の斜面に取り付きます。ピンクテープがぶら下がり、道が明瞭なので迷うことはないでしょう。ここから売山コルまでの間が最も急な登り区間になりますが、お花が多くて楽しませてくれます。

 

鹿道も多いので迷いそうなポイントがいくつかありますが、GPSと地形を見ながら売山コルまで1時間20分で到着しました。

 

サツナイ沢の林道区間に3回渡渉点がありますが、深さはほとんどありません。それでも飛び石で渡れそうなところがあまりなく、全く水に濡れずに渡るのは難しいと思います。いつものトレランシューズならスタートから濡れるので、4シーズンの登山靴で来て正解でした。かなり重たくて足首が曲がりませんが…

 

今日は気温が低いほうなのに、すでにかなり汗をかいています。水分を4リットル持参していますが、売山コルですでに500㏄消費。先が思いやられます…

 

売山コルから笹、ダニ、笹、ダニ、笹、ダニ…

 

売山コルからは急激に笹の藪漕ぎが濃厚になります。一見、ここで道が終わっているのかと疑いたくなりますが、吊り尾根上には明瞭な道があります。ただし、昨今刈り払われた形跡はなく、完全に覆いかぶさっている感じです。

 

※なお、NPO法人「新冠ポロシリ山岳会」さんが、2017年中にイドンナップ岳の標柱の建立や、新冠富士の山頂標識の修復を計画されているとのことです。

 

両手で掻き分けながら、第1岩場、第2岩場と進んでいきますが、休憩できるような心地良い場所がなく、仕方なく登山道場でザックを降ろして一休み入れることに。

 

見ると至る所にダニがいます。これはもう咬まれないように祈りながら、最後までお付き合いするしかないですね。

 

それともう一つ、笹を掻き分けると空気中に飛ぶ粉上のものが悪さをします。コモ子はアレルギー体質なので、花粉や黄砂など春先はかなり苦しみますが、これも同じ症状が出ます。涙ボロボロ、鼻水ダラダラ、くしゃみは止まらない、しかも手袋と両袖の隙間や首筋に笹が擦れてかぶれてしまうのです。朝露に濡れながら登るよりもいいのでしょうが、ちょっと厳しいなあ…

 

新冠富士が見え始めたら・1404が近い

 

第2の岩場を越えてから尾根に忠実に登っていき、登り詰めたあたりが標高1,220m付近で、ここで大きく進行方向を変えます。この辺りから新冠富士が見え始め、笹が少なくなりますが、まもなく再び笹が生い茂り、トラバース気味で標高点・1404の基部を目指します。笹の根の付近を踏みながらのトラバースなので滑りやすく、行程中最も歩きずらい箇所の1つです。

 

雪を繋いで新冠富士の山頂へ

 

運がいいことに、ここからほとんど雪が繋がっていて、藪漕ぎをすることなく山頂へ立つことができます。進行方向の左手には幌尻岳、右後方にはクリオネの形をした新冠湖を望むことができます。

 

新冠富士の山頂付近はハイマツ帯で覆われており、入り口からトンネルを抜けると新冠富士の山頂です。

 

コモ子たちのペースは決して遅くないとは思いますが、それでも5時間かかりました。なかなかハードな行程でしたが、感無量です。

 

ちなみに新冠富士は、このあとの主稜線から振り返って眺めてみると、実にきれいなカタチをしており、富士と名が付く理由がわかります。里から見上げて富士に見えるから新冠富士と名付けられたのかもしれませんが、稜線上でも美しい山だと感じます。

 

さらに雪を繋いで最高点を目指す

 

稜線の左右どちらかに雪が残っていることが多く、よほど急な斜面でなければ一気に駆け抜けます。「天空の回廊だ!」との一言に思わず納得。

 

夏道は稜線上にほぼ忠実にトレースされているため、雪が途切れてもすぐに夏道に復帰することが出来るので藪漕ぎはなし。

 

経験上、伏美岳~ピパイロ岳よりもちょっと歩きにくいのかな、という程度のハイマツ帯でした。あくまでもコモ子の主観的な意見ですので、他の方の記事も参考にしてくださいね。

 

小さな起伏を何度か越えていくうちに、そろそろ三角点に到達する時間だと思い、GPSのログを見てみると、すでに通り過ぎていました…そこで、最初にイドンナップの最高峰へ到達し、最後に三角点に寄るという変則的な山旅になりました。

 

4年越しで到達できたイドンナップの最高点

 

残雪のおかげで、新冠富士から最高点へは約1時間で到達。

 

手の届くところに見えるピラミダルな山が、あの憧れのナメワッカ岳かと興奮したけれど、標高点・1776であると判明。手前が標高点・1722で、どちらも雪さえ途切れなければ日帰り射程圏内でしょう。

 

イドンナップへ再訪する人が皆無と言われているなかで、・1776まで足を伸ばすための口実として、・1776を「挑戦会山」と勝手に命名。再訪する理由ができたと思います。思い付きですが…

 

20分くらい佇んでから、再び長い道程を歩き始ます。

 

途中で笹に埋もれた三角点の頭を見つけることができたのも、GPSのおかげですね!

 

標高点1404の基部まで一気に下る!

 

全てにおいて名残惜しいところですが、明日は仕事なので出来る限り早く帰って片づけをしてしまいたい、というお互いの暗黙の了解で、雪があるところは一気に下ります。

 

同行者がBCスキーに慣れているため、雪の斜面での下りは本当に早い!油断をしていると見失ってしまうくらい。

 

雪が途切れる・1404の基部へは本当にあっという間に到着。

 

でもここからが長いんだよな~

 

笹とダニとアレルゲン地帯へ再び突入

 

再びダニと笹しかない尾根を、くしゃみとあふれ出る鼻水に苦しみながら黙々と歩き続けます。

 

たまに現れる行者ニンニクやお花畑に励まされながら、売山コルに到着したときはかなりの安堵感。肩の荷が下りた感じ。

 

売山コルからは歩きやすい作業道で、16時40分に下山完了。11時間50分の長旅でした。ウルトラマラソンでいうところのサブ12ということで、自己満足の世界。

 

林道でオッサン2人で完全に全裸になってダニチェックをします。変な光景ですよ。リアルに想像しないでくださいね。おかげさまで脇の下に食い込んでいたダニを発見。クリームを塗って窒息死させて取り除きました。

 

久しぶりに苦しい山旅でしたが、満足感が高い2017年5月末日となりました。

 

この道を切り開いた新冠山岳会さんに敬意を表したいと思います。

 


スポンサーリンク