残雪の北日高の山並みが素晴らしい。沢歩きなしで日帰りできる伏美岳とピパイロ岳

 

ピパイロ岳は、北日高の主稜線のピークの一つで、遠くから眺めると台形の山容なのでよくわかります。無雪期の夏道ルートでも伏美岳を経由するため、日帰りでも通常10時間以上を要します。山中で1泊するのであれば、水場のコルが適していますが、せっかく1泊するのであれば、1967峰へも足を延ばしたいところです。

 

また、モルゲンロートの日高山脈を楽しむのであれば、伏美岳の山頂かピパイロ岳の山頂でテントを張るのがいいでしょう。いずれにせよ、夏であれば日帰りが十分可能な山ですので、重いテント装備を担いで急登を登り下りするのでなく、必要最低限の装備で日帰りした方がカラダへの負担も少なくて済むでしょう。

 

この記事では、6月上旬に伏美小屋で前泊し、早立ちでピパイロ岳に登り、日帰りで下山することを想定しています。

 

みなさんも残雪の国境稜線の山並みを眺めてみませんか。

 

伏美小屋に前泊し、早立ちして山頂を目指す

伏美小屋

 

伏美岳の登山口へは、上美生からトムラウシ林道に入り未舗装路を走るのですが、結構な距離があるため、深夜早朝の通過はお勧めできません。できれば、伏美小屋で泊まるか、登山口で車中泊をするのがよいでしょう。

 

この記事を更新している2018年2月現在では、トムラウシ林道は通行止めになっており、しばらく復旧の目途は立っていません。理由は2016年の台風と大雨によるもので、これより北の芽室岳、南の十勝幌尻岳でも、大きな被害が出ております。

 

伏美小屋は小さな山小屋ですが、登山口からも近く、水場が併設されています。ただ、深夜に小動物が走り回って物音がすることから、ネズミがいることも考えられます。

 

伏美岳

 

6月上旬は、朝3時くらいには明るくなり始めるので、4時には出発したいところです。小屋の中は真っ暗なので、寝坊しないように注意が必要です。 

 

伏美岳

 

背後から朝陽を浴びて、ムラサキヤシオが咲く登山道を山頂へ向かって登っていきます。

 

 傾斜が緩やかになり、もうすぐ伏美岳の山頂です。

 

 

 すでにカチポロや札内岳も見えています。

 札内岳はどこから見てもカッコいい姿ですよね。

エサオマントッタベツ岳とカール群。

 

 

まだ雪はびっしりです。

妙敷山へはかろうじうてまだ雪がつながっている様子です。

 

ただコル付近への取り付きにヤブ漕ぎが必要な感じです。

 

 

背後はカチポロと札内岳です。

3時間で伏美岳の山頂に到着しました。

 

正面にはこれから目指すピパイロ岳が見えます。

 

 

ここで20分くらい休憩します。

 幌尻もきれいに見えますが、北戸蔦別岳が意外と存在感があります。

 

 

 戸蔦別岳がピラミダルです。

 伏美岳からは帰りの登り返しのことを気にせずに、水場のコルまでグングン下って行きます。

 

 

 この時期はまだ展望が開けているので、左前方に戸蔦別岳と幌尻岳を見ながら歩けます。

稜線上にはまだ若干の雪が残っていました。

 

 

夏道を歩いたり、雪の上を歩いたりします。

水場のコルからはいよいよ正念場の登りになります。

 

北斜面には残雪がびっしりですので、稜線に沿って登っていきます。

 

 

伏美岳がはるか遠くになりました。

ハイマツ帯に入り、もうすぐ山頂に到着します。

 

 

日高らしい渓谷と稜線の残雪、麓の緑のコントラストに感激せずにはいられません。

 直下にはキバナシャクナゲの小さな群落がありました。

念願のピパイロ山頂に立てて喜ぶ母。北海道百名山118山の100山目だそうです。

 

 

私自身も3回目のピパイロですが、初めて好天に恵まれてとても満足です。

今日は誰ともスライドしていませんが、山頂にはテントが1張。

 

おそらく前日から入山している方だと思います。

 

後方には西肩へと続く稜線と1967峰

カムエクもばっちりです。

チロロの後方には夕張岳と芦別岳も

 ピパイロをあとにして、一気に水場のコルまで雪渓を降りたら、過酷な伏美岳への登り返しが待っています。

 

 

 登りきって一休みしてから、日高の山々に別れを告げ、下山開始。16時50分に登山口に戻り、12時間40分の山旅は終了です。

この山域で遊んだら、帰りのお風呂は新嵐山荘で。

 

平日の夕方だったので貸切り状態でした。ありがとうございます。

 

 


スポンサーリンク