下ホロカメットク山|十勝連峰の円錐峰に残雪期にツボ足で登る方法

 

富良野岳からオプタテシケ山へと続く縦走路から離れた支稜線上に、円錐形のたいへん美しい山があり、その名を下ホロカメットク山といいます。筆者は「北海道で最も美しい」と過大評価(?)をしていますが、標高が1,668mと主稜線の山々より若干低く、周囲の多くの山々が名山として知られていることから、下ホロカメットク山はかなりマイナーな存在にとどまっています。

 

この山には縦走路も登山道もなく、十勝側の人里から奥深いところに位置していることもあってか、訪れる人はとても少ないのが現状です。書籍やウェブ上でも情報が不足していることも要因でしょう。

 

この記事では、下ホロカメットク山に魅了され、いつかは登ってみたいと考えている方に向けて、天候が安定し昼間時間が長い春の残雪期に日帰りすることを想定し、アクセス経路を中心にご案内していきます。どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

 

登山開始地点までのアクセス方法

下ホロカメットク山

出典「登山等に関する通行規制等について」

十勝西部森林管理署 東大雪支署(新得町)のPDFデータを引用して加工

 

新得町の屈足地区からトムラウシ山登山口がある東大雪荘へと延びる、道道718号線を北上し、曙橋の渡った北側から左折して「シートカチ支線林道」へ入ります。この林道は十勝岳の新得コース登山口へと続く林道ですが、2018年4月現在被災しており、途中から「トノカリ林道」を経由し、大きく迂回する形で十勝岳登山口へアクセスすることになります。

 

余談になりますが、これらの林道の雪解けと、下ホロカメットク山の雪の残り具合が上手くマッチすれば、「トノカリ林道」を車両で進んで奥深くまでアクセスすることも可能かもしれませんが、「トノカリ林道」は、標高の高いところを通過するので、そう上手くいく話だとは思えません。

 

曙橋 シートカチ支線林道

 

道道718号線「曙橋」から撮影。右折するとヌプントムラウシ温泉や沼ノ原登山口へと通じる「ヌプントムラウシ林道」へ続きますが、大規模災害により復旧の見込みはありません。

 

シートカチ支線林道被災地点

 

「シートカチ支線林道」はよく整備されていて走りやすい林道ですが、「殿狩橋」を越えてからしばらくすると、被災地点が突然現れるので要注意。深夜でスピードが出ていたら、急ブレーキをかけても間に合わずに川に真っ逆さまです。

 

シートカチ支線林道

 

車両は被災地点より数百メートル手前の分岐に駐車するのがベター。被災箇所付近では転回する地積がありませんので、深夜に同乗者の下車誘導もなく、ブレーキランプだけでここまで戻るのはかなり緊張します。素直にここからスタートしましょう。

 

シートカチ支線林道被災地点

 

被災地点にはロープが設置され、徒歩で通行できるくらいの刈り分け道があります。川からかなり高捲きになっていますので、慎重に通過したいところ。かなりの高度感に緊張します。滑落したら恐らくあの世行き。

 

レイクサベツ林道

 

しばらく歩くと、秘奥の滝がある「レイクサベツ林道」の入り口があります。ここには十勝岳登山口への案内表示がありますが、残念ながらこちらも被災しているとのこと。夏山ガイドで紹介されている、さらに南の「シートカチ第5支線林道」も被災しているそうです。いずれにせよ、「シートカチ支線林道」が「殿狩橋」の先で大規模に被災しているのが致命的であり、復旧は難しいでしょう。

 

シートカチ第6支線林道

 

2時間くらい歩いて林道歩きもそろそろ飽きてきたころ、「シートカチ第6支線林道」の看板と正面に「パンケニコロベツ林道」の解放されたゲートがあります。このT字路から右折して「シートカチ第6支線林道」に入り、取り付き地点を目指します。ここまでの間にも被災箇所がいくつかありますので、特に帰路のスキー滑走は慎重に。

 

なお、「パンケニコロベツ林道」は、かつてオフロードバイクでかっ飛ぶことが出来ましたが、現在の状況は不明。

 

シートカチ第5支線林道

 

「シートカチ第5支線林道」との分岐を過ぎ、2万5千図の十勝川に架かる橋(標高点・716)を過ぎて林道が屈曲する付近から下ホロカメットク山が見えてきます。

 

私が訪れた2018年4月28日は、深夜の暗闇の中での出発だったため、「シートカチ第6支線林道」に入って夜が明けてから、やっと下ホロがハッキリと確認できるようになりました。朝2時に出発したのは、雪が締まっている深夜のほうがツボ足で歩きやすいから。

 

この付近から見上げると、いったい何時間かかるのかと気分が滅入ってしまいますが、取り付き地点との比高は700m程度なので、単純に2~3時間くらいで登ることができるだろうと予想できます。

 

下ホロカメットク山

 

朝陽を浴びる下ホロカメットク山と、境山へと続く稜線の一番手前にある標高点・1656ピーク。

 

長い林道歩きを終え、下ホロカメットク山へ取り付く

下ホロカメットク山

地理院地図「地理院タイル」を一部加工して使用

 

駐車地点から約3時間ほど歩き、「シートカチ第6支線林道」が北に向かって屈曲部する付近へ到着したら、いよいよ尾根に取り付きます。北東の顕著な尾根を目指そうと思いますが、下部は樹木が発達しているので見通しが悪いので、GPSで確認しないと分からないかもしれません。

 

いずれにせよ下ホロカメットク山は、直登すればどこからでも山頂へ到達するので大丈夫。

 

下ホロカメットク山

 

そこかしこにスキーの滑走跡が見られますが、マーキングは一切ゼロ。GPSかコンパスを切って、時折見せる山頂を目指して登って行きます。

 

下ホロカメットク山

 

樹林帯をちょっと歩くと、いきなり傾斜変換のポイントが現れます。これが本当に顕著なので、思わず笑ってしまうほど。

 

最初の標高差300mは斜度30度、残りの300mは斜度45度、ざっくりとそんなイメージを持って直登していきます。下部がザラメであればツボ足のまま山頂へ行けるかもしれませんが、下部の段階で雪が締まっていれば上部では確実にアイゼンを要するので、無理にキックステップで登るのではなく、最初からアイゼンを履いて登った方が早いです。森林限界を超えてからの急斜面でアイゼンに換装するのは面倒ですしね。

 

 

下ホロカメットク山

 

森林限界は突然やって来ます。地形が単純なので表面にバラツキがなく、斜度もそれだけ急だということでしょう。上部にハイマツがたくさん見え、あの付近が山頂かと思いますが、実際にはさらに奥があります。

 

下ホロカメットク山

 

何の変わり映えもない単純な斜面を直登。みるみる高度が上がります。

 

シーズンを通じて風が強いためでしょうか、雪があまり付かずにハイマツの露出が多くなりますが、雪が固く締まっていれば踏み抜くこともなく山頂まで到達できます。キレイな円錐形の山容ですが、一応稜線らしき地形があり、北側に雪庇が出来ています。

 

下ホロカメットク山

 

あそこが山頂。かろうじて雪が残っている程度。

 

遮るものは一切なく、360度の展望とはこの山頂のためにあるようなもの。

 

山頂からは360度の展望が楽しめる

下ホロカメットク山

 

一等三角点と十勝連峰の眺め。トムラウシ山も十勝連峰の1つのピークのように見えます。

 

さらに右に目を転じて東側を眺めると、ニペソツ山や丸山といった東大雪の山々が。

 

下ホロカメットク山

 

こうして眺めてみると、三峰山という名がよくわかります。麓は高層湿原の原始ヶ原。紅葉の時期に山頂に立てれば素晴らしい眺めが楽しめそうですが、沢もない山なので手強いことが予想されます。

 

大麓山

 

こちらは大麓山とトウヤウスベ山。原始ヶ原の南、富良野市と南富良野町を分け隔てる稜線です。

 

帰りも来た道を戻ります。長い林道歩きさえ気にならなければ、日帰りも十分可能な下ホロカメットク山でした。ほとんど人が入らない山ですので、警察への登山届を忘れずに提出するとともに、ケガをしないように余裕を持った時間計画を心がけましょう。

 

※この記事は2018年4月28日の山行をもとに作成しました。

 

 

※大きな音が出ます、ご注意ください。

 

関連記事

上富良野岳

初冬の十勝連峰、上富良野岳。十勝岳温泉からほぼ夏道を辿って主稜線に立ってみよう。

富良野岳2017年10月初冬雪

初雪の便りが届いた大雪山系。完全に雪に覆われる前に、十勝岳温泉から夏道を利用して富良野岳へ登ってみよう。