北海道内の日本百名山を関東や関西から3連休で効率的に登るには|体力自慢の健脚者向けのご提案|1年4セットで全部登ってしまおう

 

こんにちは。コモ子のやまたび北海道です。ご覧いただきありがとうございます!

 

この記事では、北海道内に点在する日本百名山を、僅か1年で効率的に登りたいと考えている方に向けて発信します。

 

北海道内には、深田久弥氏が紹介している日本百名山のうち9座がありますが、関東や関西在住の方がすべてを登ろうとした場合、何年も通い続けるか、仕事を引退後に集中して登るかのいずれかのパターンが多いのではないかと思います。

 

しかし現役世代でも工夫と行動力さえあれば(もちろん体力も!)、何度かに分けて北海道へ来るだけで全部登ることが可能です。

 

この記事では、北海道との航空路線が便利な関東や関西在住の20代から50代の現役世代の方に向けて、基本的なプランを提案したいと思います。想定している体力レベルは、夏山のコースタイムを、概ね6割程度で8時間以上完歩できる方です。自分自身で体力に自信がある方に限っています。

 

もちろん、天候によっても影響を受けることは十分想定されます。しかし、6月から9月の夏山シーズン中、1か月に1度3連休を取得すれば、机上では1年ですべての山に登ることが出来る試算になります。

 

みなさんの山行計画の参考になれば幸いです。最後までお付き合いくださいませ。

 

①利尻山は6月だと登りやすい!

利尻山

 

利尻山は他の山々とは離れており、さらに

  • 利尻島という離島に存在しているということ
  • 主要な都市からの直線距離があり、時間を要すること

という点がネックになります。そこで、利尻山だけは単独で考えて1回の旅程として完結させるのがいいでしょう。

 

6月をおススメする理由は、

  1. 閑散期だということ
  2. 残雪がほとんどなく、気象も安定しやすい
  3. 飛行機のチケットが安く手に入りやすい

ということです。道外から利尻山を目指す場合、新千歳空港で飛行機を乗り継いで、島へ直接アクセスするのが時間も節約できます。札幌から深夜バスやJR、レンタカーを利用することもできますが、旅行気分を味わえるだけで時間がかかります。そのため、山に登ることだけを目的にして、せめて島内観光にとどめておくべきです。

 

ちなみに、2連休でも十分に可能なスケジュールですが、1日予備日を設けておいた方が、天気に恵まれる確率が増えます。

 

②7月に羅臼岳、斜里岳、雌阿寒岳を3連チャンで登る!

羅臼岳

 

道東にある羅臼岳、斜里岳、雌阿寒岳は、地理的な条件から一気にセットで登りたいところです。北海道の7月上旬は天候に恵まれる可能性が高く、日照時間も長いです。羅臼岳はお花が咲き乱れるのも魅力。ここは道東の3山を一気に駆け巡りましょう。

 

土曜から月曜にかけて3連休を取得した場合を例に挙げると、

  • 金曜に仕事が終わったら真っ直ぐ空港へ。夜のうちに新千歳入りしてレンタカーを借りる。※23時まで営業しているお店もあるので、遅い便でも大丈夫!
  • 休み休み斜里町まで移動して、初日は斜里岳に登る。下山後はウトロへ移動する。
  • 2日目は早朝から羅臼岳に登る。下山後は雌阿寒温泉へ移動する。
  • 最終日は雌阿寒岳に登り、高速道路で一気に新千歳空港へ。レンタカーを返却して、夜のフライトで帰る。

この計画のポイントとなるのは、

  • 初日前夜の移動でどこまで行くか(初日に斜里岳ではなく、羅臼岳に登れると後半がラク)
  • 最終日は雌阿寒岳を軽めに登るので運動量も少なく、新千歳までの移動時間も短い。

という点です。最終日を羅臼岳や斜里岳にしてしまうと、移動距離が長くて疲労度が倍増します。気力と体力が満タンのうちに、斜里まで走りたいですね。

 

 

移動距離は実に864kmと出ますが、新千歳空港~足寄ICの間は高速道路を利用しますので、一般道の走行は半分程度です。週末なので、ETC割引も懐に優しい!?

 

③最難関の幌尻岳は8月に。できれば羊蹄山もセットで登りたい!

幌尻岳

 

やはり最難関は幌尻岳です。日高山脈は他の山々と同じ次元で考えてはいけません。

 

この記事では、新冠コースからを検討していますが、2018年6月14日現在、チロロ林道が解放されており、ヌカビラ岳~北戸蔦別岳を経由したコースも選択肢に入ります。私はこちらのほうを推したいと思います。

 

さて、これも前夜に新千歳入りをして、レンタカーを借ります。

  • 奥新冠発電所まで車で移動する。※2018年6月14日現在問題ありませんが、状況により、イドンナップ山荘まで車両が入れない場合もあり得ます。
  • 初日は眠い目をこすりつつ、登山口となる新冠ポロシリ山荘まで長い林道歩き。ポロシリ山荘で宿泊装備をデポして、幌尻岳をアタック。下山後ポロシリ山荘または広場でテント泊
  • 2日目は車まで林道歩き、その後羊蹄山の登山口へ移動
  • 3日目は羊蹄山をゆっくり登り、下山後はレンタカーを返却して新千歳から帰る。

幌尻岳は糠平川のルートもありますが、渡渉箇所も多く、シャトルバスの手配など煩雑になるので、計画をフレキシブルに考えると、健脚者には新冠コースを推奨します。

 

初日と2日目の行程配分は、天候や体力、睡眠時間によって柔軟に変更します。または、羊蹄山を諦めて幌尻岳一択というのも、無難な選択肢になり得ます。

 

 

こちらも厚賀ICまで日高道を利用しますので、一般道は少なめ。ただし林道区間もそこそこ長いので、注意が必要です。

 

チロロ林道からの山行はコチラの記事をご覧ください。

 

④大雪山旭岳、十勝岳、トムラウシ山は9月に登ろう!

トムラウシ山

 

最後は大雪山系の山々。残雪と高山植物を楽しむのであれば7月、爽やかさを感じたいなら8月をおススメしますが、この記事では9月中旬の紅葉時期を想定してみました。ただし、9月下旬になると雪が降るので注意。その場合、トムラウシ山を諦めなくてはならないかもしれません。

 

これも前日に新千歳空港入りをしてレンタカーを借ります。

  • レンタカーを借りたら、道東道経由でトムラウシ温泉へ。夜は車中泊。
  • 初日はトムラウシ山へ。下山後は国道38号線で富良野経由で十勝岳登山口へ移動
  • 2日目は十勝岳登山。時間と体力に余裕があれば美瑛岳とセットで周回登山を。下山後は旭岳温泉へ。
  • 最終日は旭岳登山。北海道の最高地点で紅葉を見ながら達成感を味わって。下山後は旭川を経由し、道央道で新千歳空港へ。レンタカーを返却して帰る。

ここでのポイントは初日のトムラウシ山でしょう。トムラウシ山のみ十勝側から登るので移動が大変になりますが、健脚者であれば天人峡から登ることも選択肢になり得ます。その場合、2日目を旭岳にすれば移動も少なくてかなりラクになることでしょう。

 

 

こちらも半分くらいは高速道路利用になりますので、負担は少なく済むでしょう。くれぐれも居眠りには気を付けて。

 

この記事では、都合4回に分けて来道されることを想定しました。私だったらこういうスケジュールを組むだろう、という内容ですので、みなさんのスケジュールに合わせてアレンジをしてみてくださいね。

 

重ねて申し上げますが、体力自慢の方向けのご提案です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事

大雪山系の登山道へ通じる林道情報

十勝岳と旭岳は林道のアクセス区間はありません。トムラウシ山はこちらで念のためご確認ください。

日高山脈林道

幌尻岳の新冠コース、ヌカビラ岳経由ルートは、事前にこちらで最新情報をご確認ください。


幌尻岳北戸蔦別岳1967峰チロロ林道

記事中で若干触れましたが、チロロ林道から幌尻岳にアプローチ。2018年は今のところ林道が使えるのでチャンス!

斜里岳

斜里岳のマイナーコースからアプローチ。あまり紹介されていませんが、雨後の増水による影響を受けにくいと思います。


羊蹄山真狩コース

羊蹄山の登山コースで最も人気があるのが真狩コースです。山頂までは外輪を歩かなくてはならないのが難点。

大雪山旭岳

秋の旭岳の様子です。6月はまだまだ雪が残りますので不適。やはり9月の紅葉シーズンがおススメ。


利尻山

鴛泊から利尻山を日帰りするイメージの参考になるかと思います。この記事では、空港からのアクセスには触れていません。

雌阿寒岳阿寒富士

春の雌阿寒岳の様子です。道内の百名山では、夏山シーズン入りが最も早いことで知られています。


知床連山

羅臼岳には立ち寄らず、縦走路を往復した記事です。木下小屋から羅臼平までの行程は一緒になります。

トムラウシ山

トムラウシ山へは過去2回とも天人峡温泉から登っています。本記事で紹介したルートは新得町から登るものです。


十勝岳美瑛岳

6月に十勝岳に望岳台から登ったときの様子です。周回登山は美瑛岳から下りますが、この時はピストンしています。