韓国釜山の最高峰「金井山」|温泉場から梵魚寺まで周回登山する方法

 

韓国釜山には多くの山々があり、最も有名な金井山は歴史の舞台でもあります。稜線上には石垣が残り、東西南北の門にはそれぞれ多くの観光客が訪れます。最高峰の「姑堂峰」のコル付近に北門があり、そこから中腹まで下りると「梵魚寺」と呼ばれる有名な寺院もあり、ここも見どころです。

 

多くの観光客は、この「梵魚寺」と金井山城の「東門」へバスで、また「南門」へはケーブルカーを利用して訪れるのが一般的なようですね。

 

一方、地元のハイカーはバスで「東門」まで進み、稜線を歩いて「姑堂峰」を訪れる人と、「梵魚寺」から「姑堂峰」へ訪れる人が多いようです。

 

今回はメトロ1号線「温泉場駅」から徒歩で稜線まで登り、稜線上を伝って「姑堂峰」へ。北門から梵魚寺まで下りて参拝をしたのち、メトロ1号線「梵魚寺駅」まで徒歩での山旅を完遂してみました。これから行かれる計画のある方、参考になれば幸いです。どうぞ最後までお付き合いください。

 

温泉場駅から稜線までの道のり

釜山温泉場駅

 

釜山メトロ1号線は、釜山駅やチャガルチ、南浦、西面といった多くの観光客に人気のエリアを通る路線ですが、北側の梵魚寺や老圃は、観光客よりも多くの地元ハイカーで賑わっている地域になります。金井山の主峰「姑堂峰」だけを目的とすると、メトロで梵魚寺まで行きたいところですが、今回は、金井山の主稜線を歩くことがメインなので、手前の温泉場駅で下車します。

 

この駅から歩いて15分くらいの金剛公園からケーブルカーで南門へ訪れる方にはちょっと参考にならないかもしれませんが、今回は温泉場駅の3番出口から外に出て、まずは右方向へ歩き始めます。

 

釜山温泉場駅

 

駅構内にはセブンイレブンがあるので、水と行動食を購入。10月下旬で気温がそんなに高くないので、水は1リットル、サンドイッチ1つ、チョコバー1本だけのお買い物です。レジのお姉さんに何か話しかけられましたが、理解不能なので日本語で「ゴメ~ン、わかんない」と答えると、可愛い顔をクシャっとして残念そうでした。

 

余談ですが、韓国の女性はきれいな人が多いですね。男の子も背が高くて美形が多いので、日本の女性が好むのもうなずけます。

 

コンビニでは、TーMONEYなどの交通系ICカードが使えますので、基本的には現金は不要です。

 

金井山経路

 

ちょっと歩くと、まるで滑走路のように広い道路が交わる交差点があるので、山側に向かって進路を変えます。傾斜がきつくなるので、ここからすでに登山開始と言ってもいいでしょう。「金井山城」と書かれた案内看板に従って歩き、突き当たったT字路に植物園がありますのでそこを右折、さらに突き当たったT字路を左折して山道へ入っていきます。

 

 

そして、グーグルマップで「Muwiam寺院」と書かれた場所まで登っていきます。北東にセブンイレブンのマークがありますが、これは謎です…

 

途中のSanSeong-roは道幅が狭いうえに車が多いので、脇の林内を歩くようにします。多くのトレースがあり、案内看板もたくさん設置されています。まったく読めませんが…

 

金井山

 

例えばこのような標識。とても立派で手が込んでいます。ジャパニーズクオリティを上回っている標識ですが、ハングルだけというところが惜しい。読めないんだよなぁ…

 

金井山

 

さらに進んでこの標識を目印にして、先ほどの寺院まで登っていきます。

 

ここから稜線に出るまでにスライドした人は3人くらい。とっても静かなの…

 

Muwiam寺院

 

そうこうしているうちに、Muwiam寺院が見えてきました。結構な急坂です。

 

アスファルトの坂道って、登山道より疲れると思いませんか?

 

Muwiam寺院

 

寺院の手前に小屋があり、その裏側から尾根を登ります。

 

金井山

 

岩がミックスされた箇所が随所にありますが、基本的にはよく整備された、と言うより多くの人の踏み後で出来たような登山道です。

 

金井山登山道

 

何やらたくさんぶら下がっていますが、読解不能…

 

金井山

 

石垣が見えてきたら稜線が間近です。

 

この地形で石がこれだけ積まれていたら、大勢の兵力の進出を遅滞する効果が高いでしょう。

 

金井山稜線

 

稜線上には、先ほどの起点となった寺院への案内標識がありました。

 

のんびり歩いてきたため、温泉場駅からここまで約2時間くらいかかっています。

 

稜線を歩いて東門、北門へ

金井山稜線

 

稜線に上がって出てきた場所は、ちょうど南門と東門の中間地点です。

 

金井山稜線

 

ところどころにお花が咲いているのも、ハイキングを楽しくする要素ですよね。

 

金井山

 

しばらくすると、稜線上の1つのピークが現れます。ここからの眺めが素晴らしい!

 

金井山城

 

ちょうど手前に見えている、スタジアムの辺りから登ってきました。温泉場駅はそこからさらに右手に見える、高層ビルが乱立している付近だと思います。

 

金井山城

 

東門へは一気に下る箇所があり、立派な階段も設置されていました。わざわざ階段の脇を歩く、20人くらいのツアーがいましたが、理由は謎…

 

金井山城203バス

 

東門の手前に、先ほどの道路(SanSeong-ro)が走っていて、メトロ1号線「温泉場駅」からここまで203系統のバスで来ることができます。ここから多くの登山客や観光客で賑わい、子連れのハイカーもたくさん見かけました。トイレも併設されています。

 

金井山城

 

東門までは再び登り基調ですが、道がよく整備されているので、とても歩きやすいです。そして一気に人が増えます。

 

金井山城東門

 

ここが金井山城の東門です。一般の観光客の人にとっては、ここを見物するために訪れるのでしょうが、実際に来ているほとんど人は、金井山のハイカーです。

 

金井山ハイカー

 

典型的な韓国人ハイカーのスタイル。多くの女性がピンクやパープル系のジャケットを着ています。男性は青かブラウン系。K2ブランドやミレーのザックも多く見かけますね。

 

ちなみに、空港でこういうスタイルをしている団体は、韓国人であることが多いようで、「海外旅行先でドレスコードを無視した恥ずべき行動」などと、ネット上で論争があるようです。私もこういうスタイルで飛行機に乗りますし、ジャージでラウンジを利用したりしますが…

 

本当かどうかはわかりませんが、「登山者同士の不倫」というのも韓国では話題になっているのだとか…奥さんからのケータイに出なくても「登山中で電波が届かなかった」でOK、「汗をかいたからサウナを浴びてから帰ってきた」でOK、などなど、イヤね~。

 

金井山城

 

チョロチョロっとした水場が。お水を飲んでいる人も結構いましたよ。

 

金井山城

 

北門のちょっと手前には見晴らしの良いところが随所にあり、休憩にはちょうどいい感じです。北門付近はピクニック広場と化しているため、静かに一息つきたいならこの付近がベター。

 

金井山城

 

ミネラルウォーターは必ず買いましょうね。今回の行程は6時間くらい歩きますので、夏なら2リットルくらいは持ちたいところ。

 

韓国サンドイッチ

 

コンビニのサンドイッチは2,000ウォンくらいが相場。パンがあまり美味しくないことが多いのですが、コスパは良いと思います。

 

一括表示

 

一括表示(原材料や栄養成分)でしょうか。アレルギーを持っている方にとっては、読めないと困りますよね。

 

金井山

 

北門の手前にはもう一つピークがあります。ここからの眺めも素晴らしい。

 

こうして歩いてみると、金井山は「梵魚寺」から北門を経て最高点の「姑堂峰」だけをピストンするより、東門から稜線を歩くことをおススメしたいですね。

 

北門から最高点「姑堂峰」へ

金井山北門

 

さて北門へ到着です。いよいよ最高点の「姑堂峰」への登りとなります。日本列島を縦断しようとしている超大型の台風の影響で、釜山も強風が吹いています。そんな中でも、これほど多くのハイカーが訪れているということは、この山の人気のほどが伺えます。

 

金井山

 

すでに時刻は正午を過ぎていますが、この賑わいです。韓国でのハイキングでいつも感じることなのですが、高齢者より中年、それと10代~20代の若者が多いということ。

 

金井山姑堂峰

 

そして姑堂峰のピークに到着。北門から30分程度で着きますが、温泉場の駅からは5時間かかりましたので、結構歩いた感じが否めません。

 

この日は耐風姿勢を取らないと、立っていられないくらいの風の強さでした。

 

金井山姑堂峰

 

階段で記念撮影している方々、日本人のようでした。海外の山で日本語を聞くと嬉しいですね。

 

金井山姑堂峰

 

姑堂峰のピークから北西側の景色。ナイトハイクで夜景を見たいところですね。

 

 

北門から梵魚寺、梵魚寺からメトロの駅へ

北門金井山城

 

北門から梵魚寺まで2㎞ほどの山道を下ります。北門には水洗のトイレが併設されていますので、ここで用を足して出発することをお勧めします。

 

北門梵魚寺

 

北門から梵魚寺までの道のりは、道幅も広くて歩きやすい道ですが、一部には岩がゴロゴロする箇所もありますので、ちょっとだけ気を付けたいですね。

 

梵魚寺

 

梵魚寺には多くの参拝者と観光客が訪れています。前回訪れた海印寺もそうでしたが、欧米人がたくさん訪れています。神社仏閣に興味がある方でしたら、ここだけも訪れる価値がありますよ。

 

梵魚寺

 

梵魚寺からは、車道に沿った歩道を約2.6㎞歩いて下山します。

 

車道は市街地から一方通行なので、下り側の車道を下りていきます。するとちょうど大通りに突き当たった辺りが、メトロ1号線「梵魚寺」の駅です。

 

歩道とは別に、林の中を歩く遊歩道も並走しているので、多くのハイカーは遊歩道を歩いているようです。

 

メトロ梵魚寺7

 

メトロ1号線「梵魚寺」駅に到着。この7番出口から山側に少し登ったところにバスターミナルがあり、梵魚寺行きのバス停があります。

 

山頂からかかった時間は、梵魚寺での休憩込みで2時間くらい。

 

今回はあくまでもバスやタクシーを使わず完全徒歩にこだわったため、全行程で約6時間を費やしましたが、温泉場駅からバスで東門まで登り、梵魚寺からバスで下りれば、推奨ルートを午前中だけで楽しむことができます。

 

地元の人達に混じってアクティブに楽しんだ後ならば、遅めのランチでちょっとくらい食べすぎても平気ですよね。

 

プサンへ旅行で訪れた際には、ぜひ皆さんも金井山へ登ってみましょう!