【ベトナム】ホーチミンでスリの被害|それでもおススメしたい!弾丸旅行に最適な街

バンコクエアアジア

バンコク発。朝のフライトで午前中にホーチミンへ!

 

今回はバンコクドンムアンから、エアアジアでのフライト。

 

ホーチミンまで約1時間半程度です。

 

バンコクドンムアン

 

早朝のフライトの利点は、

  1. 拠点としている航空会社の機材が、ズラリと並んでいるのを楽しめる
  2. ローリングテイクオフをすることが多く、到着が遅れることが少ない
  3. 街が動き始める午前10時くらいに到着し、有意義な1日を過ごすことが出来る
  4. 朝は曇ることが少ないので、眼下に街を見下ろすことができる

といったところが挙げられます。

 

ご覧の通り、ドンムアンではサイアム・エアやオリエントタイ航空などの機材が、所狭しと並んでいるのを見ることが出来ました。

 

なお、LCCでボーディングタイムが早めに設定されている場合、ほとんどは沖止めでバス移動があるため、集合時間には気を付けたいところ。

 

タンソンニャット空港

 

予定通りのフライトで、タンソンニャット国際空港へ到着。

 

ベトナムは出入国カードの記入がありませんが、出国時のフライトに関するプリントは、パスポートと一緒に提示した方が無難です。

 

バンコク同様に中国人民元200RMBを空港で両替。もちろんレートは良くありませんが、物価が安いので短期滞在では少額で十分ですよ。

 

ベトナムの通貨ドンは、単位が円と20倍くらい違うので最初は戸惑いますが、硬貨がないので、旅行者にとっては財布が軽くなって都合が良いかも。 

 

バスに乗って市街地へ出よう!

ホーチミン空港バス

 

空港を一歩出ると、ものすごい熱気。

 

大勢の現地人がネームが書かれたボードを掲げて待っており、歩けば「ミスター、タクシー、タクシー」と声を掛けられるところも、日本とは違います。

 

道路を渡るとバス乗り場があり、109番のバスに乗ると市街地へ出ることができます。

 

運賃は20,000ドン。

 

画像は帰りの様子ですが、チケットブースか、話しかけてくる売り子さんに現金を支払えば、チケットを貰うことができます。このチケットは車内で車掌さんがチェックするので無くさないように。

 

ちなみにチケットブースのお兄ちゃんは、スマホに夢中になっています。

 

日本人の私たちから見ると、違和感を感じるところですが、私が今まで訪れた国々では、例外なく店員も警備員も、

  • 談笑しているかスマホに夢中になっている
  • 座って寝ているか、床で完全に寝そべっている
  • 食事をしている
  • 不在

というのが大半です。私は日本でもこれでいいと思います。

 

ベンタイン市場でフォーを食べてみる

ベンタイン市場

 

ホーチミンを初めて訪れたとき、必ず立ち寄るのがこちらのベンタイン市場。

 

中央にメインストリートが交差しており、屋内は衣類や雑貨、屋台など。

 

屋外に出たところには肉や魚、野菜の市場もあります。

 

バンコクに続いてここでも、ベトナムデザインのTシャツを1枚購入し、屋台でビールを飲むことにします。

 

ベンタイン市場

 

メニュー表を持った客引きが、日本語で「お兄さん、どう?」と声をかけてきます。

 

バンコクでは中国人旅行者が多いのに対して、ホーチミンは韓国人旅行客が多いのですが、商売人はすぐにどこの国の観光客か見分けがつくようです。

 

どこのお店も似たり寄ったりなので、声をかけてきたお店でまずはビールを注文。

 

小瓶で25,000ドン。

 

暇なのか、女性の店員が隣に座っておしゃべり。

 

「おみやげ、どう?」と、さらに隣のお店の店員が声をかけてきますが、笑顔で「ノーサンキュー」と返すと、そうだよね、という苦笑いの表情で、それ以上しつこくされることもなく、再び店員さん同士でおしゃべりが始まりました。

 

古き良き日本のようなアットホームさがありました。

 

ベンタイン市場フォー

 

次いでビール2本目とフォーを注文。

 

仕事柄、プライベートであっても、各地で麺を食べ歩くようにしています。

 

添えられた生野菜を上に乗せて食べます。

 

お腹…壊しませんよ、大丈夫。

 

ベトナムフォー

 

米粉がメインということなので、小麦粉のようにグルテンが形成されず、食感が柔らかく、胃腸に優しそうです。

 

味もスッキリ。

 

これで40,000ドン

 

ベンタイン市場

 

薬味も提供されました。辛味を出すために使うのでしょうか。

 

ベンタイン市場

 

フライドライスも注文。

 

一緒に出されたヌクナムをスプーンでかけると、味に深みが出て美味しい仕上がりに。

 

こちらは50,000ドン

 

ベンタイン市場

 

お店には必ずメニュー表があるので、指さし注文で大丈夫。

 

食事後に店員さんを呼んで、支払いを済ませます。

 

スリリングな道路横断と靴磨き

ホーチミン

 

ちょっと、東南アジアらしいお話を。

 

ホーチミン市内は、交通量が多いわりに信号が少ないので、日本人にとっては道路を横断するのが至難の業です。

 

画像のような横断歩道で、このくらいの交通量の場合、日本では絶対に道路を横断しませんが、ホーチミンでは手を斜めに下げながら、うまく横断していきます。

 

歩行者を見つけて車両が停止することはありませんが、減速したり、かわしたりして、何事も無かったかのように時が過ぎていきます。

 

最初は慣れるまで戸惑うかもしれませんが、クアラルンプールやマニラ、ジャカルタでも普通にこういうことがあります。

 

ホーチミン

 

また、このような狭い道路でも、バイクがビュンビュン走るので、注意が必要です。

 

直進しているときはいいのですが、何かを見つけて方向転換したり、左右に移動するときは、必ず後ろを見るようにしたいところ。

 

ホーチミン

 

さすがに、このくらいの交通量になると、信号があります。でも、信号が赤になっても交差する道路から車両が来なければ止まらないし、信号無視をするバイクや車も多いため、油断は禁物。

 

でも不思議と交通事故はお目にかからないんですよね。

 

サイゴン川

 

暑いので、サイゴン川を見ながらベンチでひと休み。

 

喧騒のなかで、こういうのんびりとした瞬間もいいものだ、と感じた矢先、背後から青年が声をかけてきて「靴にシミがついているから磨かせろ」と、強引に靴磨きを始めようと近づいてきます。

 

「いいよ、大丈夫!」と言って、その場を立ち去ることに。

 

街中には靴磨きの道具を持った人を、何人か見かけました。

 

靴磨きは、貧困層の仕事ではポピュラーだと言われます。

 

 

東南アジアの貧困問題は、相対的貧困と言われることが多く、アフリカのような絶対的貧困とは異なります。

 

毎日ご飯を食べることができ、スマホやテレビも持っているけれど、十分な医療を受けることが出来ず、教育の格差が大きいという状況。

 

私が東南アジアの旅に魅了されるなかで、こうした問題に僅かながら関心が湧いてきました。

 

ドンコイ通りとその周辺の観光名所

ホーチミン人民委員会庁舎

 

まずは、ホーチミン人民委員会庁舎から、サイゴン川まで真っ直ぐに延びるグエンフエ通り。

 

両サイドにはベンチがたくさんあるので、行き交う人を眺めながらひと休みするのもいいし、セルフィ―で写真を撮るにも最適な場所。

 

マジェスティックサイゴン

 

ドンコイ通りの東の起点、ホテル・マジェスティック・サイゴン。

 

こうして全体を見渡すには、サイゴン川と並行して走るトンドゥックタン通りを横断しなくてはならないのですが、交通量が多く、ほとんど信号がありません。

 

気を付けて横断しましょう。

 

チャンフンダオ像

 

メリン広場の中央にある、チャン・フン・ダオ(陳興道)像。

 

13世紀、急速に領土を拡大したモンゴル帝国と闘った王族であり、武将なのだとか。

 

ドンコイ通り

 

外国人観光客が必ず訪れるドンコイ通り。

 

ちょっと違和感を感じるのは私だけ?

 

ホーチミン 市民劇場

 

こちらは市民劇場。

 

聖母マリア教会

 

ドンコイ通りの西には、聖母マリア教会が。

 

その隣には中央郵便局。

 

後方には韓国資本が入っているダイアモンドデパート、ドンコイ通りの中間にはビンコムセンターといった、近代的なショッピングセンターもあります。

 

どちらもフードコートがあり、涼しいので、トイレ休憩に便利。

 

中央郵便局ホーチミン

 

内部は、半分以上が物販のお店となっている中央郵便局。

 

いずれもホーチミン観光では必須のスポットになっていますが、何度も来たいとは思わないかも。

 

戦争証跡博物館は必ず訪れるべきマストスポット

戦争証跡博物館

 

ドンコイ通りから少々歩きますが、こちらの戦争証跡博物館がおススメです。

 

ミリタリーに関する展示目的ではないので、好きな方には物足りないかもしれませんが、写真をみたり史実を知るには最高です。

 

欧米人観光客が多く、韓国人もたくさん訪れていました。日本人はほとんど見かけず。

 

日本には「戦争の放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否認」という憲法第9条があり、政治やマスコミも、平和や戦争に関して激しく論じられる傾向があり、過敏に反応しがちです。でも、国民は漫然と恐ろしいものだ、といういわゆる戦争アレルギーみたいな不安があるだけで、真実を知ろうとしたり、外交や国益との関係について探求する人は少数派のようです。実は、国民の多くは、国家というものや平和、世界情勢にあまり関心がないのではないか、と思うことがしばしばあります。

 

 

ここ、ホーチミンの戦争証跡博物館には、多くの日本人カメラマンの写真が展示されており、今でも世界中の人たちに訴えかけています。

 

ここに訪れると、私たちが日ごろ忘れかけている何かを、きっと思い出させてくれるでしょう。

 

戦争証跡博物館

 

このように、自国の戦闘員や一般人の悲劇に関して、多くの写真と文章で説明されています。

 

一方で、アメリカ軍やその友軍の犠牲者に関しても、少数ではありますが、偏りなく展示されておりました。

 

この辺は沖縄にあるひめゆりの塔もそうですが、犠牲者でありながら、中立のスタンスで展示されています。

 

戦争証跡博物館

 

石川文洋氏が着用していたと思われる、ベトナム戦争当時のBDU。

 

もちろん、襟に階級章は付いていないのですが、JAPANPRESSという胸のネームタグが、とてもリアリティがあります。

 

戦争証跡博物館

 

核心の部分は目を覆いたくなるようなものばかりなので、撮影もあまりせず、画像のアップもしません。

 

そこで、第82空挺師団の部隊章の画像でお茶を濁すことにしますが、平和であることや、日本の暮らしが豊かであることを、ここを訪れることできっと感じることができます。

 

観光で訪れた人にとっては、一気にテンションが下がるかもしれませんが、帰国後の人生に必ずプラスになると思います。

 

戦争証跡博物館

 

外にはチヌークが展示してあり、雨宿りをしながら機体を眺めます。

 

M134ミニガンを搭載した、第101空挺師団所属のUH-1なども展示されています。

 

入場料は40,000ドン。

 

ぜひ、訪れてみてください。

 

 

ブイビエン通りとバックパッカーストリートへ行こう!

ブイビエン通りホーチミン

 

ホーチミンは、夜の街が面白いと言われています。

 

夜の繁華街として有名なのが、こちら、ブイビエン通り。

 

ベンタイン市場から南西に500mくらい離れたところにあります。

 

ブイビエン通りホーチミン

 

通りの最初に、有名なクレイジーバッファロー。

 

ここからブイビエン通りが始まり。

 

日曜日の19時頃とあってか、人通りは少ない方でしょうか。

 

ブイビエン通りホーチミン

 

通り沿いには、オープンスタイルのパブやレストランがあります。

 

カメラを向けるとお姉さんが笑顔でピースサイン。

 

もちろん、このあと誘われることになりますが…

 

ホーチミンではよく客引きに声をかけられましたが、断っても、笑顔で「じゃあ、またね~」という雰囲気で終わるので、嫌な感じはしませんよ。

 

ブイビエン通りホーチミン

 

こんな感じで、どの店でもオープンにくつろげるので、一人でも楽しめると思います。

 

バックパッカー通り

 

ブイビエン通りを西の端まで進んだら、今度は北上して折り返すようにバックパッカー通りへ。

 

9月23日公園に隣接するこの通りは、旅行代理店やホテルなどが並んでいます。

 

今回の滞在時は、ウィークエンドマーケットが開いていたので、そちらを覗いてみることに。

 

地下にもマーケットがあるんですけれどね。

 

9月23日公園ウィークエンドマーケット

 

ベトナムはビールが安いので、本日5本目をいただくことに。

 

しかしここで、ポケットに入れていたスマホが無いことに気付く(汗)

 

 

ホーチミンでスマホを落とした?スリにあった?

 

こういう時にかぎって雨が降り出し、酔いも回って思考が働かないもの。

 

最後に確認したバックパッカー通りまで、足元を探しながら戻ってみますが、やはり落ちているはずがありません。

 

フリーテルの格安スマホで、購入後1年経っていませんが、すでに元を取っていると思っているので、きっぱり諦めることに。

 

バックパッカー通りには、空港行きのバスが通っていて、雨の中ちょうどよくバスが来たので、空港へ帰ることに。

 

 

空港に到着後、iPadからフリーWiFiに接続してグーグルで検索してみると…

 

ホーチミンスリ

 

なんとすでに、9月23日公園から5kmほど離れた場所にあることがわかりました。

 

敵ながら素早いアクション。

 

ホーチミンスリ

 

拡大してみると、近所にパソコンショップがあります。

 

すでに売られた可能性があると判断し、データの消去を遠隔操作で試みます。

 

SDカードに入っている画像などは消去できないでしょうが、Gmailやフェイスブックのログイン情報、LINEPayへのアクセスなどが心配でしたので、初期化の指示が妥当と考えました。

 

これ以降、失くしたスマホへのアクセスが出来なかったため、スマホの初期化が成功したものと判断。

 

まあこういう体験も含めて、初めてのホーチミン旅行を楽しむことが出来たのでした。

 

みなさん、人混みを歩くときは気を付けましょうね。

 

 

台北経由成田行き、深夜発のバニラエアとORCHIDラウンジ

ORCHIDラウンジ

 

保安検査が終了すると、プライオリティパスで利用できるラウンジがあります。

 

バニラエアの出発が深夜2時過ぎなので、チェックイン時刻も23時近くとなりましたが、こちらのORCHIDラウンジで、遅めの夜食と6本目のビールをいただくことに。

 

すでにスマホを盗まれたことを忘れかけているノー天気な私。

 

ORCHIDラウンジ

 

こちらのラウンジは、特徴のない標準的な作りのラウンジですが、食事はそこそこ充実しており、居心地もなかなか良いと思います。

 

遅い時間にもかかわらず、チェジュ航空の仁川行きも深夜なので、韓国人が多く利用中。

 

 

ORCHIDラウンジ

 

画像では伝わりにくいですが、自分でフォーを作ることができるんですよ。

 

ORCHIDラウンジ

 

ビールは冷えていませんが、グラスに氷を入れて飲むからでしょうか。

 

食事はスパゲティボロネーゼとチキンカレー。

 

台北乗り継ぎで、成田に到着するお昼まで、お腹を満たしておきます。

 

ホーチミンバニラエア

 

バニラエアのホーチミン台北線は、2018年2月をもって廃止になるようですが、不採算路線なのでしょうか。

 

この日は確かに空席が目立ちました。台北到着まで3列シートをすべて使い、横になって熟睡できましたので。

 

いっぽう台北での乗り継ぎは、沖止めでバス利用なのに、1時間しかありません。

 

こちらは満席。

 

でも台湾の方々、荷物は全員大きなスーツケースのようで、満席なのにオーバーヘッドビンには何も入っていないという奇妙な光景でした。

 

ホーチミン、みなさんもぜひ一度訪れてみてくださいね。