羽田で空港野宿して香港エクスプレス早朝便|チョンキンマンションに宿泊して深セン日帰り【後半編】

 

こんにちは!やまたび北海道のコモ子です。

 

前半編に続いては、

  • 香港の交通系ICカード「八達通(オクトパスカード)」のチャージ方法
  • 香港からMTRで深圳市への行く方法
  • 深圳市の交通系ICカード「深圳通」の買い方
  • 深圳市から香港への移動方法

について書いて行きます。

 

前半の記事はこちらをご覧ください。

羽田で空港野宿して香港エクスプレス早朝便|チョンキンマンションに手記博して深セン日帰り【前半編】

 

交通系ICカード八達通(オクトパス)のチャージ方法

香港MTRチャージ

 

香港では交通系ICカードのオクトパスが必須アイテムで、MTRやバスだけではなく、スターフェリーやピークトラム、コンビニなどありとあらゆるところで使用することができます。

 

MTRの駅には必ずチャージ専用機があるので、常に200HKDくらいの残高になるようにキープしておくと便利です。

 

操作方法はカンタン。

 

香港オクトパスチャージ

まずはスロットにオクトパスカードを入れて、、、

オクトパスチャージ香港

チャージしたい金額分の紙幣を入れて、、、


香港MTRチャージ

 

最後にボタンを押して終了、こんな感じで操作はカンタンです。

 

私の語学力でもこのくらいなら大丈夫!?

 

 

香港から深センへ。ますはMTRで羅湖口岸へ行こう!

羅湖

 

香港から深センへの行き方はMTRが一般的。

 

まずは羅湖駅を目指します。

 

深センへは羅湖落馬洲の2駅どちらからでも入ることができますので、行きたい方の電車に乗ればOKです。

 

深センまでの距離はかなりあり、運賃も時間もかかります。

 

車内はとっても混雑していて、立って移動する覚悟が必要です。

  

深圳

 

終着駅の「羅湖」では「深圳」と書かれた案内標識に従って、大勢の人について行けばイミグレーションに到達します。

 

香港の出国は、入国時に書いた入国カードの複写(出国用)を渡せばOKです。

 

深圳入国

 

出国後はオレンジ色の案内表示に従って歩いて行くだけで、問題なく入国できますよ。

 

小川を越えると中国側のイミグレーションがあり、入国カードを書いて渡せば大丈夫です。

 

やや中国らしい物々しさがありますが、気にしない、気にしない。

 

税関を通過すると、そこは深圳です。

  

 

いつも通りセディナカードでATMキャッシングをしましたが、一桁間違って2,000RMBもキャッシングしてしまいました。どうせ缶ビールと地下鉄、食事も1食程度なのに、日本円で32,000円も、、、

 

深圳羅湖

 

外へ出ると、そこは深圳市です、簡体字表記が中国本土感がたっぷりです。

 

ここからさらに広深線「和諧号」に乗って広州市へ行くことが出来ます。「和諧号」については下記のエントリーでご紹介しています。

 

関連記事

広深線和階号の乗り方

広州と深圳を結ぶ広深線和諧号。大都市間を僅か2時間足らずで結ぶコスパ最高の列車の乗り方を、旅行記風に解説します。


深センの交通系ICカード「深圳通」を購入しよう!

深圳地鉄

 

深圳の街は地下鉄が急速に発達しています。モバイクで地上を移動するのもおススメですが、1年の大部分が暑いので、涼しく地下鉄で移動するのがいいですよ。

 

深圳通買い方購入

 

先月訪れた上海同様に、警察関係の車両や警察官が多い印象を受けます。

 

人々の雰囲気も香港とは違う感じ。

 

本当に隣街なのかと疑うほどの違いを感じ取れます。

 

この街は近年急速に発展しており、一気に地下鉄の路線網が張り巡らされたそうで、地下鉄での移動が楽そうです。

 

地下に下りて交通系ICカードの「深圳通」を購入します。

 

小さな売店のようなブースに女性が1人で立っており、見本が並べられています。

 

好きなデザインのものを指さしてお金を渡すと、すぐにもらえるようになっています。 

 

最近は一部の自動券売機でも購入できるようになったそうです。

 

深圳通

 

私が購入したものは、代金が50RMBで15RMBのチャージがされているカードです。

 

上海地鉄

 

中国らしく、改札口ではセキュリティチェックを受けます。

 

まあ、これがかなりテキトーなのですが、地下鉄構内も車内もとても清潔です。

 

なお、広州市の交通系ICカード「羊城通」の買い方は下記のエントリーで紹介しています。

 

関連記事 

羊城通

地下鉄が発達した広州市。移動に欠かせないマストアイテムがICカードの「羊城通」です。自動券売機でも購入できますが、窓口で購入したほうが早くてカンタン。たった6文字。筆談OKなので、買い方を説明します。


深圳市から香港への移動方法

羅湖口岸

 

続いて、香港への移動方法についてです。

 

再び羅湖口岸。至るところに「往香港」と書かれた表示がされていますので、迷うことはありません。

 

香港側と違い、中国人と外国人とでは出境するフロアが異なるところ。

 

羅湖口岸

 

世界一往来が激しいイミグレというだけあって、とにかく人が多くてごった返しています。週末の夕方だからでしょうか。 

 

香港深圳

 

大きな荷物を持っている人も多く、ホームのずいぶん先の方まで歩いて電車に乗らないとならないくらいの人でした。

 

中国の人たちは我先にと乗り込み、椅子が空いたら真っ先に座りますが、お年寄りが来ると若い人でも必ず席を譲るので、好感が持てます。

 

なお、行きも帰りも出入国の手続きはあまり変わりませんので安心を。

 

 

関連記事

ドラゴンズバック

香港には気軽に楽しめるハイキングコースがいっぱい!人気のドラゴンズバックを紹介します。


香港旅行記

せっかくバンコクまで行って、日本へ真っ直ぐに帰るのはもったいない、という発想で香港へ寄ってみました。シンフォニーオブライツを始めて観て感動!


夜景を見るなら香港広州深圳で

夜景が素晴らしい香港ですが、最近は深圳や広州の夜景もレベルが高くなりました。3つのメガシティを巡ってどっぷり夜景を楽しみませんか?香港の比較的新しい楽しみ方です。


上下九歩行街

広州市でとても有名な上下九歩行街。でも日本人旅行者が広州市を訪れることが少ないため、あまり知られていません。香港への旅のついでに是非立ち寄ってみてくださいね。