バンコクで空港野宿をして香港へ|ビクトリアピーク、尖沙咀からシンフォニーオブライツ|2016年9月

2016年の遊び計画では、10月の後半に香港へ行く予定でした。ところが、バンコクへ行くことに決めたとき地図を見てみると、香港を経由して帰ったほうが、効率的だということに気付きました。

 

また今回の旅ではもう1つ、異国の空港から第三国へ出国することを経験してみたかったのもあります。山旅と同様、少しずつステップアップしてみようと思うのです。

 

さて、昨晩までバンコクに滞在し、ホテルに泊まらずにドンムアン空港で野宿。空港野宿をする人って、欧米のバックパッカーを中心にたくさんいるものです。

 

早朝に出国手続きを済ませてスタバでモーニングカプチーノ。コモ子はスタバでカプチーノしか飲みませんが、日本とまったく同じ味で安心します。

 

ドンムアン空港を6時台のエアアジアで飛び立ち、AM中に香港に到着予定です。基本的にノープランですが、出来ればマカオを3時間くらいで観光し、夕方に九龍から夜景を見られたらいいかと思います。翌26日は深夜1時55分発の成田行きに乗るので、22時くらいまでに空港に到着したいところです。

 


スポンサーリンク

香港ではオクトパスカードを購入し、いざ市街地へ

 

 香港での滞在時間は短く、スケジュールもタイトなので、イミグレーションカードの記入も機内で事前に済ませておきます。コモ子はパスポートや財布も含めて機内持ち込み手荷物は座席の上に収納してしまいますが、ボールペン1本だけは携行するようにしています。今日は完全に宿無しなので、滞在先は「One Day Trip」と記入して入国しましたが、特に問題ありませんでした。

 

 香港到着後、まずはターミナル間の無人列車に乗ります。先頭に乗ってTvモードでシャッター速度を遅くして、トンネル内を撮影して楽しみます。入国審査後は、到着ロビーでまずはセブンイレブンへ。サンドイッチと缶コーヒーで腹ごしらえをします。日本人は海外で美味しいものを食べようと欲張りがちですが、欧米人の旅行者達は、結構こんな感じで食事をしていたりします。ですから空港のバーガーキングやマクドナルドはいつも混雑しています。日本国内で販売されている旅行ガイドブックの大半は、グルメ情報が中心で構成されていますが、日本国内でも外国の料理を食べることができる現代において、必ずしも現地食を食べる必要はないと思うのは、コモ子くらいでしょうか。

 

 さて、香港駅までエクスプレスに乗るので、まずは香港の交通カードであるオクトパスカードを150香港ドルで購入します。英語が喋れないので「オクトパスカード、プリーズ」と言い放って現金を手渡します。これでOK!そして券売機で200香港ドルをチャージして車内へ乗り込みます。

 

 空港には改札がなく、そのまま好きな車両の適当な席につきます。電車の中はクアラルンプール同様にフリーWiFiが使えます。日本も早くそうなるといいですよね。

 

 電車の速度は速いのですが、距離があるためか香港駅まで結構時間がかかります。

 

 香港駅に到着後はさっそく道に迷います。地上を歩くと行き止まり、どうやらマカオ行きのフェリー乗り場へは2階の歩行者通路を歩いて行くようです。すでにかなり時間をロスしています。香港駅周辺は地上を歩くことなく、2階部分を歩きます。

 

マカオを諦め、ビクトリアピークへ!暑いわ(汗)

 

 それにしても香港は暑い!前日のバンコクより暑いというのが実感です。

 

 汗がダラダラ、晩年は南国へ移住なんてあくまでも夢物語。北海道民はたぶん南国には住めません。

 

 さて、ほとんど下調べもせずにマカオに行こうと思い、フェリーターミナルに来ましたが、チケット売り場がたくさんあってよくわかりません。いろいろ迷いながら見て歩いて、奥にターボジェットの売り場があるのを見つけます。売り場のおばちゃんにチケットを購入したい旨を伝えてみますが、「往復」というところまで伝わっても、その先の「何時の便で帰って来るんだ」という質問に答えられず困ります。言葉が言えないのもあるのですが、無計画なので、だいたい夕方の便で帰ってきたいという内容が伝えられません。おそらくマカオは別の行政区なので、帰り便の時間を決めないとならないのでしょう。そこで今回はキッパリ諦めることにして、夕方までビクトリアピークに登る計画に変更します。

 

 中環周辺は女性ばかりが段ボールを広げてピクニックをしています。最初は何のことやらわからずにかなり戸惑いましたが、フィリピン人の住み込みメイドさん達なのだとか。

 

 

 

 自分が考えていたよりも、はるかにアップダウンが多い香港島での移動に疲れながら、なんとかピークトラムの乗り場へ。日曜日だからでしょうか、外まで行列が出来ている状況に閉口しながら、我慢して並んでチケット売り場へ。オクトパスカードがあるのでチケットを買わずにそのまま改札を通って乗車できます。交通系ICカードはどこの都市へ行っても便利です。

 

 トラムがこんな急こう配を登るのか、その脇にこんなに高層のビルが建っているのか、などなど感心しながら山頂駅へ到着します。とにかく人でいっぱいです。

 

山頂で青島ビールがウマい!景色が最高!

 

 ピークトラム山頂付近には、有料の展望台やお店がたくさんあります。少し下りたところには無料の展望台があり、そこからでも十分に香港市街が一望できます。この日はやや霞んでおりクリアな展望は望めませんでしたが、今度は早朝に徒歩で登れたらいいかと思います。

 

 トラムの出発点付近に売店があり、青島ビールを買って空けると、もはやトラムに並んで乗る気になれなくなり、旧道を使って徒歩で下山することにします。酔っぱらうと正しい思考ができなくなるコモ子です。注意が必要です。

 

 この道は小さな子供やカップルなども下山に使っており、トレーニングで登ってくるランナーも多くみられます。

 

 酔っているせいなのかわかりませんが、結構な急こう配です。「半山」まで下りるとそこらへんに高層のマンション群が立ち並び、香港らしさを感じます。

 

下山して、コンビニで再びビール

 

 歩いて香港動植物公園付近まで下ると、公園があるのでベンチで休憩。ここではフリーWiFiが使えました。さっそくフェイスブックに投稿。コモ子は昼からビール飲んでいるぞと(苦笑)。

 

 さらに坂道を下りていくと中環の市街地に入り、セブンイレブンでビールとサンドイッチを購入、近くの小さな公園で再び一休みです。香港はビールが安いので、たくさん買わないと損をする気がしてしまいます。空港に続いてまたもサンドイッチ。ボリュームがあって200円くらいなのでお値打ちです。またサンドイッチ用のパッケージが硬質で、とてもしっかりしています。ちょっと取り出しにくいのが難点ですけどね。それにしても、サンドイッチにビールという組み合わせは日本ではないカナ~。

 

 もうかなり酔っぱらってどうでもよくなりました。とりあえずスターフェリーに乗って対岸の九龍に渡り、地下鉄で黄大仙へ行ってみようと思います。

 

スターフェリーで九龍島へ、そよ風が気持ちいい。

 

 ちょっと酔いを醒ましてから再び香港駅へ。そこからスターフェリーの乗り場へ向かいます。相変わらず街中ピクニック中の女性が多いなかを掻き分けて、乗り場へ到着します。オクトパスカードで改札を済ませてすぐに乗船、出発です。おそらく地元の人はMTRで移動する方が便利なのでしょう。ほとんどが観光客の様子です。夕方になってきたためか、ビル群への陽の当たり方が変わって高層感が一層伝わってきます。

 

 心地良い風を受けながら、僅かな時間を楽しんで対岸の尖沙咀(チムチャーソイ)へ。夜はここから夜景を楽しむ予定なので、時計塔付近のプロムナードを軽めに偵察をし、ネイザンロードの駅からMTRで黄大仙へ向かいます。

 

 ところが黄大仙へ到着すると、開園時間が17:00までとのことで門が閉じられています。ガイドブックには日没までと書いてあったので、ちょっとショック。同じように門の前で中をうかがっている観光客が数組おりました。ここもまた次回の宿題となるでしょう。

 

 隣接するSCを軽くぶらついて、再び尖沙咀へ戻ります。いよいよ今回のメインイベント「シンフォニーオブライツ」です。実のところ、何時から始まるのかすら把握しておらず、光のショーではなく、花火が上がるのかと思っていました。コモ子はそのくらい事前の下調べもせず、ノープランな旅なのです。

 

やっぱり香港は夜景を見なきゃね。

 

 18時過ぎからプロムナードに場所を陣取って、夜景を楽しみます。この時点で何時から何が始まるのか理解しておらず、とにかく光のイベントがあることだけしか知りません。こうして海風に当りながら夜景を楽しめるのは、香港ならではかもしれません。まさに至福のひと時です。

 

 20時になって、レーザー光線が飛び交うイルミネーションのショーが始まり、大勢の人たちとともに感激します。カメラの練習を兼ねながら夜景を楽しみ、最後はネイザンロードの看板群を見に行きます。バンコクから寝不足で歩き疲れたこともあり、香港島へ戻って空港まで電車に乗る予定だったのですが、たまたまエアポートバスが走っているのを目にしたので、アドリブでA21というバスを待って乗車。エアコンがガンガン効いているうえ、スピードも速く、WiFiも使える、乗車率も低いとあってラッキーです。

 

 空港ではこれもアドリブで「BBQ PORK AND PLAIN LICE」という料理を68香港ドルで食べましたが、骨ごとグリルしてあるために食べずらく、八角の香りもするのでどうも好きになれませんでした。口直しにセブンイレブンで3度目のサンドイッチを購入、コーヒー牛乳とともにいただき、お腹いっぱい。こっちの方が安くて口に合ってます。

 

 バニラエアのチェックインカウンターが開くのが2時間前なので、香港空港の野宿ポイントを偵察、第2ターミナルの入り口あたりに、広くて人の少ない待合スペースがありました。この上にセブンイレブンがあるので便利だと思います。チェックイン後は最後のビールを飲んで、深夜2時には機上の人となりました。

 

 成田空港第3ターミナルは、バニラエア、春秋航空、ジェットスターのLCC3社のみですが、早朝からフードコートは大賑わい、ちょうど出発便が重なっていたのでしょう。行列のできるローソンでおにぎりと缶コーヒーを買って朝食、仮眠で約5時間の待ち時間を過ごして14時には新千歳空港へ帰還、実はここが一番混雑してました。なかなか充実したタイ、香港の弾丸トリップでした。

 


スポンサーリンク