【カムイエクウチカウシ山|日本二百名山】を札内川ヒュッテから日帰り|さらに1903峰まで足を延ばしてみる

 

こんにちは!やまたび北海道のコモ子です。

 

今日はカムイエクウチカウシ山の話題です。

 

カムイエクウチカウシ山(以下「カムエク」)は日本二百名山の一山で、日高山脈の山々のなかでは、幌尻岳やペテガリ岳に次いで全国的に有名で人気がある山ですよね。日高山脈のなかでは2番目に高い山なので、多くの山々から目立つ存在になっています。

 

北海道の山々は無雪期に限って言及するならば、山頂へ立つことの難しさと標高との関係性はあまりないと言ってもいいと思うのですが、カムエクに関してはそんなこともなくて、標高も高くてかつ遠い山なので、一般登山者には難しい山だと言えます。

 

さて、カムエクに限らず、日高山脈の山々にほぼ共通して言えることとして、林道の終点から沢に入渓し、沢の中を歩かなければならないということが挙げられます。おそらく、ここが一般登山者にとって日高の山々を遠ざける≒難易度が高いと言われる理由ではないかと思われます。

 

日高山脈の無雪期登山では、尾根の取り付き地点まで沢を歩き、そこからいきなり急登が始まることがほとんどです。しかし、カムエクに関して言えば、尾根には取り付かず、カールに至るまで沢を歩くという点が少々異なり、沢登りに分類されています。

 

では、なぜ多くの人たちがこの八の沢ルートを登って山頂に立てるのかと言うと、登攀用具や技術がなくても登ることが出来る易しいグレードの沢登りと言いい換えることができるからだと思います。

 

実際、無雪期登山を扱うガイド本においても、「北海道夏山ガイド」(シリーズ第4巻「日高山脈の山々」)ではこの八の沢ルートは紹介されておらず、「新版日本三百名山登山ガイド(上)」にはガイドページがあります。また、もっとも詳しくガイドされている「北海道沢登りガイド」(おススメ!)では、最もグレードが低い☆1つとして詳細が記されています。つまり、一般登山者向けではないけれど、沢登りとしては易しいレベルという曖昧な領域にカテゴライズされているわけで、書籍のように客観的な立場に立脚して考え情報発信したとしても、分類の判断が分かれる微妙な山なのだと思います。

 

ですから、これからカムエクへの山行を計画される方は、これらのことを念頭において考えていただきたいと思います。

 

なお、私自身はこの記事の中でスピードハイクでカムエクを日帰りした内容を紹介しますが、すべての方に日帰りでの山行を推奨しているわけではなく、むしろ十分にゆとりを持った計画で実行に移していただきたいと思います。

 

夏までに多くの情報を集め、当日の天候と数日前からの累積雨量を見極め、十分なトレーニングと準備をして楽しんでいただければ幸いです。

 

※札内川ヒュッテまでの道道が通行止めになることがあります。この場合、数km手前から歩くことになるため、日帰りの日程が困難になりますので、最新の情報をご確認ください。

・「国土交通省 北海道開発局 道路情報」では最新の道道情報が確認できます。

・中札内村のウェブサイトには、現地の「日高山脈山岳センター」が紹介されています。

 

日帰りをするには、夜明け前に札内川ヒュッテをスタートしたい!

 

カムエクは1泊から2泊での山行が推奨されていますが、最近は日帰りについての記録も多く見られるようになりました。さらに、隣のピラミッド峰とセットで登る人も増えているようです。沢歩きの経験があり、健脚だと自己評価できる人ならば、それほど困難な山ではないというのが私の主観的な意見です。

 

 

さて、ここから本題に入ります。この記事をご覧になっている方は、一部の愛好家の間で「カムエク三山」と言われる、カムエク本峰、北北西に位置する縦走路上の1917峰、ほぼ真北に位置し、縦走路からちょっと外れた1903峰があるのをご存知でしょうか。今まで、この3つの頂を日帰りしたという記録を見たり聞いたりしたことがなく、以前からちょっとだけ興味がありました。

 

カムエクにすら登ったことがないのに、無謀なチャレンジではないだろうか、とやや不安な気持ちになりますが、なぜか湧き上がる情熱を止めることができず、計画を実行に移すことにしました。

 

前日から出発までの行動は次の通りです。

  1. 山の道具をすべて車に積んでから出社。
  2. 18時に退勤後、帰宅せずにそのまま日勝峠を越え、札内川ヒュッテへ直行。
  3. 23時頃から2時間半の車中泊で仮眠を取る。
  4. 朝2時50分に出発し、札内川ヒュッテから道道(北海道は県ではなく道なので、県道ではなく道道と言います)を歩き始める。 

ややタイトなスケジュールです。

 

札内川ヒュッテ

 

舗装された道道は、車両通行止になっているトンネルからスタートします。

 

トンネルを抜けると、コイカクシュサツナイ岳~1839峰の登山口となるコイカクシュサツナイ沢の入渓地点が左手に見えます。1年に数百人も登っていないであろう中日高の核心部ですが、「コイカクシュサツナイ岳登山口」と書かれた案内標識が設置されています。

  

トンネル出口からさらに数kmを歩き続け、道を離れると七の沢出合へ到着です。

 

私が訪れたときには自転車がたくさん置いてあり、前日の入山者が多いことが伺えます。

 

この区間を、自転車で素早く移動して、時間短縮・体力温存を図る人が多いということですね。

 

七ノ沢出合

 

河原に出ると、ご丁寧に流木に矢印がペイントされている箇所がありました。

 

いよいよここからがカムエク登山のスタートです。

 

カムイエクウチカウシ山七ノ沢出合

 

こんな広い河原ですが、みんな整然と自転車を並べているところが、いかにも日本人らしい秩序ある行動ですね。

 

私の当初の計画では、夜明け直前の薄っすらと白み始める時間までにここへ到達する予定でしたが、すでに日の出を迎えており、計画より遅れ気味でした。

 

 

今回の装備はこんな感じ。

 

背中に衣類(レインウェア、ダウンウェア、長袖シャツ、靴下、手袋など)を入れるため、ノースフェイスのマーティンウイング10リットルをチョイス。

 

八の沢カールで沢靴をデポした後に履く、トレラン系のシューズを入れるためのヒップバック。

 

お腹に食料を入れるため、モンベルのカメラバックというスタイルです。

 

手はホームセンターで購入した、ゴム手袋(蒸れて最悪)、足は釣り用のフェルト靴で八ノ沢に向けてバシャバシャ歩き始めます。水が適度に冷たくて気持ちが良いです。

 

八ノ沢カールまでヘルメットを被り、その手前の999三股までストックも持ちます。川歩きではバランスを取るためにストックがあると便利、というのが持論です。

 

カムイエクウチカウシ山八ノ沢出合テン場

 

河原歩きでは、上手く捲き道を見つけて進むと、ほとんど渡渉せずに八の沢出合まで到達できますが、そこは経験から得られる沢感(勘)、先々を見る観察力、それと川の水量によるところが大きいと思います。

 

大きな自然災害が発生すると、川の渓相がかなり変わりますので、捲き道が消失することもあるでしょう。

 

いっぽう、スピードを重視するのであれば濡れることを気にせず、とにかく歩きやすいところを、サクサク歩いて行くのが早道だと思います。

 

八の沢出合にはキャンプ適地があり、多くの人がここでテン泊をして拠点にしています。水に近くて林内という場所がら、夏は虫が多そうですので防虫対策が必要かもしれません。 

  

 

さて、八ノ沢出合でテン泊中で朝食中の方々を横目に、倒木ですっかり荒れてしまった八の沢を遡ります。

 

倒木が邪魔をしてすんなりと登らせてくれません。意外と時間がかかってしまいます。

 

なお、八の沢出合のスペースが不足していてテントを張れなかった人が、もう少し上流の中州でテントを張っていました。そういう地積は確かにありますが、天気が急変して雨が降ればちょっと危ないですね。

 

 

八の沢出合から八の沢カールまで遡行する

八の沢

 

八の沢はカールまでほぼ一直線に突き上げていて、カールを正面に見上げるため、テンションが上がること間違いなし、と言ったところです。

 

それにしても大きな岩がゴロンゴロンと転がっており、流木も多くてとっても歩きずらいです。

 

カムイエクウチカウシ山八ノ沢999三股2014

 

標高点・999付近には、前日に崩壊したと思われるスノーブリッジがありました。ちょっと危険なので、右岸の雪の上に登り、急いで通過します。私が訪れたのは8月初旬ですが、まだこれだけの厚さの雪が残っている、ということですね。

 

ここから高度をグングン上げていきますので、ストックはこの辺にデポしておくといいでしょう。でも疲れていると、帰りに忘れ物をしてしまうかもしれません。山中のゴミにならないように、ピンクテープを付けておくと目立ちます。

 

999三股

出典「地理院地図」地理院タイルを一部加工して使用 

 

ちなみに標高点999は、2万5千図で八ノ沢の水線が切れたポイントから、南西に100m標高を上げた付近です。ここからが沢の核心部で、登攀用具こそ必要ありませんが、慎重かつ安全確実に登らないとならない箇所が続きます。

 

カムイエクウチカウシ山八ノ沢2014

 

八ノ沢の核心部にはすべて捲き道があります。でも油断はできません。

 

私が登ったときは多くの方が入山しており、やや渋滞気味。こういう場所ではお互いに譲り合いたいですね。譲る側は自分の安全を確保できる場所に移動してから、譲られる側は「お気遣いなく。急ぎませんので」とお声がけして急(せ)かさないように配慮しましょう。

 

八ノ沢カール

 

水の流れが少なくなってくると、まもなく八の沢カールに到着です。

 

私は日帰りの計画ですが、すでに札内川ヒュッテから6時間以上経過しており、計画の修正を検討しながら歩きました。

 

八の沢カールは楽園と呼ぶにふさわしい!

八ノ沢カール

 

そして、いよいよ八の沢カールに到着です。「楽園」とはまさにこういう場所のこと。傾斜が緩やかになる登り口から見渡す平らで広々とした地形。

 

雨竜沼湿原の入り口や、羅臼平への入り口を思い出しますよね。

 

右側にはカムエクの急峻なカールバンドを見上げ、左側にはピラミッド峰の鋭い頂。そして「カムエクの美味しい水」は飲み放題。最高です。

 

いっぽうで、ここに慰霊碑があるように、過去に福岡大学ワンダーフォーゲル部の獣害による悲劇が起きています。その詳細についてはここではご紹介しませんが、ヒグマに関して日頃から見識を深め、遭遇しないように心がけるべきこと、万一遭遇してしまったときにはどうすべきかについては、十分なシミュレーションをしておく必要がありそうです。

 

ヒグマ対策は、

  • 音による手段で、自分の存在を知らせる方法(「鈴」「ラジオ」「笛」「話し声」)
  • 匂いによる手段で、自分の存在を知らせる方法

といった遭遇しないための対策と、

  • 間合いに入らないように近付かない
  • 間合いに入ってバッタリ遭遇したら攻撃する(「熊スプレー」)
  • 交戦しないで間合いをとる「死んだふり」「後ずさり」「ストックを高く上げて存在を大きく見せる」
  • 物を取られたら、所有権を取り戻そうとしないで諦める

といった遭遇してしまったときの対策があります。

 

どの手段が効果があるのかは、正直なところ見解が分かれるところだと思います。客観的に判断するならば、ヒグマの生態に詳しい方の知見を参考にするのが一番いいのではないでしょうか。

 

「最近のヒグマは鈴の音が聞こえると、人間がいると思って近づいてくる」というようなウワサもありますが、これはその個体のみぞ知る、というところで真相はわかりません。

 

また、知床の番屋の特集をした取材で、漁師さんが声を出しながらヒグマの親子に近づいていき、追い払う場面が紹介されていました。これもすべてに通用する手法なのかもわかりません。

 

いずれにせよ、これだけの登山者を始めとする入林者がいながら、ヒグマとの遭遇や獣害がほとんど発生していないということは、エゾシカに比べて個体数が圧倒的に少ないと思われること、基本的に彼らは人間との遭遇を避ける習性がありそうだ、と言えるのではないでしょうか。

 

八ノ沢カール

 

カールでは荷物をすべて下してしばらく休憩をします。あまり休むと動けなくなるので身体を冷やさないくらい程度で休みます。

 

ここまでの間、水を担がなくてもいいのがこのルートのメリットです。これがコイカクシュサツナイ岳や1839峰、ペテガリ岳など尾根を登るルートではこうはいきません。

 

国境稜線に上がり、憧れのカムエク山頂へ

カムイエクウチカウシ山

 

カールバンドの傾斜が緩やかな所に踏み後がいくつかあり、国境稜線上のコルになっている付近まで登ります。これから、目指すカムエクの姿を近くに捉えることができ、最後のひと踏ん張りに力がみなぎることでしょう。

 

このルートを訪れる人が多いのでしょうか、日高の稜線にしては珍しく、踏み跡というよりも登山道のように歩きやすい道が出来上がっています。

 

ハイマツに苦しめられることなく山頂まで登ることが出来ます。

 

それでもカムエクまで、標高差が250mはありますので、決して楽はさせてくれません。

 

ピラミッド峰

 

こちらはピラミッド峰。こちらもコルからの標高差が150m近くあります。

 

主稜線のコルに上がってから、山頂までの最後の登りがあるところも魅力の一つだと思います。チロロ岳、石狩岳、富良野岳、大千軒岳など、道内には稜線上のコルから山頂へと至る登山コースがいくつかあり、楽しさを倍増させてくれます。

 

 

ピークのちょっと手前にはお花畑が広がっていて、疲れた心を癒してくれます。

 

先行者の方も、お花畑を楽しんでいました。最後まで気持ちに余裕がある証拠ですよね。

 

 

そして、やっとカムエクの山頂に到着です。山頂には標識が無い(当時)ので、日の丸の画像に山名を書いてプリントしたものを持って記念撮影。

 

最終的には予定より1時間以上遅くなり、すでに午前11時になっています。「この先はやめよっかな~」とちょっと弱気になりますが、意を決して先を進むことにします。戻ろうと思えばいつでも戻ろうという柔軟な意思をもって。

 

次の目標は1917峰。山頂を越えて、国境稜線を北側に下りていきます。

 

カムエクを北側から眺めるため、ピークを越えて1903峰へ!

カムイエクウチカウシ山北側

 

カムエクの山頂を越えると、ここからの国境稜線は日高山脈らしいハイマツと灌木の踏み跡に変ります。

 

これまでと同じ感覚では歩けないので、かなり時間がかかるんですよね。日高山脈でよく使われる「猛烈なブッシュ」という表現までではないにせよ、これだけ身軽にもかかわらず、なかなか厳しいものがあります。

 

再び標高差にして約250mを下るわけですが、振り返ると気力を損ないかねませんので、とにかく前だけを向いて進みます。人生にもとにかく振り返らずに前進すべき時期と言うものがあります。この瞬間はそんな気分でした。

 

そして、地図上の1730コルから登り返して後方を振り返ると、憧れだったカムエクの北斜面がバッチリ!

 

実はカムエクが最も美しく見えるのは、北側から見るこの姿だとよく言われます。でも、これだけ近くでこの姿を見られる人は、ほとんどいないのが現状。本当に来た甲斐がありました。

 

もう一度再訪してテン泊し、沈みゆく夕陽や迎える朝陽に輝くこの姿を、動画で共有したいと思っています。

 

1917峰

 

こちらは、今日の目的地として計画していた国境稜線上の1917峰。再び100m以上標高を落としてから登り返すとなると、ちょっと時間的に無理そうです。ここは素直にあきらめることにします。無理は禁物。

 

でも、この景色も素晴らしいものがあります。沢筋がよくわかるので無雪期の山景色も魅力がありますよね。

  

1903峰

 

こちらは1903峰。名もなき山ですが、こうして眺めると名山だと思います。

 

北海道には2種類の百名山と定義されている山が全部で118座ありますが、このように稜線上から見て美しい名山を選び、「北海道・稜線上の百名山」みたいなものを将来的にチームで作れたらいいと思います。

 

これを、美しい写真で綴った書籍を出版するのもいいのですが、今の時代にあわせて、動画やウェブサイトで無料で共有できる仕組みができればいいと思います。そうして、多くの人に北海道の山々の魅力が伝わり、世界中から北海道の山々を訪れ、自然と共存した登山環境整備も進めばいいと願います。

 

九ノ沢カール

 

1917峰と九の沢カール上部の全景。前出のヒグマによる悲劇は、この付近ですでに始まっていたのだそう。

 

九の沢カール上部には水がほとんどない感じ。谷へ下りるにはこの付近の傾斜が緩やかに見えるので、比較的容易な印象です。

 

カムイエクウチカウシ山

 

私が訪れたとき、主稜線上の・1730から北北東、僅か200mの雪渓付近にヒグマの個体が1頭いました。やや緊張感はありますが、思わず微笑みたくなるような光景でした。

 

1903峰

 

今日の終着点となった1903峰でのセルフィ―。1917峰へ登ることは諦めていましたが、帰り際にピラミッド峰には登りたいと密かに企んでいました。

 

主稜線上から1903峰へは、ハイマツのブッシュの中を歩いていきますが、落ちたらケガするような高さの岩場もあるので、慎重に通過します。

 

国境稜線上ならまだしも、こんなところでケガをしたら、誰にも発見されることはないでしょう。やはり安全こそがすべてに優先されます。

 

ちなみにヒグマは死肉でも食べるのだとか。

 

帰りは慎重かつスピーディに

 

1903峰から黙々と歩き続けて、再びカムエクに登り返してピークを越え、八の沢カールの上部にある稜線上のコルまで戻ってきました。

 

北から縦走する場合「カムエクをアタックする」という表現がしばしば使われるようですが、そのくらいこの登り返しは精神的にも肉体的にも負担がかかります。

 

私もかなり消耗したと感じたことと、すでに14時を過ぎているので、ピラミッド峰登頂を諦めてスピード下山をすることに。次の目標は暗くなる前に七の沢出合まで帰ること。15時前ですが、すでに八の沢カールには先ほどまではなかった新しいテントが張られています。

 

デポしていた装備を回収して水をたくさん飲み、テント泊の方と情報交換したら出発。

 

次回は私もテントを担いで山旅を楽しみたいと思います。

 

日高山脈全山縦走という、偉業を成し遂げられる方がいますが、日高山脈全カールでのテン泊制覇みたいな、異業にチャレンジしてみたいです。

 

1629峰

 

さて、登山者が減って静かになった八ノ沢を、慎重かつ素早く下って行きます。八ノ沢は東斜面になるので、夕方になると日陰になりますが、暑い日にはちょうどいいかもしれません。

 

正面に見えるのは1629峰、左は十勝幌尻岳、右は岩内岳。日高山脈にはこうした一般登山者には無縁の名峰が多数あります。

 

札内川

 

八ノ沢カールから八ノ沢を一気に下り、札内川に合流します。17時を過ぎて八ノ沢を下っているのは自分だけだろうと思っていましたが、下山中のパーティとスライド。おそらく八ノ沢出合で幕営するのでしょう。

 

札内川は蒔き道を見つけれられば利用しますが、沢靴なので水の中でもバッチャバチャ歩いてとにかくスピード重視で下山。

 

 

七の沢出合

 

 

19時になってやっと七の沢出合まで下山完了。

 

シャッタースピードを遅くしてのセルフィ―なので、外はまだ明るい感じに見えますが、ですが、8月ですので実際はかなり薄暗くなっています。

 

残りの行程は林道歩きだけなので、ヘッドライトを点けてヒュッテまでトボトボ歩くだけ。

 

七の沢出合にあった自転車は、すでにほとんどが回収されていました。昨日から多くの人たちが、入山していたんですね。

 

札内川ヒュッテ

 

21時に札内川ヒュッテに到着。今朝は3時出発ですから、合計18時間行程。さすが日高山脈ですね。大雪山を18時間歩くのとは、比較できないくらいの疲労感。まだまだ鍛え方が甘いです。

 

この夜は車で移動せずに、車中で泥のように眠るのでした。

 

翌日は朝6時にヒュッテ前を出発し、お昼には札幌到着。2日間の休日でも、頑張ればカムエクだけではなく、1903峰まで日帰りできるのでした。

 

ただし、積乱雲が発達して雷が発生したり、ヒグマ出没によって進路妨害されたりした場合などを考えると、もう少し充実した装備と、予備の計画を持つべきだと思います。

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

  

※この記事は2014年8月3日の山行をもとに作成しました。