新千歳発クアラルンプール旅行記第1日目|2018年4月|備忘録

 

以前は旅行記をつらつらと書いていたが、最近はほとんど書いていない。理由として、ほとんどが検索流入から訪れる読者に読んでもらえるようなブログとして成立させるには、主観的な内容ではなく客観的な内容、かつ読者が知りたい情報をまとめる必要があり、自分の旅行記など書いてもほとんど意味がないためだ。自己満足な話であれば、断片的にSNSで発信するか、フォートラベルのようなコミュニティサイトで書けばよい。

 

自分がブログを書きたい理由には、読者を満足させたいという願いとともに、自分の人生の軌跡を残しておきたい、というところも幾ばくかある。SNSやブログサービスは、いつ終了して飛ばされるかわからないので、自分でコストを負担している独自ドメインでも記録を残すべきだと考えるようになった。PCに画像だけ残しておくのも良いが、エピソードは薄れていくため、やはり文章は必要だと思う。そこで、こうして海外旅行記は残しておこうと思う。

 

で、もっとも近い旅行記から書いていくことにし、約1か月前のクアラルンプールの様子をやっとアップできた(汗)

 

最初にお断りしますが、読者を意識して書いていませんので、あしからずご了承ください。

 

新千歳空港国際線ターミナルへはバスが便利

新千歳国際線ターミナル

 

新千歳空港からダイレクトで海外へ行く場合、これまでJR白石駅から電車を使って行っていたが、4月に引っ越してからは大谷地からバスでアクセスするようになった。バスは国内線ターミナルでほぼ全員が下車したのち、国際線ターミナルまで行ってくれる。これは便利。エスカレーターを上がると、到着階にあるローソン付近に出てくるので、もう1つ階層を上がれば搭乗手続きが出来る。

 

さらに、今までは国内線ターミナルのスーパーラウンジまで戻り時間を潰していたが、国際線ターミナルのエアサイドには規模は小さいがロイヤルラウンジがあり、いつもの楽天プレミアムカードが利用できるので、国内線ターミナルへ行く必要は全くなくなった。したがって、エアアジアでクアラルンプールやドンムアン、エアプサンで釜山、チェジュ航空やTway航空でソウル、春秋航空で上海へ行く場合はこのパターンが便利。

 

新千歳もLCCが多くて便利になった。

 

新千歳エアアジア

 

クアラルンプール行きは何回目だろうか?いつもの66番搭乗ゲート。混雑するが、捌きはスムーズ。

 

最近、どこの航空会社もスマホのQRコードで搭乗できるようになったが、エラーが出ることが多いため、チェックインカウンターが開く前に出国手続きを済ませてエアサイドに入りたい場合などを除いては、チケットは発券してもらうべきだと思う。

 

さて、長いフライトが始まる。いつものことながら、Amazonのタブレット端末Fire7でミッションインポッシブル3作品分を観始めるが、結局1作品だけ見終わって終了する。自分は長い時間集中して何かをやり続けることが苦手だし、周囲の環境が変わると集中できないことが多い。せいぜいブログを書くことは出来るが、PCを持ち込んでいないし、ネット環境にもつながっていない。ブロガーの一部には海外を旅しながらブログを更新し続けるノマドブロガーがいるが、自分にはちょっと無理そうだ。取材を終えてから、自宅でコツコツ作業をする方が圧倒的に捗るだろう。

 

KLIA2は何でも揃っていて楽しい空港

KLIA2

 

マレーシア到着1時間前のアナウンスが流れると、やっとフライトが終わる!というお疲れ様モードとともに、やって来たぜ!マレーシア、というワクワク感が楽しめる。

 

マレーシアは出入国カードや税関関連の書類が無いので、渋滞さえしなければ入国審査は楽チン。サンダル履きでどう見ても20代の日本人女性が列に並んでおり、旅慣れた匂いがプンプンする。今の自分は2か月に1回程度の海外渡航で、日数も3日~4日程度だが、もう少し頻度と日数を取りたいと思っている。

 

自分はいつも預ける荷物が無いので、バッケージクレームは素通りして外へ。

 

KLIA2

 

エアアジアCTS→KUL線の機内食は、アドオンで500円で食べられてミネラルウォーターも付くが、離陸直前に空いている席へ座席移動をすることが多いので自分は頼まない。3列シートの真ん中だと、狭くて食べられたものではないし。水は自販機であらかじめ2本も購入すれば十分だ。普段、クレジットカードと電子マネー、紙幣を数枚しか持ち歩かないので、自販機で水を購入するとお釣りに硬貨が出てきて重量がかさむので困る。だから、新千歳のエアサイドで水を買う分の300円程度は持つようにしている。

 

機内では、今回も中華系のマダムからシートの交換を頼まれたので、快く了解した。BのCenter seatだったが、GのAisle seatになってラッキー。隣はマレー人のようだ。

 

ということで、17時に到着するとお腹ペコペコ。時差もあるので日本時間の18時まで食べていない計算になる。マレーシアは日本より西に位置するので、風が強ければ到着が遅れることもしばしば。もちろん今回も。

 

KLIA2にはフードコートの「Quizinn」があるので、最近は到着後と出国前に必ず立ち寄るようにしている。だいたい市価と一緒なので500円もあればお腹いっぱい食べることが出来る。バッゲージクレームを出たら、すぐ右のエスカレーターで1階層上へ。

 

KLIA2

 

フードコートは開放的。いろんな国の料理が楽しめるので、全部見ていたらかなり迷ってしまう。パッと決めてサッと食べるが基本。到着早々、空港でダラダラしている必要は全くない。

 

KLIA2

 

あー、あれも食べたいこれも食べたい。基本すべてに画像や番号が振られているので、指さし注文でOK。決済も現金でOK。

 

KLIA2

 

偏食がちなので、単純なメニューを好む自分。お腹を下さなさそう、というところも選択のポイント。加熱がしっかりされているものでなければならない。では、現地人のお腹が強いのか、と言えばそうではないと思う。一般生菌数が7乗や8条のオーダーになればダメだろうし、食中毒菌に汚染されていればやっぱりアウトだと思う。職業柄、食品の一括表示はみるようにするが、実のところ、HACCP認証が取られた製品は日本より海外の方が目にする。無論、FSSC22000なら間違いないが、各国政府で定めたHACCP認証でも安心だと思う。

 

ちなみに海外での食当たりは2回。バンコクの空港で購入した「北海道ロールケーキ」(生クリーム)と深センのデパ地下で購入した「カットマンゴー」。どちらも食品工場で作られたようなものではなかった。

 

KLIA2

 

KLIA2は本当に楽しい。何でも揃う。日本の空港のようにテーマはないが楽しめる。今回は帰国便が遅く、マラソン後で疲れて歩きたくないと思うので、早めに空港に到着してダラダラ過ごそうと思う。

 

KLIA2

 

KLIAエクスプレスは運賃が高い。新千歳~札幌間の快速エアポートで座席指定するのと同じくらい。次回乗車としたら、相当急ぐときか自分が大金持ちになった時、またはレディと来るときくらいだろう。

 

KLIAトランジットは、ピンクモスクを訪れるときに利用すると思う。これは遠くない未来の話。1年以内だと思う。

 

KLIA2

 

何でも揃うスーパーマーケット。価格もリーズナブルなので、職場へのばら撒きみやげはいつもここで購入する。今回購入したチョコレートは70粒くらい入っていたが、9リンギットでお釣りがきた。セントラルマーケットより格安。

 

ちなみにスーパーの中でステーキを食べることも出来るみたいだ。

 

KLIA2

 

出口付近にあるファミマの側からLevel1へ1階層下りてバス乗り場へ。

 

KLIA2

 

おっ、今日は空いているじゃない。

 

やる気のないおネエちゃんに「K・L・セントラ~ル、プリーズ♪」と笑顔で告げておもむろに12リンギットを手渡す。隣のブースのおオネちゃんと談笑しながら、目も合わさずにレシートを渡される。こういう雰囲気は嫌いじゃない。日本なら腹を立てるかもしれないけど。

 

KLIA2

 

バスは自由席。トランクケースに預けるスーツケースが無いのでササっと乗車。満席になるまで出発しない傾向があり、時間も1時間くらいかかるので窓側を取った方がいい。

 

KLセントラル、NUセントラル、ブキッビンタン、アロー通り、KLCC

KLセントラル

 

バスに揺られて約1時間半。今日は渋滞したから結構かかった。マラソンの受付に行こうと思っていたが、20時までなので明日に延期だ。

 

1階層上がればKLセントラル駅。懐かしいと感じるようになってきた。本当にこの街が大好きだ。

 

NUセントラル

 

まずは駅直結のNUセントラルへ。ちなみにここにも空港と同じフードコートがあるが、空き物件も多い。

 

最初にここを訪れるのは両替が目的。

 

NUセントラル

 

2軒ある両替所のうち、ここはいつも混んでいる。各国の旅行者に知れ渡っているということか。

 

NUセントラル

 

自分はいつもここかな。こっちの方が空いている。レートは見るだけ無駄。いつ来ても問題なくお得。どうせ1万円くらいしか両替しないし。マレーシアで1万円もあれば、自分の場合、1日3回外食しても1週間は暮らせる。

 

となりにATMが数台あって、そこも行列が絶えない。

 

NUセントラル

 

ついでに交通系ICカードのチャージも。でも相性が悪いのか操作が間違っているのかわからないが、チャージできなかった。結局、MRTのチャージマシンでチャージができた。

 

別の記事でも書いたが、外食したりコンビニやスーパーで買い物をしたりする度にマレーシアリンギットの硬貨がどんどん増えていくので、交通機関を利用するに吐き出していったほうが良いと思う。券売機が混雑しているときだけ、ICカードを利用する。

 

ブキッビンタン

 

NUセントラルから戻ってMRTに乗るには時間がかかるので、モノレールでブキッビンタンへ。珍しく車内は空いていた。

 

やっぱり空港で半ズボンに履き替えるべきだった。暑い…

 

ただ、服装がしっかりしていると、それなりに扱われることが多いので、ユニクロの「感動パンツ」にボタンダウンの速乾性シャツかポロシャツがおススメ。空港ラウンジやホテルでも通用する。

 

アロー通り

 

いつものアロー通りへ。この雰囲気が好き。基本的にひとり行動が好きだが、こういうところでお酒を飲むときは誰かと一緒の方がいいかも。居酒屋に一人で飲みに来ている感覚に近い。

 

アロー通り

 

猫山王はいつも食べ損ねているが、今回もそうだ。まあ、クアラルンプールへは年に2回くらいのペースで遊びに来ているので、またそのうち。宿題を持って帰ると再訪する理由になるしさ。

 

アロー通り

 

ビールとつまみ。提供までずいぶんと待たされた。おそらく、そういう位置づけのメニューなのだろう。自分も飲食店勤務が長かったら、内情はよく分かっているつもりだ。こういうメニューを注文した自分が悪い。申し訳ない。

 

アロー通り

 

ドライフルーツの量り売りがされていた。試食が出来るので片っ端から食べてみたが、これが結構うまい。次回、大量に買い付けてみようと思う。

 

アロー通り

 

お客として店のディスプレイを見るより、こっち側からお客さんを見る方が自分にはしっくりくるなぁ。

 

パビリオン

 

「もう1本ビール飲まない?」と売り子さんに訊かれたが、ホーチミンでケータイを盗まれた一件もあるのでセーブ。

 

ほろ酔いでパビリオンへ。22時を過ぎているのにこの人出。日本にもこういう活気が必要だと思う。少子高齢化社会では早寝早起きにシフトするのが必然なのだろうか?それとも暑いから夜行性なだけ?

 

パビリオン

 

今までパビリオンの内部構造がイマイチわかっていなかったが、今日初めて理解できた。ここの吹き抜けを突き抜けるとKLCCへ行けるんだ。えっ?そんなことも知らなかったのって?

 

KLCC

 

近くに寄って写真を撮ろうとしていたら、「今日はもう終わりだ」的な感じで警備員に制止された。さらに物乞いに「お金を恵んでくれ、子供たちが腹を空かせて待っている」と来た。「英語が理解できない」と突っぱねたが、しつこいので0.5リンギット硬貨を渡すと「たったこれだけか、紙幣はないのか」とちょっとふて腐れて去って行った。こういうところが旅のスパイスで印象に残る。

 

KLCC

 

KLCCからLRTでKLセントラルへ戻る。今回の宿はKLセントラルだ。

 

メトロホテル

 

1泊2,500円だが、ホテルには入り口に警備員がいて、キングサイズベッドでシャワーもしっかりお湯が出る。クアラルンプールはホテルが安い。現地で家を借りるくらいなら、ホテル暮らしのほうがいいかも。深夜にエアコンがストップして大汗かいて目が覚めたけど…

 

続きはコチラ

 

関連記事

クアラルンプルマラソン

マレーシアで開催されるクアラルンプールマラソンは2018年に10回目の開催となりました。その様子をお届け!

クアラルンプール

日本になじみ深いわりには、観光客が少ないクアラルンプール。もっと多くの人にその魅力を伝えたい!