LCCの航空券は払い戻しできるの?SCOOTでChangeYourFlightを利用してみよう

 

こんにちは!やまたび北海道のコモ子です。

 

今日はSCOOTのフライトを、やむを得ずキャンセルしたときのお話です。

 

 

LCCは、一度予約をして航空券を購入してしまうと、基本的に予定の変更ができません。

 

しかも、天候や機材繰りによる欠航や遅延が多い、というイメージもありませんか。

 

やっぱり格安な分、相応のリスクを覚悟しなくてはならないんですよね。

 

 

しかし、私は国内線、国際線を問わず、これまで100回以上LCCを利用していますが、航空会社都合による欠航は一度もありませんでしたし、遅延も最大で4時間程度で済んでいます。

 

2018年3月追記

※この記事を書いた後、欠航で泣きました。悔しくて書いた記事のリンクを、最後に貼ってあります。みなさんも万が一に備えて、ぜひ一読してみてください。

 

でも、自己都合でキャンセルせざるを得ない状況って、きっとありますよね。

 

 

例えば、風邪。

 

しかも、一緒に旅行に行く予定だったお友達が、風邪をひいて行けなくなった場合、やるせない気持ちになりません?自分一人で行きますか?

 

「あんたのせいで、旅行に行けなくなったんだから、私のチケットの分もお金払ってよね!」

 

なんて言えるわけがないですよ、ふつう。

 

まあ、そんな状況も含めて、事前にキャンセルする場合の救済処置について、SCOOTさんの事例でお話していきます。

 

 

私の場合、SCOOTさんのセールで購入した台北行きなのですが、どうしても仕事の都合がつかずに、キャンセルすることになりました。強行して行けば良かったと後悔してますが、、、

 

もともと片道7,000円程度で購入したチケットなので(往路しか購入していなかったのが不幸中の幸い、、、)、まあ、諦めろと言われれば、仕方ありませんが、念のためSCOOTさんのウェブサイトで、キャンセルができるか調べてみました。

 

すると、、、

 

Change Your Flightを利用してみよう!

スクート

 

Change Your Flightというサービスがあります。※2017年4月現在

 

購入した金額を最高額として、最低1,000円から買い取ってくれる仕組みです。

 

支払いはバウチャーになります。残念ながら現金は戻りません。

 

 

いくらで買い取って欲しいか、こちらから提案する面白い仕組みで、ついつい欲を出して、高値を付けてしまいがち。

 

でも、高値を提示すればするほど、買取りが成立する確率が低くなります。反対に、金額を低めに設定すればするほど、買取りが成立するまでの日数も短く、確率が高くなります。

 

その見極めが必要です。

 

 

どのような理由で、買取りが成立するか否かが決まるのかはわかりませんが、プロセスは気にしないでも大丈夫。本来、ゴミになるものが売れるのですから、ありがたいものですよね。

 

change your flight

 

デフォルトでは1,000円~3,000円の設定がされていましたが、自分で入力することもできるので、ダメもとで最高額の7,000円と入力して、リクエストを送ってみました。

 

結果は8日くらいかかるようす。確率も5つ星中の、星1つ半ということで、30%ということでしょうか。

 

首を長くしながら、結果を待ちます。

 

 

そして数日後、、、

 

changeyourflight

 

当然のことながら、1回目のリクエストは却下されました、、、(汗)

 

ただし、出発3時間前までに、新しくリクエストができるということなので、再度申請してみましょう。

 

次回は可能性の高いオプションをお選びください。」ですって。

 

changeyourflight

 

そして2回目の申請は、手堅く2,000円のリクエストを出しました。

 

どうやら、2日以内に結果が出るようです。

 

今回は1週間も待たずに済みますね。

 

changeyourflight

 

ピンポーン!リクエストした2,000円相当のバウチャーが発行されました。

 

7,000円の株式投資を、2,000円で損切りしたなんて言ったら、普通はかなりへこみます。

 

でも、最初から紙切れになってゼロだと思っていると、嬉しくなるのですから、感覚って怖いですよね。

 

 

さて、このバウチャー、有効期限は約6か月間です。

 

 

しかも、このバウチャーの利用には注意点がいくつかあり、その中でも特に、重要なのがこれです。

 

【プロモーション適用の航空券を除く】という但し書き。

 

 

私がLCCを利用するときは、セール運賃で購入することがほとんどです。さらに国際線においては、ほぼ100%の確率で、セール運賃のチケットを購入しています。

 

要するに、手元に2,000円あるけれど、使い道が限定されている、ということなのです。

 

これ、楽天の期間限定ポイントみたいですよね、、、

 

 

結果としてこの2,000円のバウチャー、使うことなく失効してしまいました。

 

それでも、こういった救済策が用意されているだけでも、ありがたいもの。覚えておいて損はないと思います。

 

 

このサービス、航空会社数社が参加しているようですよ。

 

詳しくはホームページ http://www.changeyourflight.com/ にて。

 

▼関連記事もどうぞご覧ください。

LCC欠航

悪天候でLCCが欠航になった場合、乗り継ぐ予定の航空券や宿泊の予約はいったいどうなるの?知っておきたいリスクとその対処法について。