【雌阿寒岳|日本百名山】積雪期ならではの冬景色をお手軽に楽しもう

 

道東の雌阿寒岳(めあかんだけ)は、日本百名山に選定されている人気の山で、夏は、道外からの多くの登山者で賑わいます。

 

登山を始めたばかりの初心者にも短時間で登りやすく、それでいて普段見られないような景色が広がっており、麓の温泉もすばらしいので、お手軽に楽むことができます。

 

北海道の登山者は、冬季でも雌阿寒岳に登ることが多く、「雪山登山」(山と渓谷社)の中でも雪山ルートガイドで紹介されています。

 

無雪期も積雪期も基本的にはルートは一緒なので、迷うことはないでしょう。ただし、5合目以降は森林限界を超え、山頂の標高は意外と高いので、風が強い厳冬期は注意が必要です。

 

夏の登山口から、夏道に沿って林内を進もう!

雌阿寒岳

 

登山口は夏道と同じく雌阿寒温泉の手前です。

 

道道949号線(オンネトー線)は、雌阿寒温泉よりオンネトーまでの区間が冬季通行止めになりますが、登山口までは通年入ることができます。したがって、積雪期にオンネトーコースから登る人や、阿寒富士に登る人はほとんどいないでしょう。

 

なお、道道949号線の冬季通行止めは、例年、12月初旬から翌4月中旬までとなっています。

 

雌阿寒温泉付近には公共駐車場があり、準備をしたらやや戻って登山口へ至ります。

 

林内には多数のマーキングがあり、トレースも多いので、それに沿って歩いていけば迷うことはないでしょう。

 

 

林内を抜けると、雌阿寒岳の山頂付近が飛び込んでくる

雌阿寒岳冬道雌阿寒コース

 

山頂に向かって南東に300mくらい標高を稼ぐと、一気に視界が開けてきます。

 

夏道もこの付近から東に進路を変え、標高点・999まで緩斜面をトラバースするように進んでいきます。この付近で風が強い場合、上部は相当な強風が吹いていることが考えられるので、中止するかどうかの判断材料になるでしょう。

 

 

振り返ると東大雪の山々の眺めが素晴らしい

雌阿寒岳冬道雌阿寒コース

 

雌阿寒岳の姿は、大雪山系や日高山脈の主要な山々から捉えることができます。

 

そのため、この付近から振り返ると、東大雪方面の山々を一望することができるのです。 

 

森林限界を超えてからは、滑落に注意して山頂まで登ろう

雌阿寒岳冬道雌阿寒コース

 

夏道は標高点・999から尾根地形を登っていくのですが、上の画像をご覧の通り、下山時に西側の沢地形を滑走する人もいます。

 

 

雌阿寒岳冬道雌阿寒コース

 

かなり上部までツボ足で登ることができます。

 

スノーシューで登ることも出来ますが、ややクラスト気味で、上部はカチカチですので、アイゼンは必須です。

 

 

雌阿寒岳冬道雌阿寒コース

 

4月は、天候によって厳冬期のようなこともありますし、日中は気温が上がって雪が腐れ気味のこともあります。

 

晴れた日の早朝は、ご覧の通り風紋が美しく、朝陽を浴びて輝く風景を楽しめます。 

 

迫力ある火口と阿寒富士を間近に、彼方に知床までをも見渡せる

雌阿寒岳冬道雌阿寒コース

 

山頂付近の火口壁の上部からの眺め。

 

赤沼までは落差200mもあり、とても高度感があります。噴煙と音がダイナミックで、自然の力強さがダイナミックに伝わってくるところです。

 

岩が露出しており、足元が凍っていますので、近づくと危険なので注意したいところ。

 

 

阿寒富士雌阿寒岳冬山頂

 

山頂からは阿寒富士が間近に見られます。おそらく1時間程度で訪れることができるでしょうが、この時期に登ったという話はあまり聞きません。

 

無雪期であれば、阿寒富士にも立ち寄って、オンネトーコースから下山するのもいいでしょう。

 

 

雌阿寒岳冬積雪期山頂眺め

 

真っ白なフレベツ岳への斜面と凍結した阿寒湖、その畔にひときわ高い雄阿寒岳の眺め。

 

阿寒湖の延長線上には、山頂付近が真っ白な藻琴山と、遥か彼方に知床の山々を見ることができます。

 

雌阿寒岳は、展望の山としても最高のパフォーマンスを見せてくれます。

 

 

下山後はぜひ雌阿寒温泉を楽しみましょう。

 

野中温泉は秘湯感が抜群!硫黄を含んだ独特のお湯が、冷え切った体を温め疲れを癒してくれます。

 

この記事は2014年4月8日の山行をもとに作成しました。