【ニペソツ山】杉沢コース登山口へ通じる16の沢林道の被災状況について

 

東大雪のニペソツ山は、北海道の登山対象の山として屈指の人気を誇ります。日本百名山ではなく二百名山に選定されている山ですが、リピーターも多くシーズン中はずっと混み合う山でもあります。何より、地元北海道の登山者に絶大な人気を誇ります。

 

ところが、2016年夏の台風や大雨の影響で、この地域の林道は壊滅的な被害を受け、復旧の見通しが立っていないのが実情です。

 

この記事では、2017年6月19日現在での状況を取材し、

  1. 音更川本流林道と16の沢林道の被害状況がどのくらいなのか
  2. 被災した林道を国道のゲートから歩いて、登山口まで到達できるのか
  3. 登山道の状況はどうなのか

これらについて、お伝えしたいと思います。併せて、前天狗から眺める大雪山系の山並みについてもご紹介します。

 

※2017年8月1日付で北海道森林管理局より発表された「東大雪地域の登山口に通じる林道の状況について」によると、16の沢林道「大規模災害により当面復旧の見通しなし」という表現に変わりました。「~のため通行止め」という表現よりも重い内容だと捉えることができそうです。

 

※2017年秋になって、幌加温泉からのルートが再整備されて通行できるとの情報もあります。詳細が分かり次第、追記したいと思います。

 

ゲートを越えるとすぐに林道が消失する現状

ニペソツ山

 

2017年の夏山シーズンを前に、林道と登山道の状況を確認しに行きます。

 

国道273号線を北上する方向に、分かり易い看板があります。

 

ニペソツ山

 

ゲートはもちろん閉ざされています。石狩岳方面へもこの入り口から入林します。

 

ニペソツ山

 

ニペソツ山に登りたいと考えている人にとって、林道がいつ頃になったら復旧するのだろうか、という点が一番の関心事。

 

ですが、ゲートを入って1分も歩かないうちに、すぐにこの有りさま。

 

川のように見えますが、林道の土砂がこれほど流出したということです。

 

ニペソツ山

 

流出した箇所は水が溜っているので、林内を歩いたほうが賢明です。

 

ニペソツ山

 

こうして画像を見てもらえば、おわかりいただけるかと思いますが、被害はかなり甚大です。

 

被災箇所を大雑把に言えば、

  1. ゲートを越えてすぐの箇所から石狩岳への分岐点までの区間
  2. 林道が川を離れて登りに差し掛かるまでの区間
  3. 登山口まで最後の約1kmの区間

これらの箇所に被害が集中しています。つまり、川に近づけば道が消失するということです。これは、装軌車両でも通行できないほどですので、オフロードバイクやMTBでも難しいでしょう。

 

ニペソツ山

 

西クマネシリとピリベツ岳がきれいに見えているだけに、この状況は辛いですね。

 

ニペソツ山

 

土砂崩れによって、倒木が堆積している箇所。林道の途中で、突然こういう箇所が現れるので、心臓が止まりそうになります。

 

ニペソツ山

 

素人の視点では復旧不可能と思えますが、測量していた土木関連の業者さんによると、いずれは復旧するとおっしゃっていました。この地域の林道復旧には、これから優先順位を決め、莫大な復旧予算を計上し、設計のやり直しも必要とのこと。いずれにせよ、年内どころか、数年間の復旧は難しいというのが私の主観的な見解です。

 

ニペソツ山

 

被災した林道で転んでケガをした、なんて言ったら徒歩での入林も禁止されかねませんので、慌てず慎重に行きましょう。

 

ニペソツ山

 

川が近づいてくると、ますます荒れ方が酷くなってきます。

 

ニペソツ山

 

河原を歩いてしばらくすると、ニペソツ山登山口へ通ずる「16の沢林道」のゲートと、石狩岳シュナイダーコース方面の登山口へ通ずる「音更川本流林道」の分岐点に到着です。

 

ゲートも開いており、林道交通安全ののぼりも立てられたままです。

 

16の沢林道に入ってから、さらに荒れ方が酷くなる

十六の沢林道

 

16の沢林道に入ってから、林道が完全に消失してしまう箇所があります。

 

渡渉して川の対岸に渡ると、戻れなくなることも考えられるので、ここは林内を藪漕ぎします。

 

16の沢林道

 

藪と言うほどのものではありませんし、鹿道が発達しているので、川から離れず方角を間違わなければ問題ありません。

 

16の沢林道

 

川を離れてつづら折りに林道を登っていきますが、今度はヒグマが怖いので注意したいところ。

 

 

16の沢林道

 

再び川に下りてくると、杉の沢橋が崩壊しています。これには度肝を抜かれます。

 

16の沢林道

 

倒木の上を通過したり、下を潜ったりしながら渡渉し、崖を登ります。

 

16の沢林道

 

対岸から見た状況。自然の力、言い換えれば気象の力は凄まじいものがあります。

 

16の沢林道

 

極めつけはこれ。でも、まもなく16の林道も終わりに差し掛かり、登山口まで僅かな距離です。

 

16の沢林道

 

登山口の駐車場には、もちろん車はありませんでした。万が一取り残されたら最悪です。天気が悪い日は登山口で車中泊をしてはいけない、ということです。

 

国道からここまで2時間30分を要しています。下山後は国道まで2時間、合計すると往復で4時間半の林道歩きとなります。

 

危険箇所では2次災害が起きる可能性が十分ありますし、林道でのヒグマとの遭遇も無視できません。それらを踏まえて考えるならば、

  1. しばらく雨が降っていないこと
  2. 日中の時間帯

という条件であれば、ある程度リスクを抑えて登山口までアプローチできるでしょう。それでも、日高山脈の河原歩きなどの経験がない方には推奨できません。

 

もし計画している人がいれば、自分の能力も加味して、無理のない計画を立ててもらいたいと思います。登山は自己責任です。

 

 

ちなみに渡渉点は、杉沢橋が崩落した1箇所のみです。他は対岸に渡る箇所はありません。道がわからなくなって迷っても、対岸に渡ってはいけませんよ。

 

杉沢コース登山道に被害はない

ニペソツ山杉沢コース

 

さてここからは、登山道の状況をお伝えします。登山口には登山者名簿がありますが、2016年の被災以降、記入はほとんどありません。ただ、少ないながらも入林している人は確かにいます。

 

ニペソツ山

  

登山口を出発してすぐに渡渉点があります。以前は十六ノ沢にかかる丸太橋があったはずですが、流されたようです。杉沢との出合の急尾根が登山道の始まりなので、飛び石で十六ノ沢を渡ります。

  

ニペソツ山

 

こちらは2014年10月の様子。手前の広場も流出したようですね。

 

ニペソツ山

 

登山道の序盤に倒木が2本くらいありますが、その他の被害はほとんどないようです。

 

急登から始まる登山道ですが、林道歩きですでにウォーミングアップが完了しているので、それほど辛く感じないかもしれませんね。

 

ニペソツ山杉沢コース

 

高度を上げると、ウペペサンケ山が視界に入ってきます。

 

クマネシリ

 

クマネシリ山塊が見えますが、クマネシリ岳は西クマネシリ岳の裏手になって見えません。ただ、水平に長い尾根は見ることができます。

 

手前の標高点・1181の北側にある緩斜面を下りたところが、先ほどの林道にあった杉沢橋の付近。

 

ニペソツ山

 

小天狗の岩場は慎重に通過しましょう。このコースでもっとも手を焼く場面。大きなリュックを背負ったままだと、背中が岩に当たって身体が弾かれるかもしれないので、先に放り投げた方が安全です。

 

天狗のコルはびっしり残雪が残る

天狗のコル

 

キャンプ指定地となっている天狗のコル周辺は、6月中旬ではまだ雪が残っています。整地をしないとテントは張れないでしょう。 

 

 

ニペソツ山

 

コル周辺の登山道は、お昼時間帯には雪解けが進み、川のようになります。朝はまだ寒いので、登山靴を濡らすことなく歩けるでしょう。

 

 

コルからは登り基調に前天狗のトラバースが続きます。

 

石狩連峰

 

前天狗のトラバースでは石狩連峰の山並みを見渡すことができます。

 

前天狗

 

ガレのトラバースをしながら徐々に上げる高度。ガスがかかると注意が必要ですね。

 

ニペソツ山

 

厳しい環境で自生するキバナシャクナゲ。多くの株が自生しています。

 

ニペソツ山

 

岩場のなかにお花畑が点在し、楽しくなりますよ。

 

ニペソツ山

 

前天狗の手前、標高もいつの間にか1,800mを超えています。

 

前天狗からニペソツ山と感動のご対面

ニペソツ山

 

ついに、ニペソツ山とのご対面。この感動が忘れられない人があまりにも多い。

 

ニペソツ山

 

登山口から天狗岳まで約3時間ほど。ニペソツ山と対面するこの場所まで、国道から6時間ほどを要するのが現状です。

 

ここから山頂までの道のりは険しい吊り尾根になりますが、いっぽうでお花畑も多いので楽しい行程になることでしょう。

 

ニペソツ山

 

時折りナキウサギのチッチッという鳴き声が聞こえます。大雪山らしいですね。

 

ツクモグサ

 

開花間近のツクモグサがこの付近から見られます。

 

吊り尾根は東側に崩落は進んでいるような箇所があり、ところどころに亀裂が走っています。またヒグマの痕跡もありました。

 

天狗岳

 

振り返って天狗岳。もし南側からニペソツ山に登ったら、天狗岳をアタックしたいと思うくらいの素晴らしい眺め。

 

ニペソツ山

 

山頂へは南側を回りこむようにして登ります。ピークは東大雪で唯一、2,000mを超えています。

 

夕暮れの雲海と天体ショー、大雪山系の夜明け

ニペソツ山

 

今度は前天狗まで戻って、夕暮れ時のニペソツ山と石狩連峰を静かに楽しみましょう。これぞ至福のひと時。

 

深夜は満天の星空を楽しめますが、6月はまだまだ氷点下近くまで冷え込むので、防寒はしっかりと。

 

石狩連峰

 

 

そして夜明け。

 

石狩連峰の背後に北大雪の山並み。

 

トムラウシ山

 

雲海に浮かぶトムラウシ山。こちらから見ると、南側の稜線のほうが高いので、前トムラウシ山は判然としません。

 

前天狗

 

6月中旬は3時半頃には夜明けが始まります。風もなく暖かい朝の場合、雲海と遥か彼方の斜里岳まで見渡せます。

 

海別岳

 

前天狗から、斜里岳まで約140km、海別岳まで約155kmもの直線距離があります。

 

十勝連峰

 

こちらは十勝連峰の山並み。奥には芦別岳も。

 

夕張岳

 

夕張岳もかすかに見えます。

 

ウペペサンケ山

 

ウペペサンケ山と、奥には然別湖の北側にあるペトウトル山とその周辺。

 

大雪山

 

前天狗を後にし、帰路の途中から見る大雪山系の主要な山々。

 

三国山

 

石北峠や三国峠周辺の山々。

 

ニペソツ山

 

早朝の山並みを楽しんだなら、早々に引き上げましょう。帰りも長丁場。再び、あの林道歩きが待っています。

 

雨が降ると林道歩きが最も危険を伴うので、天候が下り坂のときや急変が予想される時には、計画を中止するほうが安全です。また当ブログ記事では、登山者の目線で状況をお伝えすることを目的とし、被災した林道歩きを推奨しているわけではないことを付け加えます。

 

この記事は2017年6月19日の山行をもとに作成しました。

関連記事

石狩岳シュナイダーコース

平成26年の台風で大きな被害を受けている東大雪地域。シュナイダーコースへの林道と岩間温泉の状況を突撃レポ

ニペソツ山冬

無雪期のニペソツも素晴らしいけれど、白い二ぺソツはもっと素晴らしい!会えてよかった2014年10月の東大雪。