新千歳発ソウル直行一人旅|2泊3日で山歩き、グルメ、街歩きの欲張りツアー|2016年11月

 

こんにちは!やまたび北海道のコモ子です。

 

このブログでは北海道の登山がメインテーマになっていますが、海外旅行の記事も多く書いています。

 

今日は韓国ソウルの一人旅、しかも初めての訪韓です。

 

 

初めての経験でいろいろ心配もありましたが、結局はまったく問題ありませんでした。

 

今回がそのときの旅行記をライトな感じで書いて行きます。

 

 

新千歳空港発着ソウル往復で15,610円

チェジュ航空

 

札幌発着の国際線LCCは便数が少なく、今回のチェジュ航空もそのうちの1社です。

 

今回はセールでチケットを購入。

 

片道6000円、空港諸税を入れても15,610円です。

 

 

成田や関西発着だと、さらにそこまでの国内線の運賃がかかります。

 

せっかく運賃が安いのに空港諸税だけで1万円近くかかっていたり、クレジット決済の都度、各航空会社に支払う手数料も少なくありません。

 

新千歳空港は、空港諸税が安いので直行便の場合かなりお値打ちだと言えます。

 

さらに、楽天プレミアムカード経由で申請していた、プライオリティパスが届きました。

 

これで、帰りの仁川空港のラウンジでタダ飯にありつけます。

 

 

札幌発が15時という時間帯はやや微妙なのですが、昼くらいまで自宅で過ごし、空港で昼食とビールでまったりするのもいいかも。

 

新千歳空港には多くの飲食店もありますが、フードコートや吉野家、てんや、モスバーガーと言ったファストフード系のお店もあります。

 

もっと節約してローソンでパンを購入し、プレミアムラウンジで無料のコーヒーを飲みながら昼食というパターンもあり。

 

 

新千歳空港の出国手続きは、キャパオーバーで時間がかかることが多いのでが難点。

 

それを見越して早めにチェックインして出国手続きを済ませますが、ランドサイドに比べると遥かに退屈。

 

エアサイドに航空会社のラウンジがありますが、プライオリティパスで使えるロイヤルラウンジは規模が小さく、退屈しのぎができるようなラウンジはないですね。

 

 

チェジュ航空のオレンジの機材にテンションが上がる

チェジュ航空

 

私のラッキーカラーはオレンジと黄色なので、チェジュ航空のオレンジカラーにテンションが上がります。

 

 

そうそう、搭乗手続きのカウンターでは「窓側の席と通路側の席とどちらがいいですか」と尋ねられ「どちらでもいいですよ」と答えると、通路側を手配してくれました。

 

いいお嬢さんです。

 

 

すでに白い頂の樽前山、恵庭岳など見慣れた山々を背後に、寒風が強く吹く屋外から機内へ。

 

いよいよ初めての韓国です。

 

 

 

ソウルの気温

ソウルの最高気温は5℃、最低は氷点下1℃。かなりナメてました。

65番搭乗ゲート

65番搭乗ゲートから。機材がA320だからでしょうか。


ソウルで地下鉄に乗るならTmoneyカードを購入しよう

Tmoney

 

約3時間で仁川空港に到着。

 

現地通貨の手配は、新千歳空港で5,000円分だけ準備。

 

札幌市内ではほとんど両替所を見ないのですが、ソウル市内ではどこにもあるので心配いりません。

 

 

まずは空港鉄道でソウル駅まで移動します。

 

ソウル駅でも1万円を両替しましたが、やはり新千歳空港とはかなりレートが違いました。

 

ちなみにソウル駅と明洞の両替ショップでは2%くらいの差があります

 

明洞の大使館前両替所だったりセブンイレブンだったり、お得な両替所はたくさんあります。

 

でも10,000円くらいの両替であれば、あまり悩まずに即決した方が時間のロスが少なくて済みます。

 

***

 

ソウル駅周辺も地上部が大きな道路が交差しており、歩行者は地下を行き来しています。

 

11月下旬、外へ出るととにかく寒い。

 

街ゆく人たちの服装は地味な色で、日本の人たちと何ら変わらない様子。

 

私は通勤時のランニングスタイル。なぜ!?ちょっと違和感、、、

 

走るときにはちょうどいいのですが、歩いて移動するには寒すぎる(泣)

 

 

さて地下鉄を利用するにあたり、コンビニで交通系ICカードのTマネーを購入します。

 

店員さんに尋ねたら、レジ下の引き出しから出してくれました。

 

シティパスというタイプで3000ウォン。

 

 

Tマネーはコンビニでチャージできるみたいですが、券売機のタッチパネルからでも日本語対応画面でチャージできます

 

ただし5万ウォン以上の紙幣は、4万ウォン以上のチャージでないと使えないようです。

 

 

駅の改札を通ったら、メトロ4号線に乗って明洞へ向かいます。

 

2駅なので歩いても行けそうですが、方向がよくわからないので無難に地下鉄で。

 

料金も安いですからね。 

 

ソウル駅にて

初訪韓と言うことでソウル駅前でセルフィ。何と言っても寒い!

ソウル駅

4号線が入線するときのファンファーレの様なメロディが大好き♪


クリスマスムードの明洞、屋台やアンテナショップが楽しい!

ソウル明洞

 

ソウルを訪れる人なら誰もが必ず行くのが明洞。

 

日本人や中国人相手の商売が盛んですが、地元の人たちもたくさんいます。

 

地下鉄出口のすぐそばにはユニクロがあって、その前が歩行者向けメインストリートの一本になっていますね。

 

まずは一帯を歩いてみましょう。

 

とにかく人が多くて飲食店の大半が日本語併記、両替ショップ多数、アパレルやコスメ関連のお店も多いです。

 

さらに奥には屋台街もあって、左に抜けたところの大通りを渡るとロッテマートがあります。

 

地図

kampoo.comさんの地図から引用して加工(※表示されている店舗は最新ではありません)

 

地下鉄4号線の明洞駅からロッテ百貨店までは、およそこんな感じで歩きます。

 

メインストリートを中心に左右の道を何往復かしてみると、ほとんどを見て回ることができます。

 

 

明洞の屋台

明洞には屋台もたくさん出ています。寒いこの時期にはおススメ

LINE FRIENDS ライン 明洞 お店

ラインフレンズのアンテナショップ。テンション上がります♪


全州中央会館で石や木ビビンパを食べてみよう!

全州中央会館

 

明洞では石焼ビビンパで有名な全州中央会館があります。

 

看板を持った呼び込みのおじさんがいるので、案内してもらってもいいでしょう。

 

 

入店すると人数を訊かれ、私の場合は一人でしたので一番手前のテーブルに案内されました。

 

メニューを見て一番左上の石焼ビビンパを指さし注文。

 

もちろんビールも忘れません(^^♪

 

 

 

おばちゃんに注文したら、小鉢が4品とビールがすぐに運ばれてきました。

 

とても手際がいいです。

 

ビールをグラスに注いでキムチに手を付けると、すぐに石焼ビビンパも運ばれてきました。

 

 

私はファストフードの石焼ビビンパ業態で過去に働いたことがあるのですが、石の器を事前に加熱しておけば、油を引いてあとは盛り付けだけなのでカンタンなんですよ。

 

このお店、普通に美味しいです。

 

女性ひとりでも気軽に入れますので大丈夫♪

 

 

全州中央会館でビールとキムチ

キムチや海苔が小鉢で。これだけで十分なおつまみセットです(^^♪

全州中央会館

お店はちょっと奥まったところにありますが心配要りませんよ。


明洞へ戻ると雪が降ってきた

 

翌日は、朝早くから北漢山白雲臺の山歩きをします。こちらは別記事で紹介しています。

 

さて、北漢山白雲臺を下山して、明洞へ戻ります。メトロに乗る前に小雨が降っていましたが、明洞に着くと雪が舞っています。体が冷え切っており、朝からパン1個しか食べていないので、「明洞餃子」でカルクッスを食べようと思います。

 

ところが、明洞にある2店舗とも、外まで行列が出来ているので後回しにし、「開花」でジャージャー麺を食べるか、ロッテの地下フードコートにある「ホンデゲミ」でステーキ丼を食べるか迷った挙句、ステーキ丼に決めました。

 

ちなみに、上の画像でにある中国大使館前の両替所は、レートが最も良いうえに手数料無料で有名です。

 

ホンデゲミのステーキ丼

 

ホンデゲミさんのステーキ丼を頂きます。土曜のフードコートですので混んでいます。地元の人たちの食べているものや、食事をしている姿を見ることができるので、フードコートは好きな方です。

 

みそ汁(!)とキムチが付いて、日本円で880円なら安いと思います。ここのフードコートでは、食券を売るカウンターがあり、その店員さんにお店と商品を伝えると、バーコードでスキャンして代金を支払うシステムです。

 

コモ子は朝鮮語が離せませんので右手で「ファイブ、ワン」と伝えるだけ。「⑤番のお店の1番という商品」と伝えているつもりです(汗)。でもこれでOKでした。

 

小ぶりでご飯の量は少ないですが、美味しい。日本ではありそうでない料理かもしれません。

 

三角地にある戦争記念館に訪れてみた

 

 フードコートでお腹を満たした後は少し歩こうと思い、三角地にある戦争記念館へ行ってきました。ソウルを訪れる日本人観光客は圧倒的に女性が多いそうなので、ガイドブックには紹介されていないことが多いようです。日本は戦争アレルギーということもあり、敬遠されがちですが、ミリタリーに関することは万国共通で多くの人の興味対象であることが多く、ここの戦争記念館も各国からの観光客が訪れていました。学童の姿も多くて、国防に関する教育がしっかり行われているのだと感心しました。

 

 記念館の正面には国旗がたくさん並んでいますが、日本の国旗はありません。これは朝鮮戦争で友軍として中共と交戦した、もしくは後方支援をした国々の国旗と、各歩兵師団と準軍事組織の旗、それとPKO参加の部隊旗が掲げられているようです。

 

 ここは無料で観覧できますので、訪韓回数が多い方にお勧めします。

 

晩御飯は明洞餃子でカルクッス

カルクッス

 

 再び明洞へ戻ります。さきほど行列が出来ていた「明洞餃子」も、アイドルタイムなら空いているだろうと思いましたが、まだまだ混んでいるようです。1人ということもあり、ほとんど待たずに着席できました。メニュー表がないので「カルクッス」と告げると「お会計は先払いです」とのこと。知っていたので準備をしておくと、すぐにお金を取りに来てガムを置いていきました。

 

 気になるカルクッスの味ですが、コモ子は北海道民のためか濃い味に慣れており、薄味に感じてしまいました。でもダシのおいしさは十分に伝わってきます。今度は緑の麺のビビンクッスを食べてみたいです。

 

【追記】ビビンクッスは「2017ソウル国際マラソン」で訪韓した際に食べました。

   

ソウルはクリスマスモード全開

 

 明洞から南大門まで歩き、東大門まで地下鉄に乗り、夜の街をブラつきます。先ほど雪が舞ったので、クリスマス感がハンパないです。ソウルの街は基本的に東京と変わらない感じですね。

 

南大門の有名屋台でホットックを食べてみる

 

 南大門で行列が出来ていたので並んでみると、野菜ホットックという食べ物だそうで、中に春雨のようなチャプチェというのが入った揚げ物です。ガイドブックによると有名店だそうです。その場で握って次々に揚げていくんです。1個1,000ウォンとお得です。どんな食べ物でもそうですが、揚げたては美味しいです。チャプチェはあまり好きになれませんでしたが…

 

充実した1日。ホテルで爆睡zzz

 

 ソウルの駅前では集会が開かれ、国旗を掲げた大勢の人たちがみんなで歌っています。警官が多数出ていることから、パククネ大統領の一連の騒ぎではないかと思います。

 

 ホテルへ戻ったら、ビールを2本空けて爆睡。壁が薄くて隣の中国人がうるさかったのですが、日本のビジネスホテルのような感じのきれいなホテルでした。コモ子は旅先でも早寝早起き、生活リズムはほとんど変わりません。

 

 このホテルは朝食が付くのですが、食べずに早々にチェックアウトします。理由は明洞にあるビーンズビンズでワッフルを食べたいからです。

 

 

最高に美味しいフルーツワッフルを独り占め

 

 BEANSBINSさんは7時半開店なので、8時をめがけてホテルを出発します。お客さんはまだ1人だけでした。コーヒーのセットを注文し、しばらく経つと出来上がってブザーがなります。日本円にして約1,800円ですが、普通は2人で食べるサイズでしょうから、むしろ安いくらいです。とにかく美味しくて朝から幸せなコモ子です。

 

 よくウェブサイトに、コーヒーが薄いというコメントが書かれていますが、昨日のプッカサンで疲れていたためか、そのように感じませんでした。

 

 ケーキではないので、甘いものが苦手でも大丈夫だと思いますよ。

 

仁川国際空港でプルコギとビビンパ、そして生ビール

 

 明洞から再び空港まで約1時間30分かかります。仁川国際空港は意外と遠く、飛行機の時間が、かなりギリギリなのに気付いて慌てます。

 

 空港について案内表示を見ると、札幌行きが30分遅れ、ツイています。

 

 チェジュ航空のチェックインは、自動発券機できるので、預け荷物がなければカウンターに並ばずに済むのですが、出国手続きのセキュリティチェックが混んでいて時間がかかり、またもや慌てます。それでも11時過ぎには出国できたので、お目当ての「SKY HUB LOUNGE」へ向かいます。

 

 ここはプライオリティパスが使えますので、無料で食事ができます。余談ですが、プライオリティパスは世界中の多くの空港ラウンジを無料で使えるパスで、年間399ドル(日本円で5万円近い!)を支払うと取得できるのですが、楽天プレミアムカード(年会費1万円)を発行すると、プライオリティパスを無料で発行してもらえます。

 

 このラウンジでは、生ビールにビビンパ、プルコギが食べられます。味は特別美味しいわけではありませんが、セルフでビビンパを作れるのは面白いですね。

 

 職場にお土産も買わなければならないので、食事を手短に済ませて搭乗ゲートに向かいます。ところがここでもシャトルに乗って移動するので時間がかかり、搭乗ゲートに到着すると12時15分。すぐに近くの売店で20個入りのチョコレートを購入して、ギリギリ飛行機に乗り込みます。最終日までかなり充実したひとり旅となりました。