新千歳発ソウル直行一人旅|2泊3日で山歩き、グルメ、街歩きの欲張りツアー|2016年11月

 

 日本から一番近い国は韓国ですが、コモ子にとっては初めての訪韓となります。首都のソウルは東京とほとんど変わらないと聞いていたので、ただの観光で済ませるのはもったいないと思います。そこでコモ子は、ソウル最高峰のプッカサンを組み込んだグルメツアーをすることにしました。

 

スポンサーリンク

新千歳空港発で往復15,610円

 

 札幌発着の国際線LCCはとても貴重で、今回乗るチェジュ航空もそのうちの1社です。今回は片道6000円、空港税等を入れても15610円です。

 

 成田や関西発着だと、そこまでの国内線の運賃がかかりますし、発着回数が増えれば増えるほど諸経費が増えていきます。せっかく運賃が安いのに、税金だけで1万円近くかかっていたり、クレジット決済の都度、各航空会社に支払う手数料も少なくありません。新千歳空港は、空港税が安いので、直行便だとお値打ちだと言えます。

 

 直前に楽天プレミアムカード経由で申請していた、プライオリティパスが届きました。これで、仁川空港のラウンジでタダ飯にありつけます。

 

 札幌発が15時というのは微妙なのですが、昼くらいまで自宅で過ごし、空港で昼食とビールでまったりします。だいたいいつもフードコートで食べるのですが、「ユンニの食卓」さんで食べることが多いかなぁ。

 

 最近ではもっと節約して、JRに乗る前に焼き立てパンを購入し、プレミアムラウンジで無料のコーヒーを飲みながら昼食というパターンになってきました。

 

 

 新千歳空港の出国ゲートは、キャパオーバーで時間がかかることが多いので、2時間前にチェックインして出国しますが、ランドサイドに比べると遥かに退屈です。エアサイドに航空会社のラウンジがありますが、2016年11月現在では、プライオリティパスでの利用ができないのが残念です。

 

オレンジの機体にテンションが上がる

 

 コモ子のラッキーカラーはオレンジと黄色なので、済州航空のオレンジカラーにテンションが上がります。

 

 仁川空港では自動チェックインができますが、新千歳ではカウンターでチェックインします。なのでしっかりしたボーディングパスが発券されます。

 

 「窓側の席と通路側の席とどちらがいいですか」と尋ねられ「どちらでもいいですよ」と答えると、通路側を手配してくれました。いいお姉さんです。

 

 11月25日。すでに白い頂の樽前山、恵庭岳など見慣れた山々を背後に、チェジュのオレンジの機体です。寒風が強く吹く中で、地上係員さんの勤務、本当にご苦労さまです。

 

まずはソウル駅でTマネーカードを購入

 

 約3時間で仁川空港に到着。札幌市内ではほとんど両替所を見ないのですが、ソウル市内では、あちらこちらでお目にかかります。新千歳空港で5千円、ソウル駅で1万円を両替しましたが、やはりレートがかなり違いました。ちなみにソウル駅と明洞の両替ショップではあまり大差はなかったようです。

 

 いま最もお得な両替方法については、別の記事で紹介していますので、参考にしてくださいね。

 

 まずはソウル駅前にて自撮り。日本国内で夜の街を歩くことなど、めったにないので、とても新鮮に感じます。札幌のような地方都市と違って、大都市の駅前は基本的に地上部が大きな道路で囲まれて、歩行者は地下を行き来することが多く、ソウルもそうでした。

 

 

 それにしてもとにかく寒い。街ゆく人たちの服装は地味な色で、札幌の人たちと何ら変わらない様子。コモ子は普段の通勤時のランニングスタイルですが、それは走るからであって歩いて移動するには寒すぎる~(泣)

 

 再び地下に下りてコンビニで交通系ICカードのTマネーを購入。レジで店のおじさんに訊いたら、レジ下の引き出しから出してくれました。300ウォンだったかな。コモ子は普段の生活では、必ずレシートをもらうのですが、ソウルのコンビニでは一度ももらった記憶がないなぁ…

 

 

 Tマネーはコンビニでチャージできるみたいですが、券売機のタッチパネルからでも日本語表示でできるので簡単です。ただし5万ウォン以上の紙幣は、4万ウォン以上のチャージでないと使えないというエラーが出ます。

 

 さて、まずはメトロ4号線に乗って明洞へ向かいます。2駅なので歩いても行けそうですが、方向がよくわからないので無難に地下鉄で。料金も安いですしね。

 

 日本語でのアナウンスや表示もされていますが、〇〇方面についてはよくわからないので、急いでいたら乗り間違うかも。入線時のファンファーレのような音楽にテンションアップです。

 

ベタですが夜の明洞に行ってみる

 

 出口からすぐのユニクロの前からメインストリートを撮影します。とにかく人が多いです。飲食店の大半が日本語併記、両替ショップが多数、アパレルやコスメも多いですが、雑貨や屋台などが多いところをみると、日本人や中国人観光客相手の商売が多い感じです。あちらこちらで日本語や中国語が飛び交います。

 

 今回はご飯を食べる場所をあらかじめピックアップしていきました。コモ子の行動規範的なものに反するのですが、そうしないと食事がテキトーになってしまうので…まずは石焼ビビンパで有名な全州中央会館さんで。入店するなり、入り口の一番手前のテーブルに案内されます。メニューを見て一番左上の石焼ビビンパを指さし注文。おっとビールも忘れません。

 注文したらすぐに運ばれてきました。過去に石焼ビビンパの店で仕事をしたことがあるのですが、石の器さえ温めてあれば、油を引いてあとは盛り付けだけですからね。前菜なのかトッピングなのかわからない小鉢が4つ。スープも付きます。

 石焼ビビンパって熱くて混ぜてしまうので味がよくわからなくなるため、コモ子的には石焼でないほうが好きです。それでもここのビビンパはおいしいと思います。手酌でコップビールを飲みながらおつまみがあるのでお得感があります。となりの女性も日本人の様子で、コモ子と同じメニューで楽しんでいました。

 ほろ酔い気分で明洞の街をブラついているとすでに22時くらいなので、ちょっと外れにあるホテルへ行きます。立地が良くて部屋も清潔感があってシンプルです。明日は7時前に出発して北漢山へ登る予定なのでテレビを見ながら早めに就寝します。

 ちなみにコモ子の家にはテレビがないため、たまにホテルに泊まるとテレビを見れるのでちょっと珍しくて嬉しくなります。

 

明洞へ戻ると雪が降ってきた

 

翌日は、朝早くから北漢山白雲臺の山歩きをします。こちらは別記事で紹介しています。

 

さて、北漢山白雲臺を下山して、明洞へ戻ります。メトロに乗る前に小雨が降っていましたが、明洞に着くと雪が舞っています。体が冷え切っており、朝からパン1個しか食べていないので、「明洞餃子」でカルクッスを食べようと思います。

 

ところが、明洞にある2店舗とも、外まで行列が出来ているので後回しにし、「開花」でジャージャー麺を食べるか、ロッテの地下フードコートにある「ホンデゲミ」でステーキ丼を食べるか迷った挙句、ステーキ丼に決めました。

 

ちなみに、上の画像でにある中国大使館前の両替所は、レートが最も良いうえに手数料無料で有名です。

 

ホンデゲミのステーキ丼

 

ホンデゲミさんのステーキ丼を頂きます。土曜のフードコートですので混んでいます。地元の人たちの食べているものや、食事をしている姿を見ることができるので、フードコートは好きな方です。

 

みそ汁(!)とキムチが付いて、日本円で880円なら安いと思います。ここのフードコートでは、食券を売るカウンターがあり、その店員さんにお店と商品を伝えると、バーコードでスキャンして代金を支払うシステムです。

 

コモ子は朝鮮語が離せませんので右手で「ファイブ、ワン」と伝えるだけ。「⑤番のお店の1番という商品」と伝えているつもりです(汗)。でもこれでOKでした。

 

小ぶりでご飯の量は少ないですが、美味しい。日本ではありそうでない料理かもしれません。

 

三角地にある戦争記念館に訪れてみた

 

 フードコートでお腹を満たした後は少し歩こうと思い、三角地にある戦争記念館へ行ってきました。ソウルを訪れる日本人観光客は圧倒的に女性が多いそうなので、ガイドブックには紹介されていないことが多いようです。日本は戦争アレルギーということもあり、敬遠されがちですが、ミリタリーに関することは万国共通で多くの人の興味対象であることが多く、ここの戦争記念館も各国からの観光客が訪れていました。学童の姿も多くて、国防に関する教育がしっかり行われているのだと感心しました。

 

 記念館の正面には国旗がたくさん並んでいますが、日本の国旗はありません。これは朝鮮戦争で友軍として中共と交戦した、もしくは後方支援をした国々の国旗と、各歩兵師団と準軍事組織の旗、それとPKO参加の部隊旗が掲げられているようです。

 

 ここは無料で観覧できますので、訪韓回数が多い方にお勧めします。

 

晩御飯は明洞餃子でカルクッス

カルクッス

 

 再び明洞へ戻ります。さきほど行列が出来ていた「明洞餃子」も、アイドルタイムなら空いているだろうと思いましたが、まだまだ混んでいるようです。1人ということもあり、ほとんど待たずに着席できました。メニュー表がないので「カルクッス」と告げると「お会計は先払いです」とのこと。知っていたので準備をしておくと、すぐにお金を取りに来てガムを置いていきました。

 

 気になるカルクッスの味ですが、コモ子は北海道民のためか濃い味に慣れており、薄味に感じてしまいました。でもダシのおいしさは十分に伝わってきます。今度は緑の麺のビビンクッスを食べてみたいです。

 

【追記】ビビンクッスは「2017ソウル国際マラソン」で訪韓した際に食べました。

   

ソウルはクリスマスモード全開

 

 明洞から南大門まで歩き、東大門まで地下鉄に乗り、夜の街をブラつきます。先ほど雪が舞ったので、クリスマス感がハンパないです。ソウルの街は基本的に東京と変わらない感じですね。

 

南大門の有名屋台でホットックを食べてみる

 

 南大門で行列が出来ていたので並んでみると、野菜ホットックという食べ物だそうで、中に春雨のようなチャプチェというのが入った揚げ物です。ガイドブックによると有名店だそうです。その場で握って次々に揚げていくんです。1個1,000ウォンとお得です。どんな食べ物でもそうですが、揚げたては美味しいです。チャプチェはあまり好きになれませんでしたが…

 

充実した1日。ホテルで爆睡zzz

 

 ソウルの駅前では集会が開かれ、国旗を掲げた大勢の人たちがみんなで歌っています。警官が多数出ていることから、パククネ大統領の一連の騒ぎではないかと思います。

 

 ホテルへ戻ったら、ビールを2本空けて爆睡。壁が薄くて隣の中国人がうるさかったのですが、日本のビジネスホテルのような感じのきれいなホテルでした。コモ子は旅先でも早寝早起き、生活リズムはほとんど変わりません。

 

 このホテルは朝食が付くのですが、食べずに早々にチェックアウトします。理由は明洞にあるビーンズビンズでワッフルを食べたいからです。

 

 

最高に美味しいフルーツワッフルを独り占め

 

 BEANSBINSさんは7時半開店なので、8時をめがけてホテルを出発します。お客さんはまだ1人だけでした。コーヒーのセットを注文し、しばらく経つと出来上がってブザーがなります。日本円にして約1,800円ですが、普通は2人で食べるサイズでしょうから、むしろ安いくらいです。とにかく美味しくて朝から幸せなコモ子です。

 

 よくウェブサイトに、コーヒーが薄いというコメントが書かれていますが、昨日のプッカサンで疲れていたためか、そのように感じませんでした。

 

 ケーキではないので、甘いものが苦手でも大丈夫だと思いますよ。

 

仁川国際空港でプルコギとビビンパ、そして生ビール

 

 明洞から再び空港まで約1時間30分かかります。仁川国際空港は意外と遠く、飛行機の時間が、かなりギリギリなのに気付いて慌てます。

 

 空港について案内表示を見ると、札幌行きが30分遅れ、ツイています。

 

 チェジュ航空のチェックインは、自動発券機できるので、預け荷物がなければカウンターに並ばずに済むのですが、出国手続きのセキュリティチェックが混んでいて時間がかかり、またもや慌てます。それでも11時過ぎには出国できたので、お目当ての「SKY HUB LOUNGE」へ向かいます。

 

 ここはプライオリティパスが使えますので、無料で食事ができます。余談ですが、プライオリティパスは世界中の多くの空港ラウンジを無料で使えるパスで、年間399ドル(日本円で5万円近い!)を支払うと取得できるのですが、楽天プレミアムカード(年会費1万円)を発行すると、プライオリティパスを無料で発行してもらえます。

 

 このラウンジでは、生ビールにビビンパ、プルコギが食べられます。味は特別美味しいわけではありませんが、セルフでビビンパを作れるのは面白いですね。

 

 職場にお土産も買わなければならないので、食事を手短に済ませて搭乗ゲートに向かいます。ところがここでもシャトルに乗って移動するので時間がかかり、搭乗ゲートに到着すると12時15分。すぐに近くの売店で20個入りのチョコレートを購入して、ギリギリ飛行機に乗り込みます。最終日までかなり充実したひとり旅となりました。

 


スポンサーリンク