夏を逃しても大丈夫!9月になったら登りたい北海道のメジャーな山10選…涼しく爽やかに登っちゃおう

 

初夏の高山植物と残雪の山々が楽しめる7月も間もなく終わり、いよいよ8月がやってきます。お盆の帰省や、家族と過ごすイベントがあったりして、遊べる時間が作れない人も、結構多いのではないでしょうか。また、地元北海道の人たちは暑さに弱いので、真夏の山を敬遠する人も少なくないでしょう。

 

北海道は8月中旬を過ぎると一気に秋の様相になり、道外からの登山者もめっきり少なくなります。台風で天候が読めないことや、シルバーウィークには北アルプスの優先順位が高まることが理由として挙げられます。一方で地元北海道の登山者は、この時期から活動が盛んになってくるんですよね。

 

そこでこの記事では「夏を逃しても大丈夫!9月になったら登りたい北海道のメジャーな山10選...涼しく爽やかに登っちゃおう」と題して、いくつかの山々をピックアップしていきます。ここでは、紅葉を目的とした山は除外していますので、表大雪の主要な山々は紹介していません。あくまでも秋晴れの日に気持ちよく感じられる山をテーマにしています。

 

北海道の標高が高い山々は、お盆を過ぎると秋の様相に変わってきます。1か月以上先とは言わず、今から秋山の計画を練ってみてはいかがでしょうか。

 

なお、2016年の大規模災害でアクセスが困難になったしまった東大雪や日高山脈は除外しています。また、画像は晴れた日に撮影したものなので、イメージとして捉えてください。

 


スポンサーリンク

①富良野岳と上ホロカメットク山

富良野岳

【9月中旬】 

富良野岳は、荒々しい十勝連峰の中においては珍しく、緑と花に恵まれた山として有名です。秋晴れの早朝には、霜が降りるほど冷え込みますが、白い息を吐きながら登った山頂からは、十勝岳や表大雪、日高山脈も眺めることができ、一足お先に秋の深まりを感じることができます。経験上、十勝連峰は表大雪よりガスに包まれることが多く、7月~8月の登山は不適な感じがします。そのような理由もあって、9月におススメしたいと思います。

 

富良野岳は、登ってきたルートをそのまま下山してもいいのですが、三峰山、かみふらの岳、上ホロカメットク山の縦走路を歩いてから下山すると、緑の山肌から火山特有の雰囲気に移り行く様を楽しむことができるでしょう。

 

また、秋は下山後の温泉や食事も楽しみですよね。十勝岳温泉で温まって、焼肉で有名な上富良野町で舌つづみなんていかがでしょうか。

 

9月の早朝はとても冷え込みます。防寒対策はしっかりとしてくださいね。

 

②ニセイカウシュッペ山

ニセイカウシュッペ山

【 10月中旬】

北大雪を代表する山で、山頂からは表大雪の山々を一望できます。画像は10月中旬のものですが、9月ですと、まだ雪がほとんどない景色が広がっているんですよね。

 

通称「アンギラス」から平山へと続く稜線も魅力的で「次回はあの稜線を歩いてみたい」という意欲を掻き立てられることでしょう。

 

登山に要する時間も手ごろなので、初心者でも安心して日帰り登山を楽しめます。

 

登山道へのアクセスには古川砂金越林道ゲートを開ける必要があります。ダイヤル錠の番号についてのお問い合わせは、上川中部森林管理署へ電話にて問い合わせが必要です。

 

③化雲岳

化雲岳

 【7月初旬】

コモ子がつい1か月前に訪れた化雲岳は、大雪山の真ん中くらいにあって、表大雪とトムラウシ山の途中にあるピークです。メジャーな山かと言えばYESとは言えないくらい、北海道の人にもあまり知られていない山で、この山だけを目指すことはほとんどないかと思います。しかし、第1公園と第2公園、ちょっと足を伸ばした場所にあるヒサゴ沼、表大雪や東大雪の遠景、そしてトムラウシ山と何一つ文句が付けようがない満足度が得られます。

 

そうそう、いちばんのネックとなるのは、天人峡温泉からの長い夏道なんですよね。健脚な人でなければ、往復10時間はみたいところです。

 

天人峡温泉までは、林道を走らず舗装された道路で、旭川から車で1時間~2時間程度をみれば大丈夫です。

 

秋は重い荷物を背負って、ヒサゴ沼で静かにテント泊、というのがおススメですね。紅葉と初冠雪で賑わう表大雪の山々とは、直線距離で10㎞程度しか離れていないのに、まったく違った雰囲気が味わえることでしょう。

 

④南暑寒岳・雨竜沼湿原

 

「北海道の尾瀬」と表現されることがある雨竜沼湿原。山に登るといういうより、高原歩きと言った方がよさそうです。せっかくだから南署寒岳には登りたいところですが、雨竜沼湿原だけでも、十分楽しむことができるんですよね。

 

山登りに興味がある人をご案内したり、初心者の方におススメするとしたら、コモ子は雨竜沼湿原を選ぶかもしれません。また、最近増えている海外からのハイカーにも、もっと訪れてほしいと思います。

 

札幌からのアクセスは、大雪山系へ行くより近いため、朝5時くらいに出発しても、のんびり楽しめるでしょう。大雪山の紅葉がピークを過ぎるシルバーウィークあたりの週、あまり標高が高くない雨竜沼をチョイスしてみてはいかがでしょうか。

 

夏休み明け、仕事でストレスが増している人にとっては、「心の洗濯日」にも最適な雨竜沼湿原です。

 

 

⑤雌阿寒岳

雌阿寒岳

【4月初旬】 

画像は積雪期のものですが、道東の雌阿寒岳は、どのシーズンに来てもいいんです。その中でも雪がなくて、ちょっと寒々しい秋に訪れるのをおススメしたいと思います。

 

晴れ渡れば、樹海越しに大雪や日高の山並みが見えるのも魅力。下山後にオンネトーの佇まいを楽しんだり、野中温泉の秘湯らしい雰囲気をじっくり味わうことができます。ちょっと足を伸ばして釧路でグルメを漫喫することもできるでしょう。

 

札幌から高速道路の延伸で、大変アクセスが良くなりましたので、日帰りも可能になりました。登山に要する時間は短いほうなので、爽やかに楽しんで、温泉に入っても大丈夫。

 

ただし、この山は風が強いことが多く、道東で標高も1,400mを超えますので、防寒対策はしっかりとしてお出かけください。

 

⑥斜里岳

斜里岳

【9月初旬】

斜里岳は日本百名山ということもあって、無雪期にはとても賑わう道東の独立峰です。多くの人たちは清岳荘さんから「新道コース」「旧道コース」を登るようですが、コモ子的には、静かな「三井コース」をイチオシします。

 

3年前、北海道マラソンの1週間後に訪れたことがあります。「三井コース」では、ほとんど誰ともスライドしなかったと記憶しています。そのくらい静かに秋の斜里岳を楽しめるんですよ。

 

道中や山頂からは、海別岳や知床半島、屈斜路湖と藻琴山、オホーツクの海岸線を見渡せたと記憶しています。

 

⑦芦別岳

芦別岳

【6月中旬】

昔から、旧道から登って新道で下りることができれば一人前、と言われる芦別岳ですが、そんなルートも涼しくなる秋には、登りやすくなるでしょう。担ぐ水の量が少なくて済みますし、雪も完全に消滅しますからね。

 

新道からの往復でも十分楽しめます。富良野盆地を挟んで、ずらり並んだ十勝連峰を見渡すことができ、となりの夕張岳へと続く山並みも美しい。

 

運動量もそれなりにあり、山頂ピークを踏む達成感、という山登りの醍醐味を十分に味わうことができます。

 

⑧夕張岳

夕張岳

【5月下旬】

夕張岳は花の名山なので、6月下旬から7月に多くの登山者が集中します。2017年は、林道歩きの距離が例年より長くなっているため、敬遠される人も多いでしょうが、だからこそ涼しくなった秋がおススメです。

 

コモ子は5月に林道でヒグマに遭遇し、マダニにもやられた苦い経験がありますが、9月でしたらそれほど心配はないと思います。

 

さて、夕張岳の魅力は花だけではありません。山頂間近では独特な景観が楽しめ、高原帯ならではの雰囲気に、リピーターも少なくないでしょう。

 

芦別岳と夕張岳は対比されることがありますが、夕張岳の方が再訪する人が多いと聞きます。その理由は、前岳湿原以降の景観なのだと思います。

 

毎年9月末には市道のゲートが締まるため、夕張岳の夏山シーズンは終了します。それ以降、事実上日帰りでは不可能になります。

 

⑨羊蹄山

羊蹄山

【6月初旬撮影】

羊蹄山の夏山登山は、私見では6月がベストだと思っていますが、まだ雪が残るため、一般登山者向けではないかもしれません。意外と急斜面なので、滑落したら大変ですからね。

 

そうかと言って、一部を除いてそれほどお花に恵まれる山でもないですし、わざわざ暑い真夏に登るのも、いかがなものかと思います。そう言うことで9月をおススメなんですね。どうしても8月に登るのであれば、涼しくなる深夜から早朝にかけてご来光登山がいいかもしれません。

 

ちなみに羊蹄山の登山コースはたくさんありますが、コモ子的には京極コースと喜茂別コースが好みです。

 

下山後の温泉も、真狩や京極にありますし、足を伸ばしてニセコまで行ってもいいでしょう。京極温泉で汗を流して、ふきだし公園で湧水を楽しみ、喜茂別できのこ汁を頂いて直売所で野菜を買って帰る、充実した秋の休日が過ごせますね。

 

⑩利尻山

利尻山

【6月中旬】

利尻山こそ真夏でもいいのですが、登山者が集中する7月から8月を避けて秋に登るのもいいと思います。

 

ハートランドフェリーの時刻表は、6月1日から9月30日までが夏の時刻表で、1日3往復しています。便利ですよね。

 

島内で1泊すれば、週末でも十分楽しめるくらいのスケジュールを組むことができちゃいます。

 

ちなみに札幌から利尻島へ行く場合、高速バスや自家用車で稚内まで行き、フェリーで往復するよりも、飛行機で訪れたほうがコスパが良いことがあります。9月は片道12,000円くらいで手に入るチケットもあるので、ここは柔軟に考えたいところです。

 

 

 

いかがでしたか?ほとんどがメジャーな山々ですが、まだ登ったことがない人にとっては、この秋の計画に入れてみてはどうでしょうか。この記事で興味がわいたとしたら、今年登るべきです。やりたいことは旬を逃さないようにしたいですよね。

 


スポンサーリンク