【知床連山】縦走路を日帰りで往復|知床硫黄山から羅臼岳までの一直線の眺めは最高!

 

知床連山の縦走路は、表大雪の北海岳からトムラウシ山の区間、十勝連峰の富良野岳からオプタテシケ山の区間に並んで、北海道屈指の人気コースです。

 

誰もが一度は歩いてみたいと思いながらも、なかなか実現できないのではないかと思われます。その理由として挙げられるのは、

  1. ヒグマとの遭遇率が高いと言われている。
  2. 環境や野生動植物への配慮から、テント泊があまり推奨されていない。
  3. 北海道の端という地理的特性から、北見地方や網走地方あたりに在住していなければ、日帰り圏内として難しい。
  4. 知床林道のマイカー規制がある。

といったところでしょうか。

 

私は2011年と2014年、それぞれ秋にチャレンジしていますが、2011年はオッカバケ岳で時間切れと判断、2014年は羅臼平でガスが晴れず、敗退しています。

 

今回は、2連休で札幌からの強行軍で日帰り往復縦走にチャレンジしたお話です。このルートを日帰り往復したという話は、今までほとんど聞いたことがありません。ちょっと変わった人がいるんだね、という感じで見てもらえたなら幸いです。

 

久しぶりにこのブログらしい記事を書くことになりました。どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

 



深夜に札幌からウトロまで400㎞を移動する

ウトロ道の駅シリエトク

 

札幌から知床へ遠征する場合、仕事を3日間休むことさえ出来れば、第1日目と第3日目を移動日として、2日目で知床連山を縦走することが可能です。

 

いきなりハードルが高いのですが、これを2日間で何とかならないか、というところから今回の知床連山日帰り縦走計画を立ててみました。

 

実は、陸路を使って札幌から知床まで楽に移動をする手段は、中央バスのイーグルライナーという深夜バスを利用することです。平日の仕事が終わったあとにバスに乗れば、札幌からウトロまで寝ながら移動することができるからです。

 

ところが、このバスはウトロ止まりなので、登山口までの移動手段を確保しなければなりません。仮にタクシーなどで移動しても、登山口到着は7時を過ぎているでしょう。それでは、行動開始がちょっと遅いのです。

 

そこで私は、先週のトムラウシ山の帰りに、バイクを旭川にデポしておき、札幌→旭川間のみバスで移動することにしました。

 

約2時間のバス移動ですが、予約が不要で、片道の最安値が1,600円(回数券のバラ売りで購入する)とたいへんお得です。この2時間で仮眠をとれば、完全徹夜にはならないので気持ちが楽になります。

 

さて、前置きが長くなりましたが、職場から18時半に帰宅して20時に札幌駅発の高速あさひかわ号に乗車、22時過ぎに旭川に到着。バイクを回収してすぐに出発し、順調にウトロを目指します。登山口到着は、3時40分頃。ほぼ計画通りです。それほど寒くも眠くもありません。

  

知床連山

 

快晴の早朝。

 

知床連山の全容が見渡せます。

 

 

木下小屋

 

3時50分に木下小屋を出発、先行者を何人かパスし、まずは羅臼平を目指します。このルートは4回目。だいたいの勝手がわかります。

 

44歳、仕事は鳴かず飛ばずのサラリーマン。

 

OFFの日はリア充です(汗)

 

 

銀冷水

 

銀冷水には立派な携帯トイレのブースが設置されており、環境への配慮がますます進んでいるようですね。

 

 

羅臼岳大沢

 

トレランシューズのため、残雪の懸念がありましたが、大沢にはほとんど雪はないですね。

 

チングルマ

 

大沢はお花が満開♪

 

チングルマ

 

満開のチングルマに囲まれて気分は上々!

 

知床連山の縦走は、硫黄山や知円別岳付近にシレトコスミレが咲く、7月上旬がおススメです。

 

羅臼岳大沢

 

まもなく羅臼平へ飛び出すところ。

 

大沢ではずっとお花に魅了され続けました。

 

段差が大きいところもあるので、足元には注意しながら登りましょう!

 

羅臼岳

 

頻繁に写真を撮りながら、2時間30分かけて羅臼平へ到着すると、右手には朝日を浴びる羅臼岳が!

 

今回は優先順位が低いので、帰りに時間があれば登ることにしましょう。

 

羅臼平

 

木下小屋から2時間30分かけて羅臼平へ到着し、左手には三ツ峰を見上げます。

 

羅臼平にはテントが一張り。

 

縦走路の中にはいくつかキャンプ指定地がありますが、1泊で縦走するのであれば、羅臼平が最も利便性が良いと思います。

 

その理由として、

  1. やや遅めに木下小屋を出発しても、初日の行動時間を短くすることができ、長時間身体を休めることができる。
  2. テントをデポすれば、翌朝は涼しいなか軽々と歩き始めることができる。
  3. 雲が良ければ両脇に雲海を見ながら縦走路を歩ける可能性があり、お昼過ぎには下山が可能

 といったところです。

 

さて、私は羅臼岳へ寄るのは後回しにして、いきなり縦走路へ入ります。羅臼岳へは、帰りに時間と体力が残っていれば寄ってみようと思います。

 

ここで一休みして、縦走路へ。

 

まずは三ツ峰の鞍部まで急な登りがあります。

 

羅臼平から、知床連山の縦走路を歩いてみよう!

三ツ峰

 

ハイマツとザレの急斜面という面倒な登りですが、至る所にお花畑があるので、足は泣いていますが、顔は笑っているという気持ち悪い状況…

 

羅臼岳

 

三ツ峰の鞍部まで登って振り返ると、羅臼岳を大きく見ることができます。

 

上部は大きな岩の集合体ですが、下部はハイマツの緑に覆われています。

 

サシルイ岳

 

縦走路の前方には、次のサシルイ岳が。テン場があるコルのあたりには、まとまった残雪があり、水を採ることができました。

 

三ツ峰

 

コルまで下りて振り返った三ツ峰。

 

サシルイ岳

 

サシルイ岳は縦走路の中で、もっとも鞍部から比高差があり、どちらから登っても約200mの獲得標高があります。

 

そのため、見渡す景色が美しく、縦走路最高の展望台と言えます。

 

私のなかで印象に残っている北海道の展望の山は、

  • 十勝連峰の美瑛岳
  • 表大雪の化雲岳と白雲岳
  • 増毛山地の群別岳と浜益岳
  • 日高山脈の十勝幌尻岳と北トツタベツ岳 

このあたりでしょうか。

 

いずれも晴れ渡る日に、何度でも登りたいものです。

 

サシルイ岳

 

サシルイ岳の縦走路の最高点まで登りきると、手前に見えるのがオッカバケ岳。

 

奥に見えるのが、知床硫黄山の山塊です。

 

遠く見えますよね。ここで引き返すのも、オプションの一つとして持っていてもいいでしょう。

 

サシルイ岳

 

三ツ峰と羅臼岳、両脇に海岸線という美しい眺め。

 

羅臼岳に登るなら、ぜひサシルイ岳へ。

 

多くの人にこの山をおススメします。

 

オッカバケ、二つ沼、南岳を越えて知円別岳へ

 

サシルイ岳を超えると、縦走路中で最も大きな雪渓があり、この雪渓を上部の先端から、下部の先端付近まで全部下ります。

 

下りきったところの登山道は、雪解け水で川になっており、両脇に灌木があるので逃げられず、苦労するところです。

 

何とか靴を濡らさずにオッカバケ岳とのコルへ出て、さらに息を切らせながらオッカバケ岳へ登りきると、眼下に二つ沼を見下ろし、硫黄山周辺の荒々しい景観が間近に見渡せます。

 

次の南沼まではハイマツと岩のミックスに手間取り、約40分を要します。

 

プチ日高山脈状態で、この縦走路でもっとも歩きづらい場所の1つだと思います。

 

南岳から知円別岳へは周囲は、お花畑の高原歩きで、平坦地なのでスピーディに移動することができますが…ヒグマがとても好きそうな場所なので、見渡して鈴を鳴らしながら一気に駆け抜けます。

 

 

知円別分岐から一気に変わる景観

 

知円別分岐からはザレて荒涼とした稜線を慎重に通過します。

 

雰囲気は表大雪の愛別岳のような感じ。

 

この辺りからは、コマクサやイワウメが見られます。

 

本来ならシレトコスミレも見られますが、写真に収めていませんでした。

 

この付近から硫黄山までは、あとわずかな距離なのですが、急なアップダウンが数回あり、雪も残っています。

 

ここは時間と体力を消耗するところ。

 

最後の硫黄山への登りは、高度感抜群で恐る恐る登りきると、宿題だった硫黄山の山頂に到着。

 

私が訪れた日は、気温が高かったので、北方四島は霞んで見える程度。

 

海外登山に興味がある人ならわかると思いますが、北方四島から北に延びるクリル列島、その先にあるカムチャッカ半島には美しい山がたくさんあります。

 

日本人にもよく登られているアバチャ山やそこから見えるコリャーク山など、カムチャッカ富士の山々は、いつかこの目で見てみたいと思います。

 

さて、羅臼平からちょうど5時間。あれだけ憧れていた知床連山の縦走路も、往復すると考えるとうんざりします。

 

でも硫黄山から下りて、知床林道を歩くもツラいんですよね。

 

予定より約30分強遅れているので、羅臼岳に登るのはビミョーな感じですが、最後まで諦めずに、縦走路を戻ることにします。

 

 

気合を入れて、縦走路を戻る

 

今回、水分を4リットル担いでいましたが、硫黄山到着時にすでに3.5リットルを消費しています。

 

サシルイ岳の雪渓で0.5リットル飲んで、さらに2リットルを汲みましたが、下山時は0.5リットルしか残っていなかったので、全部で5.5リットル消費したことになります。こんなに水を消耗したのは初めてかもしれませんね。

 

硫黄山からの下山中、縦走路への入り口より、かなり下まで降りてしまい、時間を30分くらいロス。ちょっと急いでオッカバケ、サシルイ、三ツ峰への登り返しで、体力をかなり消耗したこともあり、羅臼平へ到着したのは17時10分、羅臼岳へは一度登っているので、また今度にすることにし、下山します。日が暮れる前までに下りたいので、大沢入り口から急いで、19時ちょうどに木下小屋へ到着。約15時間の長旅に大満足です。

 

残念ながら、ウトロの夕陽台の湯が20時閉店。到着が19時半を過ぎていたこともあり、お風呂を諦めました。40過ぎのおっさんが、真夏に15時間も歩いて風呂に入らないなんて、想像したくないですよね(汗)

 

ウトロにはセブンイレブンやセイコーマートがあるので、ビールとお弁当を買って、テント泊。道の駅でテントを張るのは禁止されていますので、夕陽台の湯の奥にあるキャンプ場で泊まります。ここはライダーなど、ソロのキャンパーが多く、敷地内に鹿がうろつくことで有名です。

 

翌日は3時45分まで爆睡して4時15分に出発。6時に北見、9時15分に旭川に戻り、12時には札幌へ帰ることができました。

 

スケジュール的にはハードですが、2連休で十分楽しむことができた2017年の知床連山でした。

 

道外から羅臼岳に訪れる方が多いと思いますが、せっかくなので、ぜひ縦走路も歩いてもらいたいと思います。北海道夏山ガイド⑥(北海道新聞社)(Amazonへリンクします)には、縦走路について、キャンプ指定地、コースタイムなど詳しくガイドされています。同ガイド本には、北海道百名山の雌阿寒岳雄阿寒岳斜里岳利尻山もガイドされているので、道外から百名山を目指している方には重宝する一冊だと思います。

 


スポンサーリンク