知床連山|木下小屋から知床硫黄山を日帰りで往復するには?

知床連山

 

知床連山の縦走路は、表大雪の北海岳からトムラウシ山の区間、十勝連峰の富良野岳からオプタテシケ山の区間に並んで、北海道屈指の人気コースです。

 

誰もが一度は歩いてみたいと思いながらも、なかなか実現できないのではないでしょうか?その理由として挙げられるのは、

  1. ヒグマとの遭遇率が高いと言われている。
  2. 環境や野生動植物への配慮から、テント泊があまり推奨されていない。
  3. 北海道の端という地理的特性から、北見地方や網走地方あたりに在住していなければ、日帰り圏内として難しい。
  4. 知床林道のマイカー規制がある。

といったことが考えられます。

 

筆者も2011年と2014年、それぞれ秋にチャレンジしていますが、2011年はオッカバケ岳で時間切れと判断、2014年は羅臼平でガスが晴れず、敗退しています。

 

この記事では、長い休暇を取らずに知床連山を縦走してみたいと考えている方に対し、

  1. 日帰りかつ往復で縦走することはできるか?
  2. 札幌から週末2日間の休日で往復縦走することはできるか?

という疑問を解決すべく実際に検証してみました。どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

 

深夜に札幌からウトロまで400㎞を移動する

ウトロ道の駅シリエトク

 

札幌から知床へ遠征する場合、仕事を3日間休むことさえ出来れば、2日間を縦走にあてることが可能です。

 

これを週末の2日間で何とかならないか?というところから、知床連山日帰り縦走計画を立ててみます。この計画の大変なところは片道400kmの移動なのですが、公共交通機関を利用することで解決への糸口が見えてきそうです。

 

陸路を使って札幌から知床まで楽に移動をする手段は、中央バスのイーグルライナーという深夜バスを利用すること。平日の仕事が終わったあとにバスに乗れば、札幌からウトロまで寝ながら移動することができるからです。

 

ところが、このバスはウトロ止まりなので、登山口までの移動手段を確保しなければなりません。仮にウトロの市街地からタクシーで移動しても、登山口到着は7時を過ぎているでしょう。それでは、行動開始がちょっと遅いのです。

 

そこで私は、先週のトムラウシ山の帰りに、バイクを旭川にデポしておき、札幌→旭川間のみバスで移動することにしました。これはもちろん、札幌からスタートしても構わないのですが、少しだけ仮眠を取ることができます。

 

約2時間のバス移動ですが、予約が不要で、片道の最安値が1,600円(回数券のバラ売りで購入する)とたいへんお得です。この2時間で仮眠をとれば、完全徹夜にはならないので気持ちが楽になります。

 

金曜の退勤後、20時に札幌駅発の高速あさひかわ号に乗車、22時過ぎに旭川に到着。バイクを回収して旭川市を出発しウトロを目指します。これだと、登山口到着は3時40分頃となります。

  

知床連山

 

快晴の場合、登山口到着前に知床連山が一望できます。岩尾別温泉への案内看板が見えたら右折します。イワウベツ川沿いの道に入ります。

 

この段階で知床連山が雲の中であれば、縦走は困難かもしれません。その理由は経験則です。過去6月下旬から9月上旬の間に、知床連山と十勝連峰、大雪山系の高根が原、すべてにおいて、天気予報が「晴れ」の日中にガスがかかると 、ずっと視界が開けずに黙々と歩き続ける経験をしています。

 

それとこの分岐地点から、急にエゾシカの群れが現れることがあります。川に近いため特に早朝や夕方は要注意。川を渡渉した斜面でヒグマを目撃したこともあります。

 

※音が出ます。ご注意ください。

羅臼岳登山道

 

 

7月は3時台から十分明るいので、出来るだけ早く出発しましょう。早朝の時間帯はヒグマの活動時間であることも念頭に入れておきますが、大沢までの登山道はとてもよく整備されているので、暗い時間にヘッドランプだけでも、問題なく歩くことができます。

 

羅臼岳登山道

 

登山道からは知床半島の名山が見えます。知西別岳は積雪期に、知床横断道路から羅臼湖を経て山頂へ至るルートが一般的。詳細は「北海道雪山ガイド(北海道メーリングリスト編)北海道新聞社」にて紹介されていますので、そちらをご覧ください。

 

銀冷水

 

弥三吉水、極楽平を経て銀冷水まで登ると、立派な携帯トイレのブースが設置されいます。このあと大沢へ出ると周囲が開けてきますので、携帯トイレを使用するにはここが最適。環境への配慮がますます進んでいるようですね。 

 

羅臼岳大沢

 

7月上旬の大沢。ほとんど雪が残っていません。ここからお花畑のなかを歩くことになりますが、岩場やガレ場がありますので花に見とれて転んでケガをしないように注意したいところ。

 

大沢

 

ロープが張られているところでは、道を外れないように配慮しましょう。補修もかなり進められています。

 

チングルマ

 

大沢はお花が満開です。

 

チングルマ

 

満開のチングルマに囲まれてテンションが上がること間違いなし。

 

羅臼岳大沢エゾコザクラ

 

こちらはエゾコザクラでしょうか。大沢ではずっとお花に魅了され続けます。

 

羅臼岳

 

大沢を詰めてハイマツのトンネルを抜けると、そこは羅臼平。右手には朝日を浴びる羅臼岳が迫ります。知床連山を一方通行で硫黄山からカムイワッカへ下りるのであれば、羅臼岳に寄っておきたいところですが、日帰りで往復するのであれば、最後に時間が余ったときに登るようにしたほうが安全です。

 

羅臼平

 

左手には三ツ峰を見上げます。羅臼平にはテントを張ることができます。

 

縦走路の中にはいくつかキャンプ指定地がありますが、1泊で縦走するのであれば、羅臼平が最も利便性が良いと思います。その理由として、

  1. やや遅めに木下小屋を出発しても、初日の行動時間を短くすることができ、長時間身体を休めることができる。
  2. テントをデポすれば、翌朝は涼しいなか軽々と歩き始めることができる。
  3. 雲が良ければ両脇に雲海を見ながら縦走路を歩ける可能性があり、お昼過ぎには下山が可能

といったところです。

 

いずれにせよ羅臼平は休憩適地なので、ここで一休みしてから縦走路へ向かいましょう。

 

羅臼平から、知床連山の縦走路を歩いてみよう!

三ツ峰

 

縦走路に入るとこれまでとはかなり状況が変わり、ハイマツとザレの急斜面という面倒な登りになります。靴のソールパターンによっては滑りやすいので注意が必要かも。三ツ峰の山腹はいたるところにお花畑があるので、疲れを癒してくれることでしょう。

 

羅臼岳

 

三ツ峰の鞍部まで登って振り返ると、羅臼岳を大きく見ることができます。上部は大きな岩の集合体ですが、下部はハイマツの緑に覆われているのがよくわかります。

 

サシルイ岳

 

縦走路の前方には、次のサシルイ岳が見えてきます。三ッ峰を含め、縦走路はそれぞれのピークを踏まないようになっていますが、三ッ峰へは登ることもできます。鞍部からサシルイ岳へのコルまではまとまった残雪があり、コルにはテン場があります。7月上旬は水を採ることができました。

 

三ッ峰

 

三ッ峰のテン場。縦走路で最も景観がいいのはここのテン場でしょうか。

 

三ツ峰

 

サシルイ岳への登りに差し掛かると、ウトロの市街地が見渡せます。

 

サシルイ岳

 

サシルイ岳は縦走路の中で、もっとも鞍部から比高差があり、どちらから登っても約200mの獲得標高があります。

 

そのため、見渡す景色が美しく、縦走路最高の展望台と言っていいでしょう。

 

私のなかで印象に残っている北海道の展望の山は、

  • 十勝連峰の美瑛岳
  • 表大雪の化雲岳と白雲岳
  • 増毛山地の群別岳と浜益岳
  • 日高山脈の十勝幌尻岳と北トツタベツ岳 

このあたりです。

 

いずれも快晴の日に、何度でも登りたいものです。

 

サシルイ岳

 

サシルイ岳まで登りきると、手前に見えるのがオッカバケ岳。奥に見えるのが、知床硫黄山の山塊です。

 

直線距離で約4kmですが、かなり遠く見えます。縦走路は登り返しが多く、サシルイ岳からの眺めが最も良いので、ここで引き返すという山行計画があってもいいでしょう。

 

サシルイ岳

 

三ッ峰と羅臼岳、両脇に海岸線という美しい眺め。多くの方にこのサシルイ岳をおススメします。三ッ峰は羅臼町側のポコが1つのほうに最高点があります。

 

オッカバケ、二つ沼、南岳を越えて知円別岳へ

サシルイ岳

 

サシルイ岳を越えると縦走路中で最も大きな雪渓があり、この雪渓を上部の先端から下部の先端付近まで下ります。 

 

オッカバケ岳

 

サシルイ岳を下りきったところの登山道は、雪渓からの雪解け水で川になっており、両脇が灌木のトンネルになっているため逃げられず、苦労するところです。

 

何とか靴を濡らさずにオッカバケ岳とのコルへ出て、進行方向を大きく変えて沼に出ます。ハイマツ帯をオッカバケ岳のピークに向けて登ります。

 

オッカバケ岳

 

オッカバケ岳からは眼下に二ッ池を見下ろし、硫黄山周辺の荒々しい景観が間近に見渡せます。ここから南岳までの間が、この縦走路で最も手を焼く部分の一つ。ハイマツと岩のミックスに手間取り、約40分を要します。

  

 

南岳

 

南岳付近はガレ場になっており、いよいよ硫黄山の山塊が近くなってきていることを実感できます。目指す硫黄山もかなり近くに見えるようになるでしょう。

 

知円別分岐

 

知円別分岐までの間は、外輪山の稜線を外れて東側の山腹を進むようにコース取りされています。とても歩きやすい地形ですが、ヒグマも好きそうなのでよく見渡してから一気に通過したいところ。

 

知円別分岐

 

知円別分岐手前のお花畑。登り切ったところが知円別分岐です。

 

知円別分岐から一気に変わる景観

知床硫黄山

 

知円別分岐からは周囲の風景が一気に変化します。ザレて荒涼とした稜線を慎重に通過して一番奥にある硫黄山のピークを目指します。雰囲気は大雪山系の愛別岳のような感じ。アップダウンが激しく、この縦走路中で最も苦戦する箇所です。

 

 

知床硫黄山コマクサ

 

お花は固有種のシレトコスミレやコマクサ、イワウメなどが見られます

 

知床硫黄山

 

何度か急なアップダウンを繰り返し、いよいよ硫黄山が目の前に迫ります。

 

知床硫黄山

 

かなり急な岩場を慎重に登りながら、目的地の知床硫黄山に到着。ここからの眺めは素晴らしいものがあります。

 

知床連山

 

まずはこちら。知床連山と言うと、登山対象の羅臼岳から知床硫黄山までを指すことが多いのですが、硫黄山から眺めてみると、海別岳や斜里岳まで一列に繋がっていることがわかります。斜里岳は直線距離で54kmも離れていますが、このように見渡すことができます。

 

知床岳

 

こちらは知床岳。右奥には国後島のルルイ岳らしき山も見えます。

 

 

 

地図を見るとわかりますが、北方四島から北に延びるクリル列島、その先にあるカムチャッカ半島と多くの島々と火山が続いています。知床半島もその一部だと考えると、とても興味深いですよね。特にカムチャッカ半島には、日本人にもよく登られているアバチャ山やコリャーク山など、カムチャッカ富士と呼ばれる美しい山々がたくさんあります。

 

 

さて、取材時は登山口から約7時間30分。羅臼平からちょうど5時間。同じペースで帰れば日が暮れるまでには岩尾別温泉に戻ることができます。

 

硫黄山から下山して知床林道を歩くという選択肢もありますが、岩尾別温泉まですべて道路を歩くと20kmは見積もらないとなりません。他の登山者やカムイワッカの観光客の車に便乗させてもらうことも出来るでしょうが、確実性はありません。知床林道のマイカー規制中であればバスに乗ることも選択肢になりますが、こちらは時間が合うかどうか難しいところです。

 

復路も縦走路を戻る場合

知床硫黄山

 

硫黄山の下りは岩場を慎重に下り、その後ザレの斜面を下ります。縦走路への分岐点を見失って下り過ぎてしまいがちですので、注意しましょう。 

 

標高点1329

 

知円別分岐までの危険個所をクリアすると、あとはひたすらに縦走路のアップダウンを繰り返していきます。この行程は全長30kmくらいあり、直射日光を遮る箇所が少ないので、水を消費しがちです。9月中旬以降の寒い時期を狙うのもありでしょうか、道中でまったく水が採れないのはちょっと不安ですし、日中の時間が短いのがネック。

 

サシルイ岳

 

サシルイ岳の北斜面にある雪渓から流れ出る大量の水。お昼を過ぎると登山道が大量の水で溢れるので、靴を濡らす可能性が高いです。

 

サシルイ岳

 

帰路最大の難所とも言えるサシルイ岳の雪渓。残雪の下りは快適に滑り降りることが出来ますが、登りは足を取られて苦戦しがち。雪渓の出口を見据えて、無駄なく一直線で登ります。

 

サシルイ岳

 

サシルイ岳を登りきると、羅臼岳がかなり近くなってきます。知床硫黄山から約4時間。夕方の景色もいいですね。

 

羅臼岳登山道

 

取材時は帰路もほぼ同じ時間で羅臼平へ到着。17時から羅臼岳に登ると日没までに下山できないので、羅臼平から木下小屋へ下山します。

 

知床野営場

 

 

ウトロにはキャンプ場があります。「ウトロ温泉夕陽台の湯」という日帰り入浴専用の温泉があり、6月から10月まで営業しています。その奥には国設知床野営場があるので便利。ウトロにはコンビニがあるので、お弁当やビールを買って、簡素にテント泊というのもありでしょう。道の駅でテントを張るのは禁止されていますので、車中泊の方以外はこちらをおススメします。

 

もちろん飲食店や観光ホテルもたくさんありますので、下山後にしっかり宿泊するのもいいでしょう。 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

羅臼岳には道外から訪れる方も多いかと思いますが、この記事で縦走路の魅力が伝われば、ぜひサシルイ岳まででも足を延ばしてみてもらいたいと思います。

 

北海道夏山ガイド⑥(北海道新聞社)(Amazonへリンクします)には、縦走路について、キャンプ指定地、コースタイムなど詳しくガイドされています。同ガイド本には、北海道百名山の雌阿寒岳と雄阿寒岳、斜里岳、利尻山もガイドされているので、道外から百名山を目指している方には重宝する一冊になります。併せてご紹介します。

 

関連記事

大雪山旭岳白雲岳2017

北海道の最高峰の大雪山旭岳と第3峰の白雲岳。白雲岳避難小屋からは、雲海に浮かぶトムラウシ山を眺めることができます☆

斜里岳

大人気の斜里岳を、マイナーコースからアプローチ。山頂からは、道東らしい広々とした景色が見渡せます!