台北マラソンのエントリー|確実に参加するならRUNNETがおすすめ

2019台北マラソン

 

こんにちは!コモ子@やまたび北海道(@ComocoHk)です。

 

今日の話題は台北マラソン。2019年12月、ハーフマラソンに参加した体験をもとに、2019年のエントリー方法についてまとめます。

 

なお、現地での受付や当日の様子については、下記の記事で公開しています。

 

2019台北マラソン|ハーフマラソン参加を振り返って

 

台北マラソンってどんな大会?

 

2019年の台北マラソンは、12月15日に開催されました。

 

2018年は雨のなかでのレースでしたが、2019年は曇りのち晴れの天気で、マラソンには良いコンディション。

 

コースは市政府前から台北101をぐるっと回ってスタートし、市内をほぼ時計回りに周回します。開催される種目はマラソンとハーフマラソンの2種目。

 

種 目 マラソン ハーフマラソン
制限時間 5時間30分  3時間 
定 員 8,000人 20,000人
スタート時刻 6時30分 7時00分

 

2019年12月15日の日の出時刻は6時31分(日本時間で7時31分)でしたから、ほぼ日の出時刻に合わせてのスタートになります。

 

フルマラソンのコース

2019台北マラソンフルマラソンコース

 

フルマラソンのコースは、台北市内の中心部を一周し、再び市政府へ戻ってくる周回コース。

 

前半は主要なランドマークを次々に通過し、後半は基隆河の河川敷に走って折り返してくる流れです。

最後まで市街地を走り抜けたいという方には、20km地点から35kmくらいまでの区間が物足りなく感じるかもしれません。

 

ハーフマラソンのコース

2019台北マラソンハーフマラソンコース

 

ハーフマラソンのコースは、基本的にはフルマラソンのショート版といった感じ。

 

前半の中世紀念堂から西門一帯にかけての部分と、中盤以降の基隆河沿いの部分が削除されたようなコースになっています。

 

道路幅は比較的に広いのですが、参加人数がフルマラソンの2.5倍と多いので、全般的に渋滞しがちです。

 

エントリー方法には2種類ある

 

台北マラソンのエントリーは、

  1. 公式ホームページから申し込む
  2. RUNNETから申し込む

この2つの方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

最初に結論から言うと、

  1. 公式ホームページでは参加費用が安いが、抽選になる
  2. RUNNETでは費用が割高になるが、先着順で参加できる

というところです。

 

それでは、それぞれの方法について具体的に説明していきます。

 

公式ホームページから申し込む方法

台北マラソンエントリー

 

まず、公式ホームページから申し込む方法について説明します。

 

申し込みのスケジュールは次の通り。

 

日 時 内 容

9月4日12時

~9月30日17時

公式ウェブサイト

申し込み受付期間 

10月2日9時 抽選結果通知

10月2日9時

~10月8日17時

当選者参加料入金

10月9日9時

準当選者(補欠)への通知

10月9日9時

~10月15日17時

準当選者の参加料入金

 

ちなみにRUNNETからの申し込みは下記の通り。

 

非常にシンプルで、エントリーの開始時期も早めです。

 

日 時 内 容

8月21日0時

~9月30日23時45分

RUNNET

申し込み受付期間

 

さて、公式ホームページから申し込む場合、申し込み→抽選→当選者発表→入金という流れになります。

 

もし、当選者の辞退(未入金)によって定員割れをした場合は、準当選者に対して当選通知→入金となります。

 

台湾在住者以外が申し込んだ場合で抽選から外れた、というお話は今まで聞いたことはありませんが、これが事実かどうかは分かりません。

 

実際、私も最初は公式ホームページからエントリーしたのですが、当選通知を受けることができました。

 

さて、次に申し込み費用についてです。

 

種 目 参加費用

フルマラソン

1,800元(1TWD=3.6円換算として約6,480円) 

ハーフマラソン 1,200元(同上、約4,320円)

 

公式ホームページから申し込んだ場合、日本事務局の半分くらいの費用で済ませることができるので、エントリーだけで5~6千円くらい節約することができます。

 

RUNNETから申し込む場合

RUNNET 2019台北マラソン

 

次にRUNNETから申し込む方法です。

 

RUNNETでは先着順でエントリーすることができ、支払いもオンラインですぐに完了できるので手間要らず。繰り返しになりますが、メリットを整理すると、

  1. 申し込みが先着なので、ほぼ確実に参加できる
  2. そのため大会ホームページより1ヶ月以上前から早くスケジュールを確定できるので、約3か月前から航空券の手配やホテルの予約が可能
  3. 手続きを1回で完了できるので、時間を節約できる

RUNNETから申し込むと割高になりますが、総合的に見ればむしろ割安だと考えられます。

 

 

種 目 参加費用

フルマラソン

13,000円 

ハーフマラソン 10,000円

*別途、手数料が必要です。

 

 

2019年大会の場合では、公式ホームページからの抽選結果が発表される以前に日本事務局でのエントリーが締め切られるというスケジュール。

 

ですから必ず参加したい方は、迷わずRUNNETから申し込んだ方が賢明

 

抽選から外れて参加できないというのは、機会損失以外の何物でもありません。人生はいつ何が起こるか分からないので、お金で解決できる手段を選ぶべき。

 

これは香港マラソンと一緒。

 

 

香港マラソン2019|すべて教えます!エントリーからレース当日のコースまで~日本事務局なら抽選を避けて先着で参加可能

 

最終的な通知は10日前に届く

2019台北マラソン

 

エントリーが完了し、最終的な通知を受けるのは約10日前です。

 

RUNNETからもメールで通知が来て、リンク先から状況を確認できるように案内されます。

 

現地での受付に必要なのは、大会本部から送られてくる通知なので、これを印刷して持参します。もちろん、スマホの画面を見せても大丈夫です。

 

その他、大会について詳しく知りたい方は、下記の記事もお読みください。

 

2019台北マラソン|ハーフマラソン参加を振り返って