【プーシーの丘】一度は見てみたい!メコン川に沈むルアンバパーンの夕陽

プーシーの丘

 

こんにちは!コモ子@やまたび北海道(@ComocoHk)です。

 

今日の話題はプーシーの丘。ルアンパバーンのランドマーク的な存在なので、滞在中、きっと誰もが訪れるところでしょう。

 

プーシーの丘は何と言ってもメコン川に沈む夕陽が有名。日没前には多くの観光客が詰めかけ、丘の頂上部分はとにかく人で混雑します。

 

今回、日没の1時間くらい前から丘に登ってみました。この記事を通じ、プーシーの丘についてご存知ない方にもその魅力が伝わり、ルアンパバーンに関心を寄せていただけたら嬉しいです。

 

なお、前回記事のクアンシーの滝については、下記の記事をご覧ください。

【クアンシーの滝】英会話が出来なくても大丈夫!ひとりでも行けるよ

 

プーシーの丘への行き方

プーシーの丘

 

ルアンパバーンの街は中心部にいる限り、道に迷うようなことはなく、すべて徒歩圏内なので便利で安心。

 

プーシーの丘に行くには、まずロイヤルパレスパバーン仏堂がある中心街へ。道路を挟んで反対側に丘がありますので、案内標識に従って階段を上っていきます。

 

ナイトマーケットが開かれるのも、ちょうどこの付近です。

 

 

Googleマップ上では北東側に緑色で道が描かれているのですが、多くの人はパバーン仏堂側から登っています。今回もそれに倣ってご紹介します。

 

プーシーの丘

 

階段をちょっと登ると左側に料金所があり、まずここで入場料20,000キープを支払います。

 

プーシーの丘はPhou si hillですが、看板にはChomsy hillと書かれています。これは頂上にタート・チョムシーと言う仏塔の名前に由来するようです。

 

プーシーの丘

 

料金所はこんな感じで簡素な作り。

 

ちなみに丘に登る前にトイレを済ませておきましょう。トイレも料金がかかりますが、徴収する人が不在のことも。料金は2,000キープです。

 

プーシーの丘

 

丘の頂上まで階段が整備されており、軽装で登ることができます。とは言ってもルアンパバーンは暑くて汗をかくので、ペットボトル1本くらいの水分は必須。

 

プーシーの丘

 

だんだんと石段が急になっていきますが、金色に輝く仏塔が見えてくると頂上はもうすぐ。

 

丘の上はどんな感じ?

プーシーの丘

 

丘の上には仏塔と寺院があります。正面と左右両サイドの扉が解放されていて、中には多くの仏像が祀られています。欧米や北東アジアの観光客ばかりではなく、タイなど近隣諸国の方も訪れているので、手を合わせてお参りする方が大勢います。

 

プーシーの丘

 

南側一帯にはルアンパバーンの街並みが広がっています。

 

標高150m程度なので、街を眼下に見下ろす感じになり、景色が抜群なんですよ。

 

プーシーの丘

 

なんて緑が多い街なのでしょう。

 

茶色や赤い色をした屋根を持つ家屋が多く、深い緑や青い空とのコントラストが美しいですよね。

 

ルアンパバーンプーシーの丘

 

ルアンパバーンの市街地からも眺められる、金色のタート・チョムシー。

 

翌朝に開催された、ルアンパバーンハーフマラソンのコースからもハッキリと見ることができました。

 

ルアンパバーンハーフマラソン2019|ラオス開催チャリティマラソンの楽しみ方

 

ちなみに、真下から見上げることはできますが、近寄ることはできません。

 

ルアンパバーン プーシーの丘

 

こちらがメコン川方向の眺め。丘の上には大きな木があるので、ちょっと視界を遮るのが残念。

 

日没まではまだまだ時間がありますが、すでに150人くらいがその瞬間を待っています。

 

ルアンパバーン プーシーの丘

 

メコン川に向いた斜面は石段がベンチのようになっていて、多くの人が座れるのですが、夕陽のショーが始まると総立ちで撮影会。

 

スマホで完全フルオートで撮影すると、思い通りの仕上がりにならないかもしれないので、事前に撮影モードを把握しておきたいところ。

 

ルアンパバーン プーシーの丘

 

さあ、いよいよ日が沈みますよ。

 

プーシーの丘

 

写真を撮るのもいいのですが、画面を通さず最後まで肉眼で楽しみたいですね。プーシーの丘は、そんな特別な場所だと感じました。

 

陽が沈むと周囲から歓声が上がり、大勢の人が丘を下りていきます。一気に暗くなりますので、街へ早めに下りてしまいましょう。

 

ルアンパバーン ナイトマーケット

 

麓に下りると、ちょうどナイトマーケットが始まったばかり。

 

ひと通り巡ったあと、お酒を飲みながらゆっくりとディナー。ルアンパバーンではそんな贅沢な時間の使い方をおすすめします。