週2回、ハーフマラソンの距離を走ることが楽しい

5月31日から6月6日のランニング

 

今週のトレーニングはメリハリをつけ、完全休養も積極的に取り入れることにした。

 

数日前のブログに書いたマラソン上達ノートを参考にしてみたのだ。

 

ホント、感化されやすい性格、、、汗

 

で、1週間に2回、2週連続でハーフマラソンの距離を走ってみたので、この2週間で21kmを4回走ったことになる。

 

たったの4回でどれだけ成長したかと問われれば、走る距離やトレーニング時間への耐性が少し付いたのが一番の成長のように思う。

 

今週の結果は次の通り。

  • 5月31日(日)完全休養
  • 6月1日(月)ハーフマラソン(2時間5分)
  • 6月2日(火)完全休養
  • 6月3日(水)7kmジョグ(6分30秒/km)
  • 6月4日(木)30kmバイク(90分)
  • 6月5日(金)ハーフマラソン(2時間)
  • 6月6日(土)完全休養

毎日のトレーニングを平均化してしまうと、走らない日があると「サボってしまった」という罪悪感に陥る。

 

僕はここ数年、通勤ランニングによって毎日走ることを習慣化していたので、走らない日、特に休日には違和感を感じていた。

 

でも、いつもより長い距離を走ったり、スピード練習を取り入れたりすると、何もしない日もトレーニングの一環として休養しているのだと思えるようになった。

 

実に、都合の良い解釈だと思う。

 

ただし、完全休養日であっても、ストレッチは朝と夜の2回しっかり行う。

 

「アレクサ!『プレイリストお気に入り』をかけて!」

 

スマートスピーカーから流れる、好きな音楽に合わせて行うストレッチは実に心地よい。

 

それと、ハーフを走った後は、温めのお風呂と水風呂でのアイシングも欠かさない。

 

実際に、休養後は一気に回復してパワーアップしている実感がある。

 

こんな47歳のオッサンでも、、、

 

 

大好きなビールも控えめにし、食事に配慮して回復に専念する

ハーフマラソンタイム

 

それと、今週は食事や水分補給にも気を配ってみた。

 

今週のトレーニングを例に話をすると、ハーフマラソンを走った直後は、

  1. 大好きな麦とホップを飲まない、飲んでもアルコール度数の低いほろよい1本だけにする ⇨ 胃腸に負担をかけない
  2. 夕食の時間が遅くなるが、タンパク質と野菜だけではなく、ご飯もしっかり食べる ⇨ 翌日の体調が良い
  3. いつもの2倍くらい水を飲む ⇨ 特に翌日は4リットルくらい。

それと、やはり2週間前に手に入れたスマートバンドで、パフォーマンスを数値で見られるようになった影響が大きい。

 

結果を数値で見ることができると、単純にモチベーションが上がるものだ。

 

僅か8千円程度のオモチャで、やる気が出るオッサン。

 

安上がりだし、感化もされやすい。

 

褒められて伸びるタイプだ。

 

だから、よく騙されるのかもしれない、、、。

 

そして、運動しても体重がほとんど減らないのはいかがなものか。

 

 

最近の記事