富良野岳|初冠雪の十勝連峰と表大雪の眺め|凌雲閣から夏道で

 

大雪山系の旭岳に初冠雪の便りが届くと、十勝連峰や北大雪も相次いで雪に覆われるようになります。その後何度か雪が降ると、大雪山系はあっという間に一面が雪景色に。紅葉シーズンと同じく、初冠雪から1か月くらいの間で積雪が一気に増えますから、10月いっぱいをめどにして初冬の雪山ハイキングを楽しみたいところです。

 

この記事では、10月初旬に富良野岳を訪れる方に向けてその概要をお伝えしていきます。三峰山との縦走路分岐がある稜線に出るだけでも、最高の景色を楽しむことができるので、初冬のおススメルートです。西側の山腹をトラバースしながら稜線へと至るコースなので、11月以降は難しくなります。大雪山系の初冠雪から2週間以内をめどに訪れるのが最適かと思います。 

 

稜線にガスがかかっていても、天気図を信頼してみよう

十勝連峰

 

紅葉シーズンが終了すると、大雪山系の山々に訪れる登山者は一気に少なくなる傾向があります。そのため、得られる情報も格段と少なくなり、現地へ行くまで状況が分からないということも珍しくありません。

 

十勝連峰の主要な登山口である十勝岳温泉や吹上温泉、望岳台などはいずれも標高が高いため、車中泊をして朝を迎えた場合、 ガスの中で天候がわからないことがしばしばあります。そのようなことから、私は登山口ではなく上富良野市街地で車中泊をすることをお薦めします。カメラのシャッター速度を遅くすれば夜でも山々の状況も見えますし、深夜早朝の冷え込み対策にもなります。おススメは日の出公園。小高い丘になっているため十勝連峰の山々がが一望でき、すぐに現在の状況がわかります。

  

十勝岳温泉駐車場

 

取材日は平日の早朝ということもあって、登山口の駐車場には私の車以外ありません。やはり10月の大雪山系は、夏山でもなく冬山でもないという一番中途半端な季節と考えらがち。

 

十勝岳温泉登山記録

 

冬期間の入林届けは、凌雲閣さんの玄関で記入することがありますが、10月初旬はいつもの夏道の入り口にて記入します。

 

安政火口入口

 

安政火口との分岐点までの道のりは、道幅も広くて明瞭なので少々雪が降ったくらいでは見失うことはありません。ここでラッセルをしなくてはならないくらいの積雪になったら、もはや上部へは行けない時期に入ったと考えていいでしょう。山腹のトラバースでのラッセルは厳しいですし、雪崩の危険性があります。

 

安政火口

 

早朝からわずか数時間後には完全に雪が解けてこのような感じに。左手が三段山付近。正面が上ホロカメットク山付近の主稜線。まるでヨーロッパのアルプスやヒマラヤのような景色に感動するでしょう。

 

富良野岳登山道

 

早朝は、笹やハイマツにも雪がどっさり乗っかって垂れ下がり気味。これがあとで思わぬ障害になります。理由は、登山道に覆いかぶさるように垂れ下がっているので、狭いところではシャーベット状の雪が身体に付着するわけです。これが冷たくて身体も濡れるので雪解けが進む時間帯は注意が必要です。

 

三段山

 

三段山方向の崖尾根コースと呼ばれている夏道は、長い期間通行止めになっており、今後も解放される見込みは薄そうです。現在、三段山に登る場合は吹上温泉から登るのが一般的。

 

安政火口

 

安政火口分岐付近からは稜線を見上げられるのですが、ガスがかかるとこのような感じです。ここから富良野岳は西側斜面なので、雲がかかると午前中は特に暗くて冷え込みます。

 

安政火口

 

いっぽうでガスが晴れて天気が良い午後には気温が上がって汗をかくほど暑く、正面に真っ白な主稜線を見ることができます。ここまでは観光客の方でも来ることができます。ただし靴が汚れることは必至。

 

正面の主稜線はおよそカミホロカメットク山から十勝岳の中間付近。手前右側は化物岩のあたりですね。

 

安政火口分岐

 

登山道は安政火口分岐の手前で一度渡渉し、トラバースをしながら次の上ホロ分岐へと進んで行きます。渡渉点は何度かありますが、いずれも飛び石で渡ることが出来るので、靴を濡らすことはないでしょう。

 

ここからは大きな岩がミックスされた登山道に変化し、これまでの観光歩道とは異なります。

 

富良野岳分岐

 

しばらく先に進むと今度は上ホロ分岐地点へ到着。富良野岳へは、三峰山との縦走路分岐のコルに上がるまで、さらに山腹をトラバースしながら進みます。稜線まで約2kmの道のりです。

 

富良野岳

 

ここから先も、急峻な十勝連峰の西側に位置しているため、日の出からかなり時間が経たないと明るくなりません。いっぽうで富良野岳は朝陽をまともに浴びるので、白く輝いてとてもきれいに見えるんですね。

 

富良野岳登山道

 

登山道から十勝岳温泉を振り返ると、山腹に小さな池が見えます。地図上に表記もなく、航空写真にも写っていないことから、この時期だけしか見られないのかもしれません。詳細は不明です。

 

三峰山

 

稜線が近くなると一部に木段が設置されていて、目指す富良野岳や後方には十勝岳が確認できるようになります。一段一段丁寧に登るとまもなく稜線に到着です。

 

富良野岳縦走路分岐

 

富良野岳と縦走路の分岐地点へ到着すると眼下に縦走路を、その先に三峰山から続く十勝連峰の山並みを眺めることができます。ここからいったん富良野岳を往復してから三峰山を越え、上富良野岳から下山するのが夏のおススメプラン。三峰山も富良野岳と並んでお花が多く、上富良野岳まで進むと見える景色がかなり異なるので、行ってみる価値がありますよ。

 

富良野岳縦走路分岐

 

ひと休みしたら引き続き富良野岳の山頂を目指して登り始めましょう。6月下旬ごろのこの付近の斜面は、チングルマをはじめとするお花畑になっていて、とても見ごたえがあります。お花に乏しい十勝連峰ですが、富良野岳は花が多いことで有名ですね。

 

富良野岳

 

富良野岳への登りは、山肌をトラバース気味になったり稜線上を歩いたりしながら標高差にして150mくらいを登ります。シーズン初めでも雪が吹き溜まりになりますので、ややラッセル気味。夏道はガレ場なので、滑らないように注意しながら進みましょう。

 

富良野岳の山頂から真っ白な十勝連峰を眺めよう

富良野岳

 

登り詰めるとそこが富良野岳の山頂。十勝連峰の事実上の末端の山です。遠く表大雪の山々まで一望できます。

 

富良野岳

 

こちらは9月の富良野岳山頂の様子。遠くに見えるのは東大雪のニペソツ山。あれだけの鋭鋒も西から見ると、南北の稜線を見ることになるので優しい山容に見えるのがおもしろいですね。直線距離で約33km離れています。

 

富良野岳山頂

 

上ホロカメットク山から続く国境稜線。空知郡の南富良野町と上川郡の新得町を分けています。下ホロカメットク山の端正な円錐形はどこから見ても目立ちますね。カムチャッカ半島のコリャーク、イランのダマ―ヴァンド山、フィリピンのマヨン山など、世界には円錐形の美しい山々がたくさんあります。

 

富良野岳

 

こちらは前富良野岳。富良野盆地を挟んで対岸に見えるのが夕張山地です。

 

芦別岳

 

芦別岳をズームで見るとこのような形に。芦別岳は北海道を代表する鋭鋒として知られていますが、東から見ると稜線上の一つのピークにしか見えませんね。そして直線距離ではニペソツ山とほぼ同じ距離というから驚き。ニペソツ山のほうがはるかに遠い印象がありますが、数字は決してウソつきません。

 

夕張岳

 

そしてこちらが夕張岳。前岳がもっとも尖がって見えるのがこの角度のようですね。こちらは直線距離で約45km離れています。旭川市や三国山と同じくらいの距離なんですって。

 

表大雪

 

もちろん表大雪の山並みも見渡すことができます。初冠雪からわずか5日ですでに真っ白になりました。上部には植生がほとんどないことが、白さを加速する理由なのでしょう。

 

富良野岳

 

主要なピークはキャプチャの通り。前十勝付近は噴煙を上げており、地熱のせいで雪がありません。三段山が背面の稜線より低いことからイマイチ判然としませんが、概ね山頂を結んだ線上に美瑛岳が位置しています。

 

最後に動画をアップしておきますので、こちらもご覧下さい。風の音とピント合わせの雑音が入り、ピンボケもしていますがお許しを。 

 ※再生すると、音が出ますのでご注意ください。

 

この記事は2017年10月6日の山行をもとに作成しました。