【2018年7月版】ジョホールバル|スナイ空港からJBセントラルへバスで移動するには?さらにシンガポールへ陸路で入国する方法を説明します

 

こんにちは!やまたび北海道のコモ子です。

 

今日はシンガポールの話題。2018年7月、マレーシアのジョホールバルから陸路でシンガポールへ入国してみました。今日はそのときの様子を交えて、陸路でシンガポールへ入国する方法についてご紹介します。

 

インターネットで検索すると、シンガポールからジョホールバルへ日帰りする方法については多く紹介されていますが、日本からクアラルンプールを経由してスナイ空港からシンガポールまで行く方法については、ほとんど紹介されていません。

 

そこで本記事では、まず最初にクアラルンプールKLIA2での乗り継ぎについてお話し、それ以降の旅程についてもお伝えしていきます。具体的には、

  1. クアラルンプールKLIA2で国内線に乗り継ぐ際の注意点
  2. スナイ空港からJBセントラル行きのバスに乗る方法と所要時間
  3. JBセントラルのショッピングモール「シティスクエア」について
  4. JBセントラルでのマレーシアの出国手続き
  5. JBセントラルからシンガポールウッドランズ行きのバスに乗る方法
  6. ウッドランズでのシンガポールへの入国手続き
  7. ウッドランズから再びバスに乗車するには?

これらについてまとめていきます。どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

 

  

クアラルンプールKLIA2で国内線に乗り継ぐ際の注意点

 

クアラルンプール国際空港は、ほぼすべての航空会社が乗り入れるKLIAと、エアアジア系列95%以上のまるで専用ターミナルのようなKLIA2の2つがあります。

 

日本からクアラルンプールを経由してジョホールバルへ乗り継ぐ方は、おそらくどちらのフライトともエアアジア利用だと思いますので、ターミナル間の移動時間を考慮しなくても大丈夫です。いっぽう、日本から他社便でクアラルンプール入りをしてエアアジアに乗り継ぐような場合、ターミナル間の移動時間が発生しますので、その分の時間をみておきたいところです。

 

また、日本からエアアジアでクアラルンプール入りしてそのままの乗り継ぎであっても、国内線への乗り継ぎとなるため、クアラルンプールでマレーシアへ入国する必要があります。これまでの私の経験上、KLIA2のイミグレーションではどんなに早くても最低30分以上は待たされますし、駐機場がサテライト側になるので、到着直後の移動にも時間がかかります。そのような理由で、駐機場到着から入国審査完了まで最低でも1時間はみておきたいところです。

 

さらに国内線への乗り継ぎで再びチェックインをする必要がありますが、ウェブチェックインを済ませていても手荷物を預ける場合、カウンターで再び30分以上並ぶ必要が発生します。

 

また、預ける手荷物がなくても、セルフチェックインの機械の大半がダウンしていることがあったり、センサーの不調で旅程表のバーコードやパスポートがスキャンできないこともあり、こういう場合にもカウンターで並ばなくてはなりません。

 

そのため、日本でのLCCを利用する感覚で、搭乗手続き締め切り時間直前にゲートへ行ことうすると、搭乗できない可能性がありますので、KLIA2での乗り継ぎには3時間くらい余裕があったほうが安心です。

 

 

私は、エアアジアXの深夜便で羽田空港からクアラルンプールへ行きました。日本発の東南アジア行きは、到着予定時間より1時間程度前後することがよくありますので、そのへんも想定したいところです。

 

深夜便の場合、機内で食事をしないパターンが多いと思いますので、到着後はお腹ペコペコ。乗り継ぎ前に食事も済ませておきたいですよね。

 

そんなとき、便利なのがマレーシアのコーヒーチェン「オールド タウン ホワイト コーヒー」。ここKLIA2にも3店舗くらいあって、到着ロビーの左手にも1店あります。

 

 

早朝の到着なら、モーニングコーヒーとトーストがおすすめ。マレー半島でメジャーな朝食メニューのホワイトコーヒーとカヤトーストがここの看板メニューです。

 

どちらも甘めなので、早朝からクドいと感じるかもしれませんが、ここは現地のメニューを楽しみたいところです。どこの空港でもスターバックスの利用者が多いのですが、ローカルのカフェの方が価格もお手頃で、地元のメニューが楽しめるんです。

 

ちなみにこのセットは10リンギットそこそこのお値段。

 

オールドタウンホワイトコーヒーのウェブサイトはこちら

 

ちなみにAmazonでもオールドタウンホワイトコーヒーの商品が販売されています。

 

 

いやいや、コーヒーとトーストだけじゃあ足りないよ!なんていう方は、前出のオールドタウンホワイトコーヒーでもいろいろなメニューが楽しめますし、他の有名な飲食チェーンでは「パパリッチ」、2階には「クイズイン」というフードコートや「バーガーキング」もあるのでお勧めです。

 

早朝のフードコートは閑散としており、朝陽を浴びながらテラスで食べることもできます。ただし、カラスにご注意ですが・・・

 

私はトーストだけでは物足りなく、チキンカツとナシゴレンに卵焼きが乗ったメニューを追加。こちらも10リンギット前後で食べられるので、お値打ち感があります。

 

また、プライオリティパスを持っている方であれば、PLAZA PREMIUM LOUNGEの利用もお勧めですが、 食事のボリュームがやや少なめなのがちょっと難点かも。

 

 

KLIA2

 

KLIA2から国内線に搭乗するには、出発ロビー左手からゲートJとゲートKがある階下へ降ります。日本人が利用する機会が少ないかもしれませんが、コタキナバルなどカリマンタン島へのフライトも多いため、現地の方の利用が多い印象です。

 

 

スナイ国際空港からJBセントラル行きのバスに乗る方法と所要時間

 

スナイ国際空港は、カンボジアのシェムリアップ国際空港のようにとても小さな空港です。マレーシア国内だけではなく、インドネシアやタイ、ベトナムへの路線も開かれています。

 

タラップを降りて熱気が伝わる屋外をしばし歩いてターミナルへ。出発客と到着客とが混交する作りになっており、搭乗の待合ロビーを通過して一般エリアに出ます。

 

小さな空港は設備が貧弱な印象がありますが、免税店などをあまり利用しない旅行者にとってはターミナル内の移動が楽で、長蛇の列に並ぶこともほとんどないため、かえって都合が良いかもしれません。

 

スナイ国際空港はまさにそんなコンパクトにまとめられた施設。

 

 

さて早速、空港からバスに乗ってJBセントラルへ移動することにしましょう。バスに乗るためには、まずターミナル内にあるチケットカウンターで乗車券を購入します。

 

floor map

 

到着ロビーからの流れはだいたいこのようなイメージです。

 

コーズウェイリンクバスのチケットカウンターはだいたい真ん中あたりにあります。

 

スナイ空港バスチケットカウンター

 

「島」の裏手には、レンタカーやタクシーチケットのカウンターがあり、コーズウェイリンクのカウンターはこちら側。エアアジアのシャトルバスのチケットも販売している様子。カウンターでJBセントラル行きを購入しましょう。

 

スナイ空港バスチケットカウンター

 

カウンターには次のバスの時間と運賃が明示されているので分かりやすいですね。「8リンギットをお釣りがないように」と書かれていますので、できれば釣銭なく用意しておきたいところです。

 

 

チケットを入手したらその流れでバス乗り場へ。バスの乗り場は屋外の最も奥にあるので、少し余裕をもって向かいましょう。とは言え、バスが到着していても運転手が休憩中で乗車させない、時間になっても出発しない、というようなこともあります。

 

空港にはスターバックスやバーガーキング、サブウェイ、KFC、コンビニもありますので、バスの待ち時間での利用にはちょうど良いかも。

 

スナイ空港バス乗り場

 

バスの乗り場には、シンガポール入国までのフロー図が書かれた看板が設置されています。

  1. 空港でバスのチケットを購入
  2. バスに乗車
  3. 出国手続きが済んだら、シンガポールでの行き先に合わせたバスの乗車券を購入
  4. シンガポール入り

といった流れです。

 

senai airopt shuttele

 

看板の写真が見ずらいので、コーズウェイリンクのウェブサイトから引用。

 

コーズウェイリンク

 

バスは前乗りです。チケットには座席番号が書かれていますが、無視して大丈夫。乗車時に運転手さんに渡せば、半券を切り取って返してくれます。

 

JBセントラルまでは約30kmの道のりで、40分前後の時間がかかります。

 

 

JBセントラルのショッピングモール「シティスクエア」について

JBセントラル

 

さて、バスに揺られて約40分、ジョホールバルの中心地「JBセントラル」に到着です。バスターミナルから人の流れに乗って、まずは上階を目指しましょう。

 

JBセントラル

 

エスカレーターで上階に上がると、コンコースに出ます。右手にCIQ、左手がシティセンターへと続くジョホールバル駅です。

 

ちなみにCIQとは税関、出入国審査、検疫の総称。すぐにマレーシアを出国する際は、右に進みます。詳細は後ほど記述します。

 

でもせっかくだから、シティスクエアに立ち寄ってみましょう。

 

ジョホールバル駅

 

駅の中をスルーして、反対側から外に出ると、シティセンターへと続くスカイウォークがあります。シンガポールとは異なり、欧米からの観光客はほとんど見かけない印象。

 

スターバックスやセブンイレブンなどもありますが、食事をするならシティスクエアがおススメ。

 

シティスクエア

 

スカイウォークで大通りを横断すると、正面に両替所があります。ここを左に曲がるとシティスクエアです。

 

特に変わり映えのないショッピングセンターですが、一通りの店舗が揃っています。飲食店も各フロアにあり、最下階と最上階はほぼ飲食店街で、フードコートは最上階にあります。

 

シティスクエア

 

食事に関しては、小籠包で有名なディン・タイ・フォン、ドラゴンアイ、ナンドス、パパリッチといった有名どころはもちろん、マクドナルドやKFCなどのファストフード、マンゴーで有名な許留山などもありますよ。

 

シティスクエアのウェブサイトはこちら

 

 

JBセントラルでのマレーシアの出国手続き

ジョホールバルCIQ

 

さて、シティスクエアに寄り道をしたところで、本題の出国手続きです。

 

CIQ内ではWoodlandsの矢印に従って進みます。週末のお昼はシンガポールからマレーシアへ帰省する人や買い物にやって来る人が多い印象。ちょうど人の流れと逆行するイメージです。

 

JBセントラルCIQ

 

コンコースからは人の流れが決まっていますので、一番右のレーンを歩いて行きましょう。

 

CIQ

 

さらにエスカレーターで上階へ。みんな左側に寄ってますね!

 

CIQ

 

エスカレーターを上がると、CIQの入り口がある広場に出ますので、右へ向かって進みます。ここからは一方通行。

 

CIQ

 

長い通路に沿って進み、折り返したらイミグレーションです。マレーシアは出入国カードはありませんので、審査官にパスポートを渡して手続きが完了したら出国となります。

 

私が訪れた土曜の午後は、マレーシアから出国する側は閑散としている一方、入国する側は非常に混雑していました。シンガポールからマレーシア入りをして、スナイ国際空港からのフライトを利用する場合は、タイムスケジュールに注意が必要です。

 

 

JBセントラルからシンガポールウッドランズ行きのバスに乗る方法

CIQ

 

さて、出国手続きを終えて階下のバス乗り場へやって来ました。行き先によっていろんなバスがありますが、コーズウェイリンクを利用して、シンガポールの最寄りのMRT駅「クランジ駅」へ行くのであれば、横断歩道を渡って正面のバス乗り場へ向かいます。

 

国境を越えるバスはCW1からCW6まで全部で7種類あるのですが、ここに停車するバスは

  • CW1(MRT「クランジ」行き)
  • CW2(クイーンストリート行き)
  • CW5(ニュートンサーカス行き)

の3種類です。CW1の場合、運賃は1.5マレーシアリンギットで、乗車時に支払います。マレーシアからの出国の際には、シンガポールドルが使用できないので注意が必要です。

 

コーズウェイリンク

 

バスの乗車券を購入するとき、釣銭が出ないので注意が必要です。でも、乗車前に係員がいていろいろとお世話をしてくれます。 

 

私が利用したときには小銭の所持金が35セン(0.35リンギット)しかありませんでしたが、前の乗客が5リンギット紙幣しか持っていなかったため、前の乗客に1.35リンギットを渡して2人分を購入してもらうように係員が調整してくれました。

 

なお、バスの乗車レーンがCW1、CW2、CW5と分かれていますが、到着したバスに順次乗せられます。

 

コーズウェイリンクのウェブサイトはこちら

 

 

ウッドランズでのシンガポールへの入国手続き

コーズウェイリンク

 

さて、バスに乗車してシンガポールのウッドランズを目指します。

 

橋1本なので、渋滞してなかなか進みませんが、陸路で国境を越えるワクワク感をのんびりと楽しみましょう。

 

ウッドランズ

 

車窓の風景を眺めていると、徒歩でシンガポールから橋を渡る人が多いことに気付きます。以前、徒歩での国境越えが禁止されたという情報がありましたが、マレーシア方面へは再開されたのかもしれません(要確認)。いっぽうで、マレーシアからシンガポールへ向かって歩いている人は一人もいませんでした。

 

 

ちなみに今回利用したセカイルーター「Glocal Me」は、シンガポールに入国してどこまでマレーシアのパッケージで通信できるのか気になっていました。

 

少なくとも、橋の上まではマレーシア1日300MB$1.5のパッケージで通信できましたよ。

 

※画像はその瞬間のものではありません。

 

ウッドランズから再びバスに乗車するには?

ウッドランズ

 

ウッドランズでの入国審査を終えると、再びバスに乗車します。

 

ちなみにシンガポールの入国に関しては、出入国カードへの記入を要します。シンガポールのアライバルカードは記入が面倒なほうなので、ちょっと時間がかかります。

 

バスは行き先によってレーンが決まっていますので、間違えないように並びましょう。バスがなかなかやって来ないので、みんな暑いなか柵に寄りかかってスマホをいじって気長に待っています。

 

MRTクランジ

 

バスに乗車すると、MRT「クランジ」駅までの所要時間は短く、あっという間に到着します。陸路で国境を越えるという体験をするには、とてもお手軽なコース。

 

なお、クランジはシンガポールのMRTのなかでは、旅行者があまり利用する機会が少ないと思われる南北線の駅。途中でLRTに乗り継ぐ場合など、シンガポールでは交通系ICカードのEZLinkがあると便利です。

 

EZlink

 

ICカードは$5がカード代金で、$7がチャージ分の合計$12で購入できます。窓口で駅員さんに伝えればOK。マリーナベイなどの観光客で混雑する駅では、チケットの購入に時間がかかるので、MRTをよく利用する人なら持っていたほうがいいでしょう。

 

EZlink

 

カードはいろんなタイプがあるようですが、こんな感じのデザインも。シンガポール観光には欠かせません。

 

 

日本人旅行者がスナイ国際空港を経由してシンガポールへ入国するようなシチュエーションはあまり考えられませんが、この記事がお役に立てば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。