【北見富士】北海道の百名山|初心者向けの易しい藪山を敢えて積雪期に登ってみる

 

通常「北海道百名山」とは、「北海道の百名山」(北海道新聞社)と「新版 北海道百名山」(山と渓谷社)の両誌で紹介されている、合計118の名山を指します。

 

この記事をご覧の方には、今さら説明不要かと思いますが、北見富士は「北海道の百名山」(北海道新聞社)に紹介されている藪山です。同名の北見富士が北見山地にもあり、紋別市、遠軽町、滝上町の境界に位置しており、標高もそちらの方が高いのですが、百名山に選ばれているのは、北見市留辺蘂町富士見地区にある北見富士です。

 

この北見富士、実は公式には登山道は存在しておりません。しかし、作業道や鹿道、踏み後が発達してしまったのか、今では山頂まで道が付いているようで、無雪期に登る方が少なからずいるようです。最近は山岳ガイドさんもお連れしているみたいですね。

 

登山所要時間がとても短く、これを百名山という理由だけで登るとなると、やや物足りなさを感じます。趣味の山歩き、ピークを踏むためだけの「やっつけ仕事」になるのはちょっぴり寂しい気がしますよね。

 

すべての百名山が登頂に困難である必要性はまったくありませんが、簡単に登ることが出来る山へは、できるだけハードルを高く設定し、違った魅力に触れてみたいと思い、あえて冬季に登ってみることにしました。

 

今回登るルートは、積雪期には一般的なのですが、傾斜がきつく、雪質によってはハードなラッセルを覚悟しなければなりません。

 

2018年1月2日に訪れてみた記録を綴りますので、どうぞ最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

スポンサーリンク

留辺蕊町富士見地区の50号林道から尾根に取り付こう

50号林道

 

北見市留辺蘂町富士見地区には、「くまがい北きつね牧場」という夏季のみ営業している施設があります。ここからさらに北見市寄りに250mほど進んだところに、住居や動物の飼育施設棟などが複数あり、そこから50号林道が北西に延びています。

 

1月のこの時期は林道が除雪されておらず、私有地との境界も不明確なので、駐車する場所には注意を払いたいところ。林道入り口付近も、この付近の私有地の所有者の方が、重機で除雪をされているでしょうから、駐車する際は一声かけた方がよさそうです。

 

無加川

 

50号林道を歩き始めて200mくらいで無加川に架かる「生間内橋」があります。しかし橋梁のみが残り、手前の林道部分は土砂が流出し、流木が堆積しています。おそらく2016年の台風で流されたものと推測されます。

 

無雪期に関してはわかりませんが、積雪期であれば雪の上を歩いて橋梁部分に取り付くことができ、水に濡れることなく本流を渡渉することができます。

 

北見富士

 

50号林道をラッセルしながらしばらく歩くと、カーブミラーがある標高点・501のコーナーがあります。そこからパオマナイ川のスノーブリッジを渡渉し、斜面に付けられた作業道らしき道を登って尾根に取り付きます。

 

北見富士

 

北見富士は、基本的には木々が覆い茂る藪山なので、積雪期に訪れても残念ながら展望が開けるわけではありません。

 

いっぽうで、このルートは尾根が明瞭なので、展望が無くても尾根を忠実にトレースしていけば山頂へ着くことができます。

 

北見富士

 

一つ、難点は倒木が多いこと。枝もたくさん落ちていて、特に尾根上に堆積して進路を妨害します。

 

また、尾根だけに低灌木が茂っている箇所もあり、そういうところに限って両脇が急斜面だったりします。

 

北見富士

 

ルート上には、何度か尾根が緩斜面になる箇所があるのですが、基本的には高度を上げるにしたがって急登になると考えていいでしょう。

 

まず、標高点・830の手前に作業道らしき道がありますが、その手前が最初の急登になります。

 

直登したいところですが、ちょっと急斜面なのでジグを切りながら登ります。

 

スノーシューはトラバースが不得意なので、やや疲れる場面です。

 

北見富士

 

標高点・830の手前には、ちょっとした崖がありますが、西側には倒木が道を塞いでいるので、無理やりここを登ることに。

 

北見富士

 

樹木が全くない区間が100mくらい続いたかと思うと、一気に雪が深くなり、倒木群と急斜面とで著しく前進速度が遅くなりました。

 

この時点で山頂へ至るには時間的に困難と判断しましたが、標高1,170mの平坦地まで登らなければ満足できず、急斜面を登りきったところを今回のゴールに設定することとします。

 

視界が悪い、雪は降る、時間も遅い、ということで無理に山頂に立つ理由を見出せません。

 

「ここで止めたら次は無いから必ず山頂へ立つ」という判断も時には大切ですが、「次が無くてもそれで良い」という諦めの判断も大切だと思うのです。

 

北見富士

 

何とか目標地点に到達したのでここをゴールとします。

 

雪山の山頂間近で撤退した経験は今までにもあり、最近では海別岳、十勝岳、白雲山、雄阿寒岳がそれにあたります。山頂に立つことはできませんでしたが、結果として満足している山旅ばかりです。

 

いっぽうで、雪のコンディションや天候が良くないのに登頂したこともあり、前日に登った武佐岳、南ペトウトル、野塚岳、チトカニウシ山、ピセナイ山などがこれにあたります。果たして無理やり登る意味があったのだろうかと、疑問符が付いてしまう山旅でした。

 

これは雪山に限らず、夏山でも同じです。

 

山に限らず、何事にも潮時と言うものがあって、その見極めと決断が大切だと思います。

 

塩別つるつる温泉

 

下山後に便利な温泉がこちらの「塩別つるつる温泉」さん。

 

日帰り入浴は大人500円(2018年1月2日現在)で、もちろん宿泊や食事をすることもできます。

 

夏山登山は汗を流し、疲れた体を癒すためには最高ですが、冬山登山では芯まで冷え切った体を温めるために、とにかく入浴が欠かせません。

 

内湯も露天風呂も浴槽が広く、休憩スペースでは生ビールも飲むことができるので最高です☆

 

 

積雪期の北見富士は、一部の方にしか理解していただけないようなマイナーな山行になりますが、これから目指す方がいれば、参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 


スポンサーリンク