深圳⇔広州間の列車に乗る方法|広深線和諧号の乗車券の買い方など詳しく説明します

広州東駅の駅構内

 

こんにちは!やまたび北海道のコモ子です。

 

いよいよ2018年の秋、香港の西九龍から広州南駅へ最短47分で結ぶ高速鉄道が開業しました。

 

しかしながら広州南駅は中心街から遠く、従来の広深線よりも料金にかなりの開きがあります。

 

 

そのためこの記事では、依然として旅行者にとって利便性が高い広深線(和諧号)について、乗り方をまとめてみました。

 

記事を通じて多くの日本人観光客の方が、容易に深センや広州へ行くことができる一助になれば幸いです。

 

 

 

広州~深圳間の鉄道(概念図)と料金について

概念図

 

上の画像のように、北側のルートを行くのが従来から利用されている広深線(和諧号)、南側のルートを行くのが2010年代に入って整備された高速鉄道です。

 

前述のとおり、最近さらに香港の九龍西駅まで延伸され利便性が増しました。

 

でも、南側を行く高速鉄道2等席の料金は、香港の九龍西駅~広州南駅の区間で200元前後が相場。

 

いっぽう広深線和諧号2等席の料金は、広州東駅~深圳駅(羅湖)の区間で79.5元、羅湖駅~紅磡駅の区間で40香港ドルです。

 

つまり高速鉄道を利用すると、4割~5割くらい割増しになるということがわかります。

 

急ぐ必要がない旅行者なら、従来の広深線和諧号がコスパで勝るのでおススメです。

 

広深線(和諧号)乗車方法のキホン

和諧号

 

続いて和諧号に乗車するときの手順を詳しく解説していきます。

 

まずは乗車時の基本的な流れは次の通りです。

  1. セキュリティチェックを受けて駅構内に入る
  2. 窓口でチケットを購入する
  3. 改札口でパスポートのチェックと顔認証をして待合室に入る
  4. ゲートが開いたらホームへ下りて列車に乗る
  5. 指定された席に座る

続いて下車時の基本的な流れです。

  1. 到着したら下車をして人の流れについて出口へ
  2. 改札で乗車券のQRコードをかざす
  3. 駅構内から出る

以上の流れになります。

 

実はこれ、中国の地下鉄や飛行機とほとんど一緒なんですよね。

 

ポイントは、まずX線検査機で荷物と身体のセキュリティチェックを受けてから、駅の構内へ入ること。

 

乗車券の購入はそれからになります。

 

 

なお、深圳駅および広州東駅で職員と直接やり取りするのは、乗車券の購入時のみです。

 

まずはセキュリティチェックを受けて駅構内へ入る

広州東駅

 

上の画像は広州東駅の駅構内から見た様子です。

 

広州東駅では1号門から駅構内に入り、ここでセキュリティチェックを受けます。

 

地下鉄から1階に上がると右手に2号門がありますが、こちらは駅構内からの出口専用となります。

 

左に曲がるとすぐにセブンイレブンがありますので、そちら側から1号門へ。

 

ここでセキュリティチェックを受けます。

 

たまに広東語で話しかけられることがありますが、手にペットボトルの水を持っている場合、ポケットにゴチャゴチャ入っている場合くらいです。

 

 

※余談になりますが、中国の空港では、機内持ち込み手荷物の中に折りたたみ傘が入っている場合、PCやスマホ等と一緒に外へ出すように要求されます。

 

深圳駅

 

深圳駅では、羅湖口岸を背にしてしばらくまっすぐ進むと、左手に入り口があります。

 

深圳駅は羅湖口岸に近い方が入場口、遠い方が出場口です。

 

途中に自動券売機が並んでいますが、日本人はまずセキュリティチェックを受けて駅構内に入り、中にある有人のチケットカウンターで購入します。

 

乗車券の購入方法

広州東駅

 

続いて乗車券の購入です。

 

広州東駅は駅構内が広いので迷子になりがちですが、セキュリティチェックを受けて左手にしばらく進めばチケットカウンターがあります。

 

深圳駅

 

いっぽう深圳駅は駅構内が狭いので、すぐにカウンターがあります。

 

中国語が話せない人は筆談で大丈夫。

 

深圳駅から広州東駅へ行くならば、

「广州东 二等座 一票」と書いて現金パスポートを提示するだけ。

 

もちろんアリペイなどQRコード決済もOKですが、最近の中国では現金を使う機会が少ないので、こういうときに使った方がいいかも。

 

 

ちなみに列車を指定されるため、窓口に並ぶ前に駅構内の電光掲示板で、自分が乗りたい列車を確認して自分で指定したほうがいいでしょう。

 

次の列車でも大丈夫ですが、初めての場合は少し余裕をみて30分くらい後の列車(2~3本後)の列車番号を指定したほうがいいかも。

 

その場合「深圳 二等座 一票 C7185」のように書きます。

 

特に広州東駅から深センへ向かう場合は、駅構内が広いので少し余裕をみたいですね。

 

チケット

 

このような感じでQRコード付きのチケットを購入出来ました。

 

ちなみに窓口での接客態度は、日本を基準に考えると腹が立つかもしれませんが、気にしないこと。

 

乗車券やパスポートはプイッと投げるように返されることも、、、汗

 

 

自動券売機

 

こちらは広州東駅の自動券売機。

 

中国のIT化はかなり早いので、外国人でも購入できるようにアップデートされているかもしれません。

 

 

身分証チェックと顔認証をして待合室へ

身分証チェック

 

乗車券を購入したら待合室へ入ります。

 

自動改札のような機械がありますので、ここでパスポートを照合します。

 

※乗車券は不要です。

 

 

上の画像の番号が書かれているすぐ上に、パスポートを開いてかざします。

 

イメージ的には空港の自動化ゲートと一緒です。

 

次に正面にカメラがありますので、そこに顔を向けると顔認証(もしかすると撮影しているだけかも)をするので、問題なければゲートが開きます。

 

※パスポートはこれ以降使用しませんので、カバンの中にしまって構いません。

 

広州東駅

 

こちらは広州東駅。基本的には深セン駅と一緒です。

 

余談になりますが、最近の中国では入国審査の列に並ぶ前に、セルフで指紋をスキャンする機械が導入されています。

 

これを取っておかないで列に並ぶと、入国審査にやや時間を要すことも。

 

羅湖口岸も広州白雲国際空港もそうでした。

 

成田空港第1ターミナルも自動化ゲートでなくてもスタンプ廃止がされていたり、シンガポールのチャンギ第4ターミナルも全員自動化ゲートになっています。

 

至るところで進歩していますよね。

 

広州東駅の待合室

 

パスポートのチェックが終了すると、待合室に入ります。

 

深圳駅の待合室は比較的狭いですが、広州東駅はかなり広め。

 

どちらの駅にもコンビニやトイレがあり、ビールも販売しています。

 

広州東駅ではSIMカードや香港のオクトパスカードも販売。

 

ここの電光掲示板を確認し、自分が乗る列車の改札が始まったら、他の乗客の流れに乗ってホームへ下りる流れです。

 

深圳駅

 

深圳駅では、改札中の列車番号がモニターに表示されます。

 

上の画像ではC7040という番号の列車です。

 

※たまに2本の列車が同時に改札されます。その場合右と左で異なった番号が表示されることがあります。

 

深圳駅

 

改札が始まったら人の流れに乗ってホームへ。

 

※深圳駅も広州東駅も改札で乗車券やパスポートを提示する必要はありません。

 

約1時間40分。快適な和諧号に乗って車窓から広東省の眺め

広州東から深圳へ

 

人の流れに乗ってホームへ着くと、自分の乗車券に印字された車両に乗り込みます。

 

例えば「04车15F号」と書かれていれば、4号車の座席15Fということ。

 

広州東駅構内

 

広州東駅のホームはとてもわかりやすく、号車番号が書かれた表示がありました。

 

二等座

 

二等座は2列ー3列の5列シート。

 

基本的に一方を向いていますが、真ん中だけなぜか向かい合わせでテーブル付き。

 

途中で検札はありませんので、お客同士の席の交換は問題ありません。

 

下車時の流れについて

深圳駅到着時の流れ

 

深圳駅(広州東駅、一部は広州駅)に到着したら、全員下車します。

 

ここでも人の流れに沿って出口を目指せば大丈夫。

 

ちなみに広州と深圳の地下鉄のマークは異なりますが、どちらも簡体字で地铁と書きます。

 

深圳駅出口

 

最後の出口に自動改札がありますので、ここで乗車券のQRコードをかざしましょう。

 

ゲートが開き、外に出られます。

 

深圳駅では羅湖駅正面広場の奥側なので、そのまま香港へ向かう方はちょっと歩くことに。

 

地下鉄に乗って深圳市内を移動する人はそのまま地下へ下りれば大丈夫です。

 

市内バスの乗り場は広場の反対側の左手、郊外へのバス乗り場は広場の反対側の右手(羅湖商業城の1階)となります。

 

広州東駅2号門

 

広州東駅では出口専用の2号門を出ると、左手にセブンイレブンがあり、その脇から地下鉄に乗ることが出来ます。

 

広州東駅で出迎えがある人は、2号門を出てすぐのところがミーティングポイントになっていて、空港のようにプラカードを持った人が待っています。

 

この付近の端っこでタバコを吸っている人も多く見かけました。

 

なお、広州東駅の地下には大きなショッピングセンターがあり、イオンやフードリパブリックも入っています。

 

買い物やひとり飯にも便利ですよ。

 

 

その他の注意点

 

中国本土では、香港とは異なる部分がいくつかあります。

 

最後にそれらについて書いて行きます。

 

 

通信の問題

 

この記事を読んでいる方には説明不要かと思いますが、香港で購入したSIMカードが無ければ、中国国内ではGoogle系のウェブサイトへ繋げません。

 

中国語と百度(バイドゥ)で情報収集できる人なら問題ありませんが、そうでなければかなり情報弱者となって苦戦します。

 

アプリのダウンロードやGmailなど、多くがGoogle系のサービスを利用します。

 

そのため、香港入国時に中国本土で使用できるSIMカードを入手しておくか、事前にAmazonで購入しておくといいでしょう。

 

お金の問題

 

中国本土では中国人民元が使われています。

 

香港ドルしか持ち合わせていない場合、中国人民元を用意しておかなければなりません。

 

羅湖口岸から入国した場合、至るところに両替所やATMがあるので問題ないでしょう。

 

それよりも問題なのは、急速に進んでいるキャッシュレス化です。

 

都市部では、ほとんどすべてキャッシュレスと言ってもいいくらい。

 

 

日本人でもWeChatPayを開設することができますので、事前に準備しておくと便利です。

 

日本国内でLINEPayコード決済を利用したことがある方なら、基本的に同じ要領ですので問題ないでしょう。

 

開設方法は下記のエントリーをご参考ください。

 

関連記事

羊城通

地下鉄が発達した広州市。移動に欠かせないマストアイテムがICカードの「羊城通」です。自動券売機でも購入できますが、窓口で購入したほうが早くてカンタン。たった6文字。筆談OKなので、買い方を説明します。


ウィチャットペイ

札幌市内で中国の電子マネーWeChatPay(微信支付)にチャージする方法を解説します。かなりメジャーな方法ですので、全国のキオスク端末からでも同じ方法でチャージすることができます。


夜景を見るなら香港広州深圳で

夜景が素晴らしい香港ですが、最近は深圳や広州の夜景もレベルが高くなりました。3つのメガシティを巡ってどっぷり夜景を楽しみませんか?香港の比較的新しい楽しみ方です。


人和駅周辺の格安ホテル

広州白雲国際空港で乗換えする人、短期旅行で広州を訪れる人におススメしたいホテルはココ。空港から地下鉄で2駅の距離で、中国本土にしてはこの安さで清潔なのが嬉しい!


上下九歩行街

広州市でとても有名な上下九歩行街。でも日本人旅行者が広州市を訪れることが少ないため、あまり知られていません。香港への旅のついでに是非立ち寄ってみてくださいね。