シロアムサウナ|ソウル駅至近で仮眠もできる格安チムジルバンの使い方

 

こんにちは!「やまたび北海道」のコモ子です。

 

今日は、韓国ソウルで格安に宿泊する方法、駅から至近のシロアムサウナを紹介します。

 

韓国ソウルは、日本から近いこともあって頻繁に遊びに行かれる方が多いと思います。特に、コンサートやイベントなどへの参加目的で渡航される方がいて、そういう方にとっては、充実した観光よりも航空券や宿泊費を抑えて最低限の滞在費で何度もリピートすることのほうがきっと重要なのではないかと思います。

 

日本のように、ネットカフェやカプセルホテルなどで安く済ませられたらいいな、と思う方にはゲストハウスの利用が最適ですが、もっと気軽に開放的で余計な気遣いをしなくて済むような場所にチムジルバンです。

 

チムジルバンは日本でお馴染みの健康ランドと同じ感じで、お風呂に浸かったりサウナに入ったりしながら、館内着でリラックスして過ごすことが出来ます。

 

館内では別料金でマッサージを受けたり、食事をしたりすることもでき、ホテルより格安でゲストハウス並みの価格帯で利用できるのが特徴です。何と言っても予約なしで飛び込んでもいいところがありがたいですよね。

 

 

この記事では、旅行者にとって利便性が高く、日本人の利用者も多いソウル駅至近の「シロアムサウナ」について、

  1. ソウル駅からのアクセス方法と現地での受付方法
  2. 受付後の流れと館内での過ごし方

について簡単にまとめました。情報は2018年3月18日にソウルマラソン参加で利用したときのものです。これから滞在計画を立てる方の参考になれば幸いです。

 

ソウル駅からシロアムサウナへのアクセス方法と受付の流れ

ソウル駅

 

空港鉄道でソウル駅に到着したときや、メトロでソウル駅へアクセスした場合、地下道を歩いて任意の出口から地上へ出るのが一般的です。利用した方の多くの記事では、駅構内のロッテマートからのアクセスについて書かれていることが多いのですが、ここでは夜遅くに到着した場合を想定し、線路を跨ぐ遊歩道からアクセスしてみたいと思います。

 

まず、地下道を歩いて2番出口から地上に出ると、ソウル駅の北側に出ます。

 

さらに少々北側に歩くと左側に交番があり、上部に線路を横断する遊歩道が架かっているのが見えます。この遊歩道へはエレベーターやらせん階段で登ることができ、イルミネーションでライトアップされ、実はちょっとした観光スポットにもなっています。ここからお目当てのシロアムサウナへ向かいます。

 

天候の悪い日にはお勧めできませんが、遊歩道を使って駅の西側に出ると、シロアムサウナの目の前に出るので便利です。

 

ソウル駅

 

昼間でも看板がライトアップされているので、遊歩道からハッキリ確認できます。この遊歩道は夜間でも警備員が立っていますので、女性のひとり歩きでも心配は要りませんよ。

 

シロアムサウナ

 

夜だともっと目立ちます。近くまで来ると日本でお馴染みの温泉マークが見えますので、確実にあそこだ!とわかります。

 

この辺りは、明洞などがある駅の東側一帯より寂れた雰囲気があり、完全に駅裏というイメージですが、韓国の治安は日本とほとんど変わらないので安心して大丈夫。

 

ちなみにスーツケースを持っていると、駅の東側ではエレベーターが利用できるので平気ですが、シロアムサウナ側では階段を降りなくてはならないのでちょっと苦労するかもしれません。

 

シロアムサウナ

 

サウナの手前にゲートがあり、坂を登って道なりに進むとサウナの入り口に到着します。入り口は右側にあり、ドアを開けて中に入ると受付があります。

 

受付前の小さなロビーには椅子が並べられていますので、男女で利用する場合など、帰りの待ち合わせに便利です。

 

シロアムサウナ

 

受付では、まず料金を支払います。料金表を見るとここ最近、値上げしたことがわかります。以前は15,000ウォンで利用できたはず…

 

今回はお泊りですのでお風呂のみの利用ではなく、館内すべての利用を前提に料金を支払います。最大12時間の利用と決まっていますので、20時より前に入店する場合はあらかじめ退出時間を考慮して入店しましょう。

 

受付では、私のように朝鮮語が話せないどころか英語すら稚拙な場合、次のように伝えましょう。

 

ナイト、アダルト、ワン」これで十分です(汗)

 

臆せず笑顔で大きな声で。これであなたもナメられないはず。心の中で「おバカさん」と思われるかもしれませんが…

 

20時以降に入店する場合は、自動的に深夜料金が適用されます。

 

この場合は「アダルト、ワン」で大丈夫です。「ナイト」は言わなくても大丈夫!

 

支払いは現金かクレジットカードにて。韓国では基本的にどこのお店でもクレジットカードが使えますので、現金が無くても大丈夫です。

 

ちなみに私は今回、LINEPayカード(デビットカード)を使用しました。

 

当日レートが1円=10ウォンでしたので、決済額1,760円のうち利用料1,700円と手数料60円という内訳になります。

 

LINEPay

 

LINEPayは決済額がすぐに確認できるので便利。しかも2%還元(2018年6月以降変更あり)というのがお得。

 

ちなみにシロアムサウナはフリーWiFiが利用できるハズなのですが、私の場合、ほとんど繋がりませんでした。

 

受付で料金を支払ったら館内着とレシート2枚を渡されますので、それを持って男女別の入り口へ進みます。階段を下りますので足元に注意しましょう。

 

シロアムサウナ

 

階段を下りるとロッカールームに到着です。

 

まずは靴を脱いで、空いている場所に靴を入れて鍵を閉めます。鍵を閉めるのにコインは不要です。

 

シロアムサウナ

 

次に靴箱の鍵とレシートを受付の従業員さんに渡します。

 

引き換えにロッカーの鍵を受け取ります。貴重品もここで預けられますが、預けるタイミングは一度ロッカーで荷物を整理してからでも大丈夫。

 

貴重品を預けるときには、ロッカーの鍵と貴重品をカウンターに乗せて笑顔で訴えかければ、無言でも分かってもらえます。

 

受付の従業員さんが貴重品ロッカーに預かってくれた後に、名前と国籍を訊かれますので答えましょう。

 

名前は相手に分かり易いほうがいいので、例えば田中さんなら「ナカ」とか、理香子さんなら「リカ」とか単純化したほうがいいと思います。

 

帳簿に鍵番号と名前、国籍を控えたら貴重品の鍵を渡してくれますので、貴重品の鍵は自分のロッカーに入れ、ロッカーの鍵を身に付けるようにします。

 

なお、館内で食事をしたり飲み物を購入したりする場合は、クレジットカードか現金が必要になりますので、しっかりご飯を食べる場合は、飲み物も含めて30,000ウォンくらいの小銭を持っていた方が無難でしょう。

 

館内着のズボンには左右に深いポケットが付いており、左のポケットにはマジックテープも付いているので、小銭入れやスマホを落とす心配もないでしょう。

 

シロアムサウナ

 

さて、次に着替えです。ふつうは最初にお風呂に入ると思いますが、ロッカーで全裸になり、番台や靴ロッカーの脇を通り、階段を下りて地下へと下りていきます。最初は怯(ひる)むかもしれませんが、ここは臆せずに「どうだ~」という感じで、すっぽんぽんになってお風呂へ行きましょう。

 

もし、お風呂に入らない場合や、お風呂から上がってくつろぐときには、館内着に着替えて2階へ上がります。

 

なお、女性は最初に浴衣を貰うときにタオルも渡されるそうですが、男性は浴室の出口にタオルが用意されているため、ロッカーから浴場までフルチンなんです。この辺は日本より開放的でイイ!

 

ちなみに日本では、男性用の浴場に女性従業員が出入りすることがしばしばありますが、シロアムサウナの男性フロアには女性従業員は一人もいません。アカスリも男性従業員が担当します。

 

シロアムサウナ館内での過ごし方

 

まずお風呂についてですが、写真撮影が禁止されているのでお話だけ。お風呂はほぼ日本と一緒だと思って差しつかえありません。

 

階段を使って地下に下りると、身体を拭くためのオレンジ色のタオルと、身体を洗うためのナイロン製のボディタオルが用意されています。両方必要ならそれらを持って浴室に入ります。

 

身体を洗う場所にはシャワーが付いており、半分が座って、残り半分が立って利用するように配置されています。

 

ちょっと変わっているのは、洗い場が横一列に並んでいる日本のようなスタイルではなく、柱を囲むように配置されていることです。

 

石鹸とハミガキは用意されていますが、シャンプーやボディソープは無いので、必要な方は自分で用意しておくか、あらかじめ受付で購入しましょう。

 

気になったのは、歯磨きをしている人の割合がとても多く、身体を洗う時もあまり泡立てない人が多いということ。

 

 

お風呂はジャグジーやヨモギ湯など浴槽が4つほどあり、38℃から42℃の温度帯でした。もちろんサウナもあり、アカスリコーナーも多くの人が利用しています。

 

特筆すべきは水風呂が大きく、水深が腰の位置より深く、長さも10mくらいのプールになっていること。水温は22℃の設定になっており、冷たすぎず長い時間入っていられます。

 

温浴と水風呂を交互に行うことで、疲れた身体を癒してくれます。

 

お風呂上りはタオルや綿棒、クシ、スキンローションなどが使い放題。

 

身体を拭いたら階段を昇り、自分のロッカーで館内着に着替えます。

 

ポケットに入らないようなタブレットやコスメなどを持っていく人は、リュックタイプのエコバックがあれば便利かも。

 

シロアムサウナ

 

さて、館内着に着替えたら、階段を使って2階へ上がります。

 

1階と2階の中間の踊り場で、男性と女性が合流するようになっており、2階から5階までのフロアは階段とエレベーターを利用できます。

 

2階はミーティングポイントとなっており、待ち合わせ場所として最適。

 

食堂も2階にあり、深夜や早朝でも営業しています。

 

シロアムサウナ

 

食堂の前には大きな電飾看板があり、すべてのメニューには画像があるので嬉しいですね。メニューには、番号と日本語表記もされています。

 

注文したい番号のものを覚えておき、カウンターで番号を伝えれば大丈夫。

 

支払いは現金もクレジットカードも利用できます。

 

シロアムサウナ

 

定番のシッケとゆで卵もありますので、お試してみましょう。

 

お風呂から持ってきたタオルでヤンモリを作って頭にかぶり、シッケを楽しみたいですね。

 

韓国の人たちは、お風呂上りにみんなヤンモリにしているのかな、というイメージがありましたが、基本的に若い女性が楽しんでいるくらいで、ほとんど見かけないんです。

 

お風呂上りにビール!という方は、カウンターの前の冷蔵ケースに冷えたビールがたくさん並んでいるので、自分で取ってカウンターでお金と一緒に渡せばOK。すぐに一杯やることができます。

 

シロアムサウナ

 

カウンターで食事を注文したら、フードコートでお馴染みのブザーを渡されますので、空いている席に座って待ちましょう。

 

プルコギ定食11,000ウォン、ビールを3,000ウォン、結構なお値段です。しかし…

 

プルコギ定食

 

このボリューム!「風呂上りにこんなに食えるか!」とツッコミを入れたくなりますが、お肉以外はほとんどが小鉢。ご飯も控えめです。

 

ニンニクやキムチなどが付いてくるところがいかにも韓国らしいですね。

 

日本の健康ランドだと、冷凍食品のオンパレードになりがちですが、シロアムサウナは調理にちょっと手間がかかっているようでした。

 

 

テレビを見ながらのんびり夕食を楽しんだら、トレーと食器は自分でカウンターへ返却しましょうね。

 

シロアムサウナ

 

そのほかには、4階に軽食とドリンクコーナーがありますが、深夜は店員の気配がありません。奥に隠れているのでしょうか。

 

3階と4階は外周にいろいろなチムジルバンとレジャールームがあり、真ん中の空間は広々と開放されています。

 

多くの人がここの床で寝ていますが、5階には個室の仮眠室がありますので、そちらで寝た方が快適ですよ。でも、日本の健康ランドでもそうですが、明るいところで寝たい人ってけっこういるんですよね。これって習性なんでしょうか?

 

シロアムサウナ

 

このような感じで床で寝ている人がたくさんいます。

 

5階の仮眠室は、2段ベッドのようなブースになっていて、マットと枕、タオルケットが用意されています。空いているところに潜り込んで寝るだけ。

 

どんなに混んでいても満室になることはないと思いますので、あらかじめ場所取りをする必要はないでしょう。

 

仮眠室は、男性と女性の区分けがされているようですが、実際はお構いなしといった様子。特に女性が男性側のブースで寝ていることが多いようです。

 

いびきやケータイの着信音や通話、アラームが鳴ったりと、とても静かな環境とは言えませんので、デリケートな方には向かないかも。私のようにどこでも眠れる人には快適。

 

なお5階の仮眠室を含め、3階から5階部分は日中に清掃が入りますので、利用できない時間帯があります。お風呂も朝3時頃に清掃があるようですが、朝4時には入ることができました。

 

シロアムサウナ

 

気になるトイレも各階にあります。

 

床にはスノコが敷かれていますが、日本人は潔癖なので裸足で利用するのはちょっと抵抗があるかも。

 

もちろん温水洗浄便座はありませんし、使用済みのペーパーも便器には流せません。

 

シロアムサウナ

 

各フロアへの昇り降りに使用する階段はこんな感じ。

 

大人がかろうじてすれ違えるくらい。男性も女性も館内着でウロウロしています。

 

シロアムサウナ

 

タバコを吸う方には喫煙所も用意されています。館内は、仮眠を取るための基本的なスペックが整っています。

 

 

以上が館内の概要です。朝の出発前にもうひと風呂浴びる人は、再び自分のロッカーで全裸になって地下へ。お風呂から上がったら再びロッカーで着替えて、カウンターで貴重品と靴箱の鍵を受け取ればチェックアウト完了です。実に簡単なシステムですね。

 

翌朝もソウル市内に滞在する場合は、適当な時間にチェックアウトすればいいのですが、空港に向かう場合、時間に余裕をみておきたいところです。ソウル駅から空港へ出発する一般電車の始発は5時20分、次発は5時40分です。早朝4時に起きてお風呂に入ってからチェックアウトした場合、始発ギリギリくらいの時間に到着となります。

 

ソウル駅空港鉄道の一般電車のホームは地下7階なので、シロアムサウナから駅に着いてからも、けっこう時間がかかります。

 

今回、私は関西行き8時出発のアシアナ航空を利用しましたが、仁川空港の出国手続きは混雑しますし、搭乗ゲートが遠いこともザラにありますので、時間には余裕を持ちたいところ。

 

仁川国際空港を朝7時台に出発するフライトの場合、時間計画を考慮してシロアムサウナを出発しましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

2019年3月に再訪しますので、そのときにまた追記、更新予定です。

 

この記事は2018年3月17日~19日の滞在情報をもとに作成しました。

関連記事

ソウル国際マラソン

2年連続参加で新たな発見はあるか?気軽に安く海外マラソンに参加してみませんか?

台北2017

正月は台湾へ!旧正月をお祝いする中華圏へは、航空券がそれほど高くならない、年末年始に訪れると、お得感がいっぱい☆