大雪山系旭岳|紅葉シーズン終盤の温泉街から初冠雪の山頂に登ろう

 

こんにちは!やまたび北海道のコモ子です。

 

今日は大雪山系の初雪についての話題です。

 

2018年は8月中旬に黒岳で雪が降るという異常な状況でしたが、これはちょっと例外として考えたほうがようさそうですね。

 

大雪山系の主峰「旭岳」は道内で最も早い初冠雪となることが多く、地元のニュースでも毎年話題になりますよね。

 

紅葉と初冠雪、青い空とのコントラストが見事で、上空からヘリコプターで撮影された映像が見事。初冠雪観測の発表は旭川地方気象台から発信され、例年の平均値は9月25日と言われています。2018年のように、同じ大雪山系の黒岳の方が早いこともありますし、利尻島の利尻山のほうが早いこともありますが、おおよそほとんど変わることがありません。

 

ちなみに富士山の初冠雪は9月30日が平均と言われていますが、2000年は9月4日、2008年は8月9日、2012年は9月12日に観測されているので、大雪山より富士山の初冠雪の方が早いこともありますが、たいていの場合全国に初雪の話題が届くのは北海道からだと言えます。

 

まずここ5年間での、旭岳初冠雪の記録をまとめてみましたのでご覧ください。

年度 初冠雪観測日
2017年 9月30日

2016年

9月29日 

2015年

9月29日

2014年

9月16日

2013年

9月19日

 

初冠雪当日に山頂に立つということは、相当な天候の読みと運が必要ですので、この記事では初冠雪が発表された翌日に登ることを想定して話を進めていきます。

 

取材日は2017年10月1日です。

 

雲がかかっているが、風の強さに期待して旭岳へGO!

旭岳公共駐車場

 

取材時の2017年は初冠雪が9月30日ですので翌日に登る場合は10月1日。ロープウェイの営業時間も10月1日から午前8時からと公式ウェブサイトで案内されています。なお、公式ウェブサイトでは東川町のライブカメラのリンクも載せられているので、姿見からの旭岳の様子が確認できます。

 

話を戻します。10月1日早朝、現地では1時間前倒して7時から運行されるとの情報が得られ、すでに5時頃から公共駐車場で待機している人が数人いました。旭岳公共駐車場は2017年度現在では改修工事中のため、場内がたいへん狭くなっていますが、早朝5時の段階ではまだ車両がほとんどなく、登山者にとってはすでにシーズンオフの感が否めません。

 

さて姿見駅がある5合目までの道のりは、およそ1時間半から2時間程度で登ることが出来るのですが、旭岳に登る多くの登山客はロープウェイを利用しています。

 

ちなみに私は状況に応じて使い分けており、太陽が出ている時間が短い紅葉時期やテント泊装備を担ぐときにはロープウェイを利用、それ以外は登山道を使用することが多いです。 

 

今回はロープウェイの始発に乗るより、登山道を利用した方が姿見到着時刻が早いため、下から歩くことにしました。

 

なお、取材時の早朝は、山頂から下山開始直後の午前9時過ぎまでずっとガスの中で視界がありませんでした。記事の性質上、ガスのなかの風景をお伝えしても面白味に欠けるため、下山時の晴れ渡った状態の画像を中心にお届けしていきます。

 

大雪山系旭岳登山口

 

まず旭岳の登山口となるのは、公共駐車場からロープウェイ駅に向かう途中から右手に曲がった場所にあります。もちろんロープウェイ駅に立ち寄って登山届を記入してからでも大丈夫です。

 

大雪山系旭岳初冠雪

 

登山開始からしばらくは、姿見川に沿って視界がきかない林内の歩道を進みますが、やがて「第一天女ヶ原」で周囲が開けてくると、真っ白に雪化粧をした旭岳を眺めることができます。

 

この付近は木道が整備されていますが、一部朽ちている箇所がありますので注意が必要です。全般的に湿地帯なので、足元が泥だらけになる覚悟をして。

 

旭岳4合目

 

標高1,550mの4合目付近まで来ると、姿見駅との分岐地点は間近です。登山口から標高差で450mくらい登ったことになります。木段で滑らないように丁寧に詰めていきましょう。

 

早朝はまだまだ雪が残っていました。上部の積雪が深いことも想定し、4シーズンのゴアテックスシューズと冬用スパッツ、風が強いことも想定してアイゼンも持参して挑みたいですね。

 

大雪山系旭岳4合目

 

後ろを振り返ると十勝連峰の山並みも見えます。すべての山に雪が見えますが、特に十勝岳と美瑛岳に雪が多いのがわかります。

 

大雪山系旭岳姿見分岐

 

姿見の分岐点。これほどわかりやすい標識が立っているにもかかわらず、一般観光客の方が間違って登山道を下山してしまうケースがあるようです。不整地では足元に気を取られがちですが、周囲を見る余裕も持ちたいところ。

 

姿見の池

 

姿見の池の手前から、初冠雪の旭岳と広場に立つ通称「愛の鐘」

 

姿見の池

 

午前7時の段階では、ロープウェイの始発時間前なので無人でしかもガスがかかっていました。夏山シーズンでもロープウェイの運行時間外はほとんど無人になりますので、静かに一人の時間を過ごすことができます。

 

姿見の池

 

さざ波すら立たぬ真澄の姿見の池。背後の山塊は当麻乗越から当麻岳、安足間岳、比布岳へと続く稜線が連なっています。こちらは訪れる人が少ない、表大雪の穴場的ポイントですよね。

 

姿見の池から真っ白な山頂を目指して

姿見の池

 

いかにも初雪という風景。初夏のチングルマ、秋の綿毛のお花畑も長い冬眠の季節に。

 

旭岳六合目

 

姿見より上部は岩とザレ場が続きます。植生がないので雪が降るといち早く雪に覆われますよね。

 

これからの時期は雪山用の手袋が必須。気温が下がると末端が最初に冷えるので、冬用の手袋は予備を含めて2セット以上持っていきたいところ。さらに行動中に着ける薄手の手袋も2セット。

 

私は薄手の物をダイソーさんで1双150円くらいでシーズン初めにまとめ買いしたり、作業服のお店で購入した2双600円くらいのインナータイプのものを使用しています。

 

ストックのグリップなどで1~2シーズンでダメになってしまうことが多いので、消耗品と割り切って使っています。

 

以前MIZUNOさんのブレスサーモを購入してオールシーズン酷使しましたが、これはかなり長持ちして肌触りも良かったので、消耗品レベルを超えるコスパだと振り返ります。

 

大事に丁寧に使うことができる方にはおススメです。

 

旭岳初冠雪

 

姿見から山頂が見えているので、一般観光客と思われる方が手ぶらで山頂方向に登って行く場面を見ることがあります。

 

確かに気象条件が良ければ山頂へ立ててしまうのですが、それは運が良いだけであって、天候急変やケガをした場合のリスクを考えると、自殺行為に近いと言ってもいいくらいなので、無計画な行動は控えたいところ。

 

大雪山系旭岳

 

7合目付近を超えると岩肌も見えなくなり辺りは真っ白に。岩に付着した雪の様子から、この数日間の風が強いことがわかります。

 

旭岳7合目

 

流れゆく雲の合間から化雲岳とトムラウシ山。化雲岳は最も美しいと言われるクワウンナイ川とカウン沢の源頭部付近に位置していることから、化雲はアイヌの言葉の当て字と思われますが、このような景色を見ると当て字とは言え不適切ではないと思います。

 

化雲岳

 

山頂の化雲岩が特徴的。化雲岳には登る人が少ないのですが、全周の景色、お花畑、ヒサゴ沼など注目に値する要素がたくさんあります。

 

石狩岳

 

東大雪の石狩連峰にも雪が見えます。大雪山系すべて、雪のシーズンの始まりです。

 

美瑛岳十勝岳

 

こちらは十勝岳と美瑛岳。少しだけ美瑛富士の頭も見えていますね。

 

大雪山系旭岳

 

初冠雪は前日ですが、山頂付近にはすでに20cmくらいの積雪があります。

 

旭岳山頂10月雪

 

取材時の時刻は8時30分頃。山頂はあいにくガスの中でした。風が一方から吹いていることが伺えます。

 

ロープウェイの始発以降の時間帯は、雪の時期とは思えないくらい、多くの人たちが登っています。最近の大雪山系は外国人ハイカーが目立つようになりました。北海道の山が世界中のハイカーから注目されるのは嬉しいですね。

 

北海道の魅力は何と言っても自然。私たち日本人はグルメに注目しがちですが、北海道ならではの景観をもっとPRすべきだと感じます。

 

 

大雪山系旭岳姿見の池

 

この時期は昼間の明るい時間が短くなるので、午前中だけ楽しんで下山したいですね。紅葉シーズンから日曜祝日の正午頃は、ロープウェイ駐車場付近が大渋滞となるのでお出かけはお早めに。

 

この記事は2017年10月1日の山行をもとに作成しました。